大空魔竜ガイキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大空魔竜ガイキング
ジャンル ロボットアニメ
アニメ
原作 中谷国夫杉野昭夫、小林檀
シリーズ構成 丸山正雄
キャラクターデザイン 白土武
メカニックデザイン 小林檀
音楽 菊池俊輔
アニメーション制作 東映動画
製作 フジテレビ、東映、旭通信社
放送局 フジテレビ
放送期間 1976年4月1日 - 1977年1月27日
話数 44話
テンプレート - ノート

大空魔竜ガイキング』(だいくうまりゅうガイキング)は、1976年(昭和51年)4月1日から1977年(昭和52年)1月27日までフジテレビ系で毎週木曜日19:00 - 19:30に全44話が放送された、東映動画製作のロボットアニメ

概要[編集]

本作が初の東映動画オリジナル企画によるロボットアニメとされている。それまでの東映動画のロボットアニメは、漫画家永井豪と永井の「ダイナミックプロ」から原作提供を受けており、本作でも原作協力という形で参加している。

神谷明井上真樹夫山田俊司といった当時の人気声優が多数出演したため、本作のアフレコには女性ファンがドッと押しかけたという[1]

虫プロダクション系の制作会社マッドハウスから、杉野昭夫、丸山正雄らがスタッフとして参加。東映動画に新風を送り込んだと評価され、後番組の『ジェッターマルス』にも引き続き参加した。

なお、主役ロボットの名称・「ガイキング」は、「ヴァイキング」を元ネタとしている[2]

骸骨をモチーフとした異形のデザイン、戦闘に直接参加する移動基地、母星絶滅の危機の為、戦いに駆り出されるゼーラ星人の悲劇等を取り入れながら、コメディリリーフ的な話も織り込まれる等、それまでのロボットアニメには無かった要素が多数盛り込まれている。

ストーリー[編集]

ブラックホールの影響で消滅の危機にあるゼーラ星。救世主として生み出されたダリウスは逆に人々を支配し「暗黒ホラー軍団」を結成、移住するべく、地球征服へと乗り出した。野球選手ツワブキ・サンシローは軍団にその秘めた超能力を警戒され、選手生命を絶たれてしまう。だが、軍団に対抗するため集められた「コンバットフォース」の仲間達と巨大メカ「大空魔竜」と出会い、侵略者と戦っていくことになる。

登場人物[編集]

大空魔竜の乗組員[編集]

ツワブキ・サンシロー
- 神谷明
18歳。本作の主人公。プロ野球チーム「レッド・サン」の二軍投手で、魔球をひっさげて一軍デビューの予定だったが、暗黒ホラー軍団の攻撃で利き腕の左手が使えなくなり引退。大文字博士の誘いでガイキングのパイロットとなる。サウスポーであるがガイキング自身は右でハイドロ・ブレイザーを投げる描写もある。作中一度だけ「レッド・サン」に復帰した事があるが試合には登板しなかった。第21話でエリカから「飾り気がなく男らしい人」と評されている。第2話で人体プラズマを発生させてトラックを空中に吹き飛ばす超能力を発揮するが、彼や大空魔竜チームが優れた超能力者という設定は後にかなり縮小されてしまった為、その後の戦いでこの能力は登場しなくなる。
大文字博士
声 - 柴田秀勝
45歳。大空魔竜戦隊の創設者であり、総責任者。早くから宇宙からの侵略を予見し、密かに超能力者を集めて大空魔竜戦隊を組織した。普段は温厚で冷静な紳士だが第32話ではポー船長から侮られて珍しく激昂する場面がある。
フジヤマ・ミドリ
声 - 小山まみ(後の小山茉美
17歳。大空魔竜の通信担当。大空魔竜戦隊の男性陣に人気があるが、特に気のある男性はおらず、サンシローやヤマガタケ等、自身に気のある男性のあしらいに長けた一面も持つ。
幼い頃に記憶を失っていたところを大文字博士に拾われて養女として育ったが、実はピジョン星人という意外な正体を持っている。
ピート・リチャードソン
声 - 井上真樹夫
18歳。大空魔竜のメインパイロット。アメリカ海兵隊あがりの元トップガンで、大空魔竜の中でも気障でクールな性格故にサンシローと衝突することも多い。第9話で弟のトム(声- 野沢雅子)に対しても厳しく接するなど情に流されず振る舞うが、それらは地球を守る使命感ゆえのものであり、本来は優しい性格。考古学に関して強い興味を持っているが時に盲目になる時もあり、それを敵に利用され大空魔竜を乗っ取られる失態を犯したこともある。
父は豪華客船の船長であったが安定航路を確信して泥酔してしまい嵐が来る事を予測出来ず母と共に死亡してしまった。それが父を反面教師として彼が完璧主義者を目指す所以である。
サコン・ゲン
声 - 山田俊司(後のキートン山田
20歳。大空魔竜のシステム・技術担当で戦隊の参謀長。IQ340の超天才で、自分の頭脳を直結してコンピューター代わりにするという離れ業をやってのけたこともある。趣味は釣り。チーム一クレバーな男であるが時に熱くなる時もある。「フェイスオープン」でのガイキングの追加武装は彼の発案による。
ヤマガタケ
声 - 加藤修(後の加藤治
18歳。大空魔竜戦隊のコンバットフォースの一員で剣竜バゾラーのパイロット。元・大山部屋所属の力士で、幕下以下のふんどし担ぎに過ぎなかったが横綱より上の縦綱を名乗った事がある。基本的に単細胞な性格で、惚れているミドリに弱く、サンシローやピートに対抗心を燃やす事も多い。
ファン・リー
声 - 徳丸完
18歳。大空魔竜戦隊のコンバットフォースの一員で翼竜スカイラーのパイロット。香港出身で、元キックボクシングの世界チャンピオンの実績を持つ。かつて両親を失い、弟のサン・リーとキックボクシングの弟分であったチャンメイを暗黒ホラー軍団の手により失うなど、不幸が多い。性格は穏やかで思慮深く、サンシローの抑え役に回る事も度々ある。
ハヤミ・ブンタ
声 - 緒方賢一
18歳。大空魔竜戦隊のコンバットフォースの一員で魚竜ネッサーのパイロット。穏和で陽気なムードメーカー。元ダイバーゆえに素潜りが得意で、100mくらいは潜れる。常に敬語で話し、大柄な体格に似合わず繊細である。
ハチロー
声 - つかせのりこ
大空魔竜基地のある御前崎灯台の灯台長の息子。一応、食料班に所属しマスコット的な子供としての立ち位置。彼の活躍でホラー軍団を撃滅した事もある。

