ドラゴンボールのゲームオリジナルの登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ドラゴンボール > ドラゴンボールの登場人物 > ドラゴンボールのゲームオリジナルの登場人物

ドラゴンボールのゲームオリジナルの登場人物では、鳥山明原作の『ドラゴンボール』のゲームに登場する架空の人物について紹介する。

原作漫画『ドラゴンボール』に登場する人物に関しては、「ドラゴンボールの登場人物」を参照。また『ドラゴンボール』のアニメ版のみに登場する人物に関しては、「ドラゴンボールのアニメオリジナルの登場人物」を参照。ゲームオリジナルキャラクターが他のゲームに登場した場合の記述は、基本的にリンク先を参照。

目次

ドラゴンボール 神龍の謎[編集]

  • クリリアン[注 1] - 宇宙一の殺し屋。
  • バブラー
  • ジャングル王ビンボ
  • M・B軍将軍[注 1]
  • コンペイ塔のロボット

ドラゴンボール マッスルタワーの闘い[編集]

ドラゴンボール 大魔王復活[編集]

#既存のキャラクターの色違い」も参照。

ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人[編集]

#既存のキャラクターの色違い」も参照。

ドラゴンボールZII 激神フリーザ!![編集]

#既存のキャラクターの色違い」も参照。

ファミコンジャンプII 最強の7人[編集]

  • 偽カリン

#既存のキャラクターの色違い」も参照。

ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説[編集]

味方キャラクター
敵キャラクター

#既存のキャラクターの色違い」も参照。

ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間[編集]

#既存のキャラクターの色違い」も参照。

ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画[編集]

敵キャラクター
その他のキャラクター
  • パイレ人
  • 宇宙海賊
  • オウター人
  • 海の主

#既存のキャラクターの色違い」「#複数作品登場キャラクター」も参照。

ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画[編集]

敵キャラクター[注 8]
その他のキャラクター
  • 守護神
  • 海の底の怪物
  • 妖精
  • ガラクタ商人

#既存のキャラクターの色違い」「#複数作品登場キャラクター」も参照。

ドラゴンボールZ 超悟空伝 -突激編-[編集]

ドラゴンボールZ 悟空激闘伝[編集]

#既存のキャラクターの色違い」も参照。

ドラゴンボールZ V.R.V.S[編集]

元々は週刊少年ジャンプ創刊25周年記念イベント「ジャンプマルチワールド」のために作られたゲームであり、後にアーケードゲーム化した。

#複数作品登場キャラクター」も参照

ドラゴンボールZ2 (プレイステーション2)[編集]

#既存のキャラクターのゲームオリジナル形態」も参照

ドラゴンボール アドバンスアドベンチャー[編集]

#既存のキャラクターの色違い」も参照。

ドラゴンボール RPG[編集]

2007年10月15日にサービスが開始された『ドラゴンボールモバイル』[1]内で配信されていたゲーム『ドラゴンボール RPG[2]、『超ドラゴンボール RPG[3]、『ドラゴンボールウォーズ』[4]には、原作に登場したキャラクターの色違いオリジナルキャラクターが多数登場している。現在はドラゴンボールモバイルのサービスが終了しているためプレイできない。

雑魚敵キャラクター

#既存のキャラクターの色違い」も参照。

ドラゴンボール改 サイヤ人来襲[編集]

雑魚敵キャラクター
ボス敵キャラクター
  • パオパオ
  • じゃあくな炎
  • 八卦炉の炎
  • 魔の炎
  • ドンギラス
  • 泉の魔人
  • 泉の守り人
  • ミドギラス
  • サンドイーグル
  • 発くつロボット改
  • TPP-EX - 鶴仙人が桃白白の戦闘データを分析して作ったスーパーロボット。
その他のキャラクター

#既存のキャラクターの色違い」も参照。

ドラゴンボールオンライン[編集]

原作者の鳥山明が全面監修の下、日韓共同製作で開発されたオンラインMMORPG。2009年9月から韓国版、台湾版、香港版、中国版が順次サービス開始されたが、2013年10月に全サービスが終了した。日本版のサービス開始は行われなかったが、本作の設定やキャラクターは家庭用ゲーム『ドラゴンボール ゼノバース』シリーズにて再使用されている。

敵キャラクター
その他のキャラクター
  • 時の界王[5]
  • ビイ - 魔人ブウ編に登場する盲目の少年[注 2]
  • ヤードラット星人[注 10][5]
  • ミセス・ブウ(ミス・ブウ)
  • ベビー・ブウ(赤ちゃんブウ)
  • ミニスター・ブウ
  • カプセルコーポレーションの研究員・ガイ
  • ヒョロロット[6]
  • ジベータ[7]

#アバター」「#既存のキャラクターのゲームオリジナル形態」「#複数作品登場キャラクター」も参照

ドラゴンボール アルティメットブラスト[編集]

#アバター」を参照

ドラゴンボールヒーローズ[編集]

#アバター」「#既存のキャラクターのゲームオリジナル形態」「#複数作品登場キャラクター」も参照

ドラゴンボールZ ドッカンバトル[編集]

#既存のキャラクターのゲームオリジナル形態」「#複数作品登場キャラクター」を参照

ドラゴンボール ゼノバース[編集]

#アバター」「#既存のキャラクターの色違い」「#既存のキャラクターのゲームオリジナル形態」「#複数作品登場キャラクター」も参照

ICカードダス ドラゴンボール[編集]

#既存のキャラクターのゲームオリジナル形態」も参照

ドラゴンボールフュージョンズ[編集]

#アバター」「#既存のキャラクターのゲームオリジナル形態」「#複数作品登場キャラクター」も参照

ドラゴンボール ゼノバース2[編集]

#アバター」「#既存のキャラクターのゲームオリジナル形態」「#複数作品登場キャラクター」も参照

スーパードラゴンボールヒーローズ[編集]

#アバター」「#既存のキャラクターのゲームオリジナル形態」「#複数作品登場キャラクター」も参照

ドラゴンボール ファイターズ[編集]

ドラゴンボール レジェンズ[編集]

  • シャロット[9]
  • ザッハ
  • フードの男

複数作品登場キャラクター[編集]

サイヤ人関係者[編集]

原作に登場するサイヤ人については、サイヤ人を参照。

サイバイキング
見た目はサイバイマンに似ているが角があり、マントを着ている。
キャラクターの名称 配色 登場作品 備考
サイバイキング 肌が黄緑色
マントが朱色
ドラゴンボールフュージョンズ

ツフル人関係者[編集]

原作に登場するツフル人については、ツフル人を参照。

ゴッドガードン
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
ゴッドガードン ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画
ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -宇宙編-
ドクター・ライチー(ゴーストライチー)
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
Dr.ライチー(ドクター・ライチー) ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画
ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画
ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
ハッチヒャック
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
ハッチヒャック ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画
ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -宇宙編-
ドラゴンボール レイジングブラスト2
ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
[注 7]

界王関係者[編集]

原作に登場する界王関係者については、界王を参照。

時の界王
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
時の界王[5] ドラゴンボールオンライン
トキトキ
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
トキトキ ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
スーパードラゴンボールヒーローズ
時の界王神
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
時の界王神 ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
ドラゴンボール ゼノバース2
クロノア 7500万年前の姿 ドラゴンボールヒーローズ
時の界王神(時の力解放) 大人の姿 スーパードラゴンボールヒーローズ

人造人間関係者[編集]

原作に登場する人造人間については、人造人間 (ドラゴンボール)を参照。

人造人間9号
人造人間になったレッド総帥。顔の半分が機械になっていて以前より身体も大きくなっている。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
人造人間9号 サイボーグ化レッド総帥 ドラゴンボールオンライン
人造人間21号
人造人間16号のモデルになった人物の母親。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
人造人間21号(善) 善(人型) ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
善(魔人型) [注 14]
人造人間21号(悪)
悪(超完全体セル吸収)
人造人間33号
ドクター・ゲロのコンピュータが悪人をベースに生み出した。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
人造人間33号 ドラゴンボールフュージョンズ
人造人間44号
ドクター・ゲロのコンピュータが悪人をベースに生み出した。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
人造人間44号 ドラゴンボールフュージョンズ
人造人間55号
ドクター・ゲロのコンピュータが悪人をベースに生み出した。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
人造人間55号 ドラゴンボールフュージョンズ
人造人間76号
ドクター・ゲロのコンピュータが悪人をベースに生み出したナメック星人。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
人造人間76号 ドラゴンボールフュージョンズ
人造人間8000号
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
人造人間8000号 ドラゴンボールオンライン
人造人間8000号マーク2
人造人間8000号MX
人造人間19000号
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
人造人間19000号 ドラゴンボールオンライン
セルX
完全体のセルがさらなる収斂進化を遂げたような姿をしており、下半身が蜘蛛のような4本足になっており、腹部中央の黒い部分に「X」という白い文字が刻印されている。第1形態のセルが蜘蛛のような4本足になったモンスターや、幼体セルのようなモンスターや、セルの卵に目玉が付いたような宙に浮かぶモンスター、セルジュニアに似た戦士を生み出して、一緒に襲い掛かる。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
雑魚敵 幼体セルに似ている
茶色
ドラゴンボールオンライン
幼体セルに似ている
紫色
幼体セルに似ている
黄緑色
セルの卵に似ている
茶色
セルの卵に似ている
紫色
セルの卵に似ている
黄緑色
顔が第1形態セルに似ている
紫色
顔が第1形態セルに似ている
黄緑色と緑色
セルX 顔が完全体セルに似ている
緑色と黄緑色
ドラゴンボールオンライン [注 15]
セルX(セル:ゼノ巨大化) スーパードラゴンボールヒーローズ
セルXジュニア
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
セルXジュニア セルジュニアに似ている
緑色と黄緑色
ドラゴンボールオンライン

M・B軍関係者[編集]

クリリアン
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
クリリアン ドラゴンボール 神龍の謎 [注 1][10]
アシュラロボ
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
アシュラロボ ドラゴンボール 神龍の謎(設定画のみ) [注 1][10]
M・B軍将軍
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
M・B軍将軍 ドラゴンボール 神龍の謎 [注 1][10]

レッドパンツ軍関係者[編集]

突如として現われた謎の動物型人間集団で、全員レッドパンツを着用している。レッドリボン軍に憧れていて、少しずつ勢力を拡大しており、未来から来た侵略者たちと同盟を結んでいる。『ドラゴンボールオンライン』中に登場するレッドパンツ軍の砦には「RP」の文字が書かれている。

ボーン将軍
牛の動物型人間。胸の「RP」のマークは「レッドパンツ軍」のマーク。英語を交えて話すのが特徴。『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX』では自分にとっての理想の世界を創るため、トワに手を貸し、その歴史で自分だけの武道大会を開く。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
ボーン将軍 ドラゴンボールオンライン
ドラゴンボールヒーローズ

暗黒魔界関係者[編集]

