ファンデフカプレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
    中央上の青色がファンデフカプレート
拡大図、着色部分がファンデフカプレート

ファンデフカプレート (Juan de Fuca Plate) は、北アメリカ大陸アメリカ合衆国西方沖にある小さな海洋プレートである。このプレートの名前はファンデフカ海峡に基づいている。

1960年代に詳細に調査され、プレートテクトニクス理論の成立に寄与した。

研究の歴史[編集]

1961年にアメリカ西方沖の海底が詳細に調査され、海底岩石に残された古磁気記録が一定間隔で正負逆になっていることが明らかにされた。また、その正負の縞模様が所々でずれていることも分かり、当時の研究者に注目された。

プレートテクトニクス理論の発展とともに、こうした縞模様やそのずれが理解されるようになった。同時に、ほとんど現存しない旧ファラロンプレート英語版の断片として貴重な研究対象となっている。とくにずれについては、北太平洋・北アメリカ地域のプレート運動を知る上で重要視されている。

プレートの歴史と未来[編集]

プレート及び断層の位置
  • およそ5000万年前:古太平洋(パンサラッサ)東部に広く分布していたファラロンプレート英語版から、バンクーバープレートが分離する。バンクーバープレートは北アメリカプレートに沈み込みを続ける[1]
  • およそ3000万年前:太平洋プレートが北アメリカプレートに到達し、バンクーバープレートはファラロンプレートと地理的にも離れる。バンクーバープレートがファンデフカプレートと名前を変える。
  • およそ1000万年前~現在:太平洋プレートとファンデフカプレートの間に存在する発散境界(海嶺)の向きが、およそ20°傾く。これにより、「見かけの断層」が生まれ、古磁気記録が複雑な形になる。
  • およそ1000万年後:ファンデフカプレートがすべて北アメリカプレートの下に完全に沈み込み、ファンデフカプレートは消滅する[1]

プレートの地理[編集]

ファンデフカプレートはいくかのプレートに囲まれている。東部は北アメリカプレートに沈み込み、西部から南西部にかけては太平洋プレートと接する。北部にはファンデフカプレート同様に北アメリカプレートへ沈みこむエクスプローラプレートが位置し、バンクーバーのヌートカ島近くに断層が生じている。南部にはファンデフカプレートと太平洋プレートに囲まれた小さなゴルダプレートがあり、その位置にも断層が存在する。この4つのプレートに囲まれたファンデフカプレートの面積はおよそ250,000 km2と測定されている[2]

地震[編集]

南海トラフ同様の沈み込み型

プレートによって生じたカスケード山脈環太平洋火山帯の一部を形成しており、1900年代にもラッセン山セント・ヘレンズ山で噴火を起こしている。またカスケード沈み込み帯の地理的要因は南海トラフと同条件のため100年単位での巨大地震が生じると推測されている。アメリカに西欧人が渡ってから巨大地震の記録は存在しないが、太平洋を隔てた日本側に「1700年(元禄12年)の原因不明の津波」に関する記録があり、調査の結果、1700年1月26日にマグニチュード9の地震が発生して1100kmの範囲に渡る断層破壊が生じ、平均の滑り量は20メートルに達したと推測されている[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]