Noizy Beat

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Noizy Beat
ZYYGスタジオ・アルバム
リリース
録音 -
ジャンル ロック
J-POP
レーベル B-Gram RECORDS
プロデュース ZYYG
BMF (Being MUSIC FACTORY INC.)
チャート最高順位
ZYYG アルバム 年表
GO-WILD
1994年
Noizy Beat
1996年
SWEET PUNKS
1997年
『GO-WILD』収録のシングル
  1. ぜったいに 誰も
    リリース: 1995年5月26日
  2. JULIA
    リリース: 1995年11月13日
テンプレートを表示

Noizy Beat』(ノイジー・ビート)は、ZYYGの2枚目のアルバム。

作品の解説[編集]

栗林誠一郎脱退後、加藤直樹を新ベーシストとして迎えた、バンドサウンド的なアルバムである。イギリス・パンク、グラム・ロックなどをキーワードにし、さまざまなジャンルを挑んだ。このアルバムの製作曲数は、シングル「ぜったいに 誰も」「JULIA」を含んで50曲もあり、この製作曲数から11曲(下記参照)を選曲した。ちなみに、「POOR BOY」ではテンポ220にした曲を収録したが、テンポを300にした曲を製作したエピソードがある(同作品に封入のレコーディングノーツペーパーから文献を一部抜粋)。

後に、後藤康二がソロアルバム『ck510 SOFA Listening』にて「Dreamer」をセルフカバーした。こちらは大野靖之がゲストボーカルとして迎えたものである。

収録楽曲[編集]

  1. JULIA
    6thシングル
  2. Noizy Beat
  3. Rendezvous
  4. Real imitation
  5. 最初で最後のLove song (album ver.)
    シングル「ぜったいに 誰も」のカップリング曲。
  6. Dreamer
  7. POOR BOY
  8. たった一度のHonesty
  9. NO MERIT LOVE
  10. Ecstasy
  11. ぜったいに 誰も
    5thシングル
作詞:高山征輝(1-11)
作曲:高山征輝(1-5,8)、後藤康二(6,7,9,10)、織田哲郎(11)
編曲:ZYYG(1-11)

参加ミュージシャン[編集]

外部リンク[編集]