暗黒魔界関係者の詳細や形態と登場作品。原作にも登場するダーブラなどについては、該当記事を参照。

トワ
ダーブラの妹。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
トワ ドラゴンボールオンライン
ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
ドラゴンボール ゼノバース2
暗黒トワ ドラゴンボールヒーローズ
魔神トワ スーパードラゴンボールヒーローズ [注 16]
ミラ
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
人造人間ミラ
ミラ
ドラゴンボールオンライン
ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
ドラゴンボール ゼノバース2
超ミラ ドラゴンボールヒーローズ
凶悪化[注 17]ミラ  凶悪化 ドラゴンボール ゼノバース2
極悪化[注 18]ミラ 極悪化
ミラ(最終形態)
ミラ(トワ吸収)
最終形態 ドラゴンボール ゼノバース2
スーパードラゴンボールヒーローズ
[注 11]
フュー
ドラゴンボールオンライン』の海外版設定資料集に設定画が載っているが、同ゲームには登場せず未実装である。後に『ドラゴンボール ゼノバース2』DLC「∞の歴史編パック」で初登場する。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
フュー[8] 赤ちゃん ドラゴンボールオンライン(設定画のみ) [注 13]
成年 ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「∞の歴史編パック」)
スーパードラゴンボールヒーローズ
ドミグラ
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
魔神ドミグラ ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「∞の歴史編パック」)
魔神ドミグラ(最終形態)
魔神ドミグラ(巨大化)
最終形態 ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボールヒーローズ
魔導師ドミグラ 7500万年前の姿 ドラゴンボールヒーローズ
魔神ドミグラ(魔強化形態) 魔強化形態 ドラゴンボールヒーローズ
魔界兵
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
魔界兵 スーパードラゴンボールヒーローズ
魔界兵Σ
魔界兵Ω
魔界兵Δ
金の魔界兵
死神兵
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
死神兵 スーパードラゴンボールヒーローズ
双子の魔人
トワやミラに仕えている双子の魔人。
ハルハル
シュンシュンの姉。肌の色は青紫に近い。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
ハルハル ドラゴンボールオンライン
ドラゴンボールヒーローズ
シュンシュン
ハルハルの妹。肌の色は緑に近い。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
シュンシュン ドラゴンボールオンライン
ドラゴンボールヒーローズ
サイアックマン
アックマンに似た姿の悪の戦士。トワやミラに仕えている。
ドラゴンボールオンライン』の海外版設定資料集に設定画が載っているが、同ゲームには登場せず未実装である。後に『ドラゴンボールヒーローズ』で初登場する。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
サイアックマン ドラゴンボールオンライン(設定画のみ)
ドラゴンボールヒーローズ
キョアックマン
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
キョアックマン ドラゴンボールヒーローズ
プティン
ドミグラとともに暗黒魔界を作り出した魔導師。口調は丁寧でぶりっ子だが、本性は冷酷かつ残忍で氷の魔術を得意とする。『スーパードラゴンボールヒーローズ』ではトワの仲間になり、魔神の力でパワーアップし、暗黒ドラゴンボールに侵食されたセルをパワーアップさせる。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
プティン ドラゴンボールヒーローズ
魔神プティン スーパードラゴンボールヒーローズ
グレイビー
ドミグラとともに暗黒魔界を作り出した魔導師。老人のような口調が特徴で、プティンとは対照的で雷の魔術と力任せな戦法を得意とする。豪腕の持ち主で単純な部分がある。『スーパードラゴンボールヒーローズ』ではトワの仲間になり、魔神の力でパワーアップし、巨大なハンマーを使って戦う。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
グレイビー ドラゴンボールヒーローズ
魔神グレイビー スーパードラゴンボールヒーローズ
シャメル
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
暗黒魔神シャメル スーパードラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX
サルサ
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
魔神サルサ スーパードラゴンボールヒーローズ
メチカブラ
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
メチカブラ スーパードラゴンボールヒーローズ
メチカブラ(若)
シュルム
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
魔神シュルム スーパードラゴンボールヒーローズ
ロベル
ドミグラの秘書。
キャラクターの名称 形態 登場作品 備考
ロベル スーパードラゴンボールヒーローズ
魔人オゾット
形態 登場作品 備考
魔人オゾット ドラゴンボールZ V.R.V.S
スーパードラゴンボールヒーローズ
[注 1][11]

その他[編集]

ヤードラット星人
キャラクターの名称 配色 登場作品 備考
ヤードラット星人[注 10] 水色[5] ドラゴンボールオンライン
黄緑色[5]

既存のキャラクターのゲームオリジナル形態[編集]

多数の作品に登場するキャラクターのみ発売日または稼動日を記載する。

原作キャラクターのゲームオリジナル形態[編集]

原作キャラクターの原作には登場しない姿(強化形態・変身)。

孫悟空
形態 登場作品 発売日または稼動日 備考
超サイヤ人2孫悟空:GT ドラゴンボールヒーローズ 2012年11月15日
超サイヤ人ゴッドSS孫悟空(神龍モード) 2016年3月10日
孫悟空:ゼノ 2016年7月14日
孫悟空(うずまきナルト仙人モード衣装) ドラゴンボールZ BATTLE OF Z 2014年1月23日 [注 19]
超サイヤ人3孫悟空:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ 2017年1月12日
超サイヤ人孫悟空:ゼノ 2017年3月9日
カカロット
(地球に行かず他惑星で育った)
ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX 2017年4月27日 [注 20]
超サイヤ人4孫悟空:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ 2017年11月9日
超サイヤ人孫悟空(暴走) 2018年5月10日
ヤムチャ
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 17]ヤムチャ ドラゴンボール ゼノバース2
極悪化[注 18]ヤムチャ
レッド総帥
形態 登場作品 備考
人造人間9号
サイボーグ化レッド総帥
ドラゴンボールオンライン
桃白白
形態 登場作品 備考
桃白白X ドラゴンボールオンライン
ピッコロ
形態 登場作品 備考
魔人化[注 21]ピッコロ ドラゴンボールZ 真武道会2
凶悪化[注 22]ピッコロ ドラゴンボール ゼノバース
孫悟飯
形態 登場作品 発売日または稼動日 備考
超サイヤ人2孫悟飯:未来 ドラゴンボールZ 真武道会2 2007年6月7日
アルティメット悟飯:未来
洗脳[注 23]大猿孫悟飯 ドラゴンボールオンライン 2010年1月14日
超サイヤ人3孫悟飯:未来 ドラゴンボールヒーローズ 2013年7月11日
超サイヤ人3孫悟飯:青年期 ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
2015年9月17日
2017年11月22日
超サイヤ人4孫悟飯:GT[12] ドラゴンボールヒーローズ 2015年11月19日
孫悟飯:ゼノ 2016年9月15日
凶悪化[注 22]超サイヤ人2孫悟飯:セル編 ドラゴンボール ゼノバース 2015年2月5日
凶悪化[注 22]アルティメット孫悟飯
サイバイマン
形態 登場作品 備考
野生化サイバイマン[5] ドラゴンボールオンライン [注 24]
凶悪化[注 22]サイバイマン ドラゴンボール ゼノバース
ラディッツ
形態 登場作品 備考
大猿ラディッツ ドラゴンボールZ Sparking! NEO
ドラゴンボールZ Sparking! METEOR
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
スーパードラゴンボールヒーローズ
[注 25]
凶悪化[注 22][注 17]ラディッツ ドラゴンボール ゼノバース
超サイヤ人3ラディッツ スーパードラゴンボールヒーローズ
ナッパ
形態 登場作品 備考
大猿ナッパ ドラゴンボールZ Sparking! NEO
ドラゴンボールZ Sparking! METEOR
ドラゴンボール ゼノバース
ICカードダス ドラゴンボール
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
ドラゴンボール ゼノバース2
凶悪化[注 22][注 17]ナッパ ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
凶悪化[注 17]大猿ナッパ ドラゴンボール ゼノバース2
超サイヤ人3ナッパ スーパードラゴンボールヒーローズ
超サイヤ人ナッパ ドラゴンボール ゼノバース2
(2018年2月26日無料アップデートから)
ベジータ
形態 登場作品 発売日または稼動日 備考
超サイヤ人2ベジータ(元気玉吸収) ドラゴンボールZ 真武道会 2006年4月20日
超サイヤ人3ベジータ[13] ドラゴンボール レイジングブラスト
ドラゴンバトラーズ第4弾
ドラゴンボール レイジングブラスト2
ドラゴンボールヒーローズ
ミラクルバトルカードダス ドラゴンボール改第2弾
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
2009年11月12日
2009年12月10日
2010年11月11日
2011年4月7日
2011年4月16日
2016年5月1日
[注 26]
超サイヤ人2ベジータ:GT ドラゴンボールヒーローズ 2012年9月13日
超サイヤ人3ベジータ:GT 2013年3月14日
破壊王子[注 21]超サイヤ人3ベジータ 2014年7月10日
超サイヤ人ゴッドSSベジータ(超神龍モード) 2016年5月12日
黒仮面のサイヤ人 2016年7月14日
ベジータ:ゼノ 2016年9月15日
凶悪化[注 22][注 17]ベジータ ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
2015年2月5日
2016年11月2日
凶悪化[注 22]超サイヤ人ベジータ ドラゴンボール ゼノバース 2015年2月5日
凶悪化[注 17]大猿ベジータ ドラゴンボール ゼノバース2 2016年11月2日
超サイヤ人3ベジータ:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ 2017年1月12日
超サイヤ人3ベジータ:サイヤ人編
超サイヤ人ベジータ:ゼノ 2017年9月14日
超サイヤ人4ベジータ:ゼノ 2018年1月11日
キュイ
形態 登場作品 備考
洗脳[注 23]キュイ ドラゴンボールオンライン
アプール
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 22][注 17]アプール ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ドドリア
形態 登場作品 備考
洗脳[注 23]ドドリア ドラゴンボールオンライン
凶悪化[注 17]ドドリア ドラゴンボール ゼノバース2
ザーボン
形態 登場作品 備考
洗脳[注 23]ザーボン(巨大化) ドラゴンボールオンライン
洗脳[注 23]ザーボン(変身後)
洗脳スーパーザーボン
洗脳[注 23]ザーボン(変身後で巨大化)
洗脳スーパーザーボン(巨大化)
凶悪化[注 17]ザーボン ドラゴンボール ゼノバース2
グルド
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 17]グルド ドラゴンボール ゼノバース2
リクーム
形態 登場作品 備考
洗脳[注 23]リクーム(巨大化) ドラゴンボールオンライン
凶悪化[注 17]リクーム ドラゴンボール ゼノバース2
ジース
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 17]ジース ドラゴンボール ゼノバース2
バータ
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 17]バータ ドラゴンボール ゼノバース2
ギニュー
形態 登場作品 備考
ギニュー
(ベジータとボディチェンジした姿)
ドラゴンボールZ 超悟空伝 -覚醒編-
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
洗脳[注 23]ギニュー
(カエルとボディチェンジした姿で巨大化)
ドラゴンボールオンライン
凶悪化[注 22][注 17]ギニュー ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ギニュー
(トランクス:ゼノとボディチェンジした姿)
ドラゴンボール ゼノバース2
凶悪化[注 17]ギニュー
(トランクス:ゼノとボディチェンジした姿)
ギニュー
(超サイヤ人ロゼ ゴクウブラックとボディチェンジした姿)
ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「∞の歴史編パック」)
強化[注 27]ギニュー
(超サイヤ人ロゼ ゴクウブラックとボディチェンジした姿)
フリーザ
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 22][注 17]フリーザ(第一形態) ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
凶悪化[注 22][注 17]フリーザ(最終形態)
凶悪化[注 22][注 17]フリーザ(最終形態フルパワー)
ゴールデンフリーザ 怒り ドラゴンボールヒーローズ [注 28]
凶悪化[注 17]ゴールデンフリーザ  ドラゴンボール ゼノバース2
極悪化[注 18]フリーザ(最終形態フルパワー)
極悪化[注 18]ゴールデンフリーザ
フリーザ:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ [注 16]
トランクス
形態 登場作品 発売日または稼動日 備考
超サイヤ人2トランクス:青年期
超サイヤ人2トランクス:未来
ドラゴンボールZ2 (PlayStation 2)
ドラゴンボールZ3(PlayStation 2)
ドラゴンボールZ インフィニットワールド
2004年2月7日
2005年2月10日
2008年12月4日
トランクス(タイム・パトロール)
トランクス:ゼノ
ドラゴンボールオンライン
ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
ドラゴンボール ゼノバース2
2010年1月14日
2014年9月11日
2015年2月5日
2015年2月5日
2016年11月2日
[注 29]
超サイヤ人3トランクス:青年期
超サイヤ人3トランクス:未来
ドラゴンボールヒーローズ
ミラクルバトルカードダス ドラゴンボール改第3弾
2011年3月17日
2011年8月6日
超サイヤ人3トランクス:GT ドラゴンボールヒーローズ 2012年3月22日
超サイヤ人トランクス:ゼノ ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
ドラゴンボール ゼノバース2
2015年2月5日
2015年7月16日
2016年2月15日
2016年11月2日
凶悪化[注 22]トランクス ドラゴンボール ゼノバース 2015年2月5日
超サイヤ人3トランクス:ゼノ ドラゴンボールヒーローズ 2015年9月17日
トランクス:ゼノ(長髪) スーパードラゴンボールヒーローズ 2016年11月17日
人造人間17号
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 22]人造人間17号:未来トランクス編 ドラゴンボール ゼノバース
凶悪化[注 17]人造人間17号 ドラゴンボール ゼノバース2
強化[注 27]人造人間17号 ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「∞の歴史編パック」)
人造人間18号
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 22]人造人間18号:未来トランクス編 ドラゴンボール ゼノバース
強化[注 27]人造人間18号 ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「∞の歴史編パック」)
人造人間16号
形態 登場作品 備考
複製型人造人間16号
量産型人造人間16号
ドラゴンボールオンライン
凶悪化[注 17]人造人間16号:未来トランクス編 ドラゴンボール ゼノバース2
セルジュニア
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 22][注 17]セルジュニア ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
セル
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 22][注 17]セル(完全体) ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
凶悪化[注 22][注 17]セル(超完全体)
凶悪化[注 22]セル(第一形態):未来トランクス編 ドラゴンボール ゼノバース
凶悪化[注 22][注 17]セル(完全体):未来トランクス編 ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
凶悪化[注 17]セル(第一形態) ドラゴンボール ゼノバース2
極悪化[注 18]セル(超完全体)
セル:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
セルX(セル:ゼノ巨大化) ドラゴンボールオンライン
スーパードラゴンボールヒーローズ
[注 15]
ミスター・サタン
形態 登場作品 備考
ミスター・サタン:未来 ドラゴンボールZ 真武道会2
凶悪化[注 22]ミスター・サタン ドラゴンボール ゼノバース
孫悟天
形態 登場作品 備考
孫悟天:ゼノ ドラゴンボールヒーローズ
ビーデル
形態 登場作品 備考
強化[注 27]ビーデル ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「∞の歴史編パック」)
ダーブラ
形態 登場作品 備考
ダーブラ:未来 ドラゴンボールZ 真武道会2
ダーブラ:ゼノ ドラゴンボールヒーローズ
魔神ダーブラ:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
バビディ
形態 登場作品 備考
バビディ:未来 ドラゴンボールZ 真武道会2
魔人ブウ
形態 登場作品 備考
魔人ブウ:無邪気:未来 ドラゴンボールZ 真武道会2
魔人ブウ:悪:未来
魔人ブウ:純粋:未来
凶悪化[注 22][注 17]魔人ブウ:無邪気 ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
凶悪化[注 22][注 17]魔人ブウ:悪
凶悪化[注 22]魔人ブウ:純粋 ドラゴンボール ゼノバース
極悪化[注 18]魔人ブウ:純粋 ドラゴンボール ゼノバース2
魔人ブウ:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
暗黒魔神ブウ:ゼノ(魔神ダーブラ:ゼノ吸収)
暗黒魔神ブウ:ゼノ(ジャネンバ:ゼノ吸収)
ゴテンクス
形態 登場作品 発売日または稼動日 備考
ゴテンクス:青年期 ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
2013年11月14日
2016年9月15日
[注 30]
超サイヤ人ゴテンクス:青年期 ドラゴンボールヒーローズ
ミラクルバトルカードダス ドラゴンボール改
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
2013年11月14日
2014年4月
2016年9月23日
[注 31]
超サイヤ人2ゴテンクス:青年期 ドラゴンボールヒーローズ
ミラクルバトルカードダス ドラゴンボール改
2014年3月13日
2014年4月26日[14]
[注 32]
超サイヤ人3ゴテンクス:青年期 2014年1月16日
2014年8月8日
凶悪化[注 22]超サイヤ人3ゴテンクス ドラゴンボール ゼノバース 2015年2月5日
ゴテンクス:ゼノ ドラゴンボールヒーローズ 2016年3月10日
超サイヤ人ゴテンクス:ゼノ
超サイヤ人3ゴテンクス:ゼノ
ベジット
形態 登場作品 備考
超サイヤ人2ベジット ドラゴンボールヒーローズ
超サイヤ人3ベジット ドラゴンボールヒーローズ
ミラクルバトルカードダス ドラゴンボール改
[注 33]
ベジット:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
超サイヤ人3ベジット:ゼノ
SSGSS界王拳ベジット

