WANDS (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
WANDS
WANDSEP
リリース
録音 STUDIO BIRDMAN
MOD STUDIO BEING
T's STUDIO
ジャンル J-POP
レーベル 東芝EMI/TMファクトリー
B-Gram RECORDS(再発)
プロデュース 長戸大幸
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン
  • 1993年度年間48位(オリコン)
WANDS アルバム 年表
WANDS
1992年
時の扉
1993年
『WANDS』収録のシングル
テンプレートを表示

WANDS』(ワンズ)は、日本のロックバンド、WANDSの1枚目のアルバム。

内容[編集]

大島こうすけ(キーボード)在籍の1stミニアルバム。デビューシングル「寂しさは秋の色」以外は自作曲である。

発売前にホテルウーマン オリジナルサウンドトラックのブックレット等で告知されていたアルバムタイトルは『WANDS1』であった。

発売から約8ヶ月後の1993年2月15日付のオリコンウィークリーチャートで10位を記録し、WANDSのアルバムとしては初のトップ10入りを果たした。翌週の2月22日付のランキングでも10位にランクインした。

収録曲[編集]

  1. ふりむいて抱きしめて
    作詞:上杉昇 作曲・編曲:大島康祐
  2. Cloudy Sky
    作詞:上杉昇 作曲・編曲:大島康祐
  3. 寂しさは秋の色
    作詞:上杉昇 作曲:栗林誠一郎 編曲:明石昌夫
    後に、栗林がセルフカバー。
  4. もう 自分しか愛せない
    作詞:上杉昇 作曲・編曲:大島康祐
  5. Good Sensation
    作詞:上杉昇 作曲:柴崎浩・大島康祐 編曲:大島康祐
    柴崎のギターソロから始まる作品。第2期のライブでは欠かさずレパートリーに加えられていた。
    サビは移動中の車内でできたもので、サビだけが完成した状態のまま制作に移ったという。
  6. この夢だけを…
    作詞:上杉昇 作曲・編曲:大島康祐

ゲストミュージシャン[編集]

  • 岩切玲子