牧秀悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
牧 秀悟
横浜DeNAベイスターズ #2
20210306 Shugo Maki infielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium (VS ORIX).jpg
2021年3月6日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県中野市
生年月日 (1998-04-21) 1998年4月21日(24歳)
身長
体重
178 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手一塁手
プロ入り 2020年 ドラフト2位
初出場 2021年3月26日
年俸 7000万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

牧 秀悟(まき しゅうご、1998年4月21日[2] - )は、長野県中野市出身[3]プロ野球選手内野手)。右投右打[3]横浜DeNAベイスターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中野市立中野小学校1年生の時に兄の所属する小学3年生以上の野球チーム、キングアニマルズに入れてもらい野球を始め[4]、2年生の秋から4番を打つようになる[5]。両親が共働きだったため、祖父と野球の練習をするのが日課で、祖父が庭にネットを張り毎日打撃練習に励んでいた[4]中野市立南宮中学校在学時は若穂リトルシニアに所属し、立ち上げたばかりのチームだったが2年、3年と全国大会にも出場した[4][6]

松本第一高等学校では、1年春から中軸を打ち[7]、3年春の県大会に優勝も、2年夏と3年夏はいずれも県大会初戦敗退[8][9]。高校では2学年上に百瀬大騎がいた[10]

中央大学では1年からレギュラーを獲得し、3年春季リーグ戦で首位打者、同年秋季リーグではMVPに輝いた[11]。また3年夏には日米大学野球選手権大会の日本代表にも選ばれている[12]。大学通算成績は打率.285、82安打、5本塁打、50打点[13]。ベストナイン4回(遊撃1、二塁3)[13]。硬式野球部の同期に五十幡亮汰がいた。

2020年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから2巡目で指名を受けた[14]。契約金7700万円、年俸1300万円(金額は推定)で仮契約した[15]背番号2

DeNA時代[編集]

2020年12月6日、横浜スタジアムでのファン感謝祭で挨拶する牧
2021年3月6日、横浜スタジアムにて

2021年、本職は二塁手であるが、レギュラー一塁手候補であったネフタリ・ソトの来日が遅れたためキャンプ中から一塁手の守備練習を続け[16]、オープン戦では9試合に出場し、打率.273と結果を残し[17]、3月26日の読売ジャイアンツとの開幕戦(東京ドーム)で「3番・一塁手」としてデビュー[18]。翌日には高梨雄平からプロ初安打を放った[19]。3月28日の巨人戦でプロ初打点[20]、3月31日の東京ヤクルトスワローズ戦ではプロ初本塁打を記録した[21]

4月15日にソトが合流すると本職である二塁手として出場を続け[22]、6月8日の埼玉西武ライオンズ戦(メットライフドーム)ではシーズン7度目の猛打賞を記録し、1959年桑田武が記録した新人球団記録に並んだ[23]。前半戦は81試合出場で、打率.277、12本塁打、38打点を記録した[24]

8月25日の阪神タイガース戦では令和初のサイクル安打を達成[25]。新人選手のサイクル安打は2019年のオールスターゲーム近本光司が達成して以来、公式戦では史上初[26]。9月28日のヤクルト戦でシーズン117安打目を記録し、1959年に桑田が記録した球団の新人最多安打記録に並ぶと[27]、翌日の同カードで球団の新人最多安打記録を更新した[28]タイラー・オースティンが負傷離脱した10月6日の阪神戦からは、球団新人としては黒木基康以来61年ぶりとなる4番に起用された[29]。10月26日のヤクルト戦では長嶋茂雄の持つセ・リーグ新人最多二塁打記録を塗り替えたほか、前の試合から5打席連続二塁打で連続打席二塁打のNPB新記録を樹立した[30]。最終的には打率.314、22本塁打、71打点の好成績を残し、清原和博以来となる新人3割20本を達成した。また、球団新人としても1967年の松岡功祐以来54年ぶりとなる規定打席到達者であり、打率3割越えは初である[31]