アニメキャラクターのゲームオリジナル形態[編集]

アニメ版オリジナルキャラクターのアニメ作品には登場しない姿(強化形態・変身)。

ラーズベリ
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 22][注 17]ラーズベリ ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
バーダック
形態 登場作品 発売日または稼動日 備考
バーダック(天使の輪):未来 ドラゴンボールZ 真武道会2 2007年6月7日
イービルバーダック[15]
仮面のサイヤ人
ドラゴンボールオンライン
ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボール ゼノバース2
2010年1月14日
2015年3月12日
2016年11月2日
[注 34]
大猿イービルバーダック
大猿仮面のサイヤ人
ドラゴンボールオンライン
ドラゴンボールヒーローズ
2010年1月14日
2015年3月12日
超サイヤ人バーダック ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ BATTLE OF Z
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
2011年7月14日
2014年2月6日
2015年3月12日
[注 35][注 36]
超サイヤ人2バーダック ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
2014年1月16日
2017年3月18日
バーダック:ゼノ ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボール ゼノバース2
2015年7月16日
2016年11月2日
超サイヤ人バーダック:ゼノ
超サイヤ人2バーダック:ゼノ [注 37]
超サイヤ人3バーダック:ゼノ[16] ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボール ゼノバース2
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
2015年7月16日
2016年11月2日
2017年11月30日
[注 38]
超サイヤ人4バーダック スーパードラゴンボールヒーローズ 2017年11月9日
ベジータ王
形態 登場作品 備考
大猿ベジータ王 ドラゴンボールZ Sparking! METEOR
ドラゴンボールヒーローズ
ICカードダス ドラゴンボール
暗黒仮面王 スーパードラゴンボールヒーローズ
ベジータ王:ゼノ
パイクーハン
形態 登場作品 備考
パイクーハン(天使の輪):未来 ドラゴンボールZ 真武道会2
スーパーパイクーハン ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
ベビー
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 22]大猿ベビー ドラゴンボール ゼノバース
(DLC「ドラゴンボールGT編」)
新17号
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 22]新17号 ドラゴンボール ゼノバース
(DLC「ドラゴンボールGT編」)
超17号
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 22]超17号 ドラゴンボール ゼノバース
(DLC「ドラゴンボールGT編」)
一星龍
形態 登場作品 備考
凶悪化[注 22][注 17]超一星龍 ドラゴンボール ゼノバース
(DLC「ドラゴンボールGT編」)
ドラゴンボール ゼノバース2
極悪化[注 18]超一星龍 ドラゴンボール ゼノバース2
一星龍:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
二星龍
形態 登場作品 備考
超二星龍(巨大化) ドラゴンボールヒーローズ
二星龍:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
三星龍
形態 登場作品 備考
超三星龍 ドラゴンボールヒーローズ
凶悪化[注 22][注 17]三星龍 ドラゴンボール ゼノバース
(DLC「ドラゴンボールGT編」)
ドラゴンボール ゼノバース2
三星龍:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
四星龍
形態 登場作品 備考
超四星龍 ドラゴンボールヒーローズ
凶悪化[注 22][注 17]四星龍 ドラゴンボール ゼノバース
(DLC「ドラゴンボールGT編」)
ドラゴンボール ゼノバース2
四星龍:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
五星龍
形態 登場作品 備考
五星龍:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
六星龍
形態 登場作品 備考
超六星龍(巨大化) ドラゴンボールヒーローズ [注 39]
六星龍:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
七星龍
形態 登場作品 備考
七星龍:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
フロスト
形態 登場作品 備考
強化[注 40]フロスト ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「第6宇宙編後編パック」)
キャベ
形態 登場作品 備考
強化[注 40]キャベ ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「第6宇宙編後編パック」)
ヒット
形態 登場作品 備考
強化[注 40]ヒット ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「第6宇宙編後編パック」)
強化[注 40]ヒット(覚醒)
ゴクウブラック
形態 登場作品 備考
強化[注 40]ゴクウブラック ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「未来トランクス編後編パック」)
強化[注 40]超サイヤ人ロゼ ゴクウブラック
ザマス
形態 登場作品 備考
強化[注 40]ザマス ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「未来トランクス編後編パック」)
ザマス:合体
形態 登場作品 備考
強化[注 40]ザマス:合体 ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「未来トランクス編後編パック」)
強化[注 40]ザマス:合体(半身崩壊)
ジレン
形態 登場作品 備考
強化[注 27]ジレン ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「∞の歴史編パック」)

映画キャラクターのゲームオリジナル形態[編集]

