BORUTO -NARUTO THE MOVIE-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BORUTO
-NARUTO THE MOVIE-
監督 山下宏幸
脚本 岸本斉史
小太刀右京(脚本協力)
原案 岸本斉史
原作 岸本斉史
製作総指揮 岸本斉史
出演者 三瓶由布子
竹内順子
主題歌 KANA-BOONダイバー
制作会社 studioぴえろ
製作会社 劇場版BORUTO製作委員会
配給 東宝
公開 2015年8月7日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 26.2億円[1]
前作 THE LAST -NARUTO THE MOVIE-
テンプレートを表示

BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』(ボルト ナルト・ザ・ムービー)は、2015年8月7日に公開された日本アニメ映画漫画NARUTO -ナルト-』を原作とした劇場版第11作。

製作[編集]

漫画『NARUTO』の連載15周年を記念した「NARUTO新時代開幕プロジェクト」の集大成として、前作『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』の上映開始と同時に制作が発表された。原作者である岸本斉史が脚本・キャラクターデザイン・製作総指揮を掛け持ちした。うずまきナルトの息子のうずまきボルトを主人公として、ナルトとボルトの親子、サスケとボルトの師弟の物語を描く[2]

日本での上映は8月7日の午前0時より開始され、開始直前にはTOHOシネマズ六本木ヒルズにて出演者と原作者が登壇するカウントダウンイベントが行われた。

興収は『THE LAST』の最終興収である約20億円を上映19日目である8月25日の時点で上回り、映画シリーズ最高興収を記録した[3]

2016年7月6日には、本作のDVDブルーレイが発売される。

後に制作された漫画『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』では、本作のシナリオが一部変更の上で用いられている。また、入場者プレゼントも配布された。

ストーリー[編集]

第四次忍界大戦から十年以上が経過し、木ノ葉隠れの里は平和な時代を享受する中で文明開化による発展を遂げていた。七代目火影として多忙な日々を送るうずまきナルトは、家族と過ごす時間が少なくなり息子ボルトとの溝が深まっていた。そんな中、任務から帰ってきたうちはサスケがナルトのライバルだと知ったボルトは父を超えるため、弟子入りを志願する。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

うずまきボルト
声 - 三瓶由布子
本作の主人公。七代目火影であるナルトの息子であり、木ノ葉の下忍として活動している。
毎日仕事ばかりで家族を顧みない父を嫌い、周囲から「未来の火影」を期待されても拒絶している。普段はぶっきらぼうに接しているが家族を誰よりも大切に想っており、母のヒナタや妹のヒマワリと仲睦まじくいる姿を見たサラダとミツキには驚かれている。下忍の時点で「影分身の術」(最大で4人)や3種類の性質変化(風・雷・水)ができるなど忍としての才能や能力は非常に高いのだが、何でもそこそこできてしまうがゆえに、努力や地道な修行を嫌いすぐ楽な道を選ぼうとするなど、少年期のナルトとは正反対の性格に育ってしまった。自分中心にしかものを見ようとせず、英雄と評される以前の父の姿についてよく知ろうともせずに文句や悪口ばかりを言っている。
当初は中忍試験に出るつもりはなかったが、五影が観戦することを知り受験を決意。ナルトの唯一のライバルであったというサスケに初めて会った際は目を輝かせ「かっけー」と感嘆の声をあげた。そして父親を見返してやりたいという想いからサスケに弟子入りを志願し、修行をつけてもらい実力をつけるが、第一次試験で何もできなかったことへの焦りから試験での使用を禁止されていた科学忍具の小手を使用したことが発覚し、ナルトに叱責されて失格とみなされ、額当てを取り上げられてしまう。直後に試験会場をモモシキに襲撃された際は、怯えながらもナルトを助けるために科学忍具でモモシキを攻撃した。また、モモシキと対峙した際は震えていたサラダに気づき庇うようにして影分身をしている。自分達を守る父の力を目にし、またサスケの言葉を受けて父の偉大さと自身の過ち・未熟さに気付き、ナルトを救うためサスケと五影と共にモモシキ達に立ち向かう。
ナルトと和解した後は、それまでの考えを改め「教わっていくこと」の大事さも痛感している。父の事を尊敬しつつも火影は目指さずに、サラダに「お前の父ちゃんみたいな忍になる」と宣言した。
うずまきナルト
声 - 竹内順子
ボルトの父。七代目火影として木ノ葉隠れの里を治めている。
常に山積みの仕事を抱えており、外での仕事は大量の影分身で行い、本体はそれらを維持しつつ火影室でデスクワークに明け暮れるワーカー・ホリック状態になっている。影分身の維持のため精神と肉体に多大な負担を強いており、少しでも気を抜けば倒れてしまう。目の下にはクマができ、火影室には栄養ドリンクの空き瓶が散乱している。疲労が溜まり倒れたところをシカマルに発見される場面もあった。
家族のことは大事に想っているものの、火影としての責務からあまり家族との時間を過ごすことができずにいる。また、自身が天涯孤独の身であったゆえに、反抗期を迎えたボルトとの距離のとり方や父親としての接し方がわからなくなっており、親子関係がこじれてしまっている。
モモシキ達との最後の対決の際には、サスケと完全に味方同士となった共闘をして見せて、その圧倒的強さにボルトを感動させた。そしてボルトに今までの事を謝罪した際には「そのままでいい」と言われる。ボルトの螺旋丸にナルト自身のチャクラを送り、巨大になった螺旋丸がモモシキへのとどめを刺す技となった。
うちはサスケ
声 - 杉山紀彰
サラダの父。ナルトとも縁の深く、重要な事案で離れているが、今では里の重鎮となっている。
大筒木カグヤに関する情報の探索中、手がかりとなる巻物を入手した先でモモシキ達と遭遇し、離脱した後に解析のために一時里に戻っている。中忍選抜試験受験を決めたボルトに弟子入りを請われ螺旋丸を使えるかを問う。後日木ノ葉丸から螺旋丸を学んだボルトが再び弟子入り志願をしてきた際に、ボルトの使う途中で消える螺旋丸に可能性を見出だした。そしてボルトが科学忍具の力に頼っている事に気づくも、手裏剣術や過去のナルトのことを教えるようになる。
ナルトがモモシキ達に拐われた際にはボルトを諭し立ち直らせて、五影とボルトと共にナルト救出に赴いた。そこで数年越のナルトとの共闘を繰り広げ、ボルトが消える螺旋丸を放つためのアシストをした。
ボルトに対しては「ナルト以上にウスラトンカチ(=負けず嫌い)」と評している。