オフの12月15日に開催されたNPB AWARDS 2021ではセ・リーグの新人特別賞を受賞[32]。同賞は他に奥川恭伸佐藤輝明中野拓夢伊藤将司の4名も受賞したが、新人王投票ではそれぞれ12票・8票・5票・4票であり、牧は栗林良吏に次ぐ76票を集めた[33]。契約更改では5700万円増となる推定年俸7000万円でサイン[34]。NPBの2年目野手では近本光司(4500万円)、球団の2年目選手では東克樹(5550万円)を上回り史上最高額、投手も含めたNPBの2年目選手としては松坂大輔菅野智之に並ぶ史上2位タイの年俸となった[35]。オフには同じ内野手の先輩の大和に志願し、合同自主トレを行った[36]

2022年、1月27日に新型コロナウイルスに感染し、春季キャンプは二軍スタート[37]。2月22日に一軍昇格するとオープン戦では好調を維持し、3月9日には三浦大輔監督から開幕戦での4番起用を名言された[38]。2年目の選手が4番に座るのは球団としては桑田武以来62年ぶりの事だった[39]。開幕から勝負強いバッティングでチームの勝利に貢献していたが[40][41][42]甲子園遠征中だった4月7日にチーム内で多数の選手やスタッフの新型コロナウイルス感染が判明し、牧も再び陽性判定を受け、NPBの特例2022の適用選手として登録抹消となった[43]。4月20日に一軍復帰し、4月21日の阪神戦では、齋藤友貴哉からバースデーアーチとなる3点本塁打を放った[44]。5月は打率.329、8本塁打、25打点と高い成績を残し、自身2度目の月間MVPを受賞[45]マイナビオールスターゲーム2022では、セ・リーグの二塁手部門でファン投票1位を獲得し、初選出された[46]。7月19日の中日戦で試合中に足を痛め途中交代し、左足関節骨棘障害と診断を受け3試合欠場した[47]

選手としての特徴[編集]

牧の打撃フォーム
(2021年)

バットコントロールに優れる長距離砲で、守備については送球精度が高い[11]。下半身の粘り強さにより、右方向に打つ力に長けており、2021年にサイクル安打を達成したときは、いずれの安打も中堅から右方向であった。中央大学時代に牧を指導した清水達也によると、入部時から右に打つ能力があったという[48]

本職の守備位置は二塁手だが、「試合に出られる場所であれば、セカンドでなくてもサードでもファーストでも出られるような準備をしていきたい」と語ったように、高校以来となる一塁手、そして三塁手をも務める[49]。DeNAの三浦大輔監督は、牧の守備を「意外と器用だなと思って見ていますね」と評価している[49]

人物[編集]

実家は中野市内で美容室を営んでいる[50]

阪神の佐藤輝明とは大学3年の日本代表合宿で知り合ってから仲が良く、東京オリンピック開催に伴うシーズン中断期間中の2021年7月20日には2人でインスタライブを行った[51]

「鍛えたそのパワー」の歌い出しで始まる個人応援歌[2]はかつて谷繁元信の横浜大洋ホエールズ時代、村田修一のベイスターズ在籍時代に使用されていた曲で、現在は牧がその後を受け継いでいる[52][53][54]

映像外部リンク
【新人王有力候補!】牧秀悟がスラダン牧紳一へ思うコトとは?【“神奈川の牧”対談#1】 - YouTube
スポーツナビ 2021年11月16日公開

SLAM DUNK」の登場人物である牧紳一と苗字が同じで、かつ神奈川No.1プレイヤーという共通点からオープニング主題歌とエンディング主題歌を登場曲としている。2021年11月16日には、牧紳一の声を務めた声優江川央生との対談動画が公開された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2021 DeNA 137 523 487 73 153 35 3 22 260 71 2 1 1 2 27 0 6 85 16 .314 .356 .534 .890
通算:1年 137 523 487 73 153 35 3 22 260 71 2 1 1 2 27 0 6 85 16 .314 .356 .534 .890
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁
























