ZYYG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ZYYG
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ロック
グラム・ロック
パンク・ロック
ビート・ロック
職業 バンド
活動期間 1993年 - 1999年
2006年2月11日
レーベル B-Gram RECORDS
事務所 SEAS
共同作業者 生沢佑一(コーラス)
公式サイト ZYYG OFFICIAL WEBSITE
メンバー 高山征輝ボーカル
後藤康二ギターコーラス
加藤直樹ベース、コーラス)
藤本健一ドラムス
旧メンバー 栗林誠一郎(ベース、キーボード、コーラス)

ZYYG(ジーグ)は、ボーカルの高山征輝、ベースの栗林誠一郎1993年に結成された日本のロックバンドである。1999年解散。

ユニット(バンド)の概要[編集]

1993年にボーカル高山征輝と、TUBEやZARDなどの作曲家としても活動していた初代ベーシスト栗林誠一郎により結成。1994年にギター後藤康二、ドラムス藤本健一が参加し、栗林誠一郎が脱退すると2代目ベーシスト加藤直樹が加入し、バンドサウンド化する。栗林脱退を契機として、サウンド面を含めて大きく変貌を遂げたことから、栗林在籍時を「第1期」、加藤加入以後を「第2期」と呼び表す習慣があり、ビーイングも公式に認めている[1]

なお、このバンド名もプロデューサー長戸大幸のアイデアによるものである[1]

略歴[編集]

  • 1993年 - シングル「君が欲しくてたまらない」でデビュー。
  • 1994年 - 後藤、藤本が加入。栗林が脱退し、加藤が加入。
  • 1996年 - 初のライブツアーを行う。以後ライブ活動がZYYGの活動全体において大きな比重を占める。
  • 1998年 - B-GramRECORDSの電話24時間テープ案内で、アニメ『発明BOYカニパン』(テレビ東京系)の後期エンディングテーマに決定したとアナウンスされるも発売中止になる。また、クリスマス期のライブ以後、表立った活動が無くなる。
  • 1999年 - FC会報にて解散を宣言。ベスト盤等のリリースやライブは実施されなかった。
  • 2005年12月 - 解散時行われなかった、ラストライブを実施することが発表される。
  • 2006年2月11日 - 高山、後藤、加藤、藤本で一夜限りのラストライブを行う。

メンバーの変遷状況[編集]

第1期ZYYG[編集]

出口雅之のソロユニットとなって活動する事になったREVに加入するのを辞退した栗林とボーカル高山征輝が中心となって活動をしていた。そこへサポートメンバーが加わりバンドサウンドの模索を始めるものの、音楽性の相違が生じるばかりの事態となってしまい、栗林が脱退。活動は休止状態に一時追い込まれる。

福岡県出身。デビュー曲を除く全ての作詞を担当。ビーイングの主催するBADオーディションに合格し、デビュー。同期には、元BAAD、現doa大田紳一郎がいる。ZYYG解散後はBON-BON BLANCOの1stアルバム「BEAT GOES ON」の収録曲「LIVE」の作曲を手がけた。
東京都出身。在籍時はデビュー曲を除く全ての作曲、並びに全ての楽曲の編曲を担当。ZYYGでの活動と平行して作曲家としても活躍、ZARDWANDSMANISHDEEN柳原愛子の楽曲を手がける。
山口県出身。ZYYGにはサポートメンバーとして参加していた。DEENで1994年 - 2000年迄活動し、2007年現在は作曲を多く手がけている。
  • 折居直喜(おりい なおき)- ギター
福岡県出身。ZYYGにはサポートメンバーとして参加していた。

第2期ZYYG[編集]

結果的に高山以外のメンバーを入れ替えるような形でロックバンドとしてZYYGは音楽活動を再開した。実際には第1期ZYYGのアルバム『GO-WILD』には高山と栗林の他に、第2期のメンバーである後藤と藤本も裏ジャケットに写っていた。第1期の時に制作されたシングル「壊したい現実」からこの2名はサポートメンバーとして参加していたようで、実質メンバーの変遷が生じていたアルバム作品でもあった。加藤が「ぜったいに誰も」から正式加入すると、バンドサウンドがビートロックバンド系の楽曲群を作り出すようになり、作品には高山の意図が歌詞に反映されるようになっていく。しかし事実上のラストアルバム『SWEET PUNKS』のリリース後、際立ったような活動が行われなくなり、1999年に音楽性の相違で解散。その後、2006年にヒルズパン工場で一夜限りの復活ライブを第2期メンバーで決行した。