木ノ葉丸班[編集]

うちはサラダ
声 - 菊池こころ
本作のヒロイン。サスケとサクラの娘。木ノ葉丸班の紅一点。
七代目火影のナルトを尊敬し、自らも火影を目指す。写輪眼は開眼当初と変わらず一つ巴のままだが使いこなしており、写輪眼で幻術を破れるまでに腕を上げている。
父であるサスケについては辛辣な意見を述べることも多々あるが、母であるサクラのサスケの帰宅に嬉しそうな様子を指摘した際には「サラダだって嬉しそうじゃない」と言われている。
普段はボルトに対し厳しい態度を取っているように見えるが、ボルトがサスケに弟子入りしようと頑張っている様子を密か見守り、弟子入りが決まった際には喜んでみせた。また中忍試験ではボルトの活躍に感化されたり、不正にショックを受けたりしている。
試験会場がモモシキに破壊された時はミツキと一緒に一般人の救助をし、崩れた天井の下敷きになりかけたのを間一髪でサスケによって助けられる。
最後にボルトにサラダの父であるサスケのような忍になりたいと宣言された時には、「お前を守る」という言葉に反応して顔を真っ赤に染めた。
ミツキ
声 - 木島隆一
木ノ葉丸班の一員。
両腕を伸ばす能力を持つ。
飄々とした雰囲気で、火影を目指すサラダの前で「時期火影はボルトかな」などと述べたりしてわざと煽っているような様子がある。そのために物腰は落ちついているがなかなかの毒舌家にも見える。だが、中忍試験の会場がモモシキに襲撃された際には、逃げそびれた子供を懸命に救助し、天井の下敷きになりかけたサラダを本気で心配する優しい面を見せている。
ナルトやサスケよりも偉大な忍を親に持つと語っているが、本作のエンディング後にその親が大蛇丸であることが明かされる。
猿飛木ノ葉丸
声 - 高橋英則
上忍で木ノ葉丸班の隊長。
精神的にも成長したものの少年時代のお調子者の性分は変わっておらず、任務先でボルトたちに小手の機能を披露した結果誤って民家を破壊してしまい、ボルトたちも巻き込んでナルトに叱られている。後にボルトに請われ「螺旋丸」を伝授する。

中忍試験参加者[編集]