映画版オリジナルキャラクターの映画作品には登場しない姿(強化形態・変身)。

ガーリックJr.
形態 登場作品 備考
赤いガーリックJr. ドラゴンボールヒーローズ
破壊王[注 21]ガーリックJr.
ターレス
形態 登場作品 備考
大猿ターレス ドラゴンボールZ Sparking! NEO
ドラゴンボールZ Sparking! METEOR
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
破壊王[注 21]ターレス ドラゴンボールヒーローズ
凶悪化[注 17]ターレス ドラゴンボール ゼノバース2
ターレス:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
強化[注 40]ターレス ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「未来トランクス編後編パック」)
スラッグ
形態 登場作品 備考
破壊王[注 21]スラッグ ドラゴンボールヒーローズ
凶悪化[注 17]スラッグ ドラゴンボール ゼノバース2
スラッグ:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
スラッグ:ゼノ(巨大化)
強化[注 40]スラッグ ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「未来トランクス編後編パック」)
クウラ
形態 登場作品 備考
クウラ(第四形態):未来 ドラゴンボールZ 真武道会2
魔人化[注 21]クウラ(第四形態):未来
魔人化[注 21]クウラ(最終形態):未来
凶悪化[注 17]クウラ(第四形態) ドラゴンボール ゼノバース2
凶悪化[注 17]クウラ(最終形態)
ゴールデンクウラ スーパードラゴンボールヒーローズ
メタルクウラ
形態 登場作品 備考
メタルクウラ:未来 ドラゴンボールZ 真武道会2
凶悪化[注 17]メタルクウラ ドラゴンボール ゼノバース2
極悪化[注 18]メタルクウラ
強化[注 40]メタルクウラ ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「未来トランクス編後編パック」)
人造人間13号
形態 登場作品 備考
強化人造人間13号 ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「∞の歴史編パック」)
合体人造人間13号
形態 登場作品 備考
破壊王[注 21]合体人造人間13号 ドラゴンボールヒーローズ
パラガス
形態 登場作品 備考
パラガス:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
ブロリー
形態 登場作品 発売日または稼動日 備考
超サイヤ人ブロリー(制御装置):未来 ドラゴンボールZ 真武道会2 2007年6月7日
魔人化[注 21]超サイヤ人ブロリー:未来
超サイヤ人2ブロリー ミラクルバトルカードダス ドラゴンボール改第2弾 2011年4月16日
超サイヤ人3ブロリー ドラゴンバトラーズ第2弾
ドラゴンボール レイジングブラスト
ドラゴンボール レイジングブラスト2
ミラクルバトルカードダス ドラゴンボール改第3弾
ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールフュージョンズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
2009年8月6日
2009年11月12日
2010年11月11日
2011年8月6日
2012年1月19日
2016年8月4日
2017年6月30日
破壊王[注 21]超サイヤ人3ブロリー ドラゴンボールヒーローズ 2014年7月10日
超サイヤ人4ブロリー 2014年11月13日
大猿ブロリー ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールフュージョンズ
2014年11月13日
2016年8月4日
凶悪化[注 22]ブロリー ドラゴンボール ゼノバース 2015年2月5日
超サイヤ人4フルパワーブロリー ドラゴンボールヒーローズ 2016年1月21日
極悪化[注 18]ブロリー ドラゴンボール ゼノバース2 2016年11月2日
強化[注 40]ブロリー ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「未来トランクス編後編パック」)
2017年9月28日
ブロリーダーク スーパードラゴンボールヒーローズ 2017年11月9日
ボージャック
形態 登場作品 備考
破壊王[注 21]ボージャック ドラゴンボールヒーローズ
ジャネンバ
形態 登場作品 備考
ジャネンバ:未来 ドラゴンボールZ 真武道会2
破壊王[注 21]ジャネンバ ドラゴンボールヒーローズ
極悪化[注 18]ジャネンバ ドラゴンボール ゼノバース2
ジャネンバ:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
強化[注 40]ジャネンバ ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「未来トランクス編後編パック」)
ゴジータ
形態 登場作品 備考
超サイヤ人2ゴジータ ドラゴンボールヒーローズ
超サイヤ人3ゴジータ ドラゴンボールヒーローズ
ミラクルバトルカードダス ドラゴンボール改
大猿ゴジータ ドラゴンボールヒーローズ
ゴジータ:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
超サイヤ人3ゴジータ:ゼノ
超サイヤ人4ゴジータ:ゼノ
タピオン
形態 登場作品 備考
強化[注 27]タピオン ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「∞の歴史編パック」)
ヒルデガーン
形態 登場作品 備考
破壊王[注 21]ヒルデガーン ドラゴンボールヒーローズ

ゲームキャラクターのゲームオリジナル形態[編集]

ハッチヒャック
形態 登場作品 備考
ハッチヒャック(分裂化) ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -宇宙編-
ドラゴンボールヒーローズ
[注 7]
ハッチヒャック(巨大化) ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -宇宙編-
ドラゴンボールヒーローズ
ハッチヒャック(パワーアップ形態)
スーパーハッチヒャック
ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -宇宙編-
ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
破壊王[注 21]ハッチヒャック ドラゴンボールヒーローズ
ゴハンクス
形態 登場作品 備考
ゴハンクス:未来 ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールフュージョンズ
[注 41][注 42]
EXゴハンクス ドラゴンボール フュージョンズ
ドラゴンボールヒーローズ
[注 41]
ゴハンクス:ゼノ スーパードラゴンボールヒーローズ
カンバー
形態 登場作品 備考
悪のサイヤ人 スーパードラゴンボールヒーローズ
カンバー
超サイヤ人カンバー

既存のキャラクターの融合形態[編集]

ナメック星人の同化
オリジナルの組み合わせ(原作やアニメ版にはない組み合わせ)を記述
キャラ名 使用者 使用者 登場作品 備考
ピッコロ ピッコロ(マジュニア) ツムリー&マイーマ ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
デンデ [注 43]
初代ピッコロ大魔王 ドラゴンボールZ 舞空闘劇
セルによる吸収
形態 吸収対象 登場作品 備考
セルリン クリリン ドラゴンボールZ (ゲーム)
魔人ブウによる吸収
形態 吸収対象 登場作品 備考
魔人ブウ:悪(ベジータ吸収形態) ベジータ ドラゴンボールZ2 (PlayStation 2)
魔人ブウ:悪(セル吸収形態) セル(完全体)
魔人ブウ:悪(フリーザ吸収形態) フリーザ(最終形態)
魔人ブウ:悪(ヤムチャ&天津飯吸収形態) ヤムチャ&天津飯
魔人ブウ:悪(ブロリー&クウラ吸収形態) ブロリー&クウラ ドラゴンボールZ 真武道会2
魔人ブウ:純粋悪(ブロリー&クウラ&バビディ吸収形態) 魔人ブウ:無邪気(チョコ)&ブロリー&クウラ&バビディ
魔人ブウ:純粋(ブロリー&クウラ&バビディ吸収形態) ブロリー&クウラ&バビディ
魔人ブウ:純粋(キビト神吸収形態) キビト神 ドラゴンボールヒーローズ
魔人ブウ:純粋(バビディ吸収形態) バビディ ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
超17号による吸収
形態 吸収対象 登場作品 備考
超17号(セル吸収) セル(超完全体) ドラゴンボールヒーローズ
超17号(16号吸収) 人造人間16号
超17号(18号吸収) 人造人間18号
フュージョンによる合体
オリジナルの組み合わせ(原作やアニメ版にない組み合わせ)を記述。
『ドラゴンボールフュージョンズ』では、体格の異なるキャラクターの合体を可能とする「EX(エクス)フュージョン」、5人でフュージョンする「マキシフュージョン」が登場。
メタモル星人衣装の戦士は通常のフュージョンである。
ドラゴンボールシリーズに登場するキャラクターのEXフュージョン(ピニッジ以外のゲームオリジナルキャラクターは除く)[17]は全てドラゴンボールフュージョンズ公式超ガイドブックで確認できる。
キャラ名 使用者 使用者 技名 登場作品 備考
ヤム飯(ヤムハン) ヤムチャ 天津飯 フュージョン ドラゴンボールZ2 (PlayStation 2)
ドラゴンボールフュージョンズ
ピリリン ピッコロ クリリン ドラゴンボールフュージョンズ [注 44]
ナッツ ナッパ ラディッツ [注 45]
リクータ リクーム バータ
グルース グルド ジース
ゴハンクス:未来 孫悟飯:未来 トランクス:未来 ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールフュージョンズ
[注 41]
EXゴハンクス 孫悟飯:少年期 トランクス(幼年期) EXフュージョン ドラゴンボール フュージョンズ
ドラゴンボールヒーローズ
[注 41][注 42]
カロリー[18] 孫悟空 超サイヤ人ブロリー ドラゴンボールフュージョンズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
パンデル パン ビーデル
ブラパン ブラ パン
ジャネンブウ スーパージャネンバ 魔人ブウ:純粋
フウラ フリーザ(最終形態) クウラ
チャオマン チャオズ サイバイマン
バーロット バーダック 孫悟空
カロリーブラック ゴクウブラック:ロゼ 超サイヤ人ブロリー ドラゴンボールフュージョンズ
ゴマス 孫悟空:少年期 ザマス
ゴリリン 孫悟空:少年期 クリリン
クリゴハン クリリン 孫悟飯:少年期
ゴクウハン[注 46]
クウハン
孫悟空:少年期 孫悟飯:少年期
EXヤムハン ヤムチャ 天津飯
EXピリリン ピッコロ クリリン
ベジンクス ベジータ トランクス:未来
ヤムータ ヤムチャ ベジータ
ピニータ ピニッジ ベジータ
ブタン[注 47]
魔人サタン
魔人ブウ:善 ミスター・サタン
トワレ トワ 則巻アラレ
トワネ トワ ギネ
タッツ ターレス ラディッツ
ラッパ ラディッツ ナッパ
グレートサイヤマン12号 グレートサイヤマン1号 グレートサイヤマン2号
ギニューマン ギニュー グレートサイヤマン1号
ギニューザ ギニュー フリーザ(最終形態)
セルーザ セル(完全体) フリーザ(最終形態)
EXゴジータ 孫悟空 ベジータ
EXゴテンクス 孫悟天 トランクス:幼年期
EXトランクス トランクス:超 トランクス:幼年期
ドドーボン ドドリア ザーボン
バース バータ ジース
リグルド リクーム グルド
ビルスイス ビルス ウイス
チャオハン チャオズ 天津飯
チャオルド チャオズ グルド
グレートサタンマン グレートサイヤマン ミスター・サタン [注 48]
ゴルス 孫悟空 ビルス [注 49]
タクス タピオン トランクス [注 50]
コロハン[21] ピッコロ 孫悟飯
ピッコーハン ピッコロ パイクーハン
ダーミラ ダーブラ ミラ
人造人間1617号 人造人間16号 人造人間17号
人造人間1718号 人造人間17号 人造人間18号
人造人間1920号 人造人間19号 人造人間20号
パーフェクト16号 セル(完全体) 人造人間16号
セル17号 セル(完全体) 人造人間17号
アラレ18号 則巻アラレ 人造人間18号
スーシンクウ 四星龍 孫悟空
ジャンクス ジャコ トランクス:未来
グレートジャコ グレートサイヤマン ジャコ
キビコロ神 キビト神 ピッコロ
キビル神 キビト神 ビルス
ダッコロ大魔王 ダーブラ ピッコロ大魔王
ポタラによる合体
キャラ名 使用者 使用者 登場作品 備考
ゴタン[注 2] 孫悟空 ミスター・サタン ドラゴンボールZ2 (PlayStation 2)
ベジークス:ゼノ ベジータ:ゼノ トランクス:ゼノ(長髪) スーパードラゴンボールヒーローズ
超サイヤ人ベジークス:ゼノ [注 51]
ベビーによる寄生
形態 寄生対象 登場作品 備考
ジャネンバベビー ジャネンバ ドラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
破壊王[注 21]ジャネンバベビー 破壊王ジャネンバ ドラゴンボールヒーローズ
スーパーベビー:トランクス トランクス
ハッチヒャックベビー ハッチヒャック

