イアペトゥス海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
5.5億年前(原生代末期)の南極(小さい円の中心)、イアペトゥス海、 ローレンシア大陸(紅色)、バルティカ大陸(薄緑色)、アバロニア大陸(黄色)。

イアペトゥス海英語: Iapetus Ocean)は、約10億年前から約5億年前、南半球に形成されたと考えられている海洋である[1]

イアペトゥス海を取り囲むローレンシア大陸バルティカ大陸アバロニア大陸英語版は徐々に接近し、約4億2,000万年前(シルル紀)に衝突。イアペトゥス海は消滅し、ユーラメリカ大陸が形成された。

脚注[編集]

[ヘルプ]