2021 DeNA 67 307 22 0 38 1.000 102 210 295 8 67 .984
通算 67 307 22 0 38 1.000 102 210 295 8 67 .984
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

  • 月間MVP:2回(野手部門:2021年10・11月、2022年5月)
  • セ・リーグ 連盟特別表彰:1回(新人特別賞:2021年)

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 2(2021年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年1月4日閲覧。
  2. ^ a b 牧 秀悟” (日本語). 横浜DeNAベイスターズ オフィシャルホームページ. 横浜DeNAベイスターズ (2021年). 2021年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月26日閲覧。
  3. ^ a b 牧秀悟(横浜DeNAベイスターズ)” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2020年10月31日閲覧。
  4. ^ a b c 中央大主将の牧秀悟内野手 「1歳半からボール投げに夢中」 母よりあなたに” (日本語). 4Years. (2020年6月14日). 2022年6月27日閲覧。
  5. ^ DeNA牧秀悟の原点(1)「俺が打つから」上級生を鼓舞”. カナロコ (2022年1月28日). 2022年6月27日閲覧。
  6. ^ 牧 秀悟 | 侍ジャパン選手プロフィール | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト”. 2020年12月9日閲覧。
  7. ^ 【とっておきメモ】DeNA牧秀悟の高校時代 真面目で評定平均は4以上”. 日刊スポーツ (2021年9月30日). 2022年6月27日閲覧。
  8. ^ 「高校野球が終わりじゃない」 松本第一出身の牧選手”. 朝日新聞DIGITAL (2020年7月28日). 2021年3月21日閲覧。
  9. ^ 牧 秀悟” (日本語). 中央大学硬式野球部 ChuoUniv.. 2020年12月8日閲覧。
  10. ^ DeNA新人広報・百瀬さん:高校の後輩・牧のすごみ目撃”. カナロコ (2022年4月5日). 2022年6月27日閲覧。
  11. ^ a b “DeNA、中大・牧を2位指名 大学侍4番 大学No.1右の長距離砲”. スポーツニッポン. (2020年10月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/26/kiji/20201020s00001728545000c.html 2021年1月23日閲覧。 
  12. ^ “DeNAから2位指名の中大・牧秀悟は目をギラつかせ豪語「一番の目標は2000安打」「目指すのは打点王」”. 中日スポーツ. (2020年10月27日). https://www.chunichi.co.jp/article/143848 2020年12月9日閲覧。 
  13. ^ a b 【DeNA】ドラ2牧秀悟が入寮 おみくじは凶でショックも「前向きに考えています」”. スポーツ報知 (2021年1月6日). 2021年3月21日閲覧。
  14. ^ 中央大学硬式野球部 牧秀悟選手への指名挨拶について(ご案内)” (日本語). 中央大学. 2020年12月8日閲覧。
  15. ^ “DeNA2位牧「プレッシャーが」背番はロペスの2”. 日刊スポーツ. (2020年11月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011230000623.html 
  16. ^ DeNAのD2位・牧、球団初新人開幕一塁スタメンあるぞ!本職二塁もソト来日未定で”. サンケイスポーツ (2021年3月4日). 2021年8月22日閲覧。
