innocent world

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索


Mr.Children > innocent world
innocent world
Mr.Childrenシングル
収録アルバム Atomic Heart
B面 my confidence song
(8cmCD盤)
花はどこへ行った
(プロモーションカセット盤)
リリース
規格 8cmシングル
プロモーションカセット
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(通算2週、オリコン
  • 1994年度年間1位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング26位
Mr.Children シングル 年表
CROSS ROAD
1993年
innocent world
(1994年)
Tomorrow never knows
(1994年)
Atomic Heart 収録曲
ラヴ コネクション
(3)
innocent world
(4)
クラスメイト
(5)
テンプレートを表示

innocent world」(イノセント ワールド)は、Mr.Childrenの5枚目のシングル1994年6月1日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

前作から約7ヶ月ぶりのシングル。前作のロングヒットで知名度を大きく上げた状況での発売となった。

シングル・アルバム通じて初のオリコン週間チャート1位を獲得[注 1]、その後2ヶ月足らずで100万枚を突破し1994年度のオリコン年間シングルチャート1位を獲得。本作のヒットによって過去の作品が再びチャートにランクインするなど大きな相乗効果も生まれた。最終的には193.6万枚を売り上げ、Mr.Childrenのシングルでは「Tomorrow never knows」「名もなき詩」に次いで3番目に高い累計売上を記録している。

1994年の第36回日本レコード大賞で大賞を受賞したが、メンバーはオーストラリアで「Tomorrow never knows」のPV撮影のために授賞式を欠席するという異例の事態になった[1]。代わりに所属レコード会社トイズファクトリーの代表でアマチュア時代のMr.Childrenを発掘した稲葉貢一が授賞式に出席しトロフィーを受け取った。以降9年間、日本レコード大賞に関わることはなかったものの、2004年に「Sign」で10年ぶりに再び大賞を受賞した時は、メンバー全員が授賞式に出席した。

収録曲[編集]

8cmCD盤[編集]

  1. innocent world
    日本コカ・コーラアクエリアス ネオ/アクエリアス イオシスCMソング
    当初の仮タイトルは「innocent blue」であり、歌詞は「Replay」のようなラブソングに磨きあげる方向で、歌いだしも「少しだけ疲れたなぁ」であった。イントロのメロディーは田原の提案によるものである[3]
    恋愛感情よりも客観的な風刺を織り交ぜたメッセージ性の強い最初の楽曲になっており、曲はすぐに完成したが歌詞がなかなか完成しなかった。小林はこの曲がMr.Childrenのターニングポイントになると考え、桜井の作ってきた歌詞に「ありきたりの詞じゃなく、今の桜井だから歌えるものを」「絶望の先に希望を見つけるんだ」など数回ダメ出しをした。桜井は歌詞を悩んでいたが、車の中で思い浮かびすぐに車を止めてメモを取った。「blue」を「world」に変えたのは小林の提案である。
    桜井は当時の雑誌インタビューで「innocent world(無垢な世界)がいいな、憧れるな、ではなく、時にはそういうものと別れてしまう場面もあるわけで・・・」という趣旨の発言をしている。
    この曲を制作した時の精神状態について桜井は1995年に出演した音楽番組で「悩んでて悩んでて、本当にその時に思ったのは、ちょっと疲れたなぁって思って...」と語っている[4]。この曲の背景については「この曲の詞を書き出したことが、今まで鍵をしていた心のドアを開いてくれた」「本当に気持ちよかった。便秘だった人のお通じじゃないですけど...。本当にすごいすっきりした」と語っている[4]
    歌詞中には英語表記ではなく「イノセントワールド」になっている。音楽番組では「innocent world」と紹介されるが、主に文献やカラオケでは「イノセントワールド」と表記される[5]
    ミリオンセラーとなったシングル曲では「名もなき詩」「終わりなき旅」などと共にライブでは頻繁に演奏される[6]。ライブで披露される時は1番を全て観客に歌わせる場合が多く、以前はアンコール待ちで観客がこの曲を歌って待つというパターンもあった[7]
    後に二度、桑田佳祐がカバーした。(1回目は『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』(フジテレビ系列)、2回目は2006年に行われたap bank fes.06
  2. my confidence song
    • 作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children
    Mr.Childrenでは数少ないギター弾き語りの楽曲(他には「So Let's Get Truth」がある)。演奏時間は1分55秒とシングル収録曲では最も短い。
    歌詞は「innocent world」と同様に当時の日本に対する風刺・皮肉とも取れる内容で歌われている。タイトルは小林が付けたもの。
  3. innocent world (Instrumental Version)
    • 作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children

プロモーションカセット盤[編集]

  1. innocent world
    • 作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children
  2. 花はどこへ行った
    • 作詞・作曲:ピート・シーガー 日本語訳詞:田原健一 & 小林武史 編曲:小林武史 & Mr.Children
    原題は「WHERE HAVE ALL THE FLOWERS GONE」で、本来の歌詞は反戦歌であるが、こちらは社会風刺の色合いが強いものとなっている。
    当初はこの曲がカップリング曲として収録される予定であったが、歌詞がオリジナルとかけ離れていたためにお蔵入りになった。お蔵入りが決定した後もラジオやライブなどで幾度か披露されていたが、1995年を最後にレパートリーから外され、その後は同曲を聴くことが非常に困難となっている。
    テレビでは『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』にて一度限りの完成版が披露された。そのバージョンとの違いは、大サビ前の歌い回しを上げて歌っている部分である。
  3. innocent world (Instrumental Version)
    • 作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children

収録アルバム[編集]

カバー[編集]

  • arie(2007年、アルバム『THE BEST OF BOSSA COVERS 青春ロック』)
  • 美吉田月(2007年、アルバム『pure flavor #1 〜color of love〜』)

エピソード[編集]

阪神タイガース投手である筒井和也が主催試合での登場曲として、2008年から2014年まで使用していた。

脚注[編集]

  1. ^ 本人不在の大賞授賞式はこの回のみ。
  2. ^ innocent world(Mr.Children) / コード譜 / ギター - J-Total Music!”. Jトータルミュージック. 2016年8月28日閲覧。
  3. ^ 『[es] Mr.Children in 370 DAYS』 株式会社角川書店 1995年 ISBN 4-04-852567-0
  4. ^ a b FAN』(日本テレビ系列、1995年6月9日放映分)
  5. ^ カラオケではデンモクなど。
  6. ^ Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001Mr.Children Tour 2004 シフクノオトMR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜など。
  7. ^ Mr.Children Concert Tour '99 DISCOVERY」など
  1. ^ Mr.Childrenは本作から2012年の「祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces」まで30作連続で初登場1位記録が続いていた。