半保護されたページ

坂井泉水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂井 泉水
出生名 蒲池 幸子
生誕 1967年2月6日
日本の旗 日本神奈川県平塚市
死没 (2007-05-27) 2007年5月27日(40歳没)
東京都新宿区慶應義塾大学病院
学歴 松蔭女子短期大学卒業
ジャンル
職業
担当楽器 ボーカル
活動期間 1989年 - 2007年
レーベル B-Gram RECORDS
事務所
共同作業者 ZARD
公式サイト https://wezard.net/

坂井 泉水(さかい いずみ、1967年〈昭和42年〉2月6日 - 2007年〈平成19年〉5月27日)は、日本女性歌手作詞家音楽ユニットZARDボーカリスト。本名は蒲池 幸子(かまち さちこ)。事務所はSENSUI。レコード会社はビーイング、レーベルはB-Gram RECORDS血液型A型。戒名は麗唱院澄響幸輝大姉(れいしょういんちょうきょうこうきだいし)。

人物

20代前半まではモデルレースクイーンとして活動していたが、歌手になるという強い希望を持ち続け、1991年2月、自身によるソロプロジェクト「ZARD」のボーカルとして歌手デビューを果たす。多くのヒット曲を生み出した。

かつてビーインググループでは、女性アーティストのメディア露出を極力抑えるメディア・コントロール戦略[1]がよく取られていたこと、また坂井が極度のあがり症だった[2]ことにより、特に6thシングル負けないで」で大ブレイクしたあとは、ほとんどマスメディアに登場せず、また、ライブもほとんど行われなかった。

経歴

デビュー以前

1967年(昭和42年)に神奈川県平塚市に生まれ[3][4]、同市および同県秦野市(小学校4年より)で育つ。秦野市立西小学校、秦野市立西中学校、神奈川県立伊志田高等学校卒業。中学時代は陸上部で活動をするかたわら、ギタークラブでも活動していた。高校時代は硬式テニス部に所属。松蔭女子短期大学(現松蔭大学)を卒業後、不動産会社第一不動産の総務部にて約2年間OLとして勤務した。

モデル時代

歌手として

闘病生活

死去とその後

逸話

  • 坂井が入院中の病院には5月28日に自殺した松岡利勝農林水産大臣(当時)が搬送されたため、病院に運び込まれる様子が集まっていたマスコミにより報道されることとなった。
  • 生前、プライベートがほとんどベールに包まれていたが、大黒摩季はデビューする前から公私ともに親しくしており、分刻みの多忙なスケジュールのなか「ねぇ摩季ちゃん行きたい店があるんだけど」と悪い目をして誘っていたという。そしてプロデューサーに怒鳴られるのはいつも大黒摩季であった[13]
  • 「負けないで」や「揺れる想い」が売れても電車移動であった。レコーディングは夕方にスタートすることがほとんどだった[14]
  • シュークリームが苦手であった[15]
  • 極度のあがり症であった。初めてのテレビ出演が終わり、あいさつ回りに行ったあと、腰が抜けてしまったようになり、メンバーが抱えて楽屋まで連れていった[2]
  • 生前滅多にメディア出演しなかった坂井だったが、同じスターダストプロモーションの先輩であった加藤美樹とは、歌手デビュー前のモデル時代から親交があった。その関係で、加藤がDJを担当する番組(FM802(現在はFM COCOLOに放送局が移行)『SUPER J-HITS RADIO』など)には複数回コメント出演している。[16]

墓地

墓は神奈川県横浜市緑区長津田町にある環境霊園の横浜みどりの里にある。

墓石には「永遠」の字が書かれている。隣には坂井泉水の記念碑がある。

作曲作品

以下は坂井の作曲作品である。すべてZARDの曲として坂井本人が歌っている。

ZARD以外の音楽活動

ZARDとして活躍する一方、同じビーイング系のアーティストのバックコーラスに参加したり、作詞家として多くのアーティストに詞を提供したりしている。活動範囲はJ-POPに限らず、テレサ・テンや森進一などの大物歌手へ作詞を提供するなど、ジャンルの違う歌手との異色のコラボレーションも行った。

ZARDの楽曲のほとんどは自身による作詞であるが、すべてのZARDの楽曲の作詞を担当しているわけではなく、「君がいない」は栗林誠一郎の詞に手を加えたもので、アルバム「Good-bye My Loneliness」に収録された中の2曲は、川島だりあの作詞である(この2曲は作詞に一切関わっていない)(→詳細はZARD#作詞・作曲・編曲のクレジット参照)。