暗黒ホラー軍団(ゼーラ星人)[編集]

ダリウス大帝が組織したゼーラ星の地球侵略軍。ゼーラ星の優れた科学力を結集して生み出される暗黒怪獣を主力運用兵器とし、ダリウス以下デスクロス四天王を初めとするロボット幹部、優れた人間を強化改造したデスクロス騎士団、生体改造兵士である暗黒騎士、暗黒鳥人を構成員とし、更に移民船団はゼーラ軍人が管轄している。高度な科学力と兵器を持つものの、圧倒的に総兵力が不足している為ゼーラ星が崩壊するまで総攻撃をかける事は無かった。第44話で全軍で地球侵略に当たるが、大空魔竜、ガイキングが居ない状況にも関わらず、日本の防衛軍にすら手こずる有様だった。
ダリウス自身はゼーラ星の太陽に当たるシグマ星がブラックホール化した数千年前から存在していたが、第3話に登場するゼーラ星人803号の発言に寄れば、暗黒騎士団(後にデスクロス騎士団に再編)、暗黒鳥人部隊を始めとする暗黒ホラー軍団の結成はごく最近である。
ダリウス大帝
声 - 緒方賢一
地球から6千光年の彼方にある滅亡の危機に瀕したゼーラ星人が、生存の道を探るべく創り出した機械神(巨大コンピュータ)。しかし、逆に創造主たるゼーラ星人を支配し、地球への移住をめざして侵略を開始する。ダリウスの真の目的は地球侵略に留まらず、全宇宙支配だと第3話で明言している。その為、文明発生以前の地球やエメラルド星等、宇宙征服の為の補充兵力にならないと判断した星は移住対象と見なさず、人的、物的被害を拡大した。
目・鼻の上に口がある異様な顔つきが特徴でデスクロス四天王より遥かに巨体。第20話で数千年前から存在していた事が明らかになっている。ゼーラ星人絶滅の危機を救おうとはしているものの、愛情や信頼という人間固有の心が理解できない為、地球人との友好による移民論者を悉く粛清してしまい、第43話で市民達から侵略に固執して移民交渉をしなかった事を詰問され、終に市民を見捨てて部下達だけでゼーラ星を脱出してしまう。
第43話の最終決戦で初めて大空魔竜チームの前に姿を現して宣戦布告をし、第44話で単身ガイキング、大空魔竜と剣で戦い傀儡のようなロボットの正体を明かす。目から発射される破壊光線は一撃でガイキングの左腕を吹き飛ばす程の威力で大空魔竜の突進も押さえ込む程の怪力だが、弱点である頭部の電子頭脳をハイドロブレイザーで破壊され爆散した。
主題歌3番の歌詞では"大王ブラックダリウス"となっているが、劇中でそう呼ばれた事は無い。
第35話では例外的にダリウス以下、四天王、デスクロス騎士、暗黒鳥人も登場しない回になっている(暗黒怪獣のみ登場)。

デスクロス四天王[編集]

ダリウスが作った直属のロボット幹部で、ガイキングと同程度の巨大な身長を持つ。普段は自ら戦うことはせず、各自の専用グロテクターから作戦指揮を行う。グロテクター四機が突き合わせた前部座席に着座して合議を行い、評決は多数決に従うルールがある。ダリウス同様、喜怒哀楽等の感情はあるものの、恋愛感情や肉親を失った悲しみ等を理解できない。同時にダリウスへの反抗心や他の四天王への反感という感情も持ち合わせていない為、最後まで仲違いする事も無かった。共通して作戦の詰めが甘く、人心への配慮を欠く為、幾度も配下の命令無視を引き起こし、大空魔竜やガイキングを仕留める機会を失っている。
全宇宙支配が最終目的であり、四天王各人には目的達成時の王号が前もってダリウスから与えられている。
第24話で祝杯を揚げるシーンがあり、ロボットでありながら味覚が存在する。
最終回では全員が束になって目から強力な電磁波を出して大空魔竜に襲い掛かり操縦不能に陥れたが、他にこれといった戦闘力は無い。
デスモント将軍(東の王)
声 - 柴田秀勝
大きな耳が特徴で黒い頭巾を被っている。四天王中最も冷静で激昂した事が無い為、まとめ役となる事が多い。ダンケルと同じく、陣頭指揮をする事は殆ど無い。第44話で大空魔竜に踏み潰されて破壊される。
アシモフ将軍(西の王)
声 - 加藤修
常に昆虫の様な緑色のマスクを被っており、彼だけが角が無く鞭を持っている等、異色の存在。14話で大空魔竜乗組員を捕虜にした時、四天王として初めて顔を合わせたが、この時の身長は10m程度しか無かった。キラーに次いで陣頭指揮回数が多い。第44話でガイキングのダブルガイザーによって最初に破壊された際スキンヘッドである事が明かされる。
ダンケル博士(南の王)
声 - 徳丸完
端正な顔立ちの四天王唯一の科学者。肩書きは博士だが服装は他の四天王同様の鎧装束。暗黒怪獣の設計製作や兵器開発を担当。普段は冷静だが、味方のミスで作戦が失敗すると激昂する一面がある。キラーからも一目置かれ敬語で呼ばれている。四天王最後の一人としてガイキングに剣で立ち向かったが、ダブルクロスで頭部を破壊されて爆発した。
キラー将軍(北の王)
声 - 井上真樹夫(1 - 5話) / 山田俊司(6 - 最終話)
やや肥満気味で猪武者のような形相だが最も表情が豊か。一番粗暴で好戦的だが策略も用い、慎重論を唱える場面もある。先手必勝を好み一番陣頭指揮している回数も多いが、反面部下を平気で殺す等、非道な振る舞いが目立つ。第44話で全兵力を失うと今までの威勢は消え失せ、逃げ惑う中、ガイキングのハイドロブレイザーで破壊された。

構成員[編集]

デスクロス騎士
四天王の命により作戦を実行するコマンダー。大半はゼーラ星人の侵略者から成り立っているが、他の星の住民を使う事も有る。
暗黒騎士
下士官に相当する。爬虫類のような目と分厚い唇が特徴で、兜を装着している。暗黒鳥人の上位バージョンで、暗黒鳥人を率いてゼーラ星人の徴兵や暗黒怪獣に搭乗して戦う事もある。デスクロス騎士が登場するようになってからは、登場しなくなる。
暗黒鳥人
いわゆる戦闘員・兵士クラス。地球に潜入して工作活動を行う他、グロテクターの運用やレッドバロムの操縦も行う。ゼーラ星人を洗脳、生体改造して生み出される。第26話でサイボーグである事が判明している。翼による飛行能力、地球人に擬態する変身能力等を与えられている。