  • 高山征輝(たかやま せいき)- ボーカル、作詞、作曲
第1期時代から引き続きボーカリストとして活動。ZYYGのデビュー当時からのメンバーは高山のみ。
兵庫県出身。血液型O型。高山と並ぶソングライターとして、バラードからパンキッシュなナンバーまで幅広く手掛ける。最近では、岸本早未竹井詩織里三枝夕夏 IN dbSKE48乃木坂46などの作曲・編曲を手がけている。また、アーティスト名では「ck510」としての活動も行っている。
東京都出身。栗林脱退後のシークレットライブへの参加を経て、正式に加入。松井常松と並ぶダウンピッキングの使い手である。
三重県出身。パワフルかつテクニカルなドラミングで、加藤と共にZYYGのビートを支えた。近年プログレッシブ・ロックの重鎮GERARDに参加、活動の幅を広げている。

ライブ[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 楽曲制作 最高位 備考 収録アルバム
第1期
1st 1993/5/19 君が欲しくてたまらない 作詞:上杉昇
作曲:織田哲郎
編曲:栗林誠一郎
3位 自己最高の70.2万枚の売り上げを記録。
サントリービール『ダイナミック』のCM曲。
GO-WILD
1993/6/9 果てしない夢を 作詞:上杉昇、坂井泉水
作曲:出口雅之
編曲:明石昌夫
2位 ZYYG,REV,ZARD&WANDS featuring. 長嶋茂雄 名義
日本テレビ系『劇空間プロ野球93』のテーマソング
2nd 1993/11/10 風にまぶしい 作詞:高山征輝
作曲:栗林誠一郎
編曲:栗林誠一郎
6位 ビクトリアCMソング GO-WILD
3rd 1994/3/4 壊したい現実 作詞:高山征輝
作曲:栗林誠一郎
編曲:栗林誠一郎
24位 TBS系「日立 世界・ふしぎ発見!」エンディング・テーマ
4th 1994/4/23 NO RETURN LOVE 作詞:高山征輝
作曲:栗林誠一郎
編曲:栗林誠一郎
20位 グンゼ「YG」のCMソング 栗林誠一郎在籍ラストのシングル
第2期
5th 1995/6/26 ぜったいに 誰も 作詞:高山征輝
作曲:織田哲郎
編曲:ZYYG
3位 テレビ朝日系アニメ『SLAM DUNK』第2期オープニングテーマ Noizy Beat
6th 1995/11/13 JULIA 作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG
35位 テレビ朝日系「音楽ニュース・HO」エンディングテーマ
7th 1996/7/22 GYPSY DOLL 作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG
90位 BEST OF BEST 1000 ZYYG
8th 1996/11/1 Something 作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG
83位 テレビ朝日系『NBA FAST BREAKオープニングテーマ SWEET PUNKS
9th 1997/3/5 LULLABY 作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG
100位 テレビ朝日系『超次元タイムボンバー』エンディングテーマ
10th 1997/5/21 この情熱のそばで 作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG
圏外 テレビ朝日系『龍ノ福耳』エンディングテーマ

アルバム[編集]

リリース順 リリース日 タイトル 最高位
第1期
1st 1994年7月13日 GO-WILD 13位
第2期
2nd 1996年2月26日 Noizy Beat 24位
3rd 1997年8月20日 SWEET PUNKS 圏外
解散後
ベスト 2007年12月12日 BEST OF BEST 1000 ZYYG 246位

オムニバス[編集]

  • スラムダンク・オリジナルサウンドトラック3['95 SUMMER]1995/7/24
    • M-2.「ぜったいに 誰も(TV Version) 」
  • スラムダンク テーマソング集1996/3/20
    • M-5.「ぜったいに 誰も」
  • vocal compilation 90's hits Vol.1〜male〜 at the BEING studio2003/4/25
    • M-6.「君が欲しくてたまらない」M-10.「ぜったいに 誰も」
  • THE BEST OF TV ANIMATION SLAM DUNK〜Single Collection〜2003/7/21
    • M-5.「ぜったいに 誰も」
  • COUNTDOWN BEING2005/11/?
    • DISC4 M-9.「君が欲しくてたまらない」
  • FUN Greatest Hits of 90's2006/3/1
    • DISC1 M-11.「君が欲しくてたまらない」DISC2 M-10.「ぜったいに 誰も」
  • LEGEND of 90's J-ROCK「LIVE BEST & CLIPS」2012/8/8(DVD)[2][3]
    • DISC2 M-25.「君が欲しくてたまらない」DISC2 M-26.「風にまぶしい」DISC2 M-40「ぜったいに 誰も」

注釈[編集]

  1. ^ a b vocal compilation 90's hits Vol.1〜male〜 at the BEING studio B-Gram RECORDS JBCJ-5010のライナーノーツ
    取材:斉田 才 文:鈴木大介(アンダウン編集部)より
  2. ^ T-BOLANが再結成、90年代ビーイング勢と全国ツアー敢行 ナタリー
  3. ^ T-BOLAN、WANDS、90's J-ROCKヒット曲を映像で紡ぐDVDからティーザー映像公開 BARKS

関連項目[編集]

外部リンク[編集]