  17. ^ 「1打席目にインプットし、2打席目に対応」 DeNA三浦監督も驚く新人・牧の"実戦力"”. Full-Count (2021年4月12日). 2021年8月22日閲覧。
  18. ^ DeNAドラ2位・牧、3番打者でデビュー”. サンケイスポーツ (2021年3月26日). 2021年8月22日閲覧。
  19. ^ DeNAドラ2位・牧がプロ初安打「ほっとしている」”. サンケイスポーツ (2021年3月27日). 2021年8月22日閲覧。
  20. ^ DeNAドラ2位・牧、3安打&プロ初打点「積極的に打ちにいった」”. サンケイスポーツ (2021年3月28日). 2021年8月22日閲覧。
  21. ^ DeNAドラ2位・牧がプロ初本塁打「入るとは思わなかった」”. サンケイスポーツ (2021年3月31日). 2021年8月22日閲覧。
  22. ^ DeNAのオースティン&ソトが今季初先発 ヤクルト戦のスタメン発表”. BASEBALL KING (2021年4月15日). 2021年8月22日閲覧。
  23. ^ DeNA牧62年ぶり球団新人タイ記録、59年桑田武に並ぶ7度目猛打賞”. 日刊スポーツ (2021年6月8日). 2021年8月22日閲覧。
  24. ^ DeNA牧秀悟、「プロの壁」からのV字回復。不振を救った先輩3人の貴重なアドバイス”. web Sportiva (2021年7月18日). 2021年8月22日閲覧。
  25. ^ DeNA・牧がサイクル安打「気持ち高ぶった」史上70人目、75度目、新人史上初”. デイリースポーツ online (2021年8月25日). 2022年7月26日閲覧。
  26. ^ DeNA・牧 サイクル達成!新人では史上初「すごく気持ちが高ぶった」”. デイリースポーツ (2021年8月26日). 2021年8月26日閲覧。
  27. ^ 【DeNA】三浦大輔監督「ビックリしなくなりました」 牧秀悟が62年ぶり球団新人タイ記録の117安打”. スポーツ報知 (2021年9月28日). 2021年9月28日閲覧。
  28. ^ DeNA・牧、球団新人新記録118安打 62年ぶりの更新 新人王争いも負けられん”. デイリースポーツ (2021年9月30日). 2021年10月6日閲覧。
  29. ^ DeNA牧秀悟26本目二塁打、球団新人で61年ぶり4番に座りすぐ結果”. 日刊スポーツ (2021年10月6日). 2021年10月6日閲覧。
  30. ^ a b DeNA・牧秀悟がNPB記録の5打席連続二塁打!リーグ新人記録35二塁打で「ミスター越え」” (日本語). 東スポWeb (2021年10月26日). 2021年10月27日閲覧。
  31. ^ DeNA・牧 新人の3割&20本は21世紀初!清原和博以来、35年ぶり史上4人目の快挙”. Sponichi Annex (2021年11月28日). 2021年11月28日閲覧。
  32. ^ 【DeNA】牧秀悟が新人特別賞 新人王ならず「悔しい部分はある」…来季以降は打点王に標準”. スポーツ報知 (2021年12月15日). 2021年12月15日閲覧。
  33. ^ 新人王、記者投票の内訳 広島栗林とオリ宮城が受賞、3割20本のDeNA牧らの得票は?”. Full-Count (2021年12月15日). 2021年12月15日閲覧。
  34. ^ 新人王・栗林超え!DeNA・牧秀悟の“爆上げ”更改「7000万円になりました!」”. BASEBALL KING (2021年12月16日). 2021年12月16日閲覧。
  35. ^ 「うおっ」DeNA牧秀悟7000万円で契約更改 2年目の野手で史上最高”. 日刊スポーツ (2021年12月16日). 2021年12月16日閲覧。
  36. ^ DeNA・大和、牧と合同自主トレきっかけは突然のLINE⁉「全く予想外も予想外」”. サンスポ (2022年1月20日). 2022年4月8日閲覧。
  37. ^ 【DeNA】牧秀悟コロナ回復せず2軍スタート決定 自主隔離で合流のメド立たず”. 東京中日スポーツ (2022年1月31日). 2022年3月10日閲覧。
  38. ^ DeNA三浦監督、牧秀悟の開幕4番を明言「一番座りがいい」 球団史上62年ぶりの抜擢”. Full-Count (2022年3月9日). 2022年3月10日閲覧。
