富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015
長渕剛ライブ・ビデオ
リリース
録音 2015年8月22日
富士山麓ふもとっぱら特設ステージ
ジャンル ポピュラー
フォークソング
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
プロデュース 長渕剛
チャート最高順位
長渕剛 映像作品 年表
“ARENA TOUR 2014 ALL TIME BEST" Live! one love, one heart
2014年
富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015
(2016年)
Tsuyoshi Nagabuchi ONE MAN SHOW
2017年
EANコード
EAN 4988031136676 (Blu-ray Disc)
EAN 4988031136683 (DVD)
テンプレートを表示
富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015
長渕剛ライブ・アルバム
リリース
録音 2015年8月22日
富士山麓ふもとっぱら特設ステージ
ジャンル ポピュラー
フォークソング
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
プロデュース 長渕剛
チャート最高順位
  • 5位(オリコンチャート)
長渕剛 アルバム 年表
Tsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。
2014年
富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015
(2016年)
BLACK TRAIN
2017年
EANコード
EAN 4988031137017
テンプレートを表示

富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015』(ふじさんろく・オールナイトライブ・にせんじゅうご)は、日本のミュージシャンである長渕剛のライブ・ビデオおよびライブ・アルバムである。

背景[編集]

オールタイムベストアルバム『Tsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。』(2014年)リリース後、長渕は8月16日の横浜アリーナより9月20日のゼビオアリーナ仙台に至るまで、全国7都市全12公演におよぶライブツアー「ARENA TOUR 2014 ALL TIME BEST」を開催した[1][2]。その後、12月17日には書き上げてからアレンジも施さずにピアノのみでレコーディングし、そのまま配信限定シングルとして「明日へ続く道」をリリース[3]、12月31日にはNHK総合音楽番組『第62回NHK紅白歌合戦』(2011年)以来3年ぶりとなる『第65回NHK紅白歌合戦』(2014年)に出演し「明日へ続く道」を演奏した[4][5]。NHK側は当初「とんぼ」などの著名な曲を演奏するよう要請したが、長渕はこれを拒否し新曲の演奏に拘ったという[6]

またこの時期に長渕は、東日本大震災の被災地を訪れた経験から富士山へ行かなければならないとの思いが芽生え、富士山へと足を運んだ[7]。富士の東側では陸上自衛隊東富士演習場にて砲弾演習を行っており、富士山へ向けて砲弾を撃ち込んでいたが、これに疑問を感じた長渕が尋ねると、自衛隊員も世界遺産である富士山に向けて砲弾演習を行うことに矛盾を感じていたという[7]。自衛隊員に対して「戦争へ行きたいか」と尋ねると、「誰も行きたいとは思っていません」との回答があり、さらに「この場所で10万人ライブは可能か」と尋ねると、「とんでもないです、八月は雨、風、雷が続きます」との回答があった[7]。その後、富士山の西側へと向かった長渕はふもとっぱらに辿り着き、「帰っておいで!」と迎え入れられた感覚を覚え、この場所でのオールナイトライブの決行を決意した[7]。同年9月18日には記者会見にて2015年8月22日に富士山麓にてオールナイトライブを敢行すると発表した。

2015年に入り、長渕は富士山ライブに向けたBSフジのバラエティ番組『ブチまけろ! 炎の魂 長渕炎陣』を開始、様々な悩みを持つ者たちが、回ごとに異なるテーマに沿って長渕と討論するという番組内容であり、1月4日から3月28日にかけて全11回がオンエアされた[8]。また、富士山麓オールナイトライブの前哨戦として、3月6日の市原市市民会館から5月8日の鹿児島アリーナに至るまで、全国13都市全14公演におよぶライブツアー「HALL TOUR 2015 "ROAD TO FUJI"」を開催した[9]

6月22日には富士山麓オールナイトライブのために制作したシングル「富士の国」をリリースした[10]。その他、この年にはテレビ番組に数多く出演しており、これに関してはオールナイトライブチケットの売り上げ不振によるものではないかとニュースサイト「asagei plus」では報じている[11]

録音[編集]

