世界が終るまでは…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界が終るまでは…
WANDSシングル
初出アルバム『PIECE OF MY SOUL (#1)』
B面 Just a Lonely Boy
リリース
規格 8cmCDシングル
録音 1994年3月
ジャンル J-POP
アニメソング
時間
レーベル B-Gram RECORDS
作詞・作曲 上杉昇(作詞)
織田哲郎(作曲 #1)
柴崎浩(作曲 #2)
プロデュース BMF (Being MUSIC FACTORY INC.)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 1994年度年間10位(オリコン)
  • 登場回数19回(オリコン)
  • WANDS シングル 年表
    Jumpin' Jack Boy
    1993年
    世界が終るまでは…
    (1994年)
    Secret Night 〜It's My Treat〜
    1995年
    PIECE OF MY SOUL 収録曲
    Love & Hate
    (2)
    世界が終るまでは…
    (3)
    DON'T TRY SO HARD
    (4)
    テンプレートを表示

    世界が終るまでは…」(せかいがおわるまでは…)は、WANDSの楽曲で、8枚目のシングル。

    概要[編集]

    表題曲は、神奈川県鎌倉市を舞台にしたテレビ朝日系アニメ『SLAM DUNK』の第2期エンディングテーマに起用された。

    2019年3月1日に、ソニー・ミュージックエンタテインメントアニメソング人気投票キャンペーン「平成アニソン大賞」においてアーティストソング賞(1989年 - 1999年)に選出された[1]

    ミュージックビデオ[編集]

    ミュージック・ビデオは、羽田空港の格納庫で撮影された。なお、この時の写真が、次作「Secret Night 〜It's My Treat〜」の裏ジャケットにも使用された。

    記録[編集]

    恋せよ乙女」以来のオリコン1位獲得であり、シングルチャートTOP10内に9週間ランクインのロングセラーとなり、「もっと強く抱きしめたなら」、「時の扉」に次ぐ3番目の売上枚数を記録、最終的に自身最後のミリオンセラー曲となった。

    収録曲[編集]

    全作詞: 上杉昇
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.世界が終るまでは…上杉昇織田哲郎葉山たけし
    2.Just a Lonely Boy上杉昇柴崎浩WANDS
    合計時間:

    楽曲解説[編集]

    1. 世界が終るまでは…
      • 前年の1993年はシングル4枚アルバム2枚と精力的にCDのリリースを行ったが、1994年にリリースされたCDは本作のみである。作詞をした上杉昇はこの「世界が終るまでは…」で、これまでのスタイルの1つであったラブソングに終止符を打ちたかったと後に語っている[2]
      • ギターの柴崎浩は、今作においてはオーダーメイド品であるArtTech製のギターを使用している。
      • 2011年9月4日、上杉が自身のデビュー20周記念ライブ『Speeding Slowly』にて約16年ぶりにライブ演奏を行った。また2012年8月26日に行われたアニメソングのライブイベント『Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞-』(公演2日目)では、このライブにおけるシークレットゲストのひとりとして、上杉と、作曲者である織田哲郎が出演し、"織田哲郎 & 上杉昇"名義で披露された。ちなみに、上杉と織田が同じステージに立ったのは、この時が初めてだったという[3][4]
      • アレンジが2種類存在し、1つはイントロでギターが入ってない部分と間奏前で上杉昇のシャウトがない。
    2. Just a Lonely Boy
      • オケで、咳払いや女性の微笑みなどのSEを多用している。

    収録アルバム[編集]

    オリジナル
    ベスト
    コンピレーション

    カバー[編集]

    曲名 アーティスト 収録作品 発売日 備考
    世界が終るまでは… 織田哲郎 MELODIES 2006年9月20日 セルフカバー
    なおこれにより、織田がWANDSへの提供作品の全ての楽曲をセルフカバーしたことになる。
    ACID 「世界が終るまでは…」 2008年1月30日 シングルとして発表。
    ACIDは、WANDSにアレンジャーとして関わっていた明石昌夫がプロデュースしており、編曲も担当している(ACIDと共同)。
    飛蘭 FAYvorite 2014年3月26日
    Noa 愛がなければ[5] 2015年10月14日
    相川七瀬 『Treasure Box -Tetsuro Oda Songs-』[6] 2015年10月28日
    鬼龍院翔 オニカバー90's[7] 2017年5月24日

    脚注・出典[編集]

    1. ^ 平成アニソン大賞”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年3月8日閲覧。
    2. ^ J-ROCK magazine 1996年2月西原朗によるインタビューにて。[1]
    3. ^ 織田哲郎・上杉昇がアツい歌声を響かせた“アニメロサマーライブ2012 -INFINITY∞-”2日目速報ファミ通.com、2012年8月26日掲載)2016年5月29日閲覧。
    4. ^ アニサマに森口博子、織田哲郎、上杉昇(元WANDS)がシークレットゲストで登場し、あのアニメの名曲を熱唱!!(ニュースウォーカー、2012年8月28日掲載)2016年5月29日閲覧。
    5. ^ Noa、新作カバーアルバムで“あなたの胸、切なくします。””. BARKS (2015年8月28日). 2015年10月21日閲覧。
    6. ^ 全ナンバー織田哲郎作曲!相川七瀬カバー集、つるの剛士や大黒摩季ら参加”. 音楽ナタリー (2015年10月28日). 2015年10月28日閲覧。
    7. ^ 鬼龍院翔が90年代J-POPカバー集で「渋谷で5時」をベッド・インと”. 音楽ナタリー (2017年4月23日). 2019年11月29日閲覧。