ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラゴンボール > ドラゴンボールZ > ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空
ドラゴンボールZ
超サイヤ人だ孫悟空
監督 橋本光夫
脚本 小山高生
原作 鳥山明
製作総指揮 今田智憲、小島民雄
出演者 野沢雅子
古川登志夫
田中真弓
鶴ひろみ
渡辺菜生子
龍田直樹
宮内幸平
屋良有作ほか
音楽 菊池俊輔
主題歌 CHA-LA HEAD-CHA-LA」(影山ヒロノブ
編集 福光伸一
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗1991年3月9日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦
次作 ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』(ドラゴンボールゼット スーパーサイヤじんだそんごくう)は、1991年3月9日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作第7弾である。監督は橋本光夫

春休みの東映アニメフェアの1作品として上映された。同時上映作は『まじかる☆タルるートくん』。

概説[編集]

邦画配給収入13億円、観客動員数360万人[1]。1996年初頭時点におけるビデオ販売本数は4万2千本[1]。本作から映画館で限定のジャンボカードダスが配布されるようになった。

『ドラゴンボール大全集』には「悟空がまだ超サイヤ人になっていない点から、フリーザ最終対決より前の物語。ただし、この時期は悟空たちはナメック星での闘いの真最中。これも劇場版ならではの矛盾だろう」と書かれている[2]

作中に流れた悟飯の口笛は口笛奏者・上柴はじめによるものであり、映画を観終わって劇場から出てきた子供たちが真似したというエピソードがある[3]。この悟飯が口笛を吹くシーンは原作者の鳥山明のアイデアによるもの[4]。なおタイトルに『超サイヤ人だ孫悟空』と銘打ってはいるが、実際に劇中で悟空が超サイヤ人化することはない。劇場版で悟空が超サイヤ人になるのは次作『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』から。なぜこのような結果になったのかはサイヤ人#擬似超サイヤ人を参照。

チチの声優は荘真由美が妊娠と出産後の育児休業のため、この作品から 渡辺菜生子に変更された。

あらすじ[編集]

全宇宙を支配しようとたくらむ悪の宇宙人スラッグが、地球を最新型惑星クルーザーとして使用するために襲来。

太陽の光を直接浴びると1時間も生きていられない種族であるスラッグ軍団の魔族は、手始めに地球の太陽光線を遮断する。悟空たちはスラッグの野望を阻止しようと闘うが、スラッグの強さはあのフリーザや超サイヤ人をも上回るかもしれないという。悟空たちとスラッグ軍団との戦いが始まる。

ゲストキャラクター[編集]

スラッグ 
悪の超ナメック星人。過去にナメック星が危機に瀕した際に、スラッグ星に脱出することで生き延びた。名前も移住先のスラッグ星からとったものである。ナメック星人では極めて稀な悪の心しか持たずにそのまま成長した突然変異体。戦士タイプであり[5]、界王からは「フリーザや超サイヤ人ですら敵わないかもしれない」と称される強さをもつ。気に障る発言をしたり、思い通りに成果を上げない部下は即処刑するなど、非常に短気で残忍な性格。左まぶたに傷があるのが特徴。
これまで銀河のあちこちを侵略していたが、さらに手を広めるため地球を拠点としてするべく来襲。地球そのものを惑星クルーザーにするために侵略を開始。魔族は光に弱いため太陽を忌み嫌っており、地球を装置から発する分厚い雲で覆い、太陽光を遮り寒冷化させた。
その後、侵略に抵抗する悟飯の帽子に付いていた四星球を見てドラゴンボールの存在を知り、いとも簡単にドラゴンボールを部下たちに集めさせ、永遠の若さを手に入れる。若返ったスラッグは強大なパワーで悟空を圧倒し、巨大化や腕を伸ばす攻撃で大いに苦しめた。しかし、同じナメック星人であるピッコロが自身の弱点でもある口笛を悟飯に吹かせたことで悶絶。その間にピッコロからエネルギーを分け与えられたことでパワーアップして復活した悟空の、ピッコロの気と界王拳による二重パワーで胴体を貫かれる。最後は元の体格に戻り腕を伸ばして襲い掛かるも、太陽から元気を集めた元気玉で迎え撃たれ、装置もろとも消し飛ばされた。
「ナメック星人は口笛が弱点」という設定は、原作には登場せず、原作者の鳥山明が本作のために提案したアイデアである。名前の由来はナメクジの英訳スラッグ[6]
スラッグの手下たち
パンフレットによるとスラッグ星の原住民とされている。いずれも太陽光線に弱いため、当初はヘルメットとプロテクターを着用。メダマッチャいわく「太陽の光を直接浴びては一時間も生きていけない種族」とのこと。名前の由来は4人の最初の2文字と星雲をもじってアンドロメダ星雲から[6]
アンギラ
美形の戦士。最初はブルマを相手に丁寧語で接し「何もしなければ危害は加えない」と紳士的な対応をした。しかしドロダボが倒されたのを知ると苛立ちを見せ、一人称が「私」から「俺」に変わり、言葉遣いも荒くなる。
地中に潜ったり、腕を伸すなど相手の不意を付く攻撃が得意。悟空を相手に口からエネルギー弾を出すが、エネルギー弾を口内に押し返され死亡した。
ドロダボ
背中に翼がある巨漢。語尾に「ダボ」と付けて喋る。その巨体に似合わないスピードでピッコロに挑むもまるで歯が立たず、追い詰められ不意打ちを狙うがあっさり見抜かれてしまう。最後は媚びて手を組まないかと申し出るが、頭をエネルギー波で吹き飛ばされ死亡した。
本作でのドロダボの声は郷里大輔が務めていたが、トレーディングカードアーケードゲーム『ドラゴンボールヒーローズ』と以降の作品では宝亀克寿が担当している。
メダマッチャ
小柄な体にエネルギー弾の連射が得意な魔族戦士。「ケケッ」と笑うのが口癖。自分の体から分身のコメダマッチャを生み出し、パワーを吸い取る技を使う。悟飯を大いに苦しめ、そのままアンギラとのコンビネーションでピッコロも倒した。直後に現れた悟空のパワーも吸収しようと襲い掛かるが全く効かず、拳による一撃で倒された。
ゼエウン
手下たちの中では最も巨漢で、凶暴な性格の戦士。登場した直後、うっかり「スラッグ様ももうお歳だ」と口を滑らせたことで、実力を披露することなくスラッグに処刑された。
本作でのゼエウンの声は戸谷公次が務めていたが、トレーディングカードアーケードゲーム『ドラゴンボールヒーローズ』と以降の作品では桐本琢也が担当している。
カクージャ&ギョーシュ
スラッグ軍団の技術者たち。いずれも同じような容姿をしている。地球を惑星クルーザーに改造することに着手し、ギョーシュは改造に必要な日数が10日と言ったことがスラッグの気に障って抹殺されるが、カクージャは怯えながらも3日と答えたことで何とか助かっている。最後はスラッグと悟空の戦いによって宇宙船ごと巻き添えを受けた。
カクージャの名前の由来は学者から[6]
一般兵
全員魔族。手から気功波を撃って地球人を攻撃するが、チチのキックで倒されるなど、実力は総じて低め。アンギラたち幹部が倒されたことで宇宙船に逃げ帰るが、直後スラッグによって処刑された。船内にいた生き残りもスラッグの巨体に宇宙船ごと押し潰された。
ハイヤードラゴン
前作『ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦』で助けられ、悟飯に懐いている小型のドラゴン。悟飯の口笛にあわせて踊った。これがスラッグ戦の突破口を切り開くこととなった。
詳細はハイヤードラゴンを参照

