牧秀悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
牧 秀悟
横浜DeNAベイスターズ #2
20210306 Shugo Maki infielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium (VS ORIX).jpg
2021年3月6日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県中野市
生年月日 (1998-04-21) 1998年4月21日(23歳)
身長
体重
178 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2020年 ドラフト2位
初出場 2021年3月26日
年俸 1300万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

牧 秀悟(まき しゅうご、1998年4月21日[2] - )は、長野県中野市出身[3]プロ野球選手内野手)。右投右打[3]横浜DeNAベイスターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中野市立中野小学校1年の時にキングアニマルズで野球を始め、中野市立南宮中学校在学時は若穂リトルシニアに所属[4]

松本第一高等学校では、3年春の県大会に優勝も、2年夏と3年夏はいずれも県大会初戦敗退[5][6]。高校では2学年上に百瀬大騎がいた。

中央大学では1年からレギュラーを獲得し、3年春季リーグ戦で首位打者、同年秋季リーグではMVPに輝いた[7]。また3年夏には日米大学野球選手権大会の日本代表にも選ばれている[8]。大学通算成績は打率.285、82安打、5本塁打、50打点[9]。ベストナイン4回(遊撃1、二塁3)[9]

2020年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議では、横浜DeNAベイスターズから2巡目で指名を受けた[10]。契約金7700万円、年俸1300万円(金額は推定)で仮契約した[1]背番号は前シーズンまでホセ・ロペスが着けていた2

DeNA時代[編集]

2020年12月6日、横浜スタジアムでのファン感謝祭で挨拶する牧

2021年、本職は二塁手であるが、レギュラー一塁手候補であったネフタリ・ソトの来日が遅れたためキャンプ中から一塁手の守備練習を続けた[11]。オープン戦では9試合に出場し、打率.273と結果を残した[12]。開幕を一軍で迎え、3月26日の読売ジャイアンツとの開幕戦(東京ドーム)で「3番・一塁手」としてデビューした[13]。3月27日の巨人戦ではプロ初安打[14]、3月28日の巨人戦でプロ初打点[15]、3月31日の東京ヤクルトスワローズ戦ではプロ初本塁打を記録した[16]。以降は一塁手のレギュラーとして出場していたが、4月15日にソトが合流すると、本職である二塁手として出場を続けた[17]。6月8日の埼玉西武ライオンズ戦(メットライフドーム)ではシーズン7度目の猛打賞を記録し、1959年桑田武が記録した新人球団記録に並んだ[18]。前半戦は81試合出場で、打率.277、12本塁打、38打点を記録した[19]。8月25日の阪神戦では令和初のサイクル安打を達成。新人選手のサイクル安打は2019年のオールスターゲーム近本光司が達成して以来、公式戦では史上初[20]。9月28日のヤクルト戦でシーズン117安打目を記録し、1959年に桑田が記録した球団の新人最多安打記録に並んだ[21]。翌日の9月29日の第2打席で右翼へ二塁打を放ち球団の新人最多安打記録を更新した[22]タイラー・オースティンが負傷離脱した10月6日の阪神戦では、球団新人としては黒木基康以来61年ぶりとなる4番に起用された[23]

選手としての特徴・人物[編集]

バットコントロールに優れる長距離砲で、守備については送球精度が高い[7]。下半身の粘り強さにより、右方向に打つ力に長けており、2021年にサイクル安打を達成したときは、いずれの安打も中堅から右方向であった。中央大学時代に牧を指導した清水達也によると、入部時から右に打つ能力があったという[24]

本職の守備位置は二塁手だが、「試合に出られる場所であれば、セカンドでなくてもサードでもファーストでも出られるような準備をしていきたい」と語ったように、高校以来となる一塁手、そして三塁手をも務める[25]。DeNAの三浦大輔監督は、牧の守備を「意外と器用だなと思って見ていますね」と評価している[25]

阪神の佐藤輝明とは、大学3年の日本代表合宿で知り合ってから仲が良く、東京オリンピック開催に伴うシーズン中断期間中の2021年7月20日には2人でインスタライブを行った[26]

大学時代の憧れの選手は中田翔[6]

「鍛えたそのパワー」の歌い出しで始まる個人応援歌[2]はかつて村田修一のベイスターズ在籍時代に使用されていた曲で、現在は牧がその後を受け継いでいる[27][28][29]