その他のゼーラ星人[編集]

地球人より遥かに早く科学を発達させていたゼーラ星人は、既に数千年前から他の星への移住を試み、地球にも到達していた。世界各地の古代遺跡・オーパーツはその名残であり、地球の地下には彼らの置き土産というべき暗黒怪獣が多数眠っている。

最終回近くでゼーラ星居住の市民とダリウス大帝一派が対立する一幕も見られた。市民は元々和平で地球人との共存を望んでいたが、 ゼーラ星崩壊直前まで移民交渉が全く行われていない事を知らされておらず、ダリウスによる地球侵略行為を強く咎めた。市民の多くは良心的な平和主義者である。ゼーラ星崩壊時にはゼーラ星全土で僅か1都市しか居住地区が残されておらず、残された市民もごく僅かで、殆ど絶滅寸前であった事が明らかになる。

種族的特長として、個人差があるものの大きく尖った耳、額、鼻筋、目の脇の皮膚の色が濃い等が挙げられる。浅黄色の皮膚を持つ者や、顔の皮膚の色に階調差が無い者も居る。 寿命や成長速度、精神面では地球人と大差が無いが、子供でも宇宙船の操縦が出来る程、知能は非常に高い。

803号
声 - 野田圭一
第3話に登場。妻のローザをブラックホールに吸い込まれてしまい、男手一つで幼い娘ラーサを育てていた。暗黒騎士の徴兵を断った為、無理矢理連行され、抵抗したラーサを目の前で殺されダリウスに復讐を誓う。暗黒鳥人に改造されるが復讐心で洗脳に打ち勝ち、サンシロー達を暗殺計画から救い出す。サンシローに協力を申し出るが、裏切者として再び連行されダリウスに暗黒騎士に再改造、再洗脳されてしまう。暗黒怪獣ガンタロールに乗り込みガイキングを窮地に追い詰めるが、戦闘中に負傷した際、妻と娘のペンダントを見て正気を取り戻す。グロテクターからの攻撃からガイキングを守る為に盾となり爆死する。
ラーサ
声 - 小山茉美
第3話に登場。803号の娘。父を暗黒騎士に連れ去られる際、必死に暗黒騎士に追いすがって抵抗した為、無情にも射殺されてしまう。
ローザ
声 - つかせのりこ
第3話に登場。803号の妻、ラーサの母。夫と娘の目の前でブラックホールに吸い込まれてしまい命を落とす。
ゲルバー
声 - 山田俊司
第5話に登場。アシモフが推薦した勇猛なデスクロス騎士で暗黒怪獣の操縦も群を抜いていた。知略にも優れ、奇策を用いて大空魔竜内部に暗黒鳥人を潜入させ内部破壊を行わせ、暗黒怪獣バラゴスで止めを刺そうとするが、ヤマガタケの思わぬ活躍によりガイキングに反撃の機会を許してしまい、バラゴスもろとも海中に没する。
リーザ
声 - 杉山佳寿子
第8話に登場。デスクロス騎士団スパイ1号。暗黒鳥人に追われていると見せかけて大空魔竜内部に潜入し撹乱波長でシステムを混乱させ発狂状態にするのが任務。兄のデスクロス騎士ゼーラ2号を殺された復讐の為に自ら志願した。正体をミドリに見られ中央機関室を破壊する為の人質にしようとするが失敗し、ダンケルから胸に埋め込まれた時限爆弾で大空魔竜もろともに自爆するよう指示される。正体を明かしてなお自分を信じて必死で爆弾を解除しようとするサコンの姿に心を打たれ、非常ハッチを開けて一人大空に身を投げ出して自爆して果てる。
ドンゲル
声 - 山田俊司
第9話に登場。ナスカの地下にある宇宙人の遺産を元に暗黒怪獣製造していた秘密を守る為、古賀博士ら調査団を殺して秘密保持の為、蒸発処理にしようとしていた。恩師を殺されたヤマガタケの活躍により秘密基地は破壊され、暗黒怪獣ジャガーに乗り込んで戦うがガイキングによって倒される。
ライダー
声 - 徳丸完
第10話に登場。デスクロス騎士でファン・リーに復讐心を燃やすリュウゲンに近付き、ファン・リーの生き別れの弟、サン・リー(声- 井上和彦)を人質に取り、リュウゲンにファン・リーを殺害させようとするが、落ちている銃を拾う瞬間サンシローに倒されてしまい、その間にリュウゲンはファン・リーに敗れてしまう。意識を取り戻しファン・リーを撃とうとするが手元が狂いサン・リーを撃ち殺してしまう。直後にサンシローに銃で撃たれて死亡する。
マドマッド
声 - 八奈見乗児
第11話に登場。ゼーラ星に住む一介の発明狂。マジックファイヤーボールという遠隔破壊兵器を開発してダリウスに莫大な特許料目当てで売り込む。大金だけが目的で地位に興味は無かったが、キラーに無理矢理デスクロス騎士に改造されてしまう。大空魔竜の動力室の位置を突き止めるべく地球人、間遠(まどい)博士に化けてハチローに近づき、言葉巧みに大空魔竜の動力室の位置を聞き出し大空魔竜の動力室破壊に成功するが、ガイキングにより大空魔竜2号と呼ぶ暗黒怪獣と共に呆気なく倒される。ひょうきんな性格で四天王相手に軽口を叩いたり、ハチローの為に専用メカを作ってやる等していた。最後の言葉は「銭儲け」。
ガイラ
声 -緒方賢一
第12話に登場。アシモフ直属のデスクロス騎士で瞳が二つある。ミドリを洗脳して暗黒怪獣ギガントのパイロットとしてガイキングと戦わせるが、サコンの機転で洗脳が解けるやアシモフの指示で自爆攻撃でギガントもろともガイキングを葬ろうとするが失敗する。その後はアシモフと帰還したと思われる。
ユンカー
声 -緒方賢一
第15話に登場。暗黒怪獣ガンタロスを手足のように使いこなす100年に一人の逸材と言われる程のデスクロス騎士。誇り高く四天王の協力要請も断った上でガイキングを一度倒しておきながら止めを刺さず、自らの力を過信した驕りから、無用な再戦の機会を与えた事により、猛特訓によりパワーアップしたガイキングに敗れ去った。
サン博士
声 -伊武雅之
