ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラゴンボール > ドラゴンボールZ > ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち
ドラゴンボールZ
激突!!100億パワーの戦士たち
監督 西尾大介
脚本 小山高生
原作 鳥山明
製作総指揮 今田智憲、茅野力造
ナレーター 八奈見乗児
出演者 野沢雅子
古川登志夫
田中真弓
堀川亮
宮内幸平
龍田直樹
中尾隆聖ほか
音楽 菊池俊輔
主題歌 CHA-LA HEAD-CHA-LA」(影山ヒロノブ
編集 福光伸一
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗1992年3月7日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 16億円[1]
前作 ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強
次作 ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち』(ドラゴンボールゼット げきとつ!!ひゃくおくパワーのせんしたち)は、1992年3月7日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作第9弾である。監督は西尾大介

春休みの東映アニメフェアの1作品として上映された。同時上映作は『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 起ちあがれ!!アバンの使徒』『まじかる☆タルるートくん すき・すき タコ焼きっ!』。

解説[編集]

邦画配給収入16億円、観客動員数330万人[2]。1996年初頭時点におけるビデオ販売本数は4万2千本[2]。また、1993年10月13日に『ドラゴンボールZスペシャル』として放送され、視聴率24.1%を記録した[3]

『ドラゴンボール大全集』には「悟空のマークなしの道着、神がデンデ、ベジータの超サイヤ人化などから、セルゲーム開幕宣言からセルゲーム開幕までの事件と推測できる」と書かれている[4]。劇場版『ドラゴンボールZ』としては初めて前作の完全な続編となっている。

本作は、ベジータの映画初出演作である。なお本作の公開時点では原作でもデンデは神になっていなかった。本作以降『ドラゴンボール』の劇場版は、それまでの悟空VSボスキャラクターという形態から、チーム戦を主体とした描写が多くなる。

あらすじ[編集]

デンデが地球の神となり、その後も新ナメック星では平穏な日々が続いていた。しかしある時、宇宙の彼方から飛来したマシン惑星・ビッグゲテスターが新ナメック星を覆ってしまう。

新ナメック星からの危機を知らされたデンデは悟空たちに救援を要請。悟空、悟飯、クリリン、ピッコロ、亀仙人、ウーロン、ヤジロベーが宇宙船で新ナメック星へ向かうが、そこに現れたのは、かつて悟空が倒したはずのフリーザの兄・クウラだった。

死んだと思われていたクウラは、脳だけで宇宙を漂っていたが、運良くビッグゲテスターに流れ着き、そのメインコンピューターと融合。新ナメック星を侵略するために覆い尽くしていたのである。そして、悟空とクウラの因縁の対決が再び始まった。

舞台[編集]

ビッグゲテスター
惑星に寄生し、その星のエネルギーを吸い尽くす巨大マシン惑星。捨てられた宇宙船や人工衛星が漂流している「宇宙の墓場」と呼ばれる場所にあった1つのコンピューターチップが、自らの能力で周囲の物を取り込み、そのエネルギーを吸収することで増殖・肥大化した。ビッグゲテスターのメインコンピューターと漂着してきたクウラの脳が融合して、星の核(メタルクウラ・コア)になっている。
メタルクウラ・コア消滅の際、件のコンピューターチップをベジータが密かに回収。地球への帰還の折に握り潰した。
名前の由来は「でっかいゲテモノの星」から[5]

敵キャラクター[編集]