奈良シカダイ
声 - 小野賢章
シカマルとテマリの息子。
いのじん、チョウチョウと共にスリーマンセルを組む。ボルトとは遊び仲間だが、彼がゲームで平気でチート行為をすることは軽蔑している。「影縛りの術」の練度は高く、中忍試験では術を壁面で使用したり形状を円形にして複数の敵を拘束するといった使い方を見せた。
中忍試験の第三次試験では2回戦でボルトと戦う。
山中いのじん
声 - 阿部敦
サイといのの息子。シカダイ、チョウチョウと共にスリーマンセルを組む。シカダイ同様ボルトの遊び仲間。
秋道チョウチョウ
声 - 白石涼子
秋道チョウジとカルイの娘。シカダイ、いのじんと共にスリーマンセルを組む。本編中では台詞は無く、声優はDVD/BD特典アニメ『ナルトが火影になった日』での配役。
シンキ
砂隠れの里出身。
チームメイトはくノ一のヨドと仮面をつけたアラヤ。第二試験でメタルを、第三試験でチョウチョウを破る実力者。
ユルイ
声 - 河西健吾
雲隠れの里出身。
左頬に2本の牛の角の刺青を入れ、牛鬼を象った首飾りを付けている。常にチューインガムを噛んでおり、起爆する性質を持つフーセンガムを機雷状にしてバラ撒く忍術と剣術を駆使した戦法を取る。
チームメイトのトロイタルイを伴い中忍試験に参加、第三次試験の1回戦でボルトと戦う。

木ノ葉隠れの人々[編集]

うずまきヒナタ
声 - 水樹奈々
ナルトの妻で、ボルトとヒマワリの母。
映画では娘のヒマワリと共にいるシーンがよく描かれていた。
ナルトと結婚するまではロングヘアーであったが、ボルトとヒマワリを授かってからは髪を切り、セミロングヘアーにしている。父親を嫌うボルトと、火影となり家庭にいることが少なくなったナルトの現状を憂いているが、ボルトの心情を理解しつつ、家庭の無い孤独な環境を生きてきたナルトと違い父が居てくれることの大切さや幸福を諭している。
モモシキの襲撃時にはヒマワリを連れ避難しつつ、さらわれたナルトを助けるために一人でモモシキに立ち向かうが、返り討ちに遭う。ナルト救出に向かうボルトを見送る際、少年時代のナルトの面影を感じている。
ボルトがナルトと和解した後、父と息子が連れ立って出掛けていくのを娘と共に見送った。
うずまきヒマワリ
声 - 早見沙織
ボルトの妹。
兄のボルトを慕っており、中忍試験でも母と共に応援に駆けつけている。作中で誕生日を迎えるが、その日の晩に起こった出来事が原因でボルトとナルトの間の溝が広がってしまうことになる。
映画の中では悲しそうな表情になるシーンも多かったが、遠くから「お兄ちゃーん」と大きな声でボルトを呼び手を振る様子から、基本的には明るい性格である事が見て取れる。
うちはサクラ
声 - 中村千絵
サスケの妻で、サラダの母。元第七班の紅一点。
それまでは二の腕と脚を出した服装が多かったが、BORUTOからは脚の代わりに臍を出すスタイルとなった。
作中で娘のサラダにサスケの帰宅に喜んでいる事を指摘され頬を赤く染めている。その際にサラダも父の帰宅に嬉しそうであることを見抜いた。
中忍試験にはサラダの応援に向かい、娘が勝ち進む姿に本人以上に興奮している。第三次試験途中におけるモモシキの襲撃時には、崩落する会場の瓦礫を拳で粉砕し、いのやテマリらと共に避難誘導を行った。そしてモモシキに立ち向かい怪我をしたヒナタを治療した。
ナルトの救出に向かうボルト達を見送るためにヒナタを連れ屋上に行き、そこでボルトの姿にかつてにナルトを重ねた。
モモシキの一件が片付いた後は屋上でサスケと肩を並べ夫婦水入らずの時間を過ごしているワンシーンがあった。
はたけカカシ
六代目火影。台詞は無し。
会議中に居眠りをするナルトを本で叩いて起こしたり、イルカやリーと共に中忍試験を見守っている。また、モモシキに会場襲撃された際には一般人の救助にあたっている様子がある。
奈良シカマル
声 - 森久保祥太郎
シカダイの父。
七代目火影であるナルトの補佐を務めていて、何かとナルトと共にいるシーンが描かれていた。
ナルトは多忙故に家族と接する時間を削かざるを得ず、心身共に憔悴する一方である状況を心配しており、またボルトとの距離感に悩む彼にアドバイスを送っている。
中忍試験の時はキンシキの攻撃を受けそうになっていたサスケとサラダの親子を間一髪で助けている。
テマリ
シカダイの母。サクラ、いのと共に中忍試験の第三次試験を観戦する。台詞は無いが、中忍試験会場がモモシキに襲撃された時にはサクラとの連携プレイで一般人を救助していた。
サイ
声 - 日野聡
いのの夫でいのじんの父親。
中忍試験の第一次試験にて試験官を務め、受験者たちに相変わらず笑顔で毒を吐いている。
しかしトレードマークであった臍出しファッションがBORUTOからは変わり、露出がほぼない服装となった。
山中いの
いのじんの母。サクラ、テマリと共に中忍試験の第三次試験を観戦する。台詞は無いが、シカダイがボルトにギブアップする姿にサクラ、テマリと共に過去のシカマルの姿を重ねていた。
ロック・リー
声 - 増川洋一
上忍。中忍試験の第三次試験審判を担当。
息子のメタル・リーも試験に参加していたが、第二次試験で脱落している。
テンテン
声 - 田村ゆかり
中忍試験の第二次試験にて、油女シノと共に試験官を勤めている。しかし、その中でボルトが小手を使ったことに気付けなかった。
犬塚キバ
タマキと共に中忍試験の第三次試験を観戦していた。台詞は無し。
カタスケ
声 - 菊本平
木ノ葉隠れの科学忍具班主任を務める上忍。
眼鏡をかけたインテリ風の男。普段は白衣を着ている。ボルトのことを「若様」と呼び、携帯ゲームのチートデータなどを提供していることから彼に信頼されているが、本心では見下している。
誰でも強力な忍術を扱えるようになる新型忍具「小手」を開発し、中忍試験に導入して他国にも売り込もうとするが、「試験で評価するのは小隊の運用能力であり、戦闘能力ではない」と考えるナルトに却下されたため、ボルトを焚きつけて小手を使わせ広告塔として利用しようと目論む。途中で小手の使用が明るみに出たところで会場にその性能をアピールしようとするが、直後にモモシキ達の急襲に遭い機会を台無しにされる。
その後も懲りずにナルト救出に向かうサスケたちの後を追って異空間に侵入、戦況を読まずに小手で忍術を連発しモモシキを回復させてしまうという失態を犯す。一連の事件の後は降格処分となり、復興作業に従事させられている。
モデルは映画評論家の町山智浩
コウスケ
カタスケと共に木ノ葉隠れの科学忍具班主任を務める忍。ラップ型サングラスが特徴。
モデルはラッパーの宇多丸

