スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スラムダンク > スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道
スラムダンク
全国制覇だ! 桜木花道
監督 有迫俊彦
脚本 菅良幸
原作 井上雄彦
製作 旗野義文、佐藤公宜
出演者 草尾毅
平松晶子
梁田清之
緑川光
置鮎龍太郎
塩屋翼
立木文彦
真地勇志
鶴ひろみ
音楽 BMF (Being MUSIC FACTORY INC.)
撮影 福田岳史
編集 西山茂
制作会社 東映動画
製作会社 集英社テレビ朝日
電通、東映動画
配給 東映
公開 日本の旗 1994年7月9日
上映時間 45分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 スラムダンク
次作 スラムダンク 湘北最大の危機! 燃えろ桜木花道
テンプレートを表示

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道』(スラムダンク ぜんこくせいはだ! さくらぎはなみち)は1994年7月9日に公開されたアニメ映画。製作は集英社テレビ朝日電通東映動画。配給は東映。カラー、ワイド。上映時間は45分。同時上映は『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』、『Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!!わくわくハートの夏休み』。

原作第79話「天才の憂鬱」において、ダイジェストで語られた、湘北と津久武の試合を大々的にアレンジ。後のテレビシリーズにおいても津久武のメンバーは、アニメ版のデザインで登場している。

陵南の仙道と魚住と池上と彦一、海南の牧、翔陽の藤真と花形も観戦するが、仙道と池上と藤真と花形に台詞はない。

あらすじ[編集]

湘北は、インターハイ予選において、ベスト16に進出。次の対戦相手は、赤木と木暮の中学時代のバスケ仲間の伍代友和と安西の大学監督時代の教え子・川崎一美が属する古豪・津久武。

3試合連続無得点退場で苛立っている花道は、津久武のルーキーである南郷洸一郎と晴子のことで揉めた上、晴子との交際もかけて、南郷とも争うことになった。

ゲストキャラクター[編集]

津久武高校
前年度のインターハイ予選ベスト8であるベスト8シード校。アニメ版では、学校創立90周年を迎えたことも設定された。
ユニフォームの色は白。
伍代 友和(ごだい ともかず)
3年、180cm 78kg、背番号4、SG。
主将。北村中学校時代の赤木と木暮のチームメイト。
入学当時は平均以下の実力しか持っておらず、バスケをやめようと思っていたが、川崎によってシューターとしての素質を見込まれ、死に物狂いで練習し、スリーポイントシューターとして才能を開花させた。しかし、桜木から強引にボールを奪ったとき花道が倒れたためにファウルを取られ、審判と悶着を起こし、作中にて唯一となるディスクォリファイング・ファウルの宣告を受ける。エンディング映像では、赤木と握手する光景も描かれた。
南郷 洸一郎(なんごう こういちろう)
1年、192cm 83kg、背番号15、C。
呼称:メッシュ猿
1年でスタメンを務める実力者。黒髪の前髪に金色のメッシュをかけている。女好きのお調子者であり、部員や監督からは「勉強もバスケの練習も真面目にしない、真面目にしている時は女に惚れたときだけ」と評されているほどだが、伍代や川崎は「問題児だが真剣に取り組めば凄い選手になる」と評されており、ジャンプボールでは赤城に競り勝っている。スクーターで登校。
登校中に公園で晴子と出会い一目惚れする。その直後、桜木と一悶着を起こし、頭突きが効かない上に桜木に頭突きを仕返しし、桜木を「脳天ダンクの退場王」と罵り、桜木が「晴子は俺の恋人」と嘘をついたことで、ますます衝突し、試合の勝者が晴子と付き合うという約束をする。実際は負けてしまうも、エンディングの一面で晴子に手をふり、諦めのつかない一面が見られる。
夏目 博志(なつめ ひろし)
3年、160cm 55kg、背番号7、PG。
小柄ながら、かなりのテクニシャンで宮城を終始追い込み続け、桜木の4つ目のファウルも誘った。
峰 健太(みね けんた)
3年、174cm 68kg、背番号8、F。
普段はメガネを試合中ではゴーグルを着用。伍代が審判と悶着を起こした際、和泉と共に止めに入る。
和泉 隆(いずみ たかし)
3年、172cm 75kg、背番号5、F。
副主将。原作では序盤に3ポイントシュートを決めて、チームに勢いを付けたことになっているが、本作では伍代がスリーポイントシューターとして描かれている。
田村 良和(たむら よしかず)
3年、178cm 65kg、背番号6。
退場した伍代と交代した選手。
川崎 一美(かわさき かずみ)
監督。安西の大学監督時代の教え子でもあり、伍代に3ポイントシュートを伝授した。監督歴3年。喫煙者。
今田(いまた)
顧問。劇中では台詞がない。
その他
中川 早苗(なかがわ さなえ)
川崎の大学時代の後輩でバスケ部元マネージャー。現在は「週刊バスケットボール」の雑誌記者を務める。
アニメ本編ではインターハイ予選湘北対陵南戦の撮影をしていた。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]