Mr.Children Stadium Tour 2015 未完

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.Children > Mr.Children Stadium Tour 2015 未完
Mr.Children Stadium Tour 2015 未完
Mr.Childrenライブ・ビデオ
リリース
録音 2015年9月6日
日産スタジアム
ジャンル J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース Mr.Children
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン・DVD総合部門)
  • 週間1位(オリコン・BD総合部門)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • Mr.Children 映像作品 年表
    Mr.Children
    REFLECTION
    {Live&Film}

    (2015年)
    Mr.Children
    Stadium Tour 2015
    未完
    (2016年)
    Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く
    (2017年)
    テンプレートを表示

    Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』(ミスターチルドレン スタジアムツアー 2015 みかん)は日本バンドMr.Childrenの映像作品である。2016年3月16日トイズファクトリーよりDVDBlu-ray Discで発売。

    概要[編集]

    18thアルバム『REFLECTION』発売後に行われたスタジアムツアー『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』から、豪雨の中行われた9月6日の日産スタジアム公演の模様を収録している[1]。なお、リリースに合わせて「タガタメ」「進化論」の2曲がYouTubeのMr.Children公式チャンネルにて先行公開された。

    最新アルバム『REFLECTION』からは「未完」「足音 〜Be Strong」など15曲(うち3曲はライブ初披露)に加えて、スタジアムツアーでは恒例の「終わりなき旅」「Tomorrow never knows」「innocent world」など全27曲が演奏された。その一方で、リリース以来大型ツアーでは全ての公演で演奏されていた「fanfare」「エソラ」が初めてセットリストから外れた。 なお、従来のスタジアムツアーでは『Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001』や、『MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』での恐竜の骨格のようなツアーを象徴するセットは登場しなかったが、今回は「未完」の歌詞に登場する鳥のケージがセットとして組まれた。また、中央ケージの一部は上下に移動する。

    アリーナツアーも含めて、新アルバムからは「ROLLINʼ ROLLING ~ 一見は百聞に如かず」「街の風景」「You make me happy」「Jewelry」「遠くへと」が未演奏となった。

    DVD・BD共に、2016年3月28日付オリコン週間ランキングで1位を記録し、『Mr.Children TOUR 2011 "SENSE" 』、『Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-』に続き、通算3作目となる同時総合首位獲得作品となった。これによりEXILEKinKi Kidsと並び、同時総合首位獲得数・男性アーティスト部門歴代3位タイに浮上した[2]

    演奏[編集]

    • 桜井和寿:Vocal & Guitar
    • 田原健一:Guitar
    • 中川敬輔:Bass
    • 鈴木英哉:Drums
    • Sunny:Keyboards, Chorus

    収録内容[編集]

    本編[編集]

    • ※はライブ初披露曲。
    1. Prologue"未完"
    2. OPENING
    3. 未完
    4. 擬態
      これまでのツアーでは前曲のアウトロがこの曲のイントロとなっていたが、今回は初めて前曲との間を設けた。
    5. ニシエヒガシエ
      前奏と間奏にアレンジが加えられている。また、曲の初めに花火が打ち上げられた。
    6. 光の射す方へ
      Mr.Children Concert Tour Q 2000-2001』以来約14年ぶりとなる原曲に近い形での演奏。この曲も途中で花火が打ち上げられた。
    7. CHILDREN'S WORLD
      ライブでは『Mr.Children STADIUM TOUR -Hounen Mansaku- 夏祭り1995 空[ku:]』以来約20年ぶりの演奏且つ、初映像化となった。
    8. MC
    9. 運命
    10. FIGHT CLUB
      ここからの3曲はアリーナツアーと同じ曲順。
    11. 斜陽
    12. I Can Make It
    13. MC
      メンバー紹介の後、全員がミニステージへ移動する。
    14. 忘れ得ぬ人
      ピアノによる前奏が追加されている。
    15. MC
    16. and I love you
      Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜 IN TOKYO DOME』以来約6年ぶりに演奏された。
      田原健一による前奏が追加されている。
    17. タガタメ
      Mr.Children "HOME" TOUR 2007』以来約8年ぶりの演奏。
      途中で曲が一旦止まり、夜空の映像が映し出される(本来スタジアム公演では実際の、要するにリアルタイムの空が映し出されていたが、降雨のためドーム公演と同じ仕様になっている)。
    18. SE
      メンバー全員がメインステージへ戻る。
    19. 蜘蛛の糸
      ここからの3曲もアリーナツアーと同じ曲順。
    20. REM
    21. WALTZ
    22. フェイク
      イントロにCメロを加工したメロディーが使用されている。
    23. ALIVE
      「and I love you」同様約6年ぶりの演奏。一部モノクロ仕様となっており、2番までは桜井和寿がランニングマシーンに乗りながら歌う。
      DVDではここまでがDisc.1となっている。
    24. SE
    25. 進化論
    26. 終わりなき旅
      桜井のみミニステージで演奏している。また、1番の一部を観客に歌わせている。
    27. 幻聴
    28. 足音 〜Be Strong
    29. ENCORE
    30. I wanna be there
      ミニステージでの演奏。観客にスマートフォンのライトを点灯させる演出が行われた。
    31. overture〜蘇生
    32. fantasy
      アリーナツアーでの桜井はアコースティック・ギターを演奏していたが、今回はハンドマイクに切り替えている。
    33. Tomorrow never knows
      Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour』以来約2年半ぶりの演奏であるが、映像化は『Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-』以来約4年ぶりである。
    34. innocent world
      ライブツアーでは初めてキーを半音下げた演奏となっている。また、イントロで銀テープを飛ばす演出がある。
    35. ENDING
    36. Starting Over
      大サビへ入る前に桜井のコメントが挿入される。
    37. END ROLL
      シークレットトラックとして、同年秋に行われたZeppツーマンライブツアー最終公演の模様が収録され、当時未発表曲である「忙しい僕ら」も一部流された[3]

    特典映像[編集]

    • Talk About Stadium Tour 2015 未完
    • Tour Theme "OPENING" Movie
    • Tour Theme "ENDING" Movie
    • 進化論

    脚注[編集]

    1. ^ 前回のスタジアムツアー(Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-)も、雨天の中行われたライブが映像化されている。
    2. ^ 【オリコン】ミスチル、通算3度目のDVD&BD同時首位 映像3冠も達成 2016年3月23日閲覧。
    3. ^ 京セラドーム大阪公演のリハーサルでの弾き語り。