ZAIN RECORDS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビーイング > ZAIN RECORDS
ヅァインレコーズ
ZAIN RECORDS
親会社 ビーイング
設立 1991年4月
設立者 長戸大幸
販売元 パイオニアLDC
(1991年 - 1995年)
ジェイディスクビーイング
(1995年 - 2007年)
ビーイング
(2007年 - 現在)
ジャンル J-POP
日本の旗 日本
本社所在地 東京都港区六本木
公式サイト http://www.beinggiza.com/

ZAIN RECORDS(ヅァイン・レコーズ)は、ビーイング[1] 傘下のレコードレーベルで、かつて存在したレコード会社である。旧社名はビージン(B.JIN)。現在はビーイング社内レーベルのひとつとなっている。

概要[編集]

ビーイング直営の最初のレコード会社である。社名の由来は、ドイツ語のBe動詞にあたるSeinのローマ字読みから取っているという説と、最初(A)から最後(Z)まで全てをひっくるめる(IN)という意味の造語とする説がある[要出典]

来歴[編集]

織田哲郎が一時所属したレコード会社プラッツ(現在は音楽制作からは撤退)は学研が設立したもので、ビーイングのプロデューサー長戸大幸や織田哲郎は学研主催のオーディションに審査員として参加していた。またT-BOLANは学研が関与した新興レコード会社ROCK IT RECORDS(1993年にパイオニアLDCに吸収)に所属するなど交流が深かったことから、学研出身のスタッフとともにビーイング初の自前レコード会社設立準備が始まる。

  • 1991年 - 4月、パイオニアLDCを販売委託先としてビーイング、正しくは長戸大幸の出資によるレコード会社b.jin(ビージン)として設立、第一弾アーティストは川島だりあである。名称はヴァージンレコードをもじって考え出された[要出典]
  • 1992年 - 11月T-BOLANの移籍に合わせて、新レーベルとしてZAIN RECORDSを設立。
  • 1993年 - 2月社名をZAIN RECORDSと改称。MANISH・T-BOLAN・REVらのアーティストの作品のヒットにより、当時社員5名ながら年商70億円を記録した。
  • 1996年 - ZAIN RECORDS大阪内に、新レーベルWESTHAUSを設立。LOWDOWNと新堂敦士を輩出。
  • 1999年 - T-BOLANの解散に始まり、MANISHの事実上活動休止、小松未歩のGIZA studio移籍に伴うAmemura O-town Recordの運営終了などから全盛期よりも低迷する中で、自前洋楽レーベルBIG.M.Fが始動。
  • 2003年 - 10月1日B-Gram RECORDSに吸収合併され、同社の1レーベルとなる。
  • 2007年 - B-Gram RECORDSがビーイングに吸収合併されるにあたってビーイングの1レーベルになる。
  • 2010年 - レーベル内レーベルとしてpure:infinityが設置される。

レーベル[編集]

所属アーティスト[編集]

ZAIN RECORDS(メインレーベル)

BIG M.F.(洋楽専門レーベル)


ZAZZY(インディーズ)

所属アーティストはいないがZAIN RECORDS所属アーティストやBeing所属アーティストが使用している。



過去に所属していたアーティスト

販売元[編集]


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Being official website”. 2014年1月12日閲覧。
  2. ^ a b Spoonfulは、ZAIN RECORDSの内部レーベル扱いから、Amemura O-town Recordの内部レーベル扱いとなった。


外部リンク[編集]