本作は2015年8月22日に富士山麓ふもとっぱらにて開催された「100,000 Fuji All Night Live 2015」の模様を収録している。

ライブ当日には、長渕による直筆の『富士の国』詩画や妻の志穂美悦子によるフラワーアートが展示され、「長渕食堂」と名付けられた店では「長渕家のベジカレー」や「長渕家の煮しめ」、「長渕家黄金比率カルピス」などが提供された[12]。ギターの持ち込みが許可されていたため、場内では長渕に扮したファンが多数演奏を行っていた[12]。当日は第一部が午後11時30分頃まで行われ、第二部ではシンガーソングライターのMAIKO、ラッパーの輪入道がゲストとして登場した[12]。ライブは翌日の午前6時頃まで行われ、全44曲が演奏された[12]。しかし、交通の便の悪い場所でのライブであった事もあり、現地では食事やグッズの購入、トイレに至るまですべてに莫大な時間を要する結果となり、周囲のスタッフも実現するまでは懐疑的であったという[11]。またこのイベントには様々なトラブルが発生しており、開催日が近づくにつれてオークションサイトなどでチケットが投げ売りされた事や、現地への交通手段はイベンター側が用意したシャトルバスのみしか許可されていなかった事、当日長渕が登場する際に乗っていたヘリコプターの風圧で救護用テントが2つ倒壊しスタッフ2人が負傷、ゲストで出演したラッパーが安倍晋三首相を名指しで非難しブーイングが発生するなどの事態となった[13]。その他にもライブ終了後の移動手段がシャトルバスしか用意されていなかったため、聴衆はリストバンドのカナ順で退場する事となり、真夏の炎天下に最長で10時間経過しても退場する事ができないケースも発生した[13]。また、約10万人を動員したと言われているが、「どう見ても、その半分もいない」と語るスポーツ紙記者もいたという[13]。このような事態に対して長渕は、1970年代に行われていた全日本フォークジャンボリーに倣い「もっともっとしんどくてもいいと思ってる」、「もっともっと粗野でよかったのではないか」と語り、会場内のトイレやフードコートなども減らすように提案していたが、イベント会社側から「最低限のものは整えましょう」と頑なに拒否されたという[7]

構成[編集]

イベントは当日の午後8時38分に、ヘリコプターにて登場した長渕がステージに降り立ちライブ開始となった[12]。始めの曲は「JAPAN」であり、バックバンドは前年のツアーと同じメンバーで、数曲演奏した後に長渕独演の弾き語りが開始された[12]。第一部最後の曲は「勇次」であり、終了時刻は午後11時30分頃であった[12]

第二部は「とんぼ」の演奏から開始され、最後は予定にはなかった曲として「巡恋歌」を引き語りで演奏し第二部が終了した[12]

第三部の開始は午前3時頃となり、「絆-KIZUNA-」の演奏から開始され、長年に亘り長渕の制作に携わってきた笛吹利明との6年ぶりの共演による「鶴になった父ちゃん」、そして「STAY DREAM」によって第三部が終了した[12]

第四部の開始は午前4時45分頃となり、「明日をくだせえ」の演奏から開始され、日出とともに富士山が出現したタイミングで「富士の国」を演奏、午前6時30分になった頃に最後の曲「明日へ続く道」が演奏されライブは終了となった[12]

リリース[編集]

本作リリースの告知は2015年12月11日に音楽ナタリーリアルサウンド、CDジャーナルなどのWeb媒体にて行われた[14][15][16]

その後、2016年2月3日ユニバーサルミュージックよりBlu-ray DiscおよびDVD5枚組のセット、またCD5枚組+DVD1枚の3種類の形態でリリースされた。

プロモーション[編集]

リリースされた2月3日には新宿バルト9にて「スペシャル・ドキュメンタリー上映会」が開催され、400名のファンを招待した上、長渕は舞台挨拶を行った[17]。2月13日には青山ブックセンター本店にて開催された「『長渕剛:民衆の怒りと祈りの歌』刊行記念トーク&サイン会」に参加し、70名のファンの前でトークを行った[18]

2017年8月14日から21日にはユニカビジョンにて本作のスペシャル上映会が開催された[19]

チャート成績[編集]

Blu-ray Disc&DVD[編集]

Blu-ray Disc版は初週で1.0万枚を売り上げ、オリコンチャートの週間BDランキングでは2月15日付けで自身初の1位となった[20][21]。それまでの長渕の週間BDランキング最高位は『THE TRUTH』(2013年)が記録した2013年4月1日付けの11位であり、初週売り上げは6,148枚であったがそれらを上回り、自己最高記録となった[20][21]。また、DVD版は初週1.3万枚を売り上げ、週間DVDランキングで3位となった[20][21]

CD[編集]

CD版は初週で1.2万枚を売り上げ、オリコンチャートの週間ランキングでは2月15日付けで5位となった[22]。この結果により、長渕のアルバム総売上枚数は1108.0万枚となり、同記録において男性ソロ歌手部門で歴代2位となった[22]。2015年9月7日付けで一度井上陽水に抜かれ3位となったが、5カ月ぶりに2位に返り咲く事となった[22]

また、タワーレコードの売り上げチャートでは2月1日付けで渋谷で26位となり、さらに「ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム」部門では2月1日付けで9位となった[23]

収録曲[編集]

Blu-ray Disc&DVD[編集]

