ダコタ・ハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダコタ・ハウス
1 West 72nd Street (The Dakota) by David Shankbone.jpg
ダコタ・ハウス
ダコタ・ハウスの位置(マンハッタン内)
ダコタ・ハウス
所在地ニューヨークマンハッタン区72番通り西1
座標南緯nan° 西経nan° / 北緯-nan度 東経-nan度 / -nan; -nan
建設1880年10月25日 着工1884年10月27日 竣工[1]
建築家ヘンリー・J・ハーデンバーフ
建築様式ルネサンス建築
NRHP登録番号72000869
指定・解除日
NRHP指定日1972年4月26日[2]
NHL指定日1976年12月8日[3]

ダコタ・ハウス (The DakotaDakota Apartments) は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンアッパー・ウエスト・サイドにある高級集合住宅コーポラティブハウス)である。1880年着工、1884年竣工。

ここに住んでいたジョン・レノンビートルズ)が1980年12月8日マーク・チャップマンに射殺された場所 (建物玄関前) としても知られている。

The Dakotaという名称の由来には、諸説ある。1つ目は、建設当時マンハッタン区のアッパー・ウエスト・サイドは、あたかもダコタ準州のように、まだ住宅の数がまばらだったからという説。2つ目は、1933年の新聞に書かれているもので、発注主のエドワード・クラークがダコタ準州が好きだったからという説[4]

立地[編集]

手前の左から順に「The Majestic」「ダコタ・ハウス」「The Langham」「The San Remo
1階外側の柵にある装飾
ジョン・レノンが撃たれた南玄関
正面図(南側から)
セントラル・パークのスケートリンクから撮影(1890年)

マンハッタン区を南北に走るセントラル・パーク・ウェストと、東西に走る72丁目および73丁目の、計3本の道路に挟まれた角地に立地している。

同じ72丁目沿いには、ホテル・オルコットがある。

セントラル・パーク・ウェストを挟んだ先には「セントラル・パーク」が広がっており、南東に面した部屋の窓からは、眺望が可能である[5][6]

地下鉄B/C線で72丁目駅で下車するとすぐ目の前。入り口には警備員が常駐していて、住民以外は立ち入り禁止になっている。[7]

歴史[編集]

シンガーミシンの社長だったエドワード・クラークが、ヘンリー・J・ハーデンバーフに設計を依頼して、建てられた(後に2人はマンハッタンの「プラザホテル」の建設でもコンビを組んだ)[8]

当時、マンハッタンのアパートメント形式の住宅としては、2番目に着工された[9]

1972年に、アメリカ合衆国国家歴史登録財NRHP)に選ばれ、1976年には、アメリカ合衆国国定歴史建造物NHL)に指定された[3][10]

なお、ダコタ・ハウスの役員会による入居審査基準は、ニューヨークで最も厳しいとされ、単に資産や収入が多いだけでは入居できない[11]。今までにビリー・ジョエルシェールメラニー・グリフィスマドンナカーリー・サイモンアレックス・ロドリゲスジャド・アパトーティア・レオーニなどが入居を拒否されている[12]。また、20年近くすでに入居者であった黒人の投資家がもう一戸を買い足そうとしたところ、役員会に拒否されたため、人種差別的であるとして訴訟を起こした[13]

建物の特徴[編集]

構造

「ロ」の字型の構造になっており、その大きな中庭には噴水がある[14][15]。建設時の総戸数は65。

2010年ウォール・ストリート・ジャーナルの記事によると、地上10階建てになっており、その最上階の(屋根の軒先の下の)部屋は、当初はメイドの部屋になっていた(後に一般居住用として販売)[11]

デザイン

鋭角のと、多数のドーマー(小窓)がある深い屋根が象徴的で、テラコッタを用いたスパンドレル(2つのアーチに挟まれた三角小間)とパネル、壁龕バルコニー、バラスター(手すり子)には、北ドイツルネサンス様式の特徴がある。ドイツ風の外観に対し、内装は建設当時流行っていたフランス・バロック様式を取り入れたもので、各戸違ったデザインが施されているが、アンフィラードと呼ばれる連続式に整列した部屋と4m以上ある高い天井が特徴である。

1階外側の柵(フェンス)には、ドラゴンをモチーフにした金属製の飾りが、多数設置されている[16]

設備

当初から、館内に自家発電装置があり、セントラルヒーティングが導入されているなど、画期的な設備をそなえていた[9]

ジョン・レノンの死[編集]

近所のセントラル・パークには、ジョン・レノンを偲ぶ「ストロベリー・フィールズ」(楽曲ストロベリー・フィールズ・フォーエバーに因む)という小広場が作られており、そこには「イマジン碑」(平面的な黒と白のモザイク模様のメダリオン)がある[17]

