MANISH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MANISH
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
パワー・ポップ
活動期間 1992年 - 1998年
レーベル ZAIN RECORDS
事務所 スターダストプロモーション
共同作業者 鈴木英俊ギター
増崎孝司ギター
古井弘人編曲
小田佳奈子(作詞)
寺島良一(ディレクター)
メンバー 高橋美鈴(ボーカル
西本麻里(キーボード

MANISH(マニッシュ)は、1990年代に活動していた日本の音楽グループ。

来歴[編集]

1991年、大手モデル事務所のスターダストプロモーション所属メンバーによって結成された「空手パフォーマンスグループ」アクションズが起源。有栖川宮記念公園にて定期的にパフォーマンスを披露していた。1992年5月、アクションズの中から選抜された高橋美鈴、西本麻里、石沢晶、土屋さゆりの4人がアイドルグループ・DALI(ダリ)として、シングル「ムーンライト伝説」(美少女戦士セーラームーンOP曲)でデビュー。直後にグループは解散。しかし、DALIから高橋と西本を選抜し、MANISHを結成。12月に「恋人と呼べないDistance」で再デビュー(なお、高橋はDALIとしての活動前は初代おにぎりにぎり隊として農業協同組合のキャンペーンソングを歌っていたこともある)。後に「声にならないほどに愛しい」「もう誰の目も気にしない」「煌めく瞬間に捕われて」などがヒットした。

グループ名は2人とも小さい頃から男の子っぽいと言われた事に由来する。MANISHという言葉は造語で、「男の子っぽい、男のような」を意味する正しい英語のスペルはmannishである。西本麻里の「MAri NISHimoto」から取ったとも言われている。

アップテンポなポップロックを得意とし、B'zのアレンジも手がける明石昌夫が長くサウンドプロデュースを担当、キーボード主体の女版B'zと称されることもあった。音楽性だけではなく二人のモデルのようなルックスにも注目が集まった。

当人たちがプロモーションをしていた、1996年8月のリリース作品cheerをもって、一旦活動停止する。これはスターダストプロモーションとの提携終了によるものであると思われる。 当時、同社に所属していたZARDはsensuiへ移籍、宇徳敬子はAdingへ移籍、BA-JI(中沢晶)は活動停止(その後、98年に移籍しBAJI-Rで復活)、柳原愛子はBeingを離脱、中原薫は活動停止していることから推測される。 1998年10月にZAINの小冊子でMANISH BESTリリースと共に活動再開がアナウンスされるも、Beingの大阪移転に伴い、12月にBeingとも契約を終了したようだ。 本人達及び事務所関係者が公式の場で解散等の宣言はしていないが、2003年11月には雑誌『日経エンタテインメント!』に「今は2人とも音楽業界から離れている」という情報が掲載され事実上の解散が確認された。

メンバー[編集]

