ローズマリーの赤ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ローズマリーの赤ちゃん』(Rosemary's Baby)は、アイラ・レヴィンの小説、およびこれを原作とした1968年制作のアメリカ映画

小説[編集]


映画[編集]

ローズマリーの赤ちゃん
Rosemary's Baby
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ロマン・ポランスキー
製作 ウィリアム・キャッスル
製作総指揮 ロバート・エヴァンス
出演者 ミア・ファロー
音楽 クシシュトフ・コメダ
撮影 ウィリアム・A・フレイカー
編集 ボブ・ワイマン
サム・オスティーン
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1968年6月12日
日本の旗 1969年1月11日
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,200,000
テンプレートを表示

ストーリー[編集]

ローズマリー・ウッドハウスと売れない役者の夫ガイは、ニューヨークのアパートに引っ越してくる。隣人のローマン・カスタベットとミニーの夫妻は、少々お節介なほど世話好きな人達だ。ガイはカスタベット夫妻と親密になり、ミニーは投身自殺した養女テレサ・ジオノフリオという若いアフリカ系アメリカ人の女性の形見のペンダントをローズマリーにプレゼントする。その後ガイとローズマリーの夫婦はあらかじめ計画を立てて子供を作ろうとするが、その当夜ローズマリーは気分が悪くなって失神し、悪魔に犯されるという、夢とも幻覚ともつかない体験をする。実はカスタベット夫妻も彼らが勝手に変えた産婦人科医も、それどころか夫すら役欲しさに悪魔に魂を売り渡した悪魔崇拝者だった。自殺したとされるテレサはローズマリーの前任の悪魔の子を宿す候補者であり真相を知ってしまったため、自殺であるかどうかすら怪しく、ローズマリーを心配して再訪を約束した唯一の味方である初老の童話作家エドワードハッチも謀殺されてしまう。悪魔崇拝者に囲まれたローズマリーの運命は?

キャスト[編集]

吹替その他、大久保正信藤本譲岡部政明遠藤晴三枝みち子鈴木れい子芝夏美村松康雄西村知道若本規夫屋良有作

テレビ初回放送日:1975年10月2日 東京12チャンネル木曜洋画劇場

エピソード[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]