海洋底拡大説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海洋底の生成された年代
赤 = 970万年前以降、黄 = 5590から4790万年前、紺 = 1.8億年前から1.543憶年前[1]
地球の内部では核_(天体)に近い深部のマントルが熱せられ上昇する緩やかな対流が起こっており[2]、上昇部分において中央海嶺が形成される[3]
中央海嶺における地殻生成のGIFアニメーション

海洋底拡大説(かいようていかくだいせつ、: Seafloor spreading)とは、中央海嶺地球内部から物質が上昇し、新しく海底岩盤を作るため、海底が中央海嶺の両側へ拡大するという仮説。拡大する一方、海溝でその岩盤が沈みこみ、結果として大規模な物質循環が起こって大洋底が徐々に更新されているとするため、海洋更新説(かいようこうしんせつ)ともいう。

ハリー・ハモンド・ヘスロバート・シンクレア・ディーツによって1960年代のはじめに提案された。その後、1967年頃に登場するプレートテクトニクスへと発展していった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]