第18話に登場。職業は医者で地球人との話し合いによる移住を希望していたが、移民船、箱舟のベム船長に悉く要求をはねつけられ、最後は致命傷を負わされてしまう。瀕死の状態で村人とサンシローが閉じ込められている牢獄を開錠し、仲間や家族の死も知らぬまま、ゼーラ星人の仲間を頼むと息絶えた。
ヘレン、ジョージ、カレン
声 -小山茉美
18話に登場するサン博士の家族。ヘレンが妻、ジョージが長男、カレンが長女。3人ともサン博士と同じく地球人との平和的共存を望みながら、箱舟で脱出中に錯乱した暗黒怪獣マンモスノアから発射された熱線の直撃を受けて箱船の全乗組員と共に死亡した。
ベム
声 -矢田耕司
第18話に登場。移民船、箱舟の船長。軍部の人間であるがデスクロス騎士では無い。サン博士の和平論に全く耳を貸さず、囚人の解放を要求して詰め寄る彼に銃で致命傷を負わせる。移住計画が露見し、一旦地球から箱船で脱出しようとした所を暗黒怪獣マンモスノアの砲撃に遭い箱舟ごと死亡する。
プロメス
声 -増岡弘
第20話に登場。数千年前、地球調査にやって来たゼーラ星人の内、地球に残って未開な地球人を支配しようとした一族の末裔。ダリウス大帝により彼らの祖先は反逆者として扱われ、醜い姿に生体改造された上、地球に遺棄された。イランの古代遺跡の地下で地底人として生き永らえて来たが、キラーにゼーラ星帰還を条件に大空魔竜を地下洞窟へ生き埋めにしようとする。だがキラーに裏切られ大空魔竜ごと生き埋めにされそうになり、落石で致命傷を負う。瀕死の状態でキラーへの復讐を誓い、ヤマガタケに重力コントロール装置のありかを教えて息絶える。
エリカ
声- 小原乃梨子
第21話に登場。恋人のスタール(声- 神谷明)を大空魔竜との戦いで失い、ダリウスに直接志願して暗黒怪獣デビルジャガーのパイロットとしてガイキングに戦いを挑む。ほぼ相打ち状態でガイキングを倒し、意識を失ったサンシローを殺そうとするが、サンシローが死んだ恋人スタールに瓜二つだった為、洗脳されて地球側に利用されていると思い込み止めを刺さずにその場を退却する。サンシローを拉致して調べた結果、地球人である事に落胆して殺そうとするが、恋人に内面まで似ていたサンシローを憎みきる事が出来ず、自ら洗脳してデスクロス騎士として戦う決意をする。デスクロス騎士として再び暗黒怪獣デビルジャガーに乗り込みガイキングに戦いを挑み、あと一歩の所まで追い詰めるが、大空魔竜のビッグホーンに敗れ去る。死の直前に正気を取り戻し、恋人の名を一言呟き死を遂げた。
ヘスラー
声- 徳丸完
第27話に登場。デスクロス騎士で、太平洋のズラク島でゾルマニウム鋼の鉱脈を発見した山中大尉(声-矢田耕司 )の娘さゆり(声- 吉田理保子)に8年前から島の青年タキーネとして近付き、鉱脈のありかを突き止めるのが任務。暗黒怪獣ヤドカリーに乗り込み大空魔竜に襲い掛かるがハイドロブレイドで破壊され脱出用戦闘機で逃走中、スカイラーにより撃墜される。
ウミボーズン
声- 兼本新吾
第29話に登場。ゼーラ星一の怪力を誇るデスクロス騎士。ヤマガタケの古巣である大山部屋を襲い、親方と大関に重傷を負わせる。国技館に殴り込みをかけ、横綱の北の海貴乃花輪島まで倒してしまう。化粧回しを付けた”縦綱”ヤマガタケと土俵で勝負し、彼の放った屁が原因で負けてしまう。暗黒怪獣ニオコーンに乗り町を火の海にして暴れ回り、スカイラーとネッサーを苦も無く倒すがバゾラーの奮戦で身動きが取れなくなった所を、ガイキングと大空魔竜の集中攻撃を受けて敗れ去る。
ミルン
声- 清水マリ
第38話に登場。ゼーラ星人の少年で、ゼーラ星動物保護官(声- 田中崇)の息子。5年前ある惑星の動物保護地域で暗黒ホラー軍団の無法な攻撃で父を殺されて以来、現住生物のモールと共に暗黒ホラー軍団の探索隊の目を逃れながら地球に辿り着いた。地球不時着の際、負傷してモールの世話になっていた。モールの仲間が暗黒ホラー軍団により暗黒怪獣に改造されているのを見て、モールを説得に行かせるが果たせず、モールと共に新天地へと旅立って行く。
モール
第38話に登場。怪力、催眠能力、テレパシー能力を持つ雪男に似た宇宙生物。成長すると大空魔竜並の巨体に成長する為、暗黒怪獣の素材として暗黒ホラー軍団により乱獲されていた。心を許したミルンには非常に優しい。
スネイカー
声- 矢田耕司
第41話に登場。ダンケル配下の科学者で、光子エネルギーで巨大化する暗黒怪獣キングコブラを開発した功績によりデスクロス騎士に取り立てられる。大空魔竜にキングコブラを潜入させる機会を伺っていたが、ハチローに感づかれた為、彼と喧嘩仲間3人ごと基地内に閉じ込める。ハチローが大空魔竜の乗組員と知り、3人の人質の命と引換えにキングコブラが封印されたケースを大空魔竜に持ち込む事を命じる。潜入したキングコブラで大空魔竜の内部破壊に成功し、用済みの3人を銃殺しようとした所をガイキングに踏み潰される。
博士
声 - 山田俊司
第43話に登場。ゼーラ星市民代表の科学者。ゼーラ星があと数時間でブラックホールに飲み込まれる事態になり、ダリウスが強制移住を開始して市民にも侵略の片棒を担がせようとした所、その要請を拒否した。彼の意見に同意した市民達が平和的手段での移民政策を取らなかったダリウスを詰問した為、ダリウスが怒り市民を見捨ててゼーラ星を脱出した後、自ら秘密裏に開発した重力場エンジンで都市ごとバリアで包み込み、市民をゼーラ星から脱出させる。ゼーラ星の最後を見届けた後、安住の地を求めて宇宙へ旅立って行く。第44話で地球の近くを流れ星として通過しており、平和な移民団として地球への移住を暗喩している。

ゼーラ星人以外の登場人物[編集]

