ローラシア大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2億年前(三畳紀)の世界図 ローラシア大陸は北半球に広がっていた。南方はゴンドワナ大陸

ローラシア大陸(ローラシアたいりく、Laurasia)とは、プレートテクトニクス理論で太古に存在したとされる超大陸である。1937年南アフリカの地質学者アレクサンダー・デュ・トワによって提示された。

超大陸パンゲアが分裂し、テチス海を挟んでローラシア大陸とゴンドワナ大陸が生成された。ローラシア大陸は、さらに分裂していき、ユーラシア大陸北アメリカ大陸が形成されていく。ローラシア大陸は、かつてパンゲア大陸を形成したローレンシア大陸バルティカ大陸シベリア大陸カザフスタニア及びシナ地塊から成る。

関連項目[編集]