メタルクウラ
「メタル・クウラ」とも表記される。当初はサイボーグ・クウラと紹介されたこともある[6]
前作で悟空によって倒されたクウラの脳が自分の体を機械で再生し生み出した量産型ロボット。クウラの通常形態をベースにしたメタルボディは、銀色の光沢を放っている。また、戦闘力は以前よりも格段にアップしており、超サイヤ人1人と同等かそれ以上である他、長時間戦ってもパワーが低下しない。
悟空と同様に瞬間移動が可能で、自己修復機能を持っており、多少破壊されても自身の弱点をデータとしてメインコンピューターに送り込み、瞬時に破損を修復・分析・強化して、より強い戦闘力を得る。また、それに伴ってボディの耐久力も増す。
超サイヤ人化した悟空とベジータを圧倒した後、悟空とベジータの決死の突撃によって破壊されるが、直後に数百体のメタルクウラが出現、消耗しきった悟空とベジータを為す術もなく捕らえた。その後、救援に駆け付けたピッコロをも追い詰めたが、メタルクウラ・コアの損傷により制御を失って自爆した。
名前はボディが金属でできていることからつけられた[7]
メタルクウラ・コア
クウラの脳とビッグゲテスター内部のメインコンピューターが融合した惑星のコア。クウラの意思に支配されており、メタルクウラを作り上げた。クウラ自身の元の肉体は脳と右目付近しか残っておらず、それ以外は機械で構成されている。他のメタルクウラは全てこのメインコンピューターから遠隔操作されており、コアに損傷が起こると全てのロボット兵やメタルクウラは活動を停止し、自爆する。
コア自体はクウラの頭部のみで、ビッグゲテスター中心部に固定されている。また、緊急時はメインコンピューターのコード類などでボディが形成された戦闘形態をとることが可能。量産されているメタルクウラとは異なり、尻尾を除いた形状となって大きさも巨大なものとなる。
悟空とベジータを捕らえて生命エネルギーを吸い取り、メタル超サイヤ人の量産を企むが、その予想を遥かに上回るエネルギーの過剰摂取により中心部が損傷を受ける。他のメタルクウラも制御を失って自爆したため、戦闘形態となって本体自らが襲い掛かり、悟空をワイヤーで捕らえるが、ベジータの攻撃で切断される。その隙を突いて残りの力を圧縮した悟空の気功弾によって完全に消滅した。
ロボット兵
ビッグゲテスターのメインコンピューターの命令で動く戦闘ロボット。数が多く、腕部には捕獲用ネットやマシンガン、強力な光弾砲[8]を搭載したアームを装備している。腕の中にはケーブルが格納されており、アームを遠くに移動させる機能も持つ他、装甲は気を一点に集中した打撃でないと破壊することができないほどに頑丈。ナメック星人を捕らえた後、悟飯たちと戦闘を行い、捕獲してビッグゲテスターに連行した。その後、メタルクウラ・コアの損傷により自爆した。
誘導ロボット
ビッグゲテスター内に捕らえられた人間を所定の場所に誘導するロボット。悟飯たちから生命エネルギーを取り出そうとした際に明るい声と丁寧な口調で「あなた方をすり潰します」と残酷なことを言い放つ。ロボット兵同様の頑丈な装甲に加え、悟飯やクリリンたちをも片手で引っ張るほどの力を有している。ヤジロベーを回転鋸で切り刻もうとするが、メタルクウラ・コアの損傷により他のロボット兵共々自爆した。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「CHA-LA HEAD-CHA-LA
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 清岡千穂 / 編曲 - 山本健司 / 歌 - 影山ヒロノブ

※オープニングの映像はTVシリーズ第118話以降のものを採用している。

エンディングテーマ - 「HERO(キミがヒーロー)」
作詞 - 佐藤大 / 作曲 - 清岡千穂 / 編曲 - 山本健司 / 歌 - 影山ヒロノブ、YUKA

映像ソフト[編集]

いずれも東映ビデオより発売。

  • VHS・LD
1992年10月9日に発売。
  • DVD
    • DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES
      2006年4月14日発売。
    • DRAGON BALL THE MOVIES #06 ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち
      2008年11月14日発売。

関連書籍[編集]

  • ジャンプ・アニメコミックス ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち - 集英社、1992年7月6日、ISBN 4-8342-1182-7

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1992年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b 劇場版ドラゴンボールDVD-BOX東映アニメーション。
  3. ^