everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.Children > everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
everybody goes
-秩序のない現代にドロップキック-
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『LAND IN ASIA
B面 クラスメイト
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1995年度年間21位(オリコン)
  • Mr.Children シングル 年表
    Tomorrow never knows
    1994年
    everybody goes
    -秩序のない
    現代に
    ドロップキック-

    (1994年)
    奇跡の地球
    1995年
    LAND IN ASIA 収録曲
    雨のち晴れ
    (6)
    everybody goes
    -秩序のない現代にドロップキック-

    (7)
    【es】
    〜Theme of es〜

    (8)
    BOLERO 収録曲
    幸せのカテゴリー
    (9)
    everybody goes
    -秩序のない現代にドロップキック-

    (10)
    ボレロ
    (11)
    Atomic Heart 収録曲
    innocent world
    (4)
    クラスメイト
    (5)
    CROSS ROAD
    (6)
    テンプレートを表示

    everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」(エヴリバディ ゴーズ ちつじょのないげんだいにドロップキック)は、Mr.Childrenの7枚目のシングル1994年12月12日トイズファクトリーより発売。

    概要[編集]

    前作「Tomorrow never knows」から僅か1ヶ月後に発売されたシングルで、Mr.Childrenのシングルでは前作との間隔が最も短い。
    アートディレクターは信藤三雄

    チャート成績[編集]

    4thシングル「CROSS ROAD」から4作連続となるミリオンセラーを達成した。初週で約37万枚、累計売上は124.0万枚。なお、本作発売の前週の1位は「Tomorrow never knows」(2週連続、通算3週目)で、Mr.Childrenは本作と併せて3週連続でオリコンシングルチャート1位を獲得している。

    収録曲[編集]

    1. everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
      当初は「Tomorrow never knows」のカップリングになる予定だったが、出来が良かったために急遽A面曲となった。
      Mr.Childrenのシングルとしては珍しくタイアップがついていない。桜井も「あの曲はどこの会社もタイアップについてくれなかった(笑)。もっとも、"社長の上に跨って"なんて歌詞じゃ、それも無理なんですけど…。試みはしたんですけどね」と語っている[1]
      作曲はシングルA面曲の中で唯一桜井と小林の共作名義となっており、 コーラスにakko(MY LITTLE LOVER)が参加している。
      ベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』及び配信版(本シングルとBOLERO収録のものを含む)では、副題の記号が異なり、「〜秩序のない現代にドロップキック〜」となっている。
      間奏のギターソロは桜井による演奏で、ライブでも桜井が演奏しているが、田原が演奏することもある。
      発売時点で、前作「Tomorrow never knows」のミュージック・ビデオも公開されていなかったためか、今作のミュージック・ビデオは制作されなかった。なお、これは自身のシングルA面曲では初めてである。
      桜井は当初この曲をあまり気に入っていないことを述べていた[2]
      ただし後にライブでは必ずラインナップに入れるほど好きになったと前言撤回をしている。
    2. クラスメイト
      • 作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children
      Atomic Heart』からのシングルカット
    3. everybody goes -秩序のない現代にドロップキック- (Instrumental Version)
      同曲のインストゥルメンタル。

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 月刊カドカワ』角川書店、1995年1月号、294頁
    2. ^ ミスチル22年ぶりホールツアー決断の裏にB'z稲葉の助言がYahoo!ニュース


    収録アルバム[編集]