作詞作品

歌手名 曲名 収録(初出のみ) 作詞 作曲 編曲 備考 セルフカバー(ZARD名義)
テレサ・テン あなたと共に生きてゆく シングル『あなたと共に生きてゆく 1993 坂井泉水 織田哲郎 葉山たけし アルバム『君とのDistance
ZYYG, REV, ZARD,WANDS featring 長嶋茂雄 果てしない夢を シングル『果てしない夢を 1993 上杉昇坂井泉水 出口雅之 明石昌夫
雨に濡れて 栗林誠一郎 長嶋茂雄は不参加。 アルバム『OH MY LOVE
DEEN 翼を広げて シングル『翼を広げて 1993 坂井泉水 織田哲郎 葉山たけし シングル『翼を広げて/愛は暗闇の中で
瞳そらさないで シングル『瞳そらさないで 1994 アルバム『forever you
Teenage dream シングル『Teenage dream 1995 栗林誠一郎 シングル『愛が見えない
FIELD OF VIEW 君がいたから シングル『君がいたから 1995 坂井泉水 織田哲郎 葉山たけし アルバム『TODAY IS ANOTHER DAY
突然 シングル『突然
Last Good-bye シングル『Last Good-bye 多々納好夫 アルバム『君とのDistance』
DAN DAN 心魅かれてく シングル『DAN DAN 心魅かれてく 1996 織田哲郎 アルバム『TODAY IS ANOTHER DAY』
Barbier クリスマス タイム シングル『クリスマス タイム 1995 坂井泉水 栗林誠一郎 梅野貴典, Robbie Kondor ベストアルバム『ZARD BLEND II〜LEAF & SNOW〜
LOVE〜眠れずに君の横顔ずっと見ていた〜 シングル『LOVE〜眠れずに君の横顔ずっと見ていた〜 1996 葉山たけし アルバム『TODAY IS ANOTHER DAY』
WANDS Brand New Love シングル『Brand New Love 1998 坂井泉水 綿貫正顕 WANDS アルバム『永遠
明日もし君が壊れても シングル『明日もし君が壊れても 大野愛果 アルバム『時間の翼
森進一 さらば青春の影よ シングル『さらば青春の影よ 2004 坂井泉水 大野愛果 徳永暁人 CD-BOX『ZARD ALBUM COLLECTION 〜20th ANNIVERSARY〜
蜃気楼 葉山たけし
SARD UNDERGROUND 少しづつ 少しづつ[17] シングル『少しづつ 少しづつ 2020 坂井泉水 大野愛果 鶴澤夢人、長戸大幸 作詞ではなく残されたメモからの引用。
これからの君に乾杯 シングル『これからの君に乾杯 川島だりあ, Chris

レコーディング参加

歌手名 曲名 収録(初出のみ) 担当
DEEN 翼を広げて シングル『翼を広げて 1993 コーラス
FIELD OF VIEW 君がいたから シングル『君がいたから 1995
Barbier クリスマス タイム シングル『クリスマス タイム 1995 ゲストボーカル
あなたに帰りたい
LOVE〜眠れずに君の横顔ずっと見ていた〜 シングル『LOVE〜眠れずに君の横顔ずっと見ていた〜 1996
I still remember
WANDS Brand New Love シングル『Brand New Love 1998 ボイス

脚注

  1. ^ 鹿島良雄「“隠れる女”たちの魅惑」『別冊宝島1474 音楽誌が書かないJポップ批評50 ZARD&アーリー90'sグラフィティ』2007年10月19日、宝島社。(ISBN 978-4-7966-5946-8
  2. ^ a b 2018年7月20日深夜0時42分放送のテレビ東京系列じっくり聞いタロウ〜スター近況㊙報告〜』に元ZARDのギタリスト町田文人が出演し、坂井が人見知りでおとなしい性格に加えて、“かなり極度のあがり症で、初めてテレビに出た時とかも、放送が終わってあいさつ回りに行った後に、腰が抜けちゃったような感じになっちゃって。メンバーが抱えて楽屋まで連れて行った。”とのエピソードを語った。「じっくり聞いタロウ〜スター近況㊙報告〜 7月19日(木)放送 一世を風靡したスター最近何やってるの?スペシャル」テレビ東京Webサイト『テレ東プラス』2018年7月20日付記事、「ZARD坂井泉水さんの素顔 TV出演後に腰抜けるほどのあがり症だったスポーツニッポンWebサイト『Sponichi Annex』2018年7月20日付記事、「元ZARDギタリスト、坂井泉水さん出会い別れ語る日刊スポーツWebサイト2018年7月20日付記事。
  3. ^ グループfuture『ZARD&坂井泉水プロファイリング』アートブック本の森 2000年8月) ISBN 4876935505
  4. ^ グループfuture 『ZARD&坂井泉水ストーリー』飛天出版 1999年8月 ISBN 4894401487
  5. ^ a b せんじゅかける (2017年6月19日). “ZARD・坂井泉水の衝撃的な死 事故か自殺か、当時の警察も捜査”. エキサイトニュース (エキサイト). https://www.excite.co.jp/news/article/E1485411238356/ 2019年7月9日閲覧。 
  6. ^ 大黒摩季は「負けないで」「君がいない」「揺れる想い」などの曲にコーラスで参加している。6月26日に催され関係者だけが参加した音楽葬で人目をはばからず号泣した。
  7. ^ "ZARDベスト盤がオリコン3位に…史上初300位圏外から急上昇" サンケイスポーツ: 2007-6-5. 2007年6月5日閲覧.
  8. ^ 坂井泉水さんの急死、韓国メディアも一斉に報道 - 朝鮮日報
  9. ^ 日歌手坂井泉水 墜樓梯身亡 - 民視
  10. ^ 『ZARD-坂井泉水さんを偲ぶ会』に織田哲郎、大黒摩希ら「残念」 ニュース-ORICON STYLE-
  11. ^ 長嶋茂雄名誉監督、B'z、倉木らが、坂井さんに追悼コメント ニュース-ORICON STYLE-
  12. ^ 坂井さんを偲び、最後は3500人が「負けないで」を大合唱”. Oricon Style (2007年6月28日). 2007年6月28日閲覧。
  13. ^ 大黒摩季が語るZARD・坂井泉水の「小悪魔のささやき」AERAdot. 2017年6月11日
  14. ^ ZARD・坂井泉水は『負けないで』ヒット中も誰にも気づかれず、小田急線で通勤AERAdot. 2017年5月27日(2ページ目)
  15. ^ ZARD・坂井泉水は『負けないで』ヒット中も誰にも気づかれず、小田急線で通勤AERAdot. 2017年5月27日(3ページ目)
  16. ^ FM802『FLOWER AFTERNOON』(2007.5.28放送)加藤本人談より
  17. ^ “SARD UNDERGROUND初のオリジナル曲、歌詞は坂井泉水の未公開詞”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年11月13日). https://natalie.mu/music/news/355179 2019年11月23日閲覧。 

外部リンク