  39. ^ DeNA牧秀悟開幕4番御礼打「1年間戦い抜けるように」60年桑田武以来62年ぶり2年目大役”. 日刊スポーツ (2022年3月10日). 2022年4月8日閲覧。
  40. ^ 【DeNA】牧秀悟が2戦連発の先制2ラン バンテリンドーム通算2000本塁打に王手”. 日刊スポーツ (2022年3月29日). 2022年4月8日閲覧。
  41. ^ 【DeNA】牧秀悟がヤクルト勝利の方程式・清水打ち 8回に中前同点打”. スポーツ報知 (2022年4月2日). 2022年4月8日閲覧。
  42. ^ DeNA9回2死の土壇場で牧が同点打”. スポニチアネックス (2022年4月6日). 2022年4月8日閲覧。
  43. ^ 牧が、浜口が…DeNA主力直撃、集団感染 7日阪神戦急きょ中止、8日中日戦は開催可否協議へ”. スポニチアネックス (2022年4月8日). 2022年4月8日閲覧。
  44. ^ DeNA・牧秀悟が24歳の進化 コロナ乗り越えてバースデーに逆転3号3ラン”. サンスポ (2022年4月21日). 2022年7月6日閲覧。
  45. ^ 【DeNA】牧秀悟がセ打者の月間MVP「勝てる一打にこだわっていきたい」自身2度の受賞”. 日刊スポーツ (2022年6月9日). 2022年7月6日閲覧。
  46. ^ DeNA・牧が球宴初選出 ファン投票二塁手部門でヤクルト・山田、広島・菊池上回る”. サンスポ (2022年7月6日). 2022年7月6日閲覧。
  47. ^ 【DeNA】牧秀悟がスタメン復帰即第1打席でHランプ灯す 左足関節骨棘障害2試合連続欠場から復帰”. スポーツ報知 (2022年7月22日). 2022年8月26日閲覧。
  48. ^ “DeNA・23歳ドラ2牧 新人初サイクル 9回三塁打「阪神ファンの拍手」に感謝”. Sponichi Annex. (2021年8月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/08/26/kiji/20210826s00001173093000c.html 2021年9月1日閲覧。 
  49. ^ a b 【DeNA】ドラ2・牧秀悟、球団新人初の開幕一塁あるぞ 三浦大輔監督「意外と器用」” (日本語). スポーツ報知 (2021年3月4日). 2021年9月4日閲覧。
  50. ^ 【DeNA】ドラ2牧秀悟が入寮 おみくじは凶でショックも「前向きに考えています」” (日本語). スポーツ報知 (2021年1月6日). 2022年6月12日閲覧。
  51. ^ 阪神佐藤輝明とDeNA牧秀悟がインスタライブ 和気あいあいのやりとり”. 日刊スポーツ (2021年7月21日). 2021年8月26日閲覧。
  52. ^ 安藤宏太「【DeNA】牧秀悟2安打2打点 三浦監督「すごい」13打点、打率・431リーグトップ2冠」『スポーツ報知』報知新聞社、2021年4月9日。2021年5月26日閲覧。
  53. ^ 箭内桃子「番長絶賛のDeNAドラ2位・牧がリーグ2冠 打率・431&13打点」『サンスポ産業経済新聞社、2021年4月9日。2021年5月26日閲覧。オリジナルの2021年5月26日時点におけるアーカイブ。
  54. ^ 安藤宏太「【DeNA】牧秀悟、「男・村田修一」越えへ 新人4月最多7本塁打更新まであと2発」『スポーツ報知』報知新聞社、2021年4月27日。2021年5月26日閲覧。
  55. ^ DeNA・牧秀悟が史上初の新人サイクル安打! 70人目75度目の偉業、9回三塁打で決める”. Full-Count (2021年8月25日). 2021年8月25日閲覧。
  56. ^ a b “【DeNA】牧秀悟が記録ラッシュ! 35二塁打はリーグ新人新記録、14度目猛打賞は新人歴代タイ記録”. スポーツ報知. (2021年10月26日). https://hochi.news/articles/20211026-OHT1T51131.html?page=1 2021年12月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]