古賀博士
声- 山田俊司
第9話に登場。ヤマガタケの恩師の考古学者。ヤマガタケが当ても無く相撲部屋入門の為に上京した折、慣れぬ都会の人混みに圧倒され財布を無くしてしまい、絶望と飢えに耐えかね、追いはぎの真似をした相手が古賀博士だった。豪胆な古賀博士はヤマガタケにひるむ事無く彼を自宅に招き、困った時こそ悪の誘惑に負けず初心を貫くのが男だと説諭する。ヤマガタケは古賀博士の言葉に深く反省し、博士の口利きで大山部屋への入門を果たしたのだった。その後、ナスカ平原調査団の団長として地上絵の謎を解明すべく調査活動をしていた所、地下秘密基地の所在を突き止められる事を警戒したデスクロス騎士ドンゲルによって、調査団ごと遭難に見せかけて殺されてしまう。
名村
声- 藤本譲
第15話、第35話に登場。サンシローのレッドサン時代の鬼コーチ。15話では猛特訓を敬遠される最近の風潮に嫌気が差して、野球人生から引退する事を告げにサンシローの元に足を向けたが、強敵ユンカーの強襲戦法を打破する為に、命がけの猛特訓をサンシローに行い、見事勝利を掴んだサンシローの姿を見て引退の決意を翻してレッドサンに戻る。
第35話ではレッドサンの監督に就任しており、サンシローを大空魔竜チームに引き入れる際、反対するレッドサン首脳陣への説得役を引き受けていた事が明らかにされる。投手不足でレッドサンの勝率が低迷した為、サンシローに非戦闘時という条件付で、レッドサンへの一軍投手復帰を頼みに現れる。この時暗黒ホラー軍団は長期に渡り侵略活動を停止しており、侵略を諦めたという憶測が跳ぶ程だった為、サンシローの投手現役復帰が認められた。試合開始直前に暗黒怪獣サタンアントが出現した為、サンシローの登板は幻に終わった。
ポール
声 -井上和彦
第16話に登場。ピジョン星人でミドリの幼馴染。ミドリを母の元へ連れ帰ろうとするが、ブラックホールに吸い込まれたピジョン星の移住先は地球から20万光年の位置にある事を隠していた上、暗黒ホラー軍団から攻撃を受けない為、大空魔竜に冷却防止熱線が搭載されていない事を調べて報告する裏取引をしていた。大空魔竜の危機を見殺しに出来ないと帰還するミドリを後に一人旅立つ。
ダナオン
声 -北川国彦
第26話に登場。ピジョン星の科学者。暗黒ホラー軍団と戦う大空魔竜の為、自ら作った戦闘アンドロイド、ペーラを連れて地球にやって来るが、暗黒ホラー軍団に察知され宇宙船を攻撃され重傷を負う。サンシロー達に救助されるがもはや虫の息でペーラを託して息を引き取る。ペーラの事を我が子のように愛していたが、兵器として欠陥品である事を悟りハートサーキットを破壊しようとしていた。
ペーラ
声 -白川澄子
第26話に登場。愛らしい少年の姿をしたアンドロイド。ハートサーキットという回路で人間同様の優しい心を持つが、この回路が作動していると恐怖心から戦えなくなってしまう為、戦闘時にはスイッチを切らなくてはならない。ミドリの危機を救う為、自ら回路をオフにして戦闘モードの姿で暗黒鳥人と戦うが、限度を知らない戦いぶりを目の当たりにしたミドリから「血の通わない冷たい機械」と冷たく拒絶される。暗黒怪獣ゴルコーンの超重密度物質の壁に苦戦する大空魔竜の危機を救う為、勇気を振り絞ってペガサスロボットで出撃し人間の姿のままゴルコーンの超重密度物質の壁に特攻して粉砕し玉砕した。
カイン
声- 伊武雅之
第31話に登場。地球人出身のデスクロス騎士。元の名はNASAに所属する若き天才科学者カイン・シュタイン博士。大空魔竜すら凌ぐ攻撃力、破壊力を持つダブルイーグルを設計するが、地球を防衛する観点からは危険だとする大文字博士の主張が受け入れられ、最終選考から脱落してしまう。その後、身を持ち崩し町中の人間から見放された結果、妻子まで失い絶望して居た時、暗黒ホラー軍団からの招聘に応じてダブルイーグルを建造し、大空魔竜への復讐に利用する。プライドが高く四天王の命令すらはねつけ、捕縛したサンシローを解放して大空魔竜と正々堂々の勝負を挑む。妻子を見捨てた町をダブルイーグルの破壊光線で完全に焼き尽くし、大空魔竜、ガイキングを追い詰めるが、宇宙空間で流星群に巻き込まれ、動力回路を破壊され防御力の弱さを露呈する。意識を失っていたサンシローの脇で流れていたオルゴールの音色に妻子への捨てがたい思いを募らせ、大文字博士の説得に応じず死を覚悟で攻撃をしかけた末、大空魔竜のミラクルドリルで倒される。
ポー
声- 八奈見乗児
