GO-WILD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GO-WILD
ZYYGスタジオ・アルバム
リリース
録音 1993年3月〜1994年5月
GARDENIA STUDIO
MOD STUDIO BEING
STUDIO BARDMAN
ジャンル ロック
J-POP
レーベル B-Gram RECORDS
プロデュース BMF (Being MUSIC FACTORY INC.)
ZYYG(楽曲制作のみ)
チャート最高順位
ZYYG アルバム 年表
GO-WILD
1994年
Noizy Beat
1996年
『GO-WILD』収録のシングル
  1. 君が欲しくてたまらない
    リリース: 1993年5月19日
  2. 風にまぶしい
    リリース: 1993年6月9日
  3. 壊したい現実
    リリース: 1994年3月4日
  4. NO RETURN LOVE
    リリース: 1994年4月23日
テンプレートを表示

GO-WILD』(ゴー・ワイルド)はZYYGのファーストアルバム。

作品の解説[編集]

栗林誠一郎在籍のアルバム。「君が欲しくてたまらない」「風にまぶしい」以外は後藤康二藤本健一在籍の作品。「SMILE AGAIN」は、関西テレビ「愛と疑惑のサスペンス」エンディングテーマ。ジャケットの撮影場所は、先行シングル「NO RETURN LOVE」同様、工場周辺に撮影したものである(ただし、夜間の撮影は例外)。このアルバムをリリース後に栗林が脱退をする。ちなみに、これまでのZYYGとして製作した20曲の中から、11曲を選曲した。(同作品に封入のレコーディングノーツより文献を一部抜粋。)

収録楽曲[編集]

  1. One Night Heaven
    高山征輝の考案で、「どっしりとしたオープニングにしよう」と言ったことから、この曲が出来た。
  2. NO RETURN LOVE
  3. Starting over now
    栗林のソロ曲「LONELY ONE」同様、サイレンの音から始まっている。
  4. SMILE AGAIN
  5. 壊したい現実
  6. RUNNING WAY
    テンポは速めにしていないのは、ドキュメント的な雰囲気を出すためだと思われる。
  7. 遠い日のメロディー
    このバンドの楽曲製作では、最初に作った楽曲である。
  8. 風にまぶしい
  9. SONG FOR BROTHER
  10. I WANNA GOOD-BYE
    このアルバムの中では一番テンポの高い楽曲であり、作詞、編曲に関しては何回かやり直した。
  11. 君が欲しくてたまらない
    後に、WANDSがセルフカバー。
作詞:高山征輝 (1〜10)、上杉昇 (11)
作曲:栗林誠一郎 (1〜10)、織田哲郎 (11)
編曲:栗林誠一郎 (1〜11)

参加ミュージシャン[編集]

関連項目[編集]