松井常松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松井常松
出生名 松井恒二
別名 松井恒松
生誕 (1960-09-08) 1960年9月8日(61歳)
出身地 日本の旗 日本群馬県高崎市
学歴 群馬県立高崎商業高等学校
ジャンル J-POPロック
職業 ベーシスト
担当楽器 ベース
ギター
活動期間 1978年 -
レーベル EMIミュージック・ジャパン(1989年 - 2001年、2009年)
ハドソン・ミュージックエンタテインメント(2009年)
ビクター・エンタテインメント(2014年 - 2015年)
ドリーミュージック(2017年 - )
事務所 ソリッドサウンズ
共同作業者 BOØWY
公式サイト MATSUI TSUNEMATSU.com

松井 常松(まつい つねまつ、1960年9月8日 - )は、群馬県高崎市出身のミュージシャン。本名は松井 恒二(まつい こうじ)。

群馬県立高崎商業高等学校卒。日本のロックバンドBOØWYベーシストとして知られる。

BOØWY時代は松井恒松と名乗っていたが、1992年頃に常松と改名。身長170cm、体重57kg(2017年現在)。血液型はA型。ソリッド・サウンズ所属。既婚。

略歴[編集]

アマチュア時代、同級生の氷室京介らと共にバンド、デスペナルティに在籍。1979年には同バンドでEastWestコンテストに入賞。音楽事務所ビーイングスカウトされ上京するが、事務所から「実力不足」を理由に強制解散される。その後、織田哲郎のバンド「織田哲郎&9th IMAGE」にベーシストとして加入。1980年に氷室と布袋寅泰がバンドを結成しようとしていることを知り合流。BOØWYのメンバーとしてデビューから解散まで活動。

1988年にBOØWYでの活動終了後、スタジオ・ミュージシャンや布袋のライブサポートの後、1989年に初アルバム『よろこびのうた』を発表。以降、マイペースな活動を続ける。

よろこびのうた』『SONG OF JOY』ではインストゥルメンタルや女性ボーカリストをフィーチャーした楽曲を中心とし、『月下氷人』より自身がメインボーカルを執る。他アーティストのサポートでステージに立っても、自身のライヴを行うことはなかった。『あの頃僕らは』よりライヴを意識した楽曲へと変貌を遂げていく。

BOØWY解散後も氷室や高橋まことのアルバム・レコーディングに参加、布袋のツアーにベーシストとして参加等、元メンバー同士との交流が一番多い。

2004年オオエタツヤ岸利至と共に「Groove Syndicate」名義で、日本武道館で行われたデヴィッド・ボウイの公演のオープニング・アクトを務めた。

近年は「ベースだと(はなわのように)一人で活動できないが、ギターだと一人でも演奏ができる。より多くの人と、音楽を通じてコミュニケーションしたい。」として、アコースティックギターでの演奏が多い。

2009年、ソロ活動20周年記念アルバム『HORIZON 〜20TH ANNIVERSARY〜』をリリース、ライブツアーを敢行。オールディーズロックナンバーのカバー・アルバム『RAVE ON』もリリース。こちらでは原点回帰として久々にベースの8分弾きをメインとしたステージを披露。年末の「RAVE ON」ツアーではPERSONZと共演した。

同年11月、徳間書店より自叙伝「記憶」を上梓。

2012年10月14日より、ラジオ高崎にてラジオ番組「松井常松 SOLID SOUNDS」を開始[1]

2014年発売アルバム『Reverie』から、再び『よろこびのうた』の方向性に回帰。自身のプログラミングによるインストゥルメンタル作品を手がけている[2]

人物・エピソード[編集]