既存のキャラクターの色違い[編集]

原作キャラクターの色違い[編集]

悟空の色違い
名称 配色 登場作品 備考
ニセ悟空 黄緑色 ドラゴンボール3 悟空伝
戦闘人形孫悟空 オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
戦闘人形超サイヤ人孫悟空
メカゴクウ 銀色 ドラゴンボールフュージョンズ
スーパーメカゴクウ 金色
クローン孫悟空 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ
山賊の色違い
山賊は『ドラゴンボール3 悟空伝』では肌が灰色、鎧が青色。
名称 配色 登場作品 備考
リカント 紫色 ドラゴンボール3 悟空伝
ゾンビリカント 肌が灰色
鎧が茶色
山賊のボス 肌が茶色
鎧が青色
ウーロンが化けた猛牛[注 52]の色違い
猛牛は『ドラゴンボール3 悟空伝』では灰色。
名称 配色 登場作品 備考
大牛 紫色 ドラゴンボール3 悟空伝
ヤムチャの色違い
名称 配色 登場作品 備考
クローンヤムチャ 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ
クリリンの色違い
名称 配色 登場作品 備考
戦闘人形クリリン オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
クローンクリリン 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ
ギランの色違い
ギランは『ドラゴンボール3 悟空伝』では頭が青色。
名称 配色 登場作品 備考
毒ギラン 橙色 ドラゴンボール3 悟空伝
キングギラン 頭が緑色
メタリック軍曹の色違い
メタリック軍曹は『ドラゴンボール3 悟空伝』では濃い橙色。
名称 配色 登場作品 備考
ターミネーター 青色 ドラゴンボール3 悟空伝
殺人サイボーグ ピンク色
ムラサキ曹長の色違い
ムラサキ曹長は『ドラゴンボール3 悟空伝』では服が紫色。
名称 配色 登場作品 備考
下忍 服が灰色 ドラゴンボール3 悟空伝
上忍 服が赤茶色
目も赤茶色
ブヨンの色違い
ブヨンは『ドラゴンボール3 悟空伝』では黄緑色。
名称 配色 登場作品 備考
ガキン 青色 ドラゴンボール3 悟空伝
番人ロボの色違い
番人ロボは『ドラゴンボール3 悟空伝』では紫色。
名称 配色 登場作品 備考
パトロールロボ 赤色 ドラゴンボール3 悟空伝
バトルジャケットの色違い
バトルジャケットは『ドラゴンボール3 悟空伝』では紫色。
名称 配色 登場作品 備考
ピラフマシーン 灰色 ドラゴンボール 大魔王復活 [注 53]
黄緑色 ドラゴンボール3 悟空伝
メカデビル 青色
名称なし 白色 Let's! TV プレイ スカウターバトル体感かめはめ波 [注 54]
名称なし 黒色
名称なし 赤色
ミイラくんの色違い
ミイラくんは『ドラゴンボール3 悟空伝』では白色。
名称 配色 登場作品 備考
包帯男 白と水色 ドラゴンボール3 悟空伝
マミー 灰色
アックマンの色違い
アックマンは『ドラゴンボール3 悟空伝』では青色。
名称 配色 登場作品 備考
デビルズ ピンク色 ドラゴンボール3 悟空伝
サターン 紫色
ピラフマシーン(ピラフ機)の色違い
ピラフマシーン(ピラフ機)は『ファミコンジャンプII 最強の7人』では水色。
名称 配色 登場作品 備考
バトルジャケット 青色 ファミコンジャンプII 最強の7人 [注 55]
バトルアーマー 黄緑色 ファミコンジャンプII 最強の7人
ピラフマシーン(シュウ機)の色違い
ピラフマシーン(シュウ機)は『ファミコンジャンプII 最強の7人』では水色。
名称 配色 登場作品 備考
マリンカプセル 青色 ファミコンジャンプII 最強の7人
ピラフマシーン(マイ機)の色違い
ピラフマシーン(マイ機)は『ファミコンジャンプII 最強の7人』では水色。
名称 配色 登場作品 備考
パワージャケット 朱色 ファミコンジャンプII 最強の7人
ロケットアーマー 白色と黒色
天津飯の色違い
名称 配色 登場作品 備考
クローン天津飯 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
タンバリンの色違い
タンバリンは『ドラゴンボール3 悟空伝』では緑色、翼あり。『ドラゴンボール アドバンスアドベンチャー』では肌が黄緑色、腰に巻いている服が黄色、翼あり。
名称 配色 形状 登場作品 備考
ハープ 青色 翼あり ドラゴンボール3 悟空伝
マンドリン 赤色 ドラゴンボール3 悟空伝
Let's! TV プレイ スカウターバトル体感かめはめ波
[注 54]
名称なし 肌が水色
服が黄色
翼なし ドラゴンボール アドバンスアドベンチャー
名称なし 肌が黄緑色
服がピンク色
名称なし 黒色 翼あり Let's! TV プレイ スカウターバトル体感かめはめ波 [注 54]
名称なし 白色
モンキータンバリン ?? ドラゴンボール RPG
カスタネット ?? ドラゴンボール RPG
超ドラゴンボール RPG
ハモニカ ?? [注 56]
エレキ ??
シンバルの色違い
シンバルは『ドラゴンボール3 悟空伝』では緑色。
名称 配色 登場作品 備考
ベル 青緑色 ドラゴンボール3 悟空伝
マリンバ 紫色
ドラムの色違い
ドラムは『ドラゴンボール3 悟空伝』では緑色。
名称 配色 登場作品 備考
ビオラ 青紫色 ドラゴンボール3 悟空伝
コンガ 灰色
ピッコロの色違い
名称 配色 登場作品 備考
戦闘人形ピッコロ オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
クローンピッコロ 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ
孫悟飯の色違い
名称 配色 登場作品 備考
戦闘人形孫悟飯(少年期) オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
戦闘人形超サイヤ人孫悟飯(少年期)
戦闘人形孫悟飯(青年期)
クローン孫悟飯:青年期 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ
サイバイマンの色違い
サイバイマンは『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人』と『ファミコンジャンプII 最強の7人』と『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』と『ドラゴンボール改 サイヤ人来襲』と『ドラゴンボール ゼノバース』と『ドラゴンボール ゼノバース2』と『ドラゴンボール レジェンズ』では黄緑色。
名称 配色 登場作品 備考
カイワレマン 水色 ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
青と水色 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
Let's! TV プレイ バトル体感かめはめ波2
ドラゴンボール改 サイヤ人来襲
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ドラゴンボール レジェンズ
[注 54]
[注 57]
キュウコンマン 橙色 ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
ドラゴンボール改 サイヤ人来襲
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
ドラゴンボール レジェンズ
[注 58]
[注 57]
濃い黄緑色 ファミコンジャンプII 最強の7人
コピーマン 黒色 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
Let's! TV プレイ スカウターバトル体感かめはめ波
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ドラゴンボール レジェンズ
[注 54]
[注 57]
テンネンマン 薄紫色と濃い水色 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ドラゴンボール レジェンズ
[注 57]
ピンク色と濃い水色 ドラゴンボール改 サイヤ人来襲
ジンコウマン 銀色と黒色 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
ドラゴンボール改 サイヤ人来襲
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ドラゴンボール レジェンズ
[注 57]
シードマン 緑色 ファミコンジャンプII 最強の7人 [注 59]
栽培レンジャー 黄緑色
水色
赤色
黄色
紫色
5体
ドラゴンボールZ2 (PlayStation 2)
赤い栽培マン 赤色 ドラゴンボールZ3(PlayStation 2)
Let's! TV プレイ バトル体感かめはめ波
Let's! TV プレイ バトル体感かめはめ波2
Let's! TV プレイ スカウターバトル体感かめはめ波
Let's! TV プレイ バトル体感ゴムゴムのかめはめ波
ドラゴンボールヒーローズ
[注 60]
[注 54]
[注 61]
サイバーV 白色 Let's! TV プレイ スカウターバトル体感かめはめ波
ドラゴンボール RPG
[注 54]
[注 62]
エグラット ?? ドラゴンボール RPG
ジャッガイ 茶色
コーン 黄色
レッドピーマン 赤色 ドラゴンボール RPG
超ドラゴンボール RPG
ミーズナ 青緑色
キンカンマン[22] 金色 ドラゴンボール レジェンズ
ギンナンマン[22] 銀色
ナッパの色違い
名称 配色 登場作品 備考
クローンナッパ 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ
ベジータの色違い
名称 配色 登場作品 備考
戦闘人形ベジータ オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
戦闘人形超サイヤ人ベジータ
戦闘人形破壊王子ベジータ
クローンベジータ 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ
ナップル[注 2]の色違い
ナップルは『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』では薄い朱色。『ドラゴンボールZ 悟空激闘伝』(ゲームボーイ)では白黒。
名称 配色 登場作品 備考
ロンメ 水色 ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!
クランボ 濃い橙色
アプールの色違い
アプールは『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』と『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』と『ドラゴンボール ゼノバース』と『ドラゴンボール ゼノバース2』と『ドラゴンボール レジェンズ』では薄紫色、頭部に模様あり。オーレンはアニメ『ドラゴンボールZ』と『ドラゴンボール ゼノバース』と『ドラゴンボール ゼノバース2』と『ドラゴンボール レジェンズ』では肌が橙色、目が赤色、頭部に模様なし。『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』では肌が橙色、目が白色、頭部に模様あり。
名称 配色 登場作品 備考
ナバナ 緑色
頭部に模様あり
ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!
肌が青緑色
頭部に模様あり
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ドラゴンボール レジェンズ
[注 57]
凶悪化[注 17]ナバナ ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「復活のF編」)
ロベリー 黄土色
頭部に模様あり
ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!
肌が茶色
頭部に模様あり
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ドラゴンボール レジェンズ
[注 57]
凶悪化[注 17]ロベリー ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「復活のF編」)
凶悪化[注 17]オーレン 橙色
頭部に模様なし
ドラゴンボール ゼノバース2
ラモン 緑色
頭部に模様あり
ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
肌が濃い黄緑色
頭部に模様あり
Let's! TV プレイ バトル体感かめはめ波
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ドラゴンボール レジェンズ
[注 54][注 57]
凶悪化[注 17]ラモン ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「復活のF編」)
名称なし 青色 Let's! TV プレイ スカウターバトル体感かめはめ波 [注 54]
名称なし 赤色
ラズベ 赤紫色 ドラゴンボール RPG
超ドラゴンボール RPG
ドラゴンボールウォーズ
ブルベリー 水色
ドラゴ 灰色
レンジ オレンジ色
スカイ 赤色
レモネ レモン色
グレプ 濃い青紫色
チジク 焦げ茶色
キュイの色違い
キュイは『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』と『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』では紫色。
名称 配色 登場作品 備考
ゴンマー 青色 ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!
パイヤー 橙色
ゴリン 青緑色 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
ストロブ 深緑色
ランス 黄色 ドラゴンボール RPG
ドドリアの色違い
ドドリアは『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』と『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』ではピンク色。
名称 配色 登場作品 備考
カーボス 黄色 ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!
ゴーマン 水色 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
アプリコ 黄土色
メタボリア 灰色 ドラゴンボール RPG
ギガメタボリア 灰色
ザーボンの色違い
ザーボンは肌がエメラルド色だが、『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』では肌が青緑色。
名称 配色 登場作品 備考
ユーズ 肌が紫色 ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!
ザーボン(変身後)の色違い
ザーボン(変身後)は『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』では肌がエメラルド色。
名称 配色 登場作品 備考
アボガ 肌が黄土色 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
マンダリン 肌がピンク色
バナン[注 2]の色違い
バナンは『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』では肌が水色、髪が橙色。『ドラゴンボールZ 悟空激闘伝』(ゲームボーイ)では白黒。
名称 配色 登場作品 備考
グレップ 肌が薄い緑、髪が紫色 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
ビーチ 肌がピンク、髪が緑色
名称なし 肌が橙色、髪が白色 Let's! TV プレイ バトル体感かめはめ波2 [注 54]
名称なし 肌が濃い水色、髪が白色
グルドの色違い
グルドは『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』では黄緑色。
名称 配色 登場作品 備考
ゼラ ピンク色 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
プーリン 黄色
クローングルド 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
リクームの色違い
リクームは『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』では肌色。
名称 配色 登場作品 備考
アース ピンク色 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
ゾフト 水色
クローンリクーム 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
バータの色違い
バータは『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』では青色。
名称 配色 登場作品 備考
マーリガン 黄緑色 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
ジャン 灰色
クローンバータ 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
ジースの色違い
ジースは『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』では肌が赤、髪が白色。
名称 配色 登場作品 備考
バニーラ 肌が水色
髪が黄緑色
ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
ムース 肌が橙色
髪が青色
モッツァレラ 肌が青色 ドラゴンボールRPG
クローンジース 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
ギニューの色違い
ギニューは『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』では紫色。
名称 配色 登場作品 備考
ミルガ 焦げ茶色 ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
ラクト レモン色
クローンギニュー 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ
イール[注 2]の色違い
イールは『ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間』では全体が黄緑色。『Let's! TV プレイ バトル体感かめはめ波2』では肌が黄緑色[注 54]
名称 配色 登場作品 備考
オクトー 橙色 ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間
エイル 紫色
名称なし 朱色 Let's! TV プレイ バトル体感かめはめ波2 [注 54]
メーイ[注 2]の色違い
メーイは『ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間』では青色。
名称 配色 登場作品 備考
キース 紫色 ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間
フィッシ[注 2]の色違い
フィッシは『ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間』では髪が水色。
名称 配色 登場作品 備考
ジーア 朱色 ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間
サーモ 橙色
フリーザの色違い
フリーザは『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画』では白色と紫色。
名称 配色 登場作品 備考
フリーザサイコ 緑色
肌が青色
ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画 [注 63]
戦闘人形フリーザ(最終形態) オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
戦闘人形フリーザ(最終形態フルパワー)
クローンフリーザ:復活 目が赤色
肌が黒色と薄い黒色
ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ
トランクスの色違い
名称 配色 登場作品 備考
戦闘人形トランクス:未来 オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
戦闘人形トランクス:未来(剣)
クローントランクス:青年期 目が赤色
服が薄い黒色と赤色
ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ
ドクター・ゲロの色違い
名称 配色 登場作品 備考
クローンドクター・ゲロ 服が薄い黒色と灰色と赤色 ドラゴンボールオンライン
人造人間18号の色違い
名称 配色 登場作品 備考
戦闘人形人造人間18号 オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
セルジュニアの色違い
セルジュニアは『Let's! TV プレイ スカウターバトル体感かめはめ波』では青色。
名称 配色 登場作品 備考
名称なし 紫色 Let's! TV プレイ スカウターバトル体感かめはめ波 [注 54]
名称なし 赤色
セルの色違い
名称 配色 登場作品 備考
セル(完全体) オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
セル(超完全体)
クローンセル(超完全体) 目が赤色
肌が黒色と薄い黒色
ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ
ダーブラの色違い
名称 配色 登場作品 備考
戦闘人形ダーブラ オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
魔人ブウ:無邪気の色違い
魔人ブウ:無邪気は『Let's! TV プレイ バトル体感かめはめ波』では手袋が橙色、マントが紫色。
名称 配色 登場作品 備考
分身魔人ブウ:無邪気 オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
名称なし 手袋、マントが黄緑色 Let's! TV プレイ バトル体感かめはめ波 [注 54]
名称なし 手袋、マントが紫色
名称なし 手袋が橙色
マントが赤色
名称なし 手袋が水色
マントが青色
ゴテンクスの色違い
名称 配色 登場作品 備考
戦闘人形ゴテンクス オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
魔人ブウ:悪の色違い
名称 配色 登場作品 備考
分身魔人ブウ:悪 オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
魔人ブウ:悪(ゴテンクス吸収)の色違い
名称 配色 登場作品 備考
戦闘人形魔人ブウ:悪(ゴテンクス吸収) オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
魔人ブウ:悪(悟飯吸収)の色違い
名称 配色 登場作品 備考
戦闘人形魔人ブウ:悪(悟飯吸収) オリジナルと同色 ドラゴンボールZ 真武道会2
魔人ブウ:純粋の色違い
名称 配色 登場作品 備考
クローン魔人ブウ:純粋 肌が暗いピンク色
服が薄い黒色
ドラゴンボール ファイターズ
スーパードラゴンボールヒーローズ

