藤本健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤本 健一
出生名 本名同じ
別名 Ken☆Ken
生誕 ????3月31日
出身地 日本の旗日本三重県鈴鹿市[1]
学歴 専門学校ESPミュージカルアカデミー卒業
職業 ドラム奏者
担当楽器 ドラム
公式サイト Ken☆ken Web

藤本 健一(ふじもと けんいち、3月31日[1] - )は、日本のドラム奏者。別名義・愛称は「Ken☆Ken(ケンケン)」。三重県出身。血液型はO型[1]

来歴[編集]

高校生の頃にドラムを始め、高校卒業後はプロミュージシャンを志して上京し、音楽学校(専門学校ESPミュージカルアカデミー)に入学。

卒業後の1994年ZYYGのドラマーとしてデビュー。

1995年の「ぜったいに 誰も」がヒット。1999年の解散後は音楽活動の幅を広げ、R&Bからプログレッシブ・ロックまで様々なプロジェクトに参加。

1994年高山征輝率いるZYYGに加入。後藤康二も同時期に加入している。同年、栗林誠一郎がZYYG脱退。一時的に活動を休止。

1995年福岡県久留米市でのシークレットライブを機にZYYGに加藤直樹が加入。

1999年、ZYYGが解散。同時に様々なセッション、サポート活動を始める。

2003年R&B女性シンガー、Akashiのサポートを開始。レコーディング、ライブに参加。

2004年4月26日、「ck510 feat.響子」ライブにて、ZYYG解散後に後藤康二と初共演。これは後藤の招聘によるもの。

2004年6月12日、永川敏郎率いるプログレッシブ・ロックの重鎮GERARDに加入し、初ライブを行う。

2006年2月11日、高山征輝、後藤康二、加藤直樹と共にZYYGラストライブ「LIVE ROCKIN' HIGH Final -ONE AND ONLY MEMORIES-」に参加。

2006年より、Sound Horizonのサポートメンバーとして「Ken☆Ken」名義で参加。シングル『少年は剣を…』、『聖戦のイベリア』『ハロウィンと夜の物語』、アルバム『Roman』、『Moira』、『Märchen』に参加したほか、Sound Horizonのライブ・コンサートツアーなどにも楽団メンバーの一人として参加している。

2012年からはSound Horizon主宰Revoによる新プロジェクトLinked Horizonにも「Ken☆Ken」名義で参加しており、シングル『ルクセンダルク小紀行』、アルバム『ルクセンダルク大紀行』に参加。いずれも通常版のみに収録されている楽曲を担当。

人物・エピソード[編集]

参加グループ[編集]

サポート[編集]

関連項目[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Ken☆ken Web - Profileより

外部リンク[編集]