  • 家族は、両親と4歳上の姉。
  • 最初に持った楽器はベースではなくギターで、後にバンドのベーシストが抜けたのがきっかけ。ちなみに、氷室は当時ボーカルではなくドラムであり、またこのバンドには後にBOØWYのメンバーとなる諸星アツシもいた。
  • BOØWY時代、ライブのメンバー紹介でボーカルの氷室京介から「渋い男です」と紹介されることが多く、実質解散ライブとなった『1224』では「ずっとずっと昔から知ってるけど渋い男です。オン・ベース、松井恒松!」と紹介。
  • BOØWY時代、表情を一切変えず直立不動で「ダウンピッキングの8分弾き」というスタイルが代名詞となっているが、実際はスラップなども巧みにプレイする。
  • 直立不動でベースを黙々と弾く姿が印象的だが、活動初期はステージ上を動き回っていた。この件に関しては本人と渡邉貢から「そういうのウィキペディアに書いてあるらしいけど、真に受けちゃだめだよ(笑)」と否定されている[3]。そして「活動初期は新宿ロフトという狭いステージで当時6名で活動していたわけで、動き回りようがないんだけどね」と、ラジオ『東京ミュージカムステーション』ゲスト出演の際にコメント。実際はBOØWY初期の頃は、現在より激しく肩を揺らしてベースを弾いていた[4][5]
  • BOØWY初期、六本木スクエアビル内にあったゲームセンターで働いていた際、店長に「髪立ててメイクしてバイトに来るのやめてくれない?」と言われた[6]。後に阿佐ヶ谷にあった「ミント」というカフェバーのマスターとなったが、店がバンドの連絡所も兼ねていたため、熱心なファンが通いつめ、売上が上がらず潰れてしまった。
  • BOØWY時代に結婚。娘と息子を授かる。メンバーの中で最初に父親になった。娘の誕生を当時のインタビューで嬉しそうに語っている。

使用ベース[編集]

  • 様々な種類・メーカーのベースを使用しているが、代表的なモデルのみを本項目で記載。
  • フェンダー・プレシジョン・スペシャル
1980年頃、「織田哲郎&9th Image」時代に織田哲郎から「プロならフェンダーのベースを持ちなよ」と言われて購入したもので、色は購入時は「キャンディ・アップル・レッド」と呼ばれる濃い赤色だったが、ザ・クラッシュのベーシスト、ポール・シムノンに触発され、松井自身がまだローンが残っているこのベースの塗装を剥がして、ヘッド部分も含めたボディを白に塗りかえ、その上に青・黄・赤色のペンキをまき散らしている。このベースは通常のフェンダー・プレシジョン・ベースとは異なる点があり、通常2個であるコントロール・ノブが3個あり(3個目のノブでトレブル・ベースのブースト・カットが可能)、アクティブ回路を搭載しており、ボディの裏側には9V電池を入れる箇所がある。更にアクティブ回路とパッシブ回路を切り替えるミニスイッチが搭載されており、金属パーツはゴールド仕様になっている。本ベースはフェンダーで製造された期間が1980年ごろから1983年ごろまでと非常に短く、そのため松井と同仕様のベースを現在見つけるのは非常に難しい。ボディはアッシュ。レコーディングではほぼ一貫してメイン・ベースとして使用された(佐久間正英がプロデュースした作品では、佐久間所有のフェンダー・ジャズ・ベースも併用していた)。ライヴでは「織田哲郎&9th Image」時代から、BOØWY時代は結成から1985年の「BOØWY’S BE AMBITIOUS TOUR」までと、1987年の「Dr. FEELMAN'S PSYCHOPATIC HEARTS CLUB BAND TOUR」、1988年の「LAST GIGS」で使用。同仕様で複数本所有していた(サブベースはフェルナンデス製で、ピックアップカバーの色がメイン・ベースは白、サブベースは黒)。メイン・ベースは後に盗難にあってしまうが、後にゾディアック・ワークスから(ボディやネックはフェンダー・ジャパンで制作)同仕様のモデルが限定35本(実際に製作された本数は、松井自身の物も含めて36本)で発売された。
複数のベースを制作している。最初に作ったものは白いボディにバナナヘッドを持ったもので、1985年の「BOØWY’S BE AMBITIOUS TOUR」と1986年の「わがままジュリエット」のPV、当時のテレビ出演時等で使用。次にフェルナンデスの看板モデルである、黒色の「リボルバー・シリーズ」を1986年の「JUST A HERO TOUR」で使用した(後述のヘッドレス・ベースのプロトタイプとも言われている)。その後、「フィリップ・クビキ・ファクター」というメーカーのベースを参考にしたオリジナルのヘッドレス・ベースを製作。色は黒色でスルーネック構造。1986年の「ROCK’N ROLL CIRCUS TOUR」から使い始め、その後もテレビ出演時や1987年の「"GIGS" CASE OF BOØWY」、「Marionette」のPV等で使用している。松井自身の要望で、ライヴでの使用を前提として製作されたベースで、軽量・コンパクトな造りが特徴で、松井自身は「(このベースは)スケールもちょっと短かったと思うんですよ(実際にはロング・スケール仕様)。ステージでは(軽くて小さいので)凄く弾き易かったけど、音に関しては(フェンダー・プレシジョン・スペシャルと比べると)少し物足りなかったですね」と解散後のインタビューで述べている。ピックアップは当初はフェルナンデス製のアクティブ・ピックアップ「F.G.I.TECHNOLOGY」が搭載されていたが、後にEMG製に交換されている。現在このヘッドレス・ベースはゾディアック・ワークスで販売されており、同仕様で入手することが可能。ボディはマホガニー、ネックはメイプルを使用。指板はフェルナンデス製ではローズウッドが使用されていたが、ゾディアック・ワークス製はエボニーが使われている。
松井のシグネチャー・モデルで、矢羽のような左右対称のボディが特徴で、ボディの色は赤地に白ライン。のちに黒地にシルバーラインの物も製作された。コントロールはピックアップのオン・オフスイッチがあるだけのシンプルなモデルで、腕が当たる部分に窪みがあるなど、自身のプレイスタイルに合わせた造りになっている。主にソロライブで使用された。