アニメキャラクターの色違い[編集]

ウクレレの色違い
名称 敵のレベル 配色 登場作品 備考
ウクレレ レベル1 水色 ドラゴンボール 大魔王復活
ドラゴンボール アドバンスアドベンチャー
[注 4]
レベル2 黄緑色
レベル3 青色 ドラゴンボール 大魔王復活
レベル4 紫色
オニオン[注 5]の色違い
オニオンは『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人』では顔が肌色、戦闘服が薄い茶色。
名称 配色 登場作品 備考
パンプキン オニオンより色が浅黒い ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
ラーズベリの色違い
ラーズベリは『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』と『ドラゴンボール ゼノバース』と『ドラゴンボール ゼノバース2』と『ドラゴンボール レジェンズ』ではアンダースーツが紫色。『ドラゴンボールZ 悟空激闘伝』(ゲームボーイ)では白黒。
名称 配色 登場作品 備考
ネイブル 灰色 ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!
顔が肌色
スーツが黒と黄土色
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ドラゴンボール レジェンズ
[注 57]
凶悪化[注 17]ネイブル ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「復活のF編」)
モンレー 顔とスーツが濃い水色 ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!
顔が水色
アンダースーツが濃い水色
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ドラゴンボール レジェンズ
[注 57]
凶悪化[注 17]モンレー ドラゴンボール ゼノバース2
(DLC「復活のF編」)
グプレー 朱色 ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!
顔が肌色
スーツが黒と茶色
ドラゴンボール ゼノバース
ドラゴンボール ゼノバース2
ドラゴンボール レジェンズ
[注 57]
凶悪化[注 17]グプレー ドラゴンボール ゼノバース2
マシンミュータントの色違い
マシンミュータントは『Let's! TV プレイ スカウターバトル体感かめはめ波』では紫色、白色、青色の3種。
名称 配色 登場作品 備考
名称なし 赤色 Let's! TV プレイ スカウターバトル体感かめはめ波 [注 54]
名称なし 緑色
名称なし 黒色

映画キャラクターの色違い[編集]

サンショの色違い
サンショは『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人』では水色。
名称 配色 登場作品 備考
シナモン 灰色 ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
ニッキーの色違い
ニッキーは『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人』では水色。
名称 配色 登場作品 備考
ハーブ 朱色 ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
ジンジャーの色違い
ジンジャーは『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人』では緑色。
名称 配色 登場作品 備考
ジャスミン 水色 ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
ターレスの色違い
ターレスは『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画』では顔が濃い肌色、戦闘服が水色。
名称 配色 登場作品 備考
ターレスミラージュ 肌が緑色 ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画 [注 63]
ターレスファントム 肌が紫色
スラッグの色違い
スラッグは『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画』では肌が緑色。
名称 配色 登場作品 備考
スラッグマインド 肌が青色 ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画 [注 63]
スラッグメンタル スラッグより肌が濃い緑色
肌が青色
ネイズ型の色違い
ネイズは『ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間』では茶色。
名称 配色 登場作品 備考
カーマス 青色 ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間
マイネー 緑色
サウザーの色違い
サウザーは『ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間』では顔が水色。
名称 配色 登場作品 備考
フレイン 青緑色 ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間
レータ 顔が茶色
ドーレの色違い
ドーレは『ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間』では緑色。
名称 配色 登場作品 備考
ソーイ 橙色 ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間
リッパー 水色
クウラの色違い
クウラは『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画』では白色と紫色。
名称 配色 登場作品 備考
クウラソウル 浅黒い紫色
肌が青色
ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画 [注 63]

ゲームオリジナルキャラクターの色違い[編集]

キンカーンの色違い
キンカーンは『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画』と『ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -地球編-』では青色。
名称 配色 登場作品 備考
ポンカーン 橙色 ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画
ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -地球編-
[注 8]
ボンターン 肌がピンク色
目が緑色
ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画 [注 6][注 8]
カワーズ 肌がピンク色
目が白色
ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画
ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -地球編-
[注 8]
アービーの色違い
アービーは『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画』では肌が黄緑色、髪が薄い紫色。『ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -地球編-』では肌が緑色、髪が薄い紫色。
名称 配色 登場作品 備考
ローザック 橙色 ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画 [注 6][注 8]
ジーク 紫色 ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画
ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -地球編-
[注 8]
グーレの色違い
グーレは『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画』と『ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -地球編-』では橙色。
名称 配色 登場作品 備考
スカッド 肌が朱色
髪が紫色
ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画 [注 8]
肌が薄い黄色
髪が紫色
ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -地球編-
ブード 青色 ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画
ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -地球編-

アバター[編集]