Disc 1 1St.STAGE
全作詞・作曲: 長渕剛(特記以外)。
#タイトル作詞作曲・編曲
1.JAPAN長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
2.GO STRAIGHT長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
3.SHA-LA-LA長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
4.ひまわり長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
5.GOOD-BYE青春(作詞:秋元康)長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
6.愛してるのに長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
7.くそったれの人生長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
8.裸足のまんまで長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
9.かましたれ!長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
10.夏祭り長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
11.パークハウス 701 in 1985長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
12.THANK YOU WOMAN長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
13.泣いてチンピラ長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
14.勇次長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
Disc 2 2nd.STAGE
全作詞・作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲
1.とんぼ長渕剛長渕剛
2. 親知らず長渕剛長渕剛
3.三羽ガラス長渕剛長渕剛
4.SUPER STAR長渕剛長渕剛
5.蝉 semi長渕剛長渕剛
6.カモメ長渕剛長渕剛
7.ひとつ長渕剛長渕剛
8.しあわせになろうよ長渕剛長渕剛
9.女よ、GOMEN長渕剛長渕剛
10.ファイティングポーズ長渕剛長渕剛
11. 東京青春朝焼物語長渕剛長渕剛
12.桜島 SAKURAJIMA長渕剛長渕剛
13.巡恋歌長渕剛長渕剛
Disc 3 3rd.STAGE
全作詞・作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲
1.絆 -KIZUNA-長渕剛長渕剛
2. LONG LONG TIME AGO長渕剛長渕剛
3.乾杯長渕剛長渕剛
4.CLOSE YOUR EYES長渕剛長渕剛
5.シェリー長渕剛長渕剛
6.鶴になった父ちゃん長渕剛長渕剛
7.STAY DREAM 長渕剛長渕剛
Disc 4 4th.STAGE
全作詞・作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲
1.明日をくだせえ長渕剛長渕剛
2.青春長渕剛長渕剛
3.しゃぼん玉長渕剛長渕剛
4.Myself長渕剛長渕剛
5.LICENSE長渕剛長渕剛
6.富士の国長渕剛長渕剛
7.明日へ向かって長渕剛長渕剛
8.Success長渕剛長渕剛
9.明日へ続く道 長渕剛長渕剛
Disc 5 SPECIAL DOCUMENTARY DISC

CD[編集]

Disc 1 1St.STAGE -前編-
全作詞・作曲: 長渕剛(特記以外)。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.JAPAN長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
2.GO STRAIGHT長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
3.SHA-LA-LA長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
4.ひまわり長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
5.GOOD-BYE青春(作詞:秋元康)長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
6.愛してるのに長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
7.くそったれの人生長渕剛(特記以外)長渕剛(特記以外)
合計時間:
Disc 2 1St.STAGE -後編-
全作詞・作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.裸足のまんまで長渕剛長渕剛
2.かましたれ!長渕剛長渕剛
3.夏祭り長渕剛長渕剛
4.パークハウス 701 in 1985長渕剛長渕剛
5.THANK YOU WOMAN長渕剛長渕剛
6.泣いてチンピラ長渕剛長渕剛
7.勇次長渕剛長渕剛
合計時間:
Disc 3 2nd.STAGE
全作詞・作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.とんぼ長渕剛長渕剛
2. 親知らず長渕剛長渕剛
3.三羽ガラス長渕剛長渕剛
4.SUPER STAR長渕剛長渕剛
5.蝉 semi長渕剛長渕剛
6.カモメ長渕剛長渕剛
7.ひとつ長渕剛長渕剛
8.しあわせになろうよ長渕剛長渕剛
9.女よ、GOMEN長渕剛長渕剛
10.ファイティングポーズ長渕剛長渕剛
11. 東京青春朝焼物語長渕剛長渕剛
12.桜島 SAKURAJIMA長渕剛長渕剛
13.巡恋歌長渕剛長渕剛
合計時間:
Disc 4 3rd.STAGE
全作詞・作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.絆 -KIZUNA-長渕剛長渕剛
2. LONG LONG TIME AGO長渕剛長渕剛
3.乾杯長渕剛長渕剛
4.CLOSE YOUR EYES長渕剛長渕剛
5.シェリー長渕剛長渕剛
6.鶴になった父ちゃん長渕剛長渕剛
7.STAY DREAM 長渕剛長渕剛
8.青春長渕剛長渕剛
9.しゃぼん玉長渕剛長渕剛
合計時間:
Disc 5 4th.STAGE
全作詞・作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.明日をくだせえ長渕剛長渕剛
2.Myself長渕剛長渕剛
3.LICENSE長渕剛長渕剛
4.富士の国長渕剛長渕剛
5.明日へ向かって長渕剛長渕剛
6.Success長渕剛長渕剛
7.明日へ続く道 長渕剛長渕剛
合計時間:
Disc 5 2015.8.22 「富士の国」スペシャルLIVE DVD

