ユーラシアプレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  緑色がユーラシアプレート

ユーラシアプレートは、東シベリアインド亜大陸アラビア半島の3地域を除くユーラシア大陸地殻及びマントル上方のリソスフェアを形成する大陸プレートである。地球上のプレートとしては3番目に広い。

周辺のプレートとの関係[編集]

大西洋中央海嶺から北極海ベルホヤンスク山脈間宮海峡日本海東部、本州中部(フォッサマグナ地域)にかけての長いラインで北アメリカプレートと接している。また、相模トラフから南海トラフ南西諸島海溝フィリピン海溝にかけての海域ではフィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に沈み込んでいる。なお、日本付近のプレートについては諸説あり、過去には日本列島全体がユーラシアプレートに属するという見方がされてきたが、日本海東縁変動帯で地震が多発したことなどから糸魚川静岡構造線辺りを境界に東日本が北アメリカプレートに属するという見方が主流となり、最近ではユーラシアプレートをさらに細かく分けて西南日本はアムールプレート、東北日本はオホーツクプレートとする説も出てきている[1]

ニューギニア島西方沖からスンダ海溝にかけてオーストラリアプレートが沈み込んでおり、アラカン山脈パトカイ山脈では同プレ-トと衝突している。ヒマラヤ山脈ではインドプレートと衝突して高い山脈を形成している。ザグロス山脈南端からシリア北部、キプロス島付近でアラビアプレートと、キプロス島からジブラルタル海峡アゾレス諸島付近でアフリカプレートとそれぞれ衝突しており、アゾレス諸島付近ではトランスフォーム断層を作っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プレートテクトニクス(防災科学技術研究所 Hi-net)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

プレートが三重会合する関東・東海地方の地殻活動様式