『ドラゴンボールオンライン』以降のゲームでは、自分の分身となるプレイヤーキャラクター・アバターを作り出す作品が存在する。以下、その種類と登場作品。

種類 登場作品 備考
アバター・人間族 ドラゴンボールオンライン [注 64]
アバター・サイヤ人 ドラゴンボールヒーローズ [注 65][注 66]
ドラゴンボール アルティメットブラスト [注 67]
ドラゴンボール ゼノバース [注 68][注 69]
ドラゴンボールフュージョンズ [注 70]
ドラゴンボール ゼノバース2 [注 68]
スーパードラゴンボールヒーローズ [注 65][注 66]
アバター・地球人 ドラゴンボール ゼノバース [注 68]
ドラゴンボールフュージョンズ [注 70]
ドラゴンボール ゼノバース2 [注 68]
アバター・ナメック星人 ドラゴンボールオンライン [注 71]
ドラゴンボールヒーローズ [注 65]
ドラゴンボール ゼノバース [注 72]
ドラゴンボールフュージョンズ [注 72]
ドラゴンボール ゼノバース2 [注 72]
スーパードラゴンボールヒーローズ [注 65]
アバター・魔人族 ドラゴンボールオンライン [注 73]
ドラゴンボールヒーローズ [注 65]
スーパードラゴンボールヒーローズ [注 65]
アバター・魔人 ドラゴンボール ゼノバース [注 68]
ドラゴンボール ゼノバース2 [注 68]
アバター・フリーザ一族 ドラゴンボールヒーローズ [注 65]
ドラゴンボール ゼノバース [注 72]
ドラゴンボール ゼノバース2 [注 72]
スーパードラゴンボールヒーローズ [注 65]
アバター・人造人間 ドラゴンボールヒーローズ [注 65]
スーパードラゴンボールヒーローズ [注 65]
アバター・界王神 ドラゴンボールヒーローズ [注 65]
スーパードラゴンボールヒーローズ [注 65]
アバター・暗黒魔神
シャメル(ヒーロータイプ)
スーパードラゴンボールヒーローズ
ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX
[注 65]
アバター・異星人 ドラゴンボールフュージョンズ [注 70]
アバター・異界人 [注 70]
アバター(EXフュージョン) [注 74]
アバター(マキシフュージョン) [注 75]
凶悪化[注 17]トキトキ都の英雄
凶悪化ゼノバース1アバター
ドラゴンボール ゼノバース2

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 鳥山明が新たに描き下ろしたキャラクター。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 原作キャラクターだが、ゲーム作品で名前が付けられたキャラクター。
  3. ^ a b c d e f エポック社の玩具『マッスルタワーの闘い 1、2階 悟空対下士官』の箱および『マッスルタワーの闘いDX』の箱裏面に記載がある。
  4. ^ a b c 『ドラゴンボール 大魔王復活』のウクレレはレベル1からレベル4が存在し、そのレベルごとに体色、強さが異なる。『ドラゴンボール アドバンスアドベンチャー』では黄緑色と水色の「ウクレレ」と同形状の敵が出てくるが、雑魚敵で名称は付けられていない。
  5. ^ a b c d アニメオリジナルキャラクターだが、ゲーム作品で名前が付けられたキャラクター。
  6. ^ a b c d プレイディア板『ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画』にはボンターンとローザックの配色のキャラクターは出てこない。ファミコン板にのみ登場する。
  7. ^ a b c d ハッチヒャックの分裂化、巨大化、パワーアップ形態はプレイディア板『ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画』で初登場。ファミコン板『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画』には登場しない。『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』で初めてパワーアップ形態に「スーパーハッチヒャック」の名称が付けられた。
  8. ^ a b c d e f g プレイディア板『ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画』の雑魚敵キャラクターには名称が付いていないため、ファミコン板『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画』の敵キャラクターの色で判断して記載。
  9. ^ 原作キャラクターの原作には登場しない時期の姿(成長後の姿・成長前の姿)。
  10. ^ a b 原作では台詞の中に登場するのみだが、鳥山明が新たに描き下ろしたキャラクター。
  11. ^ a b 『ドラゴンボール ゼノバース2』ではトワとトキトキのタマゴを吸収していたが『スーパードラゴンボールヒーローズ』ではトワのみを吸収している。デザインは両方とも同じであるが『ドラゴンボール ゼノバース2』では名称がミラ(最終形態)となっている。
  12. ^ 『ドラゴンボールオンライン』の海外版設定資料集に設定画が載っているが、同ゲームには登場せず未実装である。
  13. ^ a b 『ドラゴンボールオンライン』の設定画では赤ちゃんだったが、『ドラゴンボール ゼノバース2 DLC「∞の歴史編パック」』『スーパードラゴンボールヒーローズ』では成年の姿で登場する。また『ドラゴンボールオンライン』はトワとミラの息子という設定だったが、『ドラゴンボール ゼノバース2』ではトワとミラの細胞から作られた突然変異の実験体という設定になっている。
  14. ^ 人造人間21号(善)の魔人型は白目に瞳が水色だが、人造人間21号(悪)は白目の部分が黒色、瞳が赤色になっている。
  15. ^ a b 『ドラゴンボールオンライン』ではトワがセルの細胞で作ったクローンだったが、『スーパードラゴンボールヒーローズ』では魔神プティンがセル:ゼノをセルXに変貌させている。また『ドラゴンボールオンライン』では胸の所にミラと同じマークが描かれていたが、『スーパードラゴンボールヒーローズ』では暗黒ドラゴンボールが寄生したデザインに変更されている。
  16. ^ a b 2016年8月末頃から予約が始まった『スーパードラゴンボールヒーローズ 9ポケットバインダーセット』に「メチカブラ」の姿が描かれているが名前は公表されていなかった。その後、『最強ジャンプ』2016年11月号(2016年10月1日発売)に掲載されている漫画『スーパードラゴンボールヒーローズ 暗黒魔界ミッション!』第2話でメチカブラの名前、暗黒ドラゴンボール、魔神トワの姿、フリーザ:ゼノの姿がゲームに先駆けて初登場する。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at 『ドラゴンボール ゼノバース2』の凶悪化はパワーアップしたトワの魔術をかけられた形態。赤い目が特徴。またターレス、スラッグ、バータ、ジースは暗黒魔界の力を取り込んだ神精樹の実を食べてパワーアップもしている。
  18. ^ a b c d e f g h i j 極悪化はパワーアップしたトワによる凶悪化を超える洗脳による形態。全身が青色になり額に仮面のサイヤ人と同じマークが付くのが特徴。
  19. ^ 初回封入特典としてダウンロードコードが入っている。
  20. ^ 地球に行かず他の惑星で生まれ育ったカカロットだが、何故か一人称が「オラ」で必殺技に「かめはめ波」を使う。
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 魔人化、破壊王および破壊王子はバビディによる洗脳。
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 『ドラゴンボール ゼノバース』の凶悪化はトワおよび魔神ドミグラの洗脳による形態。赤い目が特徴。ストーリーの前半ではトワが洗脳している描写があり、ストーリーの後半ではドミグラが洗脳している描写がある。
  23. ^ a b c d e f g h トワの洗脳による形態。赤い目と、額か体に仮面のサイヤ人と同じマークが描かれた緑色の宝石が付いているのが特徴。
  24. ^ ベジータとナッパが地球に持ち込んだサイバイマンが250年の年月を経て野生化した姿
  25. ^ 『スーパードラゴンボールヒーローズ』の大猿ラディッツのカードは公認大会「スーパーヒーローズスタジアム 1st season」の大会に出た参加賞として貰えた。
  26. ^ 『ドラゴンボール レイジングブラスト』が初登場。『ドラゴンボールヒーローズ』では2011年4月7日 - 5月8日のスペシャルチャレンジミッションで敵として登場。その後2011年5月19日に第4弾でカード化した。
  27. ^ a b c d e f 『ドラゴンボール ゼノバース2』DLC「∞の歴史編パック」以降の強化はフューの魔術をかけられた形態。赤い目が特徴。
  28. ^ ドラゴンボールZ 復活の「F」」および「ドラゴンボール超」のゴールデンフリーザは一人称が「私」だが、ヒーローズのゴールデンフリーザ怒りは一人称が「オレ」に変わり、原作のフリーザ最終形態フルパワーのように口調が荒々しくなる。映画版、アニメ版でも悟空に追い詰められてゴールデンフリーザが怒る描写があるが、一人称が変わったり最終形態フルパワーのような荒々しい口調になったりはしない。またヒーローズ版の怒り状態はアニメ版の怒り状態よりも目が血走っている。
  29. ^ タイム・パトロールの姿・設定はドラゴンボールオンラインで初登場。『ドラゴンボールヒーローズ』で初めて「トランクス:ゼノ」の名称が付けられた。『ドラゴンボール ゼノバース』シリーズでは「トランクス」表記だが、姿はトランクス:ゼノと同じである。また『ドラゴンボール ゼノバース』の初回封入特典で『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』ゲーム内キャラクター「トランクス(ゼノ)」がもらえる。
  30. ^ Vジャンプ2013年10月号(2013年8月21日発売)の応募者全員サービスでドラゴンボールヒーローズのゴテンクス:青年期カードが貰えた。また『ドラゴンボールヒーローズ邪悪龍ミッション第1弾』からゴテンクス:青年期が登場する。
  31. ^ 『ミラクルバトルカードダス』の超サイヤ人ゴテンクス:青年期のカードは2014年4月に開催されたミラクルバトルカードダスの大会に出た参加賞として貰えた。また上位3位以内に入ると大会上位賞として箔押し仕様の超サイヤ人ゴテンクス:青年期カード(絵柄は同じ)が貰えた。
  32. ^ 『ミラクルバトルカードダス』には超サイヤ人2の表記があるが『ドラゴンボールヒーローズ』のゴテンクス:青年期には超サイヤ人2の表記がないため、超サイヤ人との髪の毛の逆立ち方の違いで判断して記載。
  33. ^ 『ミラクルバトルカードダス』の超サイヤ人3ベジットのカードはVジャンプ2014年9月号(2014年7月19日発売)の付録で付いていた。
  34. ^ ドラゴンボールオンライン』に出てくるイービルバーダックがデザインの原型。後に『ドラゴンボールヒーローズGOD MISSION第1弾』に「仮面のサイヤ人」として登場する。また『Vジャンプ』2015年4月号(2015年2月21日発売)の応募者全員サービスでドラゴンボールヒーローズの仮面のサイヤ人、トランクス:ゼノ、超サイヤ人4ゴジータ:GTのカードが貰えた。
  35. ^ 『Vジャンプ』2011年8月号(2011年6月21日発売)で超サイヤ人悟空、超サイヤ人バーダック、超サイヤ人少年悟飯のドラゴンボールヒーローズカード3枚パック応募者全員サービス企画が行われた。また同雑誌同号から「超サイヤ人バーダック誕生秘話を描いた」漫画『ドラゴンボール エピソード オブ バーダック』が3号連続集中連載開始。続いて『ドラゴンボールヒーローズ』第5弾(2011年7月14日稼動開始)から超サイヤ人バーダックが登場。『Vジャンプ』2011年10月号(2011年8月20日発売)の漫画『ドラゴンボール エピソード オブ バーダック』第3話でバーダックが超サイヤ人化する。その後『ドラゴンボール エピソード オブ バーダック』はアニメ化もされており、イベント『ジャンプフェスタ'12』で先行上映の後、公式HPで無料期間限定配信、最強ジャンプの付録DVDにも収録された。
  36. ^ 『ドラゴンボールZ BATTLE OF Z』の超サイヤ人バーダックはインターネットに接続してPlayStation Storeから有料でダウンロードできる追加キャラクター。発売日後に追加された。
  37. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』の超サイヤ人2バーダック:ゼノはゴッドミッション第3弾の敵として登場。超サイヤ人2の表記があり、超サイヤ人バーダック:ゼノの髪の逆立ち方と異なる。カード化はされていない。
  38. ^ 『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』での表記は「超サイヤ人3バーダック」だが、姿は超サイヤ人3バーダック:ゼノと同じである。
  39. ^ 魔人誕生編のバビディの召喚キャラクターとしても登場する
  40. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『ドラゴンボール ゼノバース2』DLC「第6宇宙編パック」「未来トランクス編パック」の強化魔術は誰がかけたか本編中に描かれていない。赤い目が特徴。
  41. ^ a b c d 読者投稿企画「みんなの考えた夢のフュージョン」の結果発表で、『週刊少年ジャンプ』1995年19号に漫画家デビューする前の矢吹健太朗が描いた「ゴハンクス」(悟飯+青年トランクス)が入賞・掲載されたことがある。ただし入賞時のキャラクターデザインとゲームでのキャラクターデザインは別物になっている。
  42. ^ a b 『ドラゴンボールヒーローズ』プレイ中に出るQRコードを読み込むと『ドラゴンボールフュージョンズ』で使える「ゴハンクス:未来」が出現。
  43. ^ ネイル&ツムリー&マイーマ&デンデと同化することでピッコロの流派が「超」になる。
  44. ^ 『ドラゴンボール』連載中に行われた読者投稿企画「みんなの考えた夢のフュージョン募集」の例として、『週刊少年ジャンプ』1995年13号に掲載された原作者の鳥山明本人が描いたキャラクターが起用された。
  45. ^ 最強ジャンプ』2016年7月号(2016年6月3日発売)の『ドラゴンボールフュージョンズ the MANGA!!』でゲームに先駆けて初登場。
  46. ^ 2016年5月頃の情報では『ゴクウハン』[19]だったが、2016年7月頃の情報から『クウハン』[20]に変更された。
  47. ^ 2016年5月ごろの情報では「ブタン」[19]だったが、2016年7月ごろの情報から「魔人サタン」[21]に変更された。
  48. ^ 週刊少年ジャンプ』『Vジャンプ』『最強ジャンプ』3誌で行われた読者投稿企画「フュージョン戦士コンテスト」の結果発表で、『Vジャンプ』2016年9月号(2016年7月21日発売)に掲載されたVJ賞受賞キャラクター。
  49. ^ 読者投稿企画「フュージョン戦士コンテスト」の結果発表で、『週刊少年ジャンプ』2016年34号(2016年7月25日発売)に掲載されたWJ賞受賞キャラクター。
  50. ^ 読者投稿企画「フュージョン戦士コンテスト」の結果発表で、『最強ジャンプ』2016年9月号(2016年8月5日発売)に掲載された最強J賞受賞キャラクター。
  51. ^ 超サイヤ人ベジークス:ゼノは2016年12月3日発売の「スーパードラゴンボールヒーローズ 9ポケットバインダーセット」に収録されたカードが初登場。
  52. ^ 『ドラゴンボール ワールドコレクタブルフィギュア vol.2』でウーロンが化ける牛は「猛牛」の名前が付けられている。またアニメ版でウーロンが化ける牛は灰色。
  53. ^ 『ドラゴンボール 大魔王復活』『ドラゴンボール3 悟空伝』ではドラゴンボール原作本来のピラフマシーンの形ではなく、バトルジャケットの形になっている。
  54. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Let's! TV プレイシリーズの色違いキャラクターには名称が付いていないため、色で判断して記載。
  55. ^ 『ファミコンジャンプII 最強の7人』では原作本来のバトルジャケットの形ではなく、ピラフマシーン(ピラフ機)の形になっている。
  56. ^ 『週刊少年ジャンプ』1987年39号に掲載された『ドラゴンボール』其之百三十九「ヤジロベーの獲物」の回の最終ページ次回予告で『怒りのピッコロ大逆襲!悟空ピンチ!「恐怖のハモニカ」だ』と書かれていたが、実際にはハモニカは登場せずタンバリンが再登場した。その時のサブタイトルも予告の物とは変わっており「タンバリンがやってくる!」になっている。
  57. ^ a b c d e f g h i j k ドラゴンボール レジェンズの色違いキャラクターには名称が付いていないため、色で判断して記載。
  58. ^ 『ドッカンバトル』ではイベント「下級戦士ラディッツの意地」ステージ3の「サイバイマン」が大量に待ち受けるルートに、稀にサイバイマンの色違い(橙色)が出現する。名称が付いていないため、色で判断して記載。
  59. ^ 『ファミコンジャンプII 最強の7人』に登場しているサイバイマン、キュウコンマンとゲーム上では同じ形(色違い)をしている。
  60. ^ ドラゴンボールZ3(PlayStation 2)ではロード中にスティックを回すとサイバイマン(黄緑色)が画面全体に生えてくる。そのまま増殖させまくると赤色のサイバイマン(名称なし)が登場する。
  61. ^ 2010年12月18日 - 12月27日に開催されたドラゴンボールヒーローズのミッション「栽培マンを100万匹とうばつせよ!」で稀に赤いサイバイマンが出てきた。公式HPの表記は「赤い栽培マン(サイバイマン)」。赤いサイバイマンは通常のサイバイマンより高得点だった。
  62. ^ ドラゴンボール RPGのサイバーVは基本1ダメージしか当たらない。すぐに逃げるが、倒すと稀にレアアイテムを落とす。
  63. ^ a b c d プレイディア板『ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画』には出てこない。ファミコン板にのみ登場する。
  64. ^ 『ドラゴンボールオンライン』では、「武道家タイプ」「気功士タイプ」の2タイプが登場。また、レベル50以上まで成長すると「超サイヤ人」に変身可能。
  65. ^ a b c d e f g h i j k l m 『ドラゴンボールヒーローズ』『スーパードラゴンボールヒーローズ』では、「ヒーロータイプ」「エリートタイプ」「バーサーカータイプ」の3タイプが登場。
  66. ^ a b 『ドラゴンボールヒーローズ』『スーパードラゴンボールヒーローズ』では、サイヤ人は男女それぞれのアバターが用意されている。なお、女性の超サイヤ人は『ドラゴンボールヒーローズ』で初登場。
  67. ^ 『ドラゴンボール アルティメットブラスト』では男性サイヤ人アバターのみだが、色々なパーツ、服、カラーを選ぶことにより多種多様なキャラクターを作ることができる。
  68. ^ a b c d e f 『ドラゴンボール ゼノバース』『ドラゴンボール ゼノバース2』では、地球人・サイヤ人・魔人は男女それぞれのアバターが用意されている。
  69. ^ 『ドラゴンボール ゼノバース』を紹介した『週刊少年ジャンプ』などの誌面上では「未来戦士」と呼ばれるアバター設定画が披露されていた。
  70. ^ a b c d 『ドラゴンボールフュージョンズ』では、地球人・サイヤ人・異星人・異界人は男女それぞれのアバターが用意されている。
  71. ^ 『ドラゴンボールオンライン』では、「戦士タイプ」「龍族タイプ」の2タイプが登場。また、レベル50以上まで成長すると「巨身術」が使用可能。
  72. ^ a b c d e 『ドラゴンボール ゼノバース』『ドラゴンボール ゼノバース2』『ドラゴンボールフュージョンズ』では、通常男女それぞれのアバターが用意されているが、ナメック星人とフリーザ一族は性別がないため、男女による違いはない。
  73. ^ 『ドラゴンボールオンライン』では、「大魔人タイプ」「異魔人タイプ」の2タイプが登場。また、レベル50以上まで成長すると魔人ブウ(純粋)に似た「純粋魔人」に変身可能。
  74. ^ アバターがEXフュージョンした姿。フュージョンする相手によって様々なEXアバターが存在する。
  75. ^ アバターがマキシフュージョンした姿。主人公と仲間合わせて5人でフュージョンする。

