-真天地開闢集団-ジグザグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
-真天地開闢集団-ジグザグ
出身地 日本
ジャンル ヴィジュアル系
活動期間 2015年-現在
レーベル CRIMZON
事務所 CRIMZON
公式サイト https://zigzag.asia/
メンバー
旧メンバー
  • 刃 -じん-
  • 蒼梓 -あおし-

-真天地開闢集団-ジグザグ(しんてんちかいびゃくしゅうだん じぐざぐ)は日本のヴィジュアル系バンド[1][2]。所属レコードレーベルはGIZA studio傘下のCRIMZON。

概要[編集]

「愚かな者に救いの手を差し伸べる」をコンセプトに2015年に結成[注 1]

彼らのライブを「禊(みそぎ)」、禊に参加するファンの事を「参拝者」と呼ぶ[3]

メンバー[編集]

  • 命 -みこと-
破壊の祈祷師ことボーカルギター。参拝者からは命様(みことさま)と呼ばれる。バンドの設定や世界観、作詞作曲、MVの制作などバンドの殆どを担当している[3]
自称0歳。記憶は33年前からある。禊の最後、偶然倒れた演出が参拝者にウケたのをキッカケに、倒れる度に昇天&降臨を繰り返し、現在は8代目という設定でステージに立つ[3]
普段は天界に住んでおり禊の度に地上へ降りてくる。
見た目に反してサンリオキャラクターなどかわいいものが大好きでマイメロディを彼女と呼ぶ。さらに最近のお気に入りはウィッシュミーメル、こぎみゅんである[4]
バンドの世界観について、元々はTシャツにジーパンというラフな格好のバンドを目指していたが、目立とうとコンセプトを作り上げた結果、後に引けなくなり「こんな予定ではなかった」と本音をもらしていた[4]
  • 龍矢 -りゅうや-
鳴弦の陰陽師ことベース。京都市出身。5月10日生まれで年齢は24歳[3]。蒼梓が脱退するまではギターを担当していた[5]
女性のような可愛らしいルックスが特徴。MVで花魁の姿を披露したこともある。だが本人は影丸のようなかっこいいメイクや服装を目指していたが、命により止められた。理由は持ち味を活かしたほうがいいため[4]
TV出演の際は他の二人に比べ落ち着いて二人をフォローすることが多々ある。本人はバンド設定に対し「一人くらい(設定に忠実な)まともなのがいないと」と話す。
  • 影丸 -かげまる-
ぽんぽこ太鼓ことドラム。神戸出身。2月25日生まれで年齢は25歳[3]。過去の悲しい出来事により感情と声帯を失って喋れないという設定だが、命が心の声を音声化することができる術をかけると一時的に喋れるようになる。
本人曰く本当は喋るのが大好きで、トーク番組で話せないことを悲しがっている[4]
当初、サポートドラマーとして幕を張って姿が見えない状態で禊に参加していたが、自ら志願してメンバーとなった。本人は可愛いキャラになりたかったが、命により却下され今に至る。

元メンバー[編集]

  • 刃 -じん-
ギター
2018年1月28日に体調不良のため脱退し、音楽活動を終了した[6]
  • 蒼梓 -あおし-
ベース
2019年1月25日脱退[7]

ディスコグラフィ[編集]

単独音源(シングル)[編集]

  発売日 タイトル 規格 品番 収録曲 備考
1st 2018年7月25日 帰りたいけど帰れない CD CCR-034(初回限定盤) 初回限定盤は御朱印帳付き(完売)
CCR-035(通常盤)

音源集(アルバム)[編集]

音源集[編集]

発売日 タイトル 規格 品番 収録曲 備考
2016年4月1日 繋がりたい CD 現在は生産終了済
2016年7月22日 仕切りが嫌い
2016年11月11日 オキニ
2016年12月11日 オキラ
2017年3月23日 『メンヘラ』はじめました
2017年8月25日 糞麺氏ね 現在は生産終了済
2019年11月16日 ペサ・シェルヴェゼル CRLC-0050
2020年11月25日 ハキュナマタタ CCR-042

厳選音源集[編集]

発売日 タイトル 規格 品番 収録曲 備考
2018年1月1日 はじめてのじぐざぐ CD CCR-033 ボーナストラック有り
2018年9月23日 -真天地開闢集団-ジグザグ 白盤 CRLC-0040 現在は生産終了済
-真天地開闢集団-ジグザグ 黒盤 CRLC-0041

完全音源集[編集]

発売日 タイトル 規格 品番 収録曲 備考
2019年6月16日 慈愚挫愚 壱 〜大殺界〜 CD+DVD CCR-039、CCR-039B(特典DVD品番)
(初回限定盤)
初回限定盤は完売
CD CCR-040(通常盤)
2020年3月18日 慈愚挫愚 弐 〜真天地〜 CCR-041(全国流通盤) 20頁歌詞ブックレット付
2020年6月1日 CRLC-052(会場限定盤) 32頁歌詞ブックレット付
会場限定盤のみ「ジゴクニオチロ」追加収録

配信音源[編集]

発売日 タイトル 備考
2019年2月16日 優しい人
2019年3月2日 其れでも花よ、咲け。
2019年3月9日 ゴミはゴミ箱へ
2019年3月16日 卒業
2019年3月23日 顔が無理
2020年8月19日 Requiem

会場限定音源[編集]

発売日 タイトル 規格 品番 収録曲 備考
2015年9月14日 愛シ貴女狂怪性 CD 100枚限定生産(完売)
2015年12月26日 十六夜
2016年6月2日 悪いのはバンドマン 300枚限定生産(完売)
2017年6月9日 大炎上
2018年4月24日 あっぱれ珍道中
2018年9月19日 愛の美少女戦隊ジグザグ CRLC-0039
2018年10月15日 てやんでい!てやんでい! CRLC-0042

映像集[編集]

発売日 タイトル 規格 品番 収録曲 備考
2020年11月25日 慈愚挫愚 MV集 -壱- Blu-ray CXR-001

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ先
2020年 Requiem テレビ朝日系全国放送『BREAK OUT』 9月度 オープニング・トラック

出典[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 一部ニュース媒体では2016年に結成と紹介されることがある[3]が、正しくは2015年である。

外部リンク[編集]