幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幽☆遊☆白書 > 幽☆遊☆白書 (テレビアニメ) > 幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆
幽☆遊☆白書
冥界死闘篇 炎の絆
監督 飯島正勝
脚本 大橋志吉
富田祐弘
橋本裕志
出演者 佐々木望
千葉繁
緒方恵美
檜山修之
田中真弓
深雪さなえ
西村知道
横山智佐
鈴置洋孝
音楽 本間勇輔
主題歌 PERSONZ
sayonaraは言わない
製作会社 スタジオぴえろ
配給 東宝
公開 日本の旗 1994年4月9日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 3.3億円[1]
前作 幽☆遊☆白書
テンプレートを表示

幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆』(ゆうゆうはくしょ めいかいしとうへん ほのおのきずな)とは、1994年4月9日に公開された映画作品である。キャッチコピーは「幽助(オレ)より強い敵(ヤツ)がいた!」。


概要[編集]

上映時間約100分に及ぶ、「幽☆遊☆白書」の長編映画。映画オリジナルキャラクターデザインは全て原作者の冨樫義博が担当した[2]。前作の映画とは打って変わり、監督キャラクターデザイン等の重要なスタッフをTV放送版とは違う人物が担当している[3]

映画オリジナルストーリーで、原作には登場しない冥界が関係する。本作は人間の悪が冥界復活の原因であると、前作に比べると原作の設定が活用されているが、一貫して戦闘描写を重視している。前作では登場しなかった、雪村螢子、雪菜、幻海も登場した[4]

VHS版は発売され、DVDは未発売だが、2018年7月27日発売のブルーレイボックスでブルーレイ版が発売されることが決まった。

ストーリー[編集]

霊界が突如、未曾有の大洪水に襲われた。ぼたんコエンマの命令で閻魔大王の秘宝「冥界玉」を持って霊界を脱出し、幽助に知らせるべく人間界へ。ボロボロの状態で皿屋敷中学の屋上へたどり着いたぼたんは、幽助に重根神社のひなげしに会うよう告げて気を失う。

幽助を探して屋上へやってきた螢子にぼたんを任せ、桑原と共に重根神社に赴いた幽助は、冥界鬼に襲われたひなげしを救い出し、ぼたんを預けた先である幻海の寺で、霊界の様子を見に行った蔵馬とも合流。そして霊界の異変が、かつて人間界を支配しようと企んで閻魔大王に消滅させられた冥界の仕業であることを知った。人間界での冥界の復活を阻止し、水没した霊界を復活させるため、幽助たちはひなげしの案内で人間界に五か所ある霊鬼門に向かうことに。また、この話を寺の外で聞いていた飛影は事態を静観しようとしていたが、寺に雪菜が来たことで単独で霊鬼門の一つを目指す。

しかし、人間界に冥界を復活させようと企む冥界の王の一派によって霊鬼門は次々と奪われ、幻海の結界を破って寺に侵入してきた冥界の王・耶雲とその部下・頼光に襲われた幻海が負傷。そして、耶雲の力の源である「冥界玉」を隠し持っていたぼたんが幻海の寺からさらわれる。その際、幽助とともに寺に戻ってきた螢子、そして幻海とともにぼたんの看病をしていた雪菜も襲われたことで、単独行動していた飛影も一行に加わり、耶雲とその部下達を倒すべく死闘を繰り広げる。

登場人物[編集]