高橋美鈴(たかはし みすず)
ボーカル作詞担当。
(1974-02-19) 1974年2月19日(43歳)生まれ。東京都出身。血液型O型。身長166cm。
かつては初代おにぎりにぎり隊として農協のキャンペーンソングを歌っていた。パンチの効いたパワフルなボーカルが特徴で、アップテンポな歌を得意とした。同じビーイングの大黒摩季と声質やボーカルスタイルが似ており、大黒はコーラス参加や歌詞提供などもしている。なお、NHKアナウンサーの高橋美鈴とは同姓同名の別人である。
西本麻里(にしもと まり)
キーボード作曲担当。
(1973-02-09) 1973年2月9日(44歳)生まれ。東京都出身。血液型AB型。身長172cm。
初期はバラードのソングライティングを得意とし、「もう誰の目も気にしない」などのヒット曲の作曲も手がけた。ビジュアル的に優れていたため、裏方のキーボードに徹していたことに不満をもつファンも多かった。ミュージックステーション等の出演時には、一般的に音楽番組でキーボーディストが使うような機材ではなく、KURZWEILを中心に、編曲家がレコーディングスタジオ専用に使うシンセシステムのようなかなり大掛かりな機材を持ち込むなど、話題になったこともある。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 楽曲制作 最高位
1st 1992年12月20日 恋人と呼べないDistance 作詞:小田佳奈子&すみれ
作曲:すみれ
編曲:明石昌夫
49位
2nd 1993年1月8日 声にならないほどに愛しい 作詞:上杉昇
作曲:織田哲郎
編曲:明石昌夫
28位
3rd 1993年2月17日 素顔のままKISSしよう 作詞:大黒摩季
作曲:西本麻里
編曲:明石昌夫
34位
4th 1993年6月2日 君が欲しい 全部欲しい 作詞:大黒摩季
作曲:織田哲郎
編曲:明石昌夫
14位
5th 1993年7月28日 眠らない街に流されて 作詞:大黒摩季
作曲:織田哲郎
編曲:明石昌夫
18位
6th 1993年11月3日 だけど止められない 作詞:高橋美鈴
作曲:西本麻里
編曲:明石昌夫
17位
7th 1994年1月10日 もう誰の目も気にしない 作詞:小田佳奈子
作曲:西本麻里
編曲:明石昌夫
5位
8th 1994年5月25日 明日のStory 作詞:高橋美鈴&井上留美子
作曲:西本麻里
編曲:明石昌夫
19位
9th 1994年8月10日 走り出せLonely Night 作詞:高橋美鈴
作曲:栗林誠一郎
編曲:明石昌夫
18位
10th 1995年2月6日 煌めく瞬間に捕われて 作詞:高橋美鈴&川島だりあ
作曲:川島だりあ
編曲:明石昌夫
6位
11th 1996年1月22日 この一瞬という永遠の中で 作詞:牧穂エミ
作曲:西本麻里
編曲:葉山たけし
12位
12th 1996年5月27日 君の空になりたい 作詞:小田佳奈子
作曲:栗林誠一郎
編曲:池田大介
23位

アルバム[編集]

発売日 タイトル 最高位
1st 1993年4月14日 MANISH 3位
2nd 1994年10月24日 INDIVIDUAL 5位
3rd 1996年8月5日 Cheer! 7位
Best 1998年10月28日 MANISH BEST -Escalation- 7位
Best 2002年10月25日 complete of MANISH at the BEING studio 91位
Best 2007年12月12日 BEST OF BEST 1000 MANISH 190位

未収録曲[編集]

  • 気ままにDEAR MY FRIENDS(作詞:高橋美鈴)[1]
  • サヨナラはまだ言わない(作詞:向井玲子[2]
  • 星になれる夜(作詞:高原裕枝)[3]

上記三曲は全てJASRACに登録済みで、作曲は全て西本麻里。

complete of MANISH at the BEING studio付属のライナーノーツにあるレコーディング資料の写真でのみ確認できるCheer!製作時の没トラック。

オムニバス[編集]

  • `95 SUMMER(M-21.煌めく瞬間に捕われて(シネマサイズ))(1995年7月24日)
  • スラムダンク テーマソング集(M-4.煌めく瞬間に捕われて)(1996年3月20日)
  • THE BEST OF TV ANIMATION SLAM DUNK〜Single Collection〜(M-4.煌めく瞬間に捕われて、M-8.煌めく瞬間に捕われて(シネマサイズ)) (2003年7月21日)
  • It's TV SHOW!!(DISC2 M-9.君が欲しい全部欲しい)(2004年2月24日)
  • LEGEND of 90's J-ROCK「LIVE BEST & CLIPS」(2012年8月8日、DVD)[4]
    • (M-09.声にならないほどに愛しい、M-10.ゆずれない瞬間、M-11.だけど止められない、M-12.もう誰の目も気にしない、M-13.明日のStory、M-14.走り出せLonely Night、M-15.煌めく瞬間に捕われて いずれもDISC2に収録)
  • 〜 読売ジャイアンツ オフィシャルCD 〜読売ジャイアンツ 選手テーマ曲2013(M-2.煌めく瞬間に捕らわれて)※杉内俊哉選手 テーマ曲(ユニバーサルミュージック/USMジャパン・UICZ-8118)(2013年6月26日)

通販CD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ MANISH/気ままにDEAR MY FRIENDS 作品データベース検索サービス(JASRAC)
  2. ^ MANISH/サヨナラはまだ言わない 作品データベース検索サービス(JASRAC)
  3. ^ MANISH/星になれる夜 作品データベース検索サービス(JASRAC)
  4. ^ T-BOLANが再結成、90年代ビーイング勢と全国ツアー敢行 ナタリー

外部リンク[編集]