詳細情報[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 2(2021年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “DeNA2位牧「プレッシャーが」背番はロペスの2”. 日刊スポーツ. (2020年11月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011230000623.html 
  2. ^ a b 牧 秀悟” (日本語). 横浜DeNAベイスターズ オフィシャルホームページ. 横浜DeNAベイスターズ (2021年). 2021年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月26日閲覧。
  3. ^ a b 牧秀悟(横浜DeNAベイスターズ)” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2020年10月31日閲覧。
  4. ^ 牧 秀悟 | 侍ジャパン選手プロフィール | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト”. 2020年12月9日閲覧。
  5. ^ 「高校野球が終わりじゃない」 松本第一出身の牧選手”. 朝日新聞DIGITAL (2020年7月28日). 2021年3月21日閲覧。
  6. ^ a b 牧 秀悟” (日本語). 中央大学硬式野球部 ChuoUniv.. 2020年12月8日閲覧。
  7. ^ a b “DeNA、中大・牧を2位指名 大学侍4番 大学No.1右の長距離砲”. スポーツニッポン. (2020年10月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/26/kiji/20201020s00001728545000c.html 2021年1月23日閲覧。 
  8. ^ “DeNAから2位指名の中大・牧秀悟は目をギラつかせ豪語「一番の目標は2000安打」「目指すのは打点王」”. 中日スポーツ. (2020年10月27日). https://www.chunichi.co.jp/article/143848 2020年12月9日閲覧。 
  9. ^ a b 【DeNA】ドラ2牧秀悟が入寮 おみくじは凶でショックも「前向きに考えています」”. スポーツ報知 (2021年1月6日). 2021年3月21日閲覧。
  10. ^ 中央大学硬式野球部 牧秀悟選手への指名挨拶について(ご案内)” (日本語). 中央大学. 2020年12月8日閲覧。
  11. ^ DeNAのD2位・牧、球団初新人開幕一塁スタメンあるぞ!本職二塁もソト来日未定で”. サンケイスポーツ (2021年3月4日). 2021年8月22日閲覧。
  12. ^ 「1打席目にインプットし、2打席目に対応」 DeNA三浦監督も驚く新人・牧の"実戦力"”. Full-Count (2021年4月12日). 2021年8月22日閲覧。
  13. ^ DeNAドラ2位・牧、3番打者でデビュー”. サンケイスポーツ (2021年3月26日). 2021年8月22日閲覧。
  14. ^ DeNAドラ2位・牧がプロ初安打「ほっとしている」”. サンケイスポーツ (2021年3月27日). 2021年8月22日閲覧。
  15. ^ DeNAドラ2位・牧、3安打&プロ初打点「積極的に打ちにいった」”. サンケイスポーツ (2021年3月28日). 2021年8月22日閲覧。
  16. ^ DeNAドラ2位・牧がプロ初本塁打「入るとは思わなかった」”. サンケイスポーツ (2021年3月31日). 2021年8月22日閲覧。
  17. ^ DeNAのオースティン&ソトが今季初先発 ヤクルト戦のスタメン発表”. BASEBALL KING (2021年4月15日). 2021年8月22日閲覧。
  18. ^ DeNA牧62年ぶり球団新人タイ記録、59年桑田武に並ぶ7度目猛打賞”. 日刊スポーツ (2021年6月8日). 2021年8月22日閲覧。
  19. ^ DeNA牧秀悟、「プロの壁」からのV字回復。不振を救った先輩3人の貴重なアドバイス”. web Sportiva (2021年7月18日). 2021年8月22日閲覧。
  20. ^ DeNA・牧 サイクル達成!新人では史上初「すごく気持ちが高ぶった」”. デイリースポーツ (2021年8月26日). 2021年8月26日閲覧。
  21. ^ 【DeNA】三浦大輔監督「ビックリしなくなりました」 牧秀悟が62年ぶり球団新人タイ記録の117安打”. スポーツ報知 (2021年9月28日). 2021年9月28日閲覧。
  22. ^ DeNA・牧、球団新人新記録118安打 62年ぶりの更新 新人王争いも負けられん”. デイリースポーツ (2021年9月30日). 2021年10月6日閲覧。
  23. ^ DeNA牧秀悟26本目二塁打、球団新人で61年ぶり4番に座りすぐ結果”. 日刊スポーツ (2021年10月6日). 2021年10月6日閲覧。
  24. ^ “DeNA・23歳ドラ2牧 新人初サイクル 9回三塁打「阪神ファンの拍手」に感謝”. Sponichi Annex. (2021年8月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/08/26/kiji/20210826s00001173093000c.html 2021年9月1日閲覧。 
  25. ^ a b 【DeNA】ドラ2・牧秀悟、球団新人初の開幕一塁あるぞ 三浦大輔監督「意外と器用」” (日本語). スポーツ報知 (2021年3月4日). 2021年9月4日閲覧。
  26. ^ 阪神佐藤輝明とDeNA牧秀悟がインスタライブ 和気あいあいのやりとり”. 日刊スポーツ (2021年7月21日). 2021年8月26日閲覧。
  27. ^ 安藤宏太「【DeNA】牧秀悟2安打2打点 三浦監督「すごい」13打点、打率・431リーグトップ2冠」『スポーツ報知報知新聞社、2021年4月9日。2021年5月26日閲覧。オリジナルの2021-05-26時点におけるアーカイブ。
  28. ^ 箭内桃子「番長絶賛のDeNAドラ2位・牧がリーグ2冠 打率・431&13打点」『サンスポ産業経済新聞社、2021年4月9日。2021年5月26日閲覧。オリジナルの2021-05-26時点におけるアーカイブ。
  29. ^ 安藤宏太「【DeNA】牧秀悟、「男・村田修一」越えへ 新人4月最多7本塁打更新まであと2発」『スポーツ報知』報知新聞社、2021年4月27日。2021年5月26日閲覧。オリジナルの2021-05-26時点におけるアーカイブ。
  30. ^ DeNA・牧秀悟が史上初の新人サイクル安打! 70人目75度目の偉業、9回三塁打で決める”. Full-Count (2021年8月25日). 2021年8月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]