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「CHA-LA HEAD-CHA-LA
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 清岡千穂 / 編曲 - 山本健司 / - 影山ヒロノブ
エンディングテーマ - 「「ヤ」なことには元気玉!!」
作詞 - 佐藤大 / 作曲 - 清岡千穂 / 編曲 - 山本健司 / 歌 - 影山ヒロノブ
INテーマ - 「口笛の気持ち」
作詞 - 佐藤大 / 作曲 - 池毅 / 編曲 - 山本健司 / 歌 - 上柴はじめ

映像ソフト[編集]

いずれも東映ビデオより発売。

  • VHS
1991年11月8日に発売。
  • DVD
    • DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES
      2006年4月14日発売。
    • DRAGON BALL THE MOVIES #04 ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空
      2008年10月10日発売。

関連書籍[編集]

  • ジャンプ・アニメコミックス ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空 - 集英社、1994年3月23日、ISBN 4-8342-1191-6

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『予約特典・ドラゴンボール最強への道・劇場版ご近所物語A5サイズ前売特典冊子』8頁。
  2. ^ 渡辺彰則編「DBZ THE MOVIE BATTLE STORIES No.4『超サイヤ人だ孫悟空』」『ドラゴンボール大全集6巻』集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、70頁。
  3. ^ 渡辺彰則編「'92memorial」『ドラゴンボール大全集6巻』86頁。
  4. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集『DRAGON BALL Z アニメ・スペシャルII』98頁。
  5. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山明アニメデザイン集」『テレビアニメ完全カイド DRAGONBALL Z 孫悟空伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2003年10月8日、ISBN 4-08-873546-3、139頁。
  6. ^ a b c 渡辺彰則編 「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART2・TVスペシャル&劇場版編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、68頁。

関連項目[編集]

ドラゴンボールの映画・イベント用アニメ
通番 題名 公開時期
第1作 神龍の伝説 1986年 グルメス王一味
第2作 魔神城のねむり姫 1987年 ルシフェル一味
第3作 摩訶不思議大冒険 1988年 鶴仙人・桃白白兄弟
第4作 オラの悟飯をかえせッ!! 1989年 ガーリックJr.一味
第5作 この世で一番強いヤツ 1990年 Dr.ウィロー一味
第6作 地球まるごと超決戦 1990年夏 ターレス一味
第7作 超サイヤ人だ孫悟空 1991年 スラッグ一味
第8作 とびっきりの最強対最強 1991年夏 クウラ一味
第9作 激突!!100億パワーの戦士たち 1992年 メタルクウラ
第10作 極限バトル!!三大超サイヤ人 1992年夏 人造人間13号、14号、15号
第11作 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 1993年春 ブロリー
第12作 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 1993年夏 ボージャック一味
第13作 危険なふたり!超戦士はねむれない 1994年 復活ブロリー
第14作 超戦士撃破!!勝つのはオレだ 1994年夏 バイオブロリー
第15作 復活のフュージョン!!悟空とベジータ 1995年 ジャネンバ
第16作 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる 1995年夏 ヒルデガーン
第17作 最強への道 1996年 レッドリボン軍
JF08 オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!! 2008年 アボとカド
実写 EVOLUTION 2009年 ピッコロ大魔王
JF12 エピソード オブ バーダック 2011年 チルド一味
第18作 神と神 2013年 ビルス
第19作 復活の「F」 2015年 フリーザ一味