ここでは映画オリジナルキャラクターのみ記載する。

ひなげし
声:横山智佐
霊界案内人。10歳くらいの外見のぼたんの幼なじみ。朱色に近い赤いショートヘアで、頭頂部にアホ毛がある。コエンマの秘書経験もあるが、ドジな性格から大失敗を起こしたため、人間界の重根神社(かさねじんじゃ)で修行していた。
神社境内で冥界鬼に襲われていたところを幽助達に助けられ、霊界の異変とぼたんが負傷した話を聞いて、ぼたんのために戦いに身を投じる。冥界や霊鬼門について記された古文書を持ち、一行の行動指針となる。特に戦闘力はないが、結構勇敢でぼたんが必死に渡すまいとしていた冥界玉を耶雲から取り返したりした。
耶雲(やくも)
声:鈴置洋孝
事件の首謀者である冥界の王。
冥界は魔界の上にかつて存在した世界で、数千年前に人間界の支配を企んで霊界へ侵攻するが閻魔大王に敗れ、消滅した。自身は力の源である冥界玉を奪われた上で閻魔大王によって部下ともども闇宇宙へ封印されていたが、霊界が扱いきれずに放出した人間の邪悪なエネルギーを吸収し復活。奪われた冥界玉を手に入れるため、人間界に現れる。
普通の状態でも幽助を軽くあしらう実力を見せつけ、冥界玉を手に入れてからは完全無欠の強さを誇ったが、冥界玉のエネルギーを霊力に変えた幽助たちの合体攻撃(霊剣・薔薇棘鞭刃・炎殺黒龍波が合わさった霊丸)で重傷を負い、最後は冥界玉共々幽助の霊丸によって消滅した。エンディングで幽助の言葉から「俺達(人間)の中に潜んでいるかも」と生き延びている可能性を仄めかせていた。
黒鵺(くろぬえ)
声:大塚芳忠
蔵馬が妖狐時代、唯一友人と呼んだ今は亡き妖怪。蔵馬をかばって死亡した。黒い服に、頭の天辺のない帽子が印象的な男で、使用武器は鎌。赤い珠のついたペンダントを大事にしている。蔵馬曰く、敵を背中から襲う真似はしない男だったらしい。
魔舎裏(まじゃり)
声:三ツ矢雄二
耶雲の部下。冥界三獄神の一人。
瞬時に相手の技を体得する、鏡の術の使い手。中性的な風貌をしている。桑原の霊剣を写し取って優位に立つも、霊気を一気に放出する技まで真似た為、冥気切れに陥り、桑原のパンチであえなく敗北。以降は登場しなかった為、生死不明となるが、桑原戦で敗北した際に最後の霊鬼門である祠付近で倒れており、そこを耶雲が遠距離から霊撃で破壊した際に、あるいは直後に冥界の結界が完成した際の爆発・衝撃に巻き込まれたことから死亡した可能性が高い。
頼光(らいごう)
声:福田信昭
耶雲の部下。冥界三獄神の一人。
ひなげし曰く「三獄神最強の男」。飛影とは違い生来の邪眼師で、邪眼による強力な術以外には、桑原のような妖気による剣を作り出す能力を持つ。雪菜を傷つけたことが元で飛影の怒りを買い、彼と戦う。飛影の邪眼を無理やり発動させ、そのまま幽助らに向けて強化した黒龍波を撃たせたが、寸前で飛影が自力で洗脳を解いたため、自らが黒龍波を喰らい消滅。飛影と対峙した際、「俺の邪眼の力はお前の比ではない」と豪語していたが、飛影に洗脳を解かれて死亡した後は、「あの程度の邪眼で俺の黒龍を惑わすことなど不可能だ」と吐き捨てられた。
傀麒(かいき)
声:小関一
耶雲の部下。冥界三獄神の一人。
幻術を使い相手を惑わせる、邪映鎌の使い手。狡猾で卑劣な性格。黒鵺を死なせた蔵馬の罪悪感につけこみ殺そうとしたが、幻の黒鵺が大事にしていたはずのペンダントを捨てた事と蔵馬を背後から襲った事で幻術を見破られ、黒鵺との友情を捻じ曲げられた怒りの蔵馬が放った植物で身体を貫かれて戦死。冥界三獄神の中で唯一、劇中一度も名前を呼ばれていない。
瑞輪兄弟(ずいりんきょうだい)
耶雲の部下。
どちらが兄・弟かは不明。片腕が刃になっていて、二人同時での攻撃を得意とする。違いは髪と目の色、刃になっている腕の左右だけ。飛影と交戦するも戦死。

スタッフ[編集]

関連商品[編集]

サウンドトラック[編集]

幽☆遊☆白書 オリジナル・モーション・ピクチャーズ・サウンド・トラック
幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆サウンドトラック
リリース
録音 1994年
日本の旗 日本
ジャンル サウンドトラック
時間
レーベル 東芝EMI
テンプレートを表示

本作品のためだけに撮り下ろされたサウンドトラック。各々のイメージBGMの次は必ず、そのBGMを基にした各キャラクターソングが収録されている。

特に記載がない限り、作曲:本間勇輔、編曲:本間勇輔プロジェクトである。

# タイトル 作詞 作曲 編曲・歌・備考 時間
1. 「押し寄せる異変」      
2. 「緊迫」      
3. 「動乱」      
4. 「霊界の危機」      
5. 「冥界」      
6. 「耶雲」      
7. 「何かが違う」      
8. 「必死の抵抗」     桑原和真のイメージBGM
9. 「根性一直線」 森由里子   歌:千葉繁
編曲:本間勇輔
10. 「押さえきれぬ怒り」      
11. 「黒鵺…!?」      
12. 「苦悩」     蔵馬のイメージBGM
13. 「NIGHTMARE」 白峰美津子   歌:緒方恵美
編曲:本間勇輔
バイオリン:斉藤ネコ
14. 「蔵馬の悲痛」      
15. 「頼光」      
16. 「雪菜よ…」     飛影のイメージBGM
17. 「視線上のアリア」     歌:檜山修之
編曲:本間勇輔
18. 「ドン底からの闘志」      
19. 「勇気をもって…」     ひなげしのイメージBGM
20. 「あなたを抱き締める私でいたい」 白峰美津子   歌:横山智佐
編曲:本間勇輔
21. 「負けるわけにはいかねぇ」     浦飯幽助のイメージBGM
22. 「暁の誓い~Rising Sun~」 森由里子   歌:佐々木望
編曲:本間勇輔
23. 「精魂の勝利」      
24. 「恐怖、再び」      
25. 「完全勝利~そして未来へ」      
26. sayonaraは言わない   JILL 歌:PERSONZ
編曲:PERSONZ・藤井丈司

フィルムコミック[編集]

集英社「ジャンプコミックスセレクション」からフィルムコミックが全2巻で刊行された。

脚注[編集]

  1. ^ 「1994年日本映画フリーブッキング作品配給収入」、『キネマ旬報1995年平成7年)2月下旬号、キネマ旬報社1995年、 155頁。
  2. ^ a b 映画のパンフレットより。
  3. ^ TV放送版監督の阿部紀之は監修を務めた。
  4. ^ 台詞はないが、螢子の友人2人も登場している。
  5. ^ a b 映画に関する版権イラスト北山真理が担当。

関連項目[編集]