五影[編集]

ダルイ
声 - 竹内良太
五代目雷影。髭を生やしてフードをかぶっている。
我愛羅
声 - 石田彰
五代目風影。衣装は前作の短ラン風から長ラン風になり、七三分けになっている。
ボルトがナルトの服に袖を通した様子を見て「やる気が出そうだ」と喜んでいた。
長十郎
声 - 宮田幸季
六代目水影。顎髭が生えている。
黒ツチ
声 - 武田華
四代目土影。衣装が右袖の無いチャイナ服になっている。

新たなる敵[編集]

大筒木モモシキ(おおつつき モモシキ)
声 - 浪川大輔
大筒木一族の系譜に連なる縁者。
カグヤがチャクラの実を食べ、「無限月読」を企てさせた元凶とも言える存在。頭には正面に向けて折れ曲がった2本の角が生えており、殿上眉の下にカグヤ同様両眼に白眼を宿す他、両掌には輪廻眼を開眼している。和風の貴族のような装束と羽衣を身に纏い、高下駄を履いている。一見すると端整な顔立ちの優男だが、他の人間達を「下等生物」と見下し努力や苦労を嘲笑う傲慢な性格をしており、些細なことでも怒るなどトネリ同様短気な面もある。
右手の輪廻眼は相手のチャクラや「尾獣玉」級の忍術をも吸収し、後述の丹を併用することでグローブを嵌めた左手の輪廻眼からその術を数倍の威力に上げて放つ能力を持つ。しかし、その性質上体術による技は吸収できないという弱点も抱えている。
カグヤが再び封印されてから十数年後、各地に散った尾獣のチャクラを集めて神樹を植え直し、そのチャクラの実から「仙丹」と呼ばれる丸薬を作ってそれを食らい不老長寿・怪力乱神を得ることを画策、親役のキンシキを伴い行動を始める。手始めに異空間を飛んでキラービー(声 - 江川央生)から八尾・牛鬼のチャクラを奪い丹を作った後、より強大なチャクラを持つナルトの九喇嘛を狙う。
モチーフは牛若丸桃太郎
大筒木キンシキ(おおつつき キンシキ)
声 - 安元洋貴
モモシキの親役にして従者。
2mを優に超える髭面の巨漢。モモシキ同様両眼に白眼を有し、額には右から左にかけて巻き付くように生えた額当てのような一本の角がある。空手着風の装束にグローブを着用し、普段は顔の右半分を覆うほどの大きな外套に身を包んでいる。
戦闘では持ち前のパワーに加え、背中から放出した赤いチャクラをマサカリなどの様々な武器状に形態変化させ自在に操ることができる。また、その巨体とは裏腹にサスケと互角に斬り結ぶほどの剣戟・スピードを誇る。
モチーフは弁慶金太郎

スタッフ[編集]

小説版[編集]

ジャンプ ジェイ ブックスより刊行。著者は小太刀右京

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]