赤木剛憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤木 剛憲
SLAM DUNKのキャラクター
登場(最初) 第4話「ゴリラジジイ」
作者 井上雄彦
声優 梁田清之
緒方恵美(少年時代)
プロフィール
愛称 ゴリ
ダンナ
性別 男性
国籍 日本の旗 日本
職業 学生
親族 赤木晴子(妹)
テンプレートを表示

赤木 剛憲(あかぎ たけのり)は、井上雄彦漫画作品およびそれを原作とするアニメSLAM DUNK(スラムダンク)』に登場する架空の人物。アニメでの声優は梁田清之、少年時代の声優は緒方恵美

プロフィール[編集]

人物[編集]

湘北高等学校3年6組在籍であり、同校バスケットボール主将。高校1年生時は1年1組在籍であった。厳格かつ綺麗好きな性格であり、花道を拳骨一撃で鎮めたりし、他のバスケ部問題児や堀田ら湘北の番長や他校の不良生徒ですら怖気づく風貌と力強さを持つ人物。その風貌から「ゴリラ」「怪物」と呼ばれており、桜木からは「ゴリ」、宮城からは「ダンナ」と呼ばれ(妹の晴子からも「ゴリ兄ちゃん」と呼ばれる)、湘北にとっては代えの利かない大黒柱であり、魚住や牧ら他校のライバルからもそう認識されている。普段は冷静沈着で礼儀正しいが、熱血漢でもあり、激高すると感情をあらわにする。晴子曰く「普段は優しいがバスケットのこととなると人が変わる」ほど、バスケに対する思いは強い。緊張や自意識過剰により、精神的に不安定になり本来の力を発揮できなくなることもある[2]。「ゴリラ」呼ばわりを容認してはいないのだが、自分から「ウホ」と叫ぶこともある。バスケ部員以外にも「ゲンコツのキャプテン」と呼ばれるほど指導は厳格であり、温和な木暮とのコンビは彩子に「湘北バスケ部名物アメムチ」と呼ばれている。学業の成績は非常に優秀であり、作中では英文を流暢に訳して教師から誉められていた。劇場版第4作では選手生命を断たれたイチローのために、彼を加えた練習試合をしてほしいという晴子の頼みをはじめは断ったものの、自身も海南戦で負った足の捻挫のことを思い、自ら安西に直談判して練習試合を実現させた。

木暮とは北村中学時代からのチームメイトであり[3]、全国制覇の夢を共に目指してきた無二の親友でもある。また、三井とは入部当初はライバル関係にあった。青田とは小学校からの幼馴染でライバルでもある。学校生活では教師からの信頼は厚く、クラスメイトや他の部の部員との関係も良好である様子。両親、妹の晴子の4人で暮らしている。住居は一軒家で、一家での食事や自主練習、インターハイ前の問題児軍団のための勉強合宿、また深沢体育大学の唐沢と杉山との面談といった様に、家族や家庭でのエピソードが、作中の主要人物の中では唯一、描かれている。退場を繰り返していた桜木が、悩みを相談しようと夜更けに単身で訪問したこともある。また、彼の部屋にはカリーム・アブドゥル=ジャバーのポスターなど数多くのバスケットグッズがある。

バスケを非常に愛しており、小学生の頃から全国制覇の夢を持っている。青田曰く、小学生時代から特別体がでかかったとのことだが、小学6年生の頃には急激に身長が伸び始め、当時の時点で173cmの長身であり、湘北高校への入学時には193cm、88kgにまで成長した。地道な練習により自身の実力も確実につけてきたものの、チームメイトに恵まれずに埋もれてきた逸材。高校も強豪校には進学できなかったが、それでも弱小の湘北高で全国制覇の夢を持ち続け、そのために部員の多くが退部するほどの厳しい練習を課す。最終学年には強力なチームメイトを得て才能を開花させ、海南戦では前半途中で足を捻挫しながらも試合の最多得点となる33得点を記録[4]。予選から豊玉戦までの1試合平均で25.3得点・12.3リバウンド・4.0ブロックを記録して名実ともに県内No.1センターにのし上がった。その活躍ぶりは大学界No.1の名門である深沢体育大学の目にも留まり、実力は大学でもすぐに通用するセンターと評価され、インターハイでのベスト8入りを条件にスカウトされる。ベスト8入りはならずとも関係者はスカウトする予定だったようだが、赤木本人が辞退したのか大学側から断られたのかは不明のまま、結局推薦の話はなくなった様子。インターハイ終了後は引退して元々の志望校受験を目指すが、原作終了後の黒板漫画では引退後、バスケットがしたい思いのあまり、授業に集中できなかったり、成績が下降した様子。雑誌『Switch』の表紙では15番のユニフォームを着ていた。

湘北高等学校[編集]

プレイスタイル等[編集]

「ゴール下のキングコング」の異名を持ち、体格を活かしたパワープレイを得意とする。自身のパワーを活かしてダンクを決める「ゴリラダンク[5]」のほか、相手のシュートをバレーボールスパイクのようにブロックする「ハエタタキ」などの豪快なプレーでチームメイトを牽引する。魚住によると「ゴール下での得点感覚は天性」、木暮によると「赤木の凄さは超パワフルなオフェンスよりも、むしろ鉄壁のディフェンスにあるという専門家も少なくない」とのことで、仙道は「湘北は彼の存在だけでベスト8くらいの力はあると思う」と評しており、河田雅史は「攻守両面において湘北の最重要人物」と評した。なお、高校入学当初はドリブルフリースローが苦手[6]で、かつてのチームメイトだった西川からも、「デカいだけで下手だから海南にも翔陽にも入れなかった」と言われたが、2年生時のインターハイ予選陵南戦ではチームの負けが決定的な状況にあっても闘志を失わず魚住を抑え込む姿勢を高く評価された。その実力は県外の名門校でも高く評価されており、全国大会でマッチアップした豊玉の岩田も「ごっつい威圧感、これほど存在感のあるセンターは大阪にはいない」と実力を認め、山王工業の選手たちも彼の試合での映像と実績について「立派な数字」、「かなりの選手、今まで無名なのが不思議なくらい」と語っている。しかしその山王戦ではシュートエリアが狭いなどの弱点も見抜かれ、沢北には「ゴール下では相当強いが攻めのパターンは決まっており、ローポストからのアタックさえ封じればおそらく手詰まりになる」、ディフェンスにおいても「ゴールから離れた所で勝負してゴール下から連れ出せばいい」と分析され、マッチアップした河田雅史に攻守両面で圧倒されるが、試合に乱入した魚住の桂剥き(かつらむき)のパフォーマンスにより「主役は自分でなくていい。ウチには主役になれるやつがたくさんいる」と思考を切り替え、立ち直る。

脚注[編集]

  1. ^ 『SLAM DUNK』23巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1995年、47頁、ISBN 4-08-871843-7
  2. ^ IH第2回戦で対戦した山王工業の河田雅史とのマッチアップでは河田にゴール下から引きずり出されるなど事前の対策を練られていたこともあって「自分が河田に勝てなければ湘北は負ける」と周りが見えなくなり普段見られないはずのスタンドプレーを冒す。
  3. ^ 他にも当時のチームメイトに、劇場版第2作「全国制覇だ! 桜木花道」に登場した伍代友和がいる。
  4. ^ BRUTUS』第642号より。
  5. ^ これを名付けたのは三井。ただし、これは彼の前では決して口にしてはいけない。
  6. ^ 三井はバスケ部への復帰後、三浦台戦にて彼のフリースローを見た際に「うまくなった」と評している。

関連項目[編集]