日本海溝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本海溝の位置(赤線

日本海溝(にほんかいこう)は、東日本沖の太平洋底に海岸線にほぼ並行して存在する海溝であり、襟裳海山の南から第一鹿島海山の北麓までをいう[1][2]。日本海溝を英語でJapan-Trenchと言うことから、日本トレンチとも言う。


北は北海道襟裳岬沖で大きく東に曲がって千島海溝へと続き、南は銚子半島沖で第一鹿島海山にぶつかり、伊豆・小笠原海溝へ続く[2]。海底地形名称としては、第一鹿島海山を分岐点に,北側が日本海溝,南側が伊豆・小笠原海溝と称されている[3]。しかし、海溝の地形・地質構造の特徴は連続しており[3]、島弧海溝系として東北日本弧の対となる海溝は,第一鹿島海山の南から茂木深海扇状地が位置する房総沖海溝会合三重点まで続く[1][4]。最も深い所は8,020mで、これはエベレスト(8,848m)にも匹敵する深さである。日本の島は南鳥島を除き、全て日本海溝の西側にある。

太平洋プレートが西方向に移動し、東日本がある北アメリカプレートオホーツクプレート)の下に沈み込む場所に形成されている。太平洋プレートは日本海溝で北アメリカプレートの下に沈み込んだ先で、フィリピン海プレートの下にさらに沈み込んでいる[4]

日本海溝における地震[編集]

日本海溝

日本海溝では、以下のようにたびたび地震が発生している。

青森県東方沖地震三陸沖地震三陸はるか沖地震東北地方太平洋沖地震含む)、岩手県沖地震宮城県沖地震福島県沖地震福島県東方沖地震含む)、茨城県沖地震房総沖地震千葉県東方沖地震含む)などは日本海溝で起こる海溝型の大地震であり、しばしば津波も発生する。特に2011年に発生した東北地方太平洋沖地震はMw9.0を記録している。

なお、東北地方太平洋沖地震では日本海溝に沿って南北約500km、東西約200kmの広範囲に渡り断層の破壊が進んだが、日本海溝と千島海溝の接続部分が現在も地震空白域となっており、この地域には約120kmの海底活断層があることからもM8規模の巨大地震の発生が懸念されている[5]。また南方でも同様に、今回の地震で大きな破壊が起きなかった日本海溝南端部にあたる房総沖での巨大地震の発生が懸念されている。

重力異常[編集]

1934年10月に地球物理学者の松山基範が海軍の呂五十七型潜水艦にベーニング・マイネス(Venig Meinesz)型海上重力測定装置を搭載して相模湾から日本海溝上を鋸歯状に航行し、釧路沖まで計29点の測定を実施、1935年10月に伊号第二十四潜水艦 (初代)相模湾より小笠原諸島まで計31点の重力測定を行い、得られた結果は、1936年にエディンバラで開催された国際測地学・地球物理学連合(IUGG) 第6回総会で報告され、松山らの日本海溝における負の重力異常の発見は、国際的に高く評価された[6][7][8][9][10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 岩淵 洋 (2013). “日本海溝海側斜面における地殻伸張速度及び そこで発生する正断層地震について”. 海洋情報部研究報告 50. https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/KENKYU/report/rhr50/rhr50-a01.pdf. 
  2. ^ a b ナショナルアトラス(7自然)国土地理院
  3. ^ a b 大島章一.荻野卓司・桂忠彦本・池田清.内田摩利夫事 永野真男.林田政和・宗田賢二・春日茂・谷 伸 (1985). “第1鹿島海山の日本海溝陸側海溝斜面へのもぐり込み現象”. 水路部研究報 20. https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/KENKYU/report/rhr20/rhr20-02.pdf. 
  4. ^ a b 首都圏直下に潜むプレートの断片と地震発生,遠田晋次 産業技術総合研究所,2008年10月10日
  5. ^ 海底活断層が起こした可能性も 東日本大震災(共同通信2011年09月23日)
  6. ^ 竹本修三、「松山基範先生の足跡 : 地球物理学教室時代を中心として (1. 京大地物研究の百年(集録I、IIに続く))」 京大地球物理学研究の百年(III) 2011年 3巻 p.2-3, hdl:2433/169945
  7. ^ 西村進, 西田潤一、「松山基範に始まる京大地質学鉱物学教室における物理地質学的研究」 京大地球物理学研究の百年(III) 2011年 3巻 p.82-88, hdl:2433/169930
  8. ^ 松山基範「ロ號第五十七潜水艦に據る日本海溝上の重力測定」『地球』第23巻第1号、博多成象堂、1935年、 1-12頁。
  9. ^ 日本地学史編纂委員会, 編纂.「日本地学の展開 (大正13年~昭和20年) 〈その2〉「日本地学史」稿抄」『地学雑誌』第110巻第3号、日本地学史編纂委員会, 東京地学協会、2001年、 362-392頁、 doi:10.5026/jgeography.110.3_362
  10. ^ 「南洋群島及日本海溝上における重力測定 (一) (二)」『天文月報』第28巻、1935年、 107-110,125-128。

関連項目[編集]