トンガ海溝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Kermadec Arc.jpg

トンガ海溝(トンガかいこう、: Tonga Trench)は、南太平洋トンガ諸島の東にある海溝サモア諸島の南西からトンガ諸島の東を経て、その南側に至る海溝であり、長さは約1,200km。主に北北東から南南西に伸びているが、北端部では北西-南東方向に湾曲している。南はケルマデック海溝に連なっている。

最深部は南緯23度15分30秒 西経174度43分36秒 / 南緯23.25833度 西経174.726667度 / -23.25833; -174.726667にあるホライゾン海淵で、水深10,800 ± 10 mである。これは南半球では最も深く、また地球全体でもマリアナ海溝チャレンジャー海淵に次いで深い。名称は、1952年にホライゾン海淵を発見したスクリップス海洋研究所の船「ホライゾン」に由来する[1]

インド・オーストラリアプレートトンガプレート)と太平洋プレートの境界であり、太平洋プレートがオーストラリアプレート下に沈みこんでいる。太平洋プレートが700km以上の深さまで沈み込んでいるため、700kmを超える深さの深発地震が発生することもある。

脚注[編集]

  1. ^ GEBCO Gazetteer of Undersea Feature Names”. GEBCO (2015年4月26日). 2017年4月9日閲覧。

参考文献[編集]