ローレンシア大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
5億5千年前の大陸。ローレンシアは濃い桃色の部分(画面右下)。

ローレンシア大陸(ローレンシアたいりく、Laurentia)は、プレートテクトニクス理論にて、超大陸・パンゲア大陸より以前にあったとされる超大陸の一つで、約19億年前に形成された。現在のグリーンランドを含む北アメリカ大陸の主要部分と、スカンジナビア半島を中心とするヨーロッパ大陸の一部に相当する。

最近では、ローラシア大陸と混同されやすいため、North Europe and North American の頭文字をとったヌーナという言葉が使われることもある。あるいは、ローレンシア大陸は、ヌーナ大陸の一部とも考えられる。

以前は、地球上に出現した最初の超大陸だと考えられていたが、地球物理学の観点からもっと古い25億年前のケノーランド (Kenorlandや30億年以上前にも超大陸があった、と指摘されるようになった[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 吉田 晶樹「超大陸の形成とウィルソンサイクル」yoshida-geophys.jp、2015年4月1日、2021年8月30日閲覧。