Please Please Me, LOVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Please Please Me, LOVE
Mi-Keシングル
リリース
ジャンル J-POP
レーベル BMGルームス
プロデュース 長戸大幸
チャート最高順位
Mi-Ke シングル 年表
涙のバケーション
1992年
Please Please Me, LOVE
1993年
テンプレートを表示

Please Please Me, LOVE(プリーズ・プリーズ・ミー・ラブ)はMi-Keの11枚目のシングル。

解説[編集]

現状Mi-Keのラスト・シングル。作詞はWANDSのメンバーであった上杉昇が手掛けた。

栗林誠一郎が唯一他者に作曲・編曲を手がけた作品で、後に、小田佳奈子作詞による「バラードが泣いた夜」(『Frosted Glass』収録)として、セルフカバー。

カップリングの『Please Please Me, LOVE (Slow Version)』はスローテンポのアレンジ違いで、前半の歌詞が英詞になっている。現在に至るまでアルバムには収録されていない。

表題曲のプロモーションビデオは後に、「LEGEND of 90's J-ROCK「LIVE BEST & CLIPS」」にて、収録される[1]

収録曲[編集]

  1. Please Please Me, LOVE
    • 作詞:上杉昇/作曲・編曲:栗林誠一郎
  2. Please Please Me, LOVE (Slow Version)
  3. Please Please Me, LOVE(オリジナル・カラオケ)

タイアップ[編集]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]