everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.Children > everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
everybody goes
-秩序のない現代にドロップキック-
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『LAND IN ASIA
B面 クラスメイト
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1995年度年間21位(オリコン)
Mr.Children シングル 年表
Tomorrow never knows
(1994年)
everybody goes
-秩序のない
現代に
ドロップキック-

(1994年)
奇跡の地球
1995年
LAND IN ASIA 収録曲
雨のち晴れ
(6)
everybody goes
-秩序のない現代にドロップキック-

(7)
【es】
〜Theme of es〜

(8)
BOLERO 収録曲
幸せのカテゴリー
(9)
everybody goes
-秩序のない現代にドロップキック-

(10)
ボレロ
(11)
テンプレートを表示

everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」(エヴリバディ ゴーズ ちつじょのないげんだいにドロップキック)は、Mr.Childrenの7枚目のシングル1994年12月12日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

前作「Tomorrow never knows」から僅か1ヶ月後に発売されたシングルで、Mr.Childrenのシングルでは前作との間隔が最も短い。

チャート成績[編集]

4thシングル「CROSS ROAD」から4作連続となるミリオンセラーを達成した。累計売上は124.0万枚。なお、本作発売の前週の1位は「Tomorrow never knows」(2週連続、通算3週目)で、Mr.Childrenは本作と併せて3週連続でオリコンシングルチャート1位を獲得している。

収録曲[編集]

  1. everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
    当初は「Tomorrow never knows」のカップリングになる予定だったが、出来が良かったために急遽A面曲となった。
    作曲はシングルA面曲の中で唯一桜井と小林の共作名義となっており、 コーラスにakko(MY LITTLE LOVER)が参加している。
    ベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』では、副題の記号が異なり、「〜秩序のない現代にドロップキック〜」となっている。
    間奏のギターソロは桜井による演奏で、かつてはライブでも桜井が演奏していたが、近年では田原が演奏している。
    発売時点で、前作「Tomorrow never knows」のPVも公開されていなかったためか、今作のPVは制作されなかった。なお、これは自身のシングルA面曲では初めてである。
  2. クラスメイト
    • 作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children
    Atomic Heart』からのシングルカット
  3. everybody goes -秩序のない現代にドロックキック- (Instrumental Version)

脚注[編集]

[ヘルプ]


収録アルバム[編集]