ジョンとヨーコは1973年にダコタ・ハウスに転居。7階に2戸と別の階に3戸の計5戸を少なくとも所有しており、自宅のほかに、倉庫、ヨーコのスタジオ、ゲストハウスとして使用(倉庫にしていた1戸は2008年に売却)。ただし、1973年半ばから二人は別居状態にあり、ジョンは秘書で恋人のメイ・パンと暮らしていたため、1974年末までジョンは住んでいない[18]1975年にはここでショーンが生まれ、ジョンは音楽活動を一時休止して子育てに励んだ。1980年のジョンの死後もヨーコは住み続けており、毎年中庭で開かれる住民のポトラック・パーティ(食べものを各自が持ち寄るパーティ)では、ジョンの生前からの習慣を引き次いで毎回寿司を差し入れている[19]

登場作品[編集]

ダコタ・ハウスに住んだ著名人[編集]

今まで、数多くの個性的なクリエーター、アーティストが住んできた。しかし、最近はそうでもないというような苦言を、2005年アルバート・メイスルズが述べたことを、「ニューヨーク・タイムズ紙」は報じた。同年、彼が売りに出した部屋を、カルト女優[要出典]とも称されるメラニー・グリフィスと夫で俳優のアントニオ・バンデラスが購入しようとしたが、役員会が拒否したという件があった[45]

過去にも、ジーン・シモンズキッスベーシスト[46]や、ビリー・ジョエル[47]といったアーティストが、入居を拒否されたことがあった。

脚注[編集]