作品[編集]

シングル[編集]

  1. TEARS (1991.10.16)
  2. あの頃僕らは (1993.9.29)
  3. GLACIER (1994.9.21)
  4. LAST ANGEL (1995.10.4)
  5. SHADOW OF THE MOON (1996.9.4)
  6. MIRAI (feat. DACHICO) (2013.1.23) - ネット配信限定

アルバム[編集]

  1. よろこびのうた (1989.10.25)
  2. SONG OF JOY' (1991.8.30)
  3. 月下氷人 (1992.10.22)
  4. あの頃僕らは (1993.10.20)
  5. GLACIER (1994.10.19)
  6. DEEP SKY (1995.10.25)
  7. HEAVEN (1996.10.9)
  8. "DNA MIX" HEAVEN VERSION (1996.11.27)
  9. Bye Bye EXTREMER (1998.5.27)
  10. DECADE (2001.11.28) - 2枚組ベスト・アルバム
  11. "1" (2003.9.25) GROOVE SYNDICATE名義
  12. Nylon nights (2006.9.23)
  13. Nylon nights 2 (2006.12.16)
  14. Lullaby of the Moon (2007.6.30)
  15. HORIZON 〜20TH ANNIVERSARY〜 (2009.10.21) - ソロ活動20周年記念ベスト・アルバム
  16. RAVE ON (2009.12.24) - 洋楽カバー・アルバム
  17. Reverie (2014.12.24) -「SONG OF JOY'」以来23年ぶりとなる“よろこびのうた”シリーズ再始動作品と銘打たれている
  18. Moments In Love (2015.12.23)
  19. Heart Rate (2017.2.22)
  20. liquid (2018.2.21)

DVD[編集]

  1. ナイロンナイツ in AOYAMA (2006.12.16)
  2. ナイロンナイツ at クラブ・イクスピアリ (2007.2.26)

著書[編集]

レコーディング参加[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「楽しみです。」”. 松井常松OfficialSite (2012年10月12日). 2020年4月19日閲覧。
  2. ^ ソロ25周年の松井常松、新アルバムで原点回帰 ”. 音楽ナタリー (2014年10月23日). 2017年6月9日閲覧。
  3. ^ 『Player』2010年2月号
  4. ^ 『秘密』 布袋寅泰(2006年 幻冬舎)
  5. ^ 『スネア』 高橋まこと(2007年 マーブルトロン)
  6. ^ 『記憶』 松井常松(2009年 徳間書店)

外部リンク[編集]