第32話に登場。宇宙幽霊船の船長。宇宙の星々を渡り怪獣の生け捕りを生業としていたが、アルファケンタウリの惑星で怪魚(正体は暗黒怪獣白鯨)との戦いに負け左足を失い、船もボロボロに損傷し、幽霊船のようになってしまった。ダリウスに大空魔竜を生け捕りにすれば船の修理代を支払うと持ちかけられ、地球にやって来た。慣れぬ地球での操船を誤りハチローが乗船していた客船と衝突してしまい、ハチローを救助する。隻眼片足のいかつい外見に似合わず子供好きな好人物。船内にハチローが居る為手出し出来ない大空魔竜を捕獲しようとするが、戦況有利と見た四天王が約束を反故にしてデスクロス現象で幽霊船を破壊されてしまうが、ハチローと共にネッサーで救助される。ダリウスに騙されたと知り、暗黒怪獣白鯨撃滅の指揮を任される。戦いの後、大空魔竜で宇宙まで送り届けられる。
ワイルダー
声- 渡部猛
第34話に登場。宇宙の一匹狼の略奪者で、ダリウスすら手を焼く存在。大空魔竜討伐に利用する為、四天王ですら敬語で接して招聘した。ダリウスの饗応で用意された料理をひっくり返すなど、やりたい放題の振る舞いに及んだが、資源豊かな地球に興味を持ち、思うままの資源略奪後立ち去る事を条件に大空魔竜を倒す役目を引き受ける。地球を見るなり気に入り、ダリウスとの約束を反故にして居つくつもりで居た。猛牛型のロボット兵器ブラッドバッファローで大空魔竜に襲い掛かり大空魔竜とガイキングをサルガッソーに落とすが、止めを刺せというダリウスの要請を無視して地球略奪に向かってしまう。その間に大空魔竜とガイキングがスクリュー回転で脱出してしまい、戻ってきた所を大空魔竜とガイキングの合体技、火車カッターで粉砕破壊される。
大西
声 -井上和彦
第35話に登場。レッドサンの投手でサンシローが抜けた後のエースピッチャー。成績が低迷していた為、名村監督がサンシローをレッドサンに復帰させるとライバル心から奮起して成績を上げる。優勝決定戦前夜、サンシローから消える魔球の伝授を受け、試合当日見事に魔球を再現する。巨人の王はなおも目を閉じた一本足打法で魔球をヒットされるが、辛くも外野手のファインプレーで討ち取られレッドサンは優勝をものにする。
ユカ
声- 川島千代子
第36話に登場。鬣から火を放つ獅子、ゴールデンレオに乗るアフリカ、出身の美少女。フランス、パリの大学に留学する程の才媛だったが、文明人が自然破壊や野生動物の乱獲を招き、自分達の部族を奥地に追いやった原因と憎むようになり、かつてチタウニ帝国が栄えた地で自然や動物を守護する女王として祭り上げられるようになる。精神を徐々に狂わせる草の毒で呪術師に操られていたが、香港出身のファン・リーに麻薬の一種と見抜かれ、解毒剤を投与され正常な理性を取り戻す。
呪術師
声- 津田延代
第36話に登場。アフリカの奥地でチタウニ族の神託を司る老巫女。ゴールデンレオを調査に来た大空魔竜チームを火あぶりにせよとユカに告げ皆殺しにしようとする。正体はデスクロス騎士(声- 徳丸完)で、ゴールデンレオに1万人目の生贄として自らを喰わせて暗黒怪獣ゴールデンレオとして復活させる。
チャン・メイ
声- 若本規夫
第39話に登場。泣き虫で不良少年だったファン・リーの弟分。キックボクシング界で"神の手"を持つと呼ばれ、必殺の流星パンチで201連勝150KOと無敗のチャンピオンになっていた。だが"神の手"はデスクロス騎士チン(声- 肝付兼太)から授かったサイボーグ手術によるもので、チャンピオンの座を失う事を恐れ、良心の呵責を感じながらも大空魔竜の秘密基地を突き止める目的で発信機付きのトロフィーをファン・リーに渡してしまう。チンの指示で大空魔竜に潜入し排水ポンプを爆弾で破壊する。全ての罪を被って自分を庇うファン・リーの姿を見て"神の手"でファン・リーを殺せというチンの命令に逆らい、暗黒鳥人に襲い掛かった為、チンに射殺される。
エメルダ
声- 増山江威子
第40話に登場。地球の半分程度の惑星、エメラルド星の王女。エメラルド星は毒ガス星雲の侵食により絶滅の危機にあり、大空魔竜を倒せばデスクロス現象で毒ガス星雲を吹き飛ばすというダリウスの約束に従い地球にやって来る。エメラルド星で唯一の円盤兵器、エメラルドの薔薇でガイキングを易々と捕獲しサンシローのみを連れ去った。サンシローを殺すつもりで近付いたが、彼の優しさにほだされてしまい、どうしても殺す事が出来なくなる。共に大空魔竜と戦って欲しいとの申し出をサンシローに拒絶され、彼と戦う決意をする。圧倒的な戦力で大空魔竜を大破させるが、毒ガス星雲の正体が暗黒ホラー軍団の暗黒怪獣ガスロイドで、既にエメラルド星はデスクロス現象で破壊されていた事を知り、死を覚悟でサンシローに全エネルギーを渡して150倍に強化されたザウルカイザーでガスロイドを破壊させる。
ジミー
声 -井上和彦
第42話に登場。スコットランドのネス湖のほとりの屋敷に暮らす少年。病気の為、足が不自由で車椅子に座りながらネッシーの出現を毎日観察していた。ついにある晩、ネッシーの姿を発見したが家族に信じてもらえなかった為、大空魔竜に調査要請の手紙を書く。
カレン
声- 中谷ゆみ
第42話に登場。ジミーの姉。ネッシーを見たというジミーの言葉を信じず、暗黒怪獣ネッシーの姿を見て考えを改める。

