Hey Hey おおきに毎度あり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hey Hey おおきに毎度あり
SMAPシングル
初出アルバム『SMAP 004 (#2)
SMAP 006〜SEXY SIX〜 (#1)
Cool (#1)
BOO (#1)
Smap Vest (#1)
pamS (#2)』
B面 泣きたい気持ち
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
ゴールドディスク
チャート最高順位
SMAP シングル 年表
君色思い
(1994年)
Hey Hey おおきに毎度あり
(1994年)
オリジナル スマイル
(1994年)
テンプレートを表示

Hey Hey おおきに毎度あり」(ヘイ ヘイ おおきにまいどあり)は、SMAPの12枚目のシングル1994年3月12日ビクターエンタテインメントから発売された。

概要[編集]

  • タイトルが表すように、歌詞は全編関西弁メロディ部分はほぼ台詞という異色な楽曲である。内容は浪速の商人をモチーフにしたものとなっており、コミックソングの要素すら覗かせる楽曲である。ちなみに、歌詞はすべて関西弁であるものの、SMAPは全員関東地区の出身である。
  • 当時、まだデビュー前のJr.時代でSMAPのバックで踊っていた関西出身のKinKi Kidsに関西弁のイントネーションを教わってもらっていたという。また、この曲の紹介はKinKi Kidsの二人がしていた。
  • CDデビューから丸3年、12枚目のシングルにして初のオリコンシングルチャート1位を獲得した。カップリング曲の「泣きたい気持ち」がメンバー出演の映画シュート!』の主題歌、タイトル曲は同挿入歌ともなり、映画と共にヒットした。
  • もともとc/wの「泣きたい気持ち」はメンバーの中居正広のソロ曲だった(『SMAP 004』に収録)。
  • レコーディング前の打ち合わせで、新曲として「Hey Hey おおきに毎度あり」を受け取った際、メンバー誰もが「ダッセー!!」「こんなの売れるかよっ!!」と曲に対してかなり否定的だったものの、前述の通り、この曲がSMAP初のオリコンシングルチャート1位を記録。メンバーは1位獲得に喜ぶよりも、むしろ驚いていた。ただし稲垣吾郎だけはこの曲を聴いてほめていたという(木村談)。
  • 初めてオリコン1位を獲得した楽曲にも関わらずメンバーそれぞれの「一番好きな曲」「思い出に残る曲」には一度もあがったことがなかったが、2010年7月21日放送の『魁!音楽番付 Eight』にて、「メンバーのお気に入り曲は?」という問いに対して中居がこの曲をピックアップ。「関西出身のメンバーが一人もいないのにこの曲が売れて、音楽は何が売れるかわからない」とコメントした。
  • メンバー全員にソロパートがある。シングルで6人全員ソロパートがあるのはこの曲のみ。ちなみに、メンバーが5人体勢になってからは森のパートを草彅剛が担当している。

チャート成績[編集]

  • 1994年3月21日付のオリコン週間シングルランキングで、初週12.5万枚を売り上げ、SMAPにとって初めて、初登場1位を獲得した。
  • 累計売上は40.1万枚(オリコン調べ)。

収録曲[編集]

  1. Hey Hey おおきに毎度あり
    (作詞:庄野賢一・えのきみちこ 作曲・編曲:庄野賢一)
    • SMAP主演映画「シュート!」挿入歌
    • SMAP出演 ワニブックス「SMAP YEAR BOOK 1993-1994」CMソング
  2. 泣きたい気持ち
    (作詞:相田毅 作曲:太田美知彦 編曲:土方隆行
    • SMAP主演映画「シュート!」主題歌
  3. Hey Hey おおきに毎度あり(オリジナル・カラオケ)
  4. 泣きたい気持ち(オリジナル・カラオケ)

収録アルバム[編集]

  • Hey Hey おおきに毎度あり
    • SMAP 006〜SEXY SIX〜(1994年) - アレンジを変えたアルバム・バージョンで収録。
    • Cool(1995年) - イントロにスクラッチノイズが追加されているリミックスバージョンであるが、アレンジ自体はシングルとほぼ同じ為、別バージョンとしてはカウントされていない。
    • BOO(1995年) - リミックス・バージョン(#3)で収録。シングルを「1」、アルバム(SMAP 006)を「2」として3つ目のバージョンという扱い。
    • Smap Vest(2001年)
  • 泣きたい気持ち
    • SMAP 004(1993年) - オリジナル・バージョン(中居のソロ曲)で収録
    • pamS(2001年)
  • オリジナル・カラオケは、2曲ともアルバム未収録