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長渕剛 TSUYOSHI NAGABUCHI|OFFICIAL WEBSITE”. 長渕剛 TSUYOSHI NAGABUCHI|OFFICIAL WEBSITE. 2018年12月29日閲覧。
  2. ^ TSUYOSHI NAGABUCHI ARENA TOUR 2014 ALL TIME BEST”. LiveFans. SKIYAKI APPS. 2018年12月29日閲覧。
  3. ^ 長渕剛、新曲「明日へ続く道」本日配信開始!&アリーナツアーライブ映像トレーラー公開 !誰だって諦めたくねぇしっ!後悔なんてしたくねぇしっ!”. Rooftop. Rooftop. 2018年12月29日閲覧。
  4. ^ 冬将軍 (2014年12月25日). “長渕紅白伝説再び? 4回目の出場演目は異例の新曲! 「明日へ続く道」に何を込めるのか”. リアルサウンド. blueprint. 2018年12月23日閲覧。
  5. ^ 【紅白歌合戦2014】長渕剛、力強くをシンプルに届ける「仲間がいる」”. ニュースラウンジ. モバイルメディアプロダクション (2014年12月31日). 2018年12月23日閲覧。
  6. ^ 紅白見納め? 長渕剛のわがまま放題にNHK困惑の舞台裏”. 日刊ゲンダイデジタル. 日刊現代 (2015年1月8日). 2018年12月23日閲覧。
  7. ^ a b c d e 武田砂鉄「引き裂かれた大地から怒りの声と祈りを」『文藝別冊 長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌』、河出書房新社、2015年11月30日、 32 - 54頁、 ISBN 9784309978765
  8. ^ ブチまけろ! 炎の魂 -長渕炎陣-”. BSフジ. 2018年11月10日閲覧。
  9. ^ HALL TOUR 2015 "ROAD TO FUJI"”. LiveFans. SKIYAKI APPS. 2018年12月29日閲覧。
  10. ^ 長渕剛、ニューシングル「富士の国」を6月22日に緊急リリース”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク (2015年4月27日). 2018年12月29日閲覧。
  11. ^ a b 長渕剛 “自称”10万人ライブを「ろくなもんじゃねえ~」ウラ実況「LIVE集客のためテレビに出まくった」”. Asagei plus. 徳間書店 (2015年9月4日). 2018年11月10日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j 長渕剛の富士山麓ライブはいかにして“伝説”となったかーー入場から朝日が昇るまでを徹底レポート”. リアルサウンド. blueprint (2015年9月2日). 2018年11月10日閲覧。
  13. ^ a b c “大成功”報道だった長渕剛の富士ライブ、実際は……倒れた観客に「退場はシャトルバスのみです」”. エキサイトニュース. エキサイト (2015年8月26日). 2018年11月10日閲覧。
  14. ^ 長渕剛、ふもとっぱらでの「10万人オールナイト・ライヴ」が5枚組BD/DVD化”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年12月11日). 2018年12月29日閲覧。
  15. ^ 長渕剛、富士山麓ライブが映像作品化 10万人動員“歴史的祭典”の裏側にも密着”. リアルサウンド. blueprint (2015年12月11日). 2018年12月29日閲覧。
  16. ^ 長渕 剛、富士山麓ライヴがBlu-ray&DVD化”. CDジャーナル. 音楽出版 (2015年12月11日). 2018年12月29日閲覧。
  17. ^ 長渕剛、歌手として初の舞台挨拶を敢行「俺はみんなと一緒になったのか?」”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2016年2月3日). 2018年12月29日閲覧。
  18. ^ 10万人ライブを終えた長渕剛が語る「僕の歌を疑ってほしい」”. cinra.net. CINRA (2016年2月15日). 2018年12月29日閲覧。
  19. ^ 長渕剛「富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015」ライヴ映像のスペシャル上映会&生中継配信を開催しました”. ユニカビジョン. 日本ユニカ. 2018年12月29日閲覧。
  20. ^ a b c 【オリコン】長渕剛、富士山麓ライブ盤で自身初のBD総合1位”. オリコンニュース. オリコン (2016年2月10日). 2018年12月30日閲覧。
  21. ^ a b c 長渕剛、自身初のオリコンBD総合首位獲得 BD週間売上枚数も自己最高をマーク”. Musicman-net. エフ・ビー・コミュニケーションズ (2016年2月10日). 2018年12月30日閲覧。
  22. ^ a b c 長渕剛、富士山麓ライブ盤オリコンTOP5入り アルバム総売上枚数“男性ソロ”歴代2位に返り咲き”. Musicman-net. エフ・ビー・コミュニケーションズ (2016年2月9日). 2018年12月29日閲覧。
  23. ^ 長渕 剛 / 富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015[5CD+DVD]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2018年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]