登場メカ[編集]

大空魔竜
大空魔竜隊(コンバットフォース)の中心となる恐竜型移動要塞。空陸移動のほか潜水も可能。全長400メートル、重量3万8千トン。脚は2本で、化石をイメージした骸骨状の頭部には巨大な双角がある。乗組員は総司令の大文字博士と各搭載機のパイロットを含めて68名で長期運航も可能で居住するためのクルーの部屋もある。主力武装(ザウルガイザー、ハイドロブレイザーなど)が集中する頭部はガイキングのメインボディとなり、ガイキング発進後は戦闘能力が低下するため、首と尾を巻き込んだボリューションプロテクト(渦巻き防御形態)をとる。ここから全身が光波バリアに包まれ、高速で前方へ回転しつつ突撃する必殺技「絶叫コースターアタック」を展開する。
番組終盤においては火力増強用のヴォーグアイを装着。ドラゴンカッターミラクルドリルビッグホーンジャイアントカッターなどを装備。正面に大型、後部に小型のミサイルも備えている。尾部にはサブ・コクピットがあり機銃も装備されている。
31話に登場する暗黒怪獣「ダブルイーグル」は、元は地球防衛兵器の制式採用の座を大空魔竜と争い、その強大すぎる破壊力が忌避されて敗れた機体である。
ガイキング
パート3(大空魔竜の頭部)とパート1(上半身)、パート2(下半身)が合体して完成する戦闘用巨大ロボ。身長50メートル、重量220トン。頭部には大型の角をそなえており、胴体は大空魔竜の頭部そのもの。パート3の搭載武器の多くは大空魔竜の状態でも使用可能である。パワー設定は不明であるがガイキング単機で大空魔竜を運ぶ程の力を有している。大空魔竜や全ての味方機を含めゾルマニウム合金製。パイロットはサンシロー。多彩な兵器を内蔵するものの、決め手となる必殺技がある訳ではなく、強力な敵に苦戦する場面もしばしばあった。
初期武装
キラーバイト
腹部の大空魔竜の「顎」で噛み砕く。
デスパーサイト
ガイキングの目から発射される破壊光線。
パライザー
敵にガイキングの角を突き刺し放電する。OPで登場しているが、本編での使用は少ない。
カウンターパンチ
いわゆるロケットパンチ。繋ぎの武器として使用されることが多い。
ハンドミサイル
小型ミサイルで威力は差ほどない。
カウンタークロス
膝部に装備されている十字型の手裏剣。刃物としてもブーメランとしても使用出来る。液状ゾルマニウム鋼としてスペアが脚に内蔵されている。
バックシュレッダー
主翼の間、ガイキングの背中の中心線に展開するのこぎり状の歯。敵を分断はできないものの傷を負わせることができる。
本物のガイキングよりも、暗黒怪獣ガンタロスの実戦テスト用イミテーションガイキングの方が先に使用している。
ザウルガイザー
腹部の大空魔竜の左右の目から発射される破壊光線。ストライプさせ一本の光線として発射させる。ハイドロブレイザーと並んで威力が高い武器。
ハイドロブレイザー
本作通しての使用頻度が多い必殺武器。腹部の大空魔竜の鼻にあたる部分から高熱球体を作り出す。直接発射される場合もあるが元プロ野球投手だったサンシローの動きとトレースし魔球として投げ付ける事も出来る。強化ガイキングになってからも使用頻度は多い。
ミラクルドリル
追加武装に入るがミラクルドリルを両手に装備する事が出来る。一種のドリルミサイル。大空魔竜の同名武器と形状は同じだがサイズが異なる。
強化ガイキング(フェイス・オープン)
暗黒怪獣ムーンコンドルとの戦いで大破した後、大幅な改修を加えられて復活したガイキング。四肢が太くなり、マスク部のスリットが削除、両眼に縦縞のパターンが付加されている。最大の特徴は「フェイス・オープン」の掛け声で頭部アーマーを弾き飛ばし出現する超兵器ヘッドである。悪玉然としたデザインもさることながら多数の追加兵装がなされている。従来通りデスパーサイトも使用可能。
アブショックライト
発光武器で所謂目暗まし。
ガイキングミサイル
ハンドミサイルの威力を上回る小型核ミサイルで連射可能。
デスアイ
剥き出しになったコクピット下部から打ち出される破壊光線。ザウルガイザーを上回る。
デスファイヤー
ガイキング最大の威力を誇る兵器。高熱火炎で温度はハイドロブレイザーをも上回るが決め手に成る事は少なかった。大空魔竜の首部、尾部にドッキングし火車カッターという荒技を見せた事もあった。
他にも大空魔竜とのコンビネーションによるジャイアントカッター・逆さ斬りなどがあったが何れも大空魔竜の故障による偶発的な技であった。
ミラクルドリル
強化ガイキングは腕部が太くなったため、ミラクルドリルはガイキング専用のものではなく大空魔竜用のものを共用で装着できると設定された。アニメ本編では強化ガイキングがミラクルドリルを使用する場面はなかったが、バンダイの玩具「超合金魂 GX-05 大空魔竜ガイキング」ではこの機構が再現されている(ドリル本体は3分割されており、ガイキングが装着する際は最後部の3段目がオミットされる)。
スカイラー
翼竜型戦闘メカ。全長25メートル。リーが搭乗。ミサイルとビーム砲を装備。空戦での支援として活躍も多い。
ネッサー
魚竜型戦闘メカと呼称されているが、実際の形態は首長竜もしくはカミナリ竜である。名前の由来はネッシーからで容姿も酷似している。全長25メートル。ブンタが搭乗。単機で暗黒怪獣を撃破した事もある。ミサイルとビーム砲に加えてネッサーファイヤーなる火炎も備えている。飛行も可能。
バゾラー
角竜型戦闘メカ。全長20メートル。ヤマガタケが搭乗。バゾラー砲を装備。
暗黒怪獣
暗黒ホラー軍団が地球侵略の為送り込む巨大戦闘メカで、そのほとんどは動物型。ガイキングよりも大きく、むしろ大空魔竜と同程度のサイズである。
グロテクター
デスクロス四天王が乗り込む戦闘用宇宙船(各四天王1人に1機ずつ、計4機)。全長420メートル。4機が十字型に並ぶことで(デスクロス・フォーメーション)マイクロブラックホール(デスクロス現象)を発生させる事ができる。また同様にブラックホール現象を応用して、6000光年離れたゼーラ星と地球を瞬時に往復できる。深海魚のようなデザインで四天王毎に機体色が異なる(デスモントは紫、ダンケルは青、アシモフは緑、キラーは茶)主題歌の歌詞では「グロテスター」となっている。
単体での武装は第3話で暗黒怪獣ガンタロールを一撃で破壊した破壊光線だが、これはこの回でしか使用されておらず、以後は戦闘に参加はしていない。4機とも最終決戦には使用されておらず、破壊されずに残っている可能性が高い。

スタッフ[編集]

音楽[編集]

菊池俊輔が全ての主題歌・挿入歌およびBGMの作曲・編曲を行った。

挿入歌の初出音盤は「テレビまんがアイドルデラックス 4」というLP(日本コロムビアから1976年に発売)である[4]

「出撃だ! 大空魔竜」を除く全曲のインストゥルメンタル版が「ETERNAL EDITION 2006 大空魔竜ガイキング」(COCX-33743~4、2006年発売)に収録されている。

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「大空魔竜ガイキング」
作詞 - 保富康午 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさおコロムビアゆりかご会
エンディングテーマ - 「星空のガイキング」
作詞 - 保富康午 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお

挿入歌・イメージソング[編集]

「ガイキングはおれだ」
作詞 - 保富康午 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお
「出撃だ! 大空魔竜」
作詞 - 田村多津男 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお、コロムビアゆりかご会
「たたかいの野に花束を」
作詞 - 保富康午 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 堀江美都子
テレビ用1コーラス版も存在する。
「たたかいのバラード」
作詞 - 保富康午 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお
「大空魔竜ガイキング」(英語版)
作詞 - 保富康午 / 訳詞 - Donald P. Berger / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお
テレビサイズも作られた。
「星空のガイキング」(英語版)
作詞 - 保富康午 / 訳詞 - Donald P. Berger / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお
テレビサイズも作られた。
「THE COURAGE OF BATTLE」(「たたかいのバラード」英語版)
作詞 - 保富康午 / 訳詞 - Donald P. Berger / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお
「THE COURAGE OF BATTLE」の初出は、番組終了後に発売された「ささきいさお 英語盤/アニメヒットを歌う」である。

