声にならないほどに愛しい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
声にならないほどに愛しい
MANISHシングル
初出アルバム『MANISH
B面 DREAM AGAIN
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ZAIN RECORDS
プロデュース 長戸大幸
チャート最高順位
MANISH シングル 年表
恋人と呼べないDistance
1992年
声にならないほどに愛しい
1993年
素顔のままKISSしよう
1993年
テンプレートを表示

声にならないほどに愛しい」(こえにならないほどにいとしい)は、MANISHの2枚目のシングル。

内容[編集]

表題曲は、テレビ朝日系『'93 パリ・ダカールラリー』テーマソング。WANDSのボーカルである上杉昇(当時)が作詞を担当していたことから、WANDSとしてもセルフカバー曲としてシングル「時の扉」のC/W曲に収録されている。ちなみに、1993年1月8日のテレビ朝日系『ミュージックステーション』では、作曲をしていた織田哲郎、作詞を担当した上杉が所属するWANDSと共に出演した。また、WANDSのセルフカバーバージョンのアレンジも同じ明石昌夫が手掛けている。

カップリングの「DREAM AGAIN」は、高橋が初めて作詞を手がけた曲である。

最高位28位ながら、20万枚に迫るヒットを記録した。

収録曲[編集]

  1. 声にならないほどに愛しい
    作詞:上杉昇 作曲:織田哲郎 編曲:明石昌夫
  2. DREAM AGAIN
    作詞:高橋美鈴 作曲:西本麻里 編曲:明石昌夫
  3. 声にならないほどに愛しい(inst.)

参加ミュージシャン[編集]

  • 高橋美鈴 - ボーカル
  • 西本麻里 - キーボード

収録アルバム[編集]