鍋島修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鍋島 修(なべしま おさむ、1956年1月14日 - )は、日本アニメーターアニメーション監督である。

来歴[編集]

デビュー作はテレビ『ゲッターロボG』。スタジオZ、スタジオno.1で金田伊功と共にする。アクション系の作画を得意としていた。

現在は東京ムービーの作品を中心に、監督、演出を行っている。代表作は『とっても!ラッキーマン』(1994年)、『怪盗セイント・テール』(1995年)、『青山剛昌短編集』(1999年)、『とっとこハム太郎』(2000年)、『D.Gray-man』(2006年)など。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1988年

1989年

1990年

1991年

1994年

1995年

1997年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2006年

2011年

2012年

2013年

2014年

2016年

2017年

2018年

劇場アニメ[編集]

1980年

1981年

1983年

1984年

1985年

1986年

1988年

1989年

1998年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2013年

2015年

2016年

OVA[編集]

1984年

  • BIRTH(メインアニメーター)

1987年

1990年

1991年

1992年

1999年

  • 青山剛昌短編集監督、絵コンテ、演出)
  • 青山剛昌短編集2(監督、絵コンテ、演出)

2009年

2013年

  • 弱虫ペダル SPECIAL RIDE(監督、絵コンテ、原画)

脚注[編集]

  1. ^ 怪盗セイント・テール”. トムス・エンタテイメント. 2016年5月22日閲覧。
  2. ^ エースをねらえ!ファイナルステージ”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。

関連項目[編集]