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 登場暗黒怪獣
1 1976年
4月1日
謎のブラックホール 高久進 勝間田具治 白土武 ブラックモンスター
2 4月8日 みたか必殺魔球 上原正三 生頼昭憲 谷口守泰
3 4月15日 ダリウス大帝の謎 山崎晴哉 小湊洋市 福田皖 ガンタロール
4 4月22日 光る目のハニワ 上原正三 白土武 内山正幸 ファイヤーバード
5 4月29日 男一匹ヤマガタケ 吉川惣司 生頼昭憲 野田卓雄 バラゴス
6 5月6日 よみがえったムー帝国 上原正三 井内秀治 白土武 キングスネーク
ラ・ムー
7 5月13日 恐怖の逆デスクロス 山崎晴哉 落合正宗 シャークロン
8 5月20日 発狂した大空魔竜 高久進
山本優
勝間田具治 谷口守泰 オクトポザウル
9 5月27日 ナスカ地上絵の謎 高久進 白土武 内山正幸 ジャガー
猿型暗黒怪獣
昆虫型暗黒怪獣
鳥型暗黒怪獣
トカゲ型暗黒怪獣
10 6月3日 スカイラー 死へのジャンプ 山崎晴哉 生頼昭憲 野田卓雄 ドーン・ライフーン
11 6月10日 泣くなハチロー 高屋敷英夫 杉野昭夫 大空魔竜2号
12 6月17日 応答せよ! ミドリ 吉川惣司 小湊洋市 落合正宗 ギガント
13 6月24日 砂漠に吠える赤サソリ 上原正三 白土武 サソリンガー
砂漠の魔王
14 7月1日 大空魔竜の逆襲
15 7月8日 これぞミラクルドリル!! 吉川惣司 山吉康夫 谷口守泰 ガンタロス
16 7月15日 ミドリ 永遠の別れ 山崎晴哉 勝間田具治 白土武 アイスキラー
17 7月22日 吠えろネッサー 大海中戦 高久進
新井光
生頼昭憲 野田卓雄 アンギョラー
18 7月29日 宇宙船ノアの方舟 上原正三 高屋敷英夫 杉野昭夫 マンモスノア
19 8月5日 弟よ・明日に歌え! 山崎晴哉 山吉康夫 谷口守泰 カイコーン
20 8月12日 地獄戦士の復しゅう 吉川惣司 岡崎邦彦 白土武 ケロガー
21 8月19日 涙のデビルジャガー 山崎晴哉 生頼昭憲 野田卓雄 デビルジャガー
22 8月26日 地底王国の謎 上原正三 山吉康夫 白土武 カブトンガー
ムーンコンドル
23 9月2日 地獄の月世界 井内秀治 落合正宗 ムーンコンドル
24 9月9日 巨石(イースター)島の守り神 生頼昭憲 谷口守泰 オロンガー
25 9月16日 地のはての死闘 山崎晴哉 井内秀治 白土武 ザ・ゴキブラー
26 9月23日 宇宙をかける天馬 吉川惣司 勝間田具治 野田卓雄 ゴルゴーン
27 9月30日 南十字星に誓う 山崎晴哉 芹川有吾 落合正宗 ヤドカリー
28 10月7日 宇宙にとどけ ゼウスミサイル 吉川惣司 山吉康夫 谷口守泰 スパイダロス
29 10月14日 晴れ姿 ヤマガタケ土俵入り 山崎晴哉 岡崎邦彦 加藤政志 ニオコーン
30 10月21日 密林の大恐竜 上原正三 井内秀治 白土武 ザウルモンス
31 10月28日 復しゅうのダブルイーグル 山崎晴哉 生頼昭憲 野田卓雄 ダブルイーグル
32 11月4日 宇宙から来た幽霊船 吉川惣司 芹川有吾 白土武 白鯨
33 11月11日 大魔人ヒミラー出現 上原正三 山吉康夫 落合正宗 暗黒魔人ヒミラー
34 11月18日 猛烈火車カッター 山崎晴哉 生頼昭憲 金田伊功 ブラッドバッファロー
35 11月25日 さらば栄光のマウンド 勝間田具治 白土武 サタンアント
36 12月2日 燃えよ! ゴールデンレオ 井内秀治 ゴールデンレオ
37 12月9日 占領された大空魔竜 上原正三 芹川有吾 青鉢芳信 イノダラー
38 12月16日 緊急発進! エベレストに向え 吉川惣司 明比正行 白土武 モール
39 12月23日 嵐を呼ぶ神の手 上原正三 山吉康夫 谷口守泰 タコマンダー
40 12月30日 バラの宇宙船 吉川惣司 芹川有吾 青鉢芳信 ガスロイド
41 1977年
1月6日
ジャイアントカッター逆さ斬り 山崎晴哉 生頼昭憲 野田卓雄 キングコブラ
42 1月13日 ネス湖の大恐竜 上原正三 山吉康夫 木下勇喜 ネッシーQ
43 1月20日 まぼろしの火星城 生頼昭憲 白土武 カマキリン
ガニモンス
ドラゴンダー
44 1月27日 壮烈! 地球大決戦 金田伊功 ガニモンス
ドラゴンダー
ダリウス
四天王

関連作品[編集]

ゲーム[編集]

備考[編集]

  • 初回放映時、第14話のオープニングで、音声のみが早送りになるトラブルがあった。(映像は通常のスピード)

映像ソフト化[編集]

  • 1987年2月10日にビデオ(VHS、セル・レンタル共通)が東映ビデオよりリリースされた。第1話・第2話・第8話を収録。
  • 1995年8月21日から1996年6月21日にかけてLDが東映ビデオより発売された。全6巻の各2枚組で各巻8話(Vol.6のみ1枚・4話)収録。
  • 2006年6月21日にDVD-BOXが東映ビデオより発売された。
  • 2009年11月21日から2010年2月21日にかけて単巻のDVDが東映ビデオより発売された。全4巻の各2枚組(Vol.4のみ1枚)で各巻12話(Vol.3は13話、Vol.4は7話)収録。

脚注[編集]

  1. ^ 「懐かしのTVアニメ99の謎」より。
  2. ^ リメイク作品『ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYUホームページ・「情熱大陸日誌」における、シリーズ構成担当・三条陸による2006年8月8日付コメントに依拠
  3. ^ 『キャラクターメイキングの黄金則』(著:金子満、近藤邦雄、発売:株式会社ボーンデジタル)20頁
  4. ^ 同LPには本作と『宇宙鉄人キョーダイン』の歌が各6曲(OP+ED+新録音の挿入歌4曲)、合計12曲が収録され、そのうちの10曲をささきいさおが歌った。
  5. ^ 五十嵐浩司 「石ノ森章太郎を継ぐ者 仮面ライダーマンガ家列伝 第6回 尾瀬あきら」『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.4 ライダーマン』 講談社2004年9月24日、30頁。ISBN 4-06-367091-0
  6. ^ アニメ各社、海外に活路、東映アニメは欧米で3DアニメニュースJapanimate.com 2010年3月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 木曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
大空魔竜ガイキング