出典
  1. ^ The Historic American Buildings Survey(HABS), The Dakota (Apartments), 1 West 72nd Street, Central Park West, New York, New York County, NY[リンク切れ], page 2. URL last. Retrieved 24 October 2006.
  2. ^ National Park Service (15 March 2006). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service. 2020年10月12日閲覧
  3. ^ a b Dakota Apartments”. National Historic Landmark summary listing. National Park Service (2007年9月11日). 2011年6月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年9月19日閲覧。
  4. ^ Gray, Christopher. New York Streetscapes. Harry N. Abrams, Inc.. pp. 326–328. ISBN 0810944413 
  5. ^ Google-Map - ジョンが教えてくれる“大切なこと”/映画『ジョン・レノン,ニューヨーク』
  6. ^ Brockmann, Jorg et al. (2002). One Thousand New York Buildings, pp. 342–343., p. 342, - Google ブックス
  7. ^ ニューヨーク旅行なら「ダコタ・ハウス」を見に行こう!独特な建築物は必見 | tabiyori どんな時も旅日和に” (日本語). tabiyori[タビヨリ] (2019年7月5日). 2021年9月3日閲覧。
  8. ^ The superintendent of the construction of the Dakota Building was George Henry Griebel, born and trained in Berlin, Prussia, and Karl Jacobson, who were hired as architects for the project. "Griebel also designed and supervised buildings for the Clark Estate for a period of eighteen years after building the Dakota Building including the Singer Manufacturing Company Office Building on Third Avenue and Sixteenth Street, fourteen houses on West Eighty-fifth St, a row of houses on West Seventy-fourth Street; both being near Columbus Ave,the Barnett Store, Columbus and Seventy-fourth St and many others."
  9. ^ a b コモン・るみ「NYビルディング万華鏡14」- 週刊NY生活 No.209 3面
  10. ^ Carolyn Pitts (1976-08-10) (PDF). National Register of Historic Places Inventory: Dakota Apartments. National Park Service. http://pdfhost.focus.nps.gov/docs/NHLS/Text/72000869.pdf 2009年6月21日閲覧。  and Accompanying photos, exterior, undated (PDF, 1.65 MB)
  11. ^ a b “使用人から億万長者へ - ダコタハウスで生まれたアメリカンドリーム”. WSJ日本版. (2010年5月12日). http://jp.wsj.com/layout/set/article/content/view/full/59675 
  12. ^ “The Dakota: New York’s Most Exclusive Building”. CNBC. (2011年8月2日). https://www.cnbc.com/2012/08/02/The-Dakota:-New-Yorks-Most-Exclusive-Building.html 
  13. ^ “Dakota Discrimination Suit Threatens Building's Image”. The New York Times. (2011年2月2日). http://www.nytimes.com/2011/02/02/nyregion/02dakota.html 
  14. ^ 海外旅行ガイドブック - 地球の歩き方編集部・取材&日記
  15. ^ NY/アッパーウエスト/ダコタハウス02
  16. ^ The Dakota - Quadrophenia
  17. ^ “The Dakota”. TravelGoat.com. オリジナルの2007年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/C4k4O 
  18. ^ “Sharing the Dakota With John Lennon”. The New York Times. (2010年12月7日). http://www.nytimes.com/2010/12/07/nyregion/07appraisal.html 
  19. ^ “An Apartment That Ticks All the Boxes”. The New York Times. (2012年4月8日). http://www.nytimes.com/2012/04/08/realestate/an-apartment-that-ticks-all-the-boxes.html 
  20. ^ 永井荷風が暮らした百年前のマンハッタン・2 - コモンるみのこぼれ話 from New York
  21. ^ バニラ・スカイ オフィシャルサイト/プロダクション・ノート3
  22. ^ バニラ・スカイ
  23. ^ Grendel: Devil Child #1, pp. 1–5
  24. ^ "At Home With Lauren Bacall" The New York Times Home & Garden section, February 24, 2005
  25. ^ "New York Observer" 29 June 1992
  26. ^ "Ward Bennett, 85, Dies; Designed With American Style", "The New York Times" August 16, 2003
  27. ^ “Buy Leonard Bernstein's Dakota Apartment for Only 25.5 Million”. (2006年11月5日). http://www.therealestatebloggers.com/2006/11/05/buy-leonard-bernsteins-dakota-apartment-for-only-255-million/ 
  28. ^ a b c d Appleton, Kate. “Landmarks: The Dakota” (英語). New York Magazine website. 2009年12月30日閲覧。
  29. ^ "Life At The Dakota", Stephen Birmingham, 1979.
  30. ^ "Thriller at the Dakota! Harlan Coben's Discounted Duplex", The New York Observor,April 21, 2010
  31. ^ a b c Kane, Larry (2005). Lennon Revealed. Running Press. pp. 20. ISBN 9780762423644. https://books.google.co.jp/books?id=wGBEpc7qCmwC&pg=PA20&lpg=PA20&redir_esc=y&hl=ja 
  32. ^ “Roberta Flack” (英語). The Sydney Mordning Herald. (2009年1月28日). http://www.smh.com.au/news/entertainment/music/gig-reviews/roberta-flack/2009/01/28/1232818520981.html 
  33. ^ a b Haughney, Christine (2010年12月6日). “Sharing the Dakota With John Lennon” (英語). The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/12/07/nyregion/07appraisal.html 
  34. ^ “I leave it all to my butler – the dying wish of reclusive star” (英語). The Independent. (2010年5月13日). http://www.independent.co.uk/news/people/news/i-leave-it-all-to-my-butler-ndash-the-dying-wish-of-reclusive-star-1972207.html 
  35. ^ "Homesteading at the Dakota," The New York Times. July 27, 2010, p. R–2; Ruth P. Smith's apartment was once the home of Lillian Gish.
  36. ^ Rosenblum, Constance (2009年8月2日). “A Life in Pictures: Albert Maysles”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/08/02/realestate/02habi.html?_r=1 2010年5月25日閲覧。 
  37. ^ The contents of Rudolf Nureyev's Dakota apartment fetched almost $8 million in a two-day sale at Christie's ("Nureyev Auction Tops Estimates", The New York Times, January 15, 1995)
  38. ^ "Joe Namath Looses Some Of His Padding", "New York Daily News" February 21, 2000
  39. ^ Stephen Birmingham, Life at the Dakota: New York's most unusual address 1996:85.
  40. ^ "We lived in the legendary Dakota apartment building and held each other tight on the night John Lennon was killed." (Radner, It's Always Something)
  41. ^ He and his wife Lauren Bacall shared an apartment
  42. ^ A Morning at the Dakota", "The Washington Post" February 19, 2008
  43. ^ "Who's Killing Betsey?", "New York Magazine" May 13, 1996
  44. ^ Robert Ryan (I) - Biography
  45. ^ Neuman, William (2005年6月19日). “New Co-op for Soup Executive”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2005/06/19/realestate/19deal.html?pagewanted=all 2010年5月25日閲覧。 
  46. ^ Tony Schwartz. "Plan by Nixon to Buy Co-op in City Is Opposed by Some Other Owners :Board Vote Called Favorable." The New York Times, August 1, 1979.
  47. ^ Albin Krebs. "Notes on People: Dakota Blocks Billy Joel's Bid to Buy Apartment." The New York Times, June 28, 1980.
参考文献
  • Birmingham, S.: Life at the Dakota, Syracuse University Press. Reprint edition, 1996. ISBN 0-8156-0338-X. Originally published by Random House, 1979, ISBN 0-394-41079-3.
  • Brockmann, Jorg and Bill Harris. (2002). One Thousand New York Buildings. New York: Black Dog & Leventhal. ISBN 157912237X/ISBN 9781579122379; OCLC 48619292
  • Schoenauer, N.: 6000 Years of Housing, 3rd ed., pp. 335 – 336, W.W. Norton & Co., 2001. ISBN 0-393-73120-0.
  • Alpern, A.: New York's fabulous luxury apartments: with original floor plans from the Dakota, River House, Olympic Tower, and other great buildings. New York: Dover Publications, 1975, 1987, Exterior views and sample floor plans as well as brief historical synopses, each with architect, builder, date built, and when applicable, date razed.
  • Van Pelt, D. Leslie's History of the Greater New York, Volume III New York: Arkell Publishing Company 110 Fifth Avenue, 1898,
  • L. A. Williams Publishing and Engraving Company. Encyclopedia of Biography and Genealogy, vol. III pp. 656.

外部リンク[編集]