出典[編集]

  1. ^ “ドラゴンボール公式携帯ゲームサイト「ドラゴンボールモバイル」開始”. 2018年1月23日閲覧。
  2. ^ “ドラゴンボール”を舞台にした本格ケータイRPG「ドラゴンボールRPG」配信”. 2018年1月22日閲覧。
  3. ^ バンダイナムコ、iモード「超ドラゴンボールRPG」”. 2018年1月22日閲覧。
  4. ^ ドラゴンボールがシミュレーションRPGになって登場、『ドラゴンボールウォーズ』iモード向けに”. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 「ドラゴンボールオンライン」の実現に必要だった二つのフュージョンとは?”. 2016年8月21日閲覧。
  6. ^ 幹大樹による2017年5月21日22:17の発言
  7. ^ 幹大樹による2018年2月1日11:18の発言
  8. ^ a b ドラゴンボールオンラインのトワ、ミラ等をデザインした幹大樹による2017年5月21日21:49の発言
  9. ^ ドラゴンボール レジェンズ公式による2018年4月13日12:05の発言
  10. ^ a b c 鳥山明保存会『BIRD LAND PRESS 22』1986年、19頁。
  11. ^ 「鳥山明とVジャンプ」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、83頁。
  12. ^ 孫悟飯:GT 超サイヤ人4爆誕!DBH5周年情報超解禁!!”. 2016年6月16日閲覧。
  13. ^ スーパーサイヤ人3ベジータ参戦”. 2014年7月24日閲覧。
  14. ^ ミラクルバトルカードダス「決戦!!天下一武道会!!」”. 2016年11月4日閲覧。
  15. ^ Vジャンプ増刊バンダイ公式5周年記念ファンブック ドラゴンボールヒーローズ 2016年01月号 集英社、2015年11月19日、69頁 JANコード 4910113240162
  16. ^ ゴッドミッション3弾」超始動!”. 2016年6月16日閲覧。
  17. ^ Vジャンプブックス ドラゴンボールフュージョンズ 公式超ガイドブック 集英社、2016年8月4日、41頁、167頁 ISBN 978-4087797428
  18. ^ ドラゴンボールフュージョンズ キャラ紹介”. 2016年6月16日閲覧。
  19. ^ a b 3DS「ドラゴンボールフュージョンズ」第1弾PV. 2016年8月5日閲覧。
  20. ^ 3DS「ドラゴンボールフュージョンズ」第1弾PV(店頭用).2016年8月5日閲覧。
  21. ^ a b 3DS「ドラゴンボールフュージョンズ」プレイ動画 〜フュージョン編〜.2016年8月6日閲覧。
  22. ^ a b ドラゴンボール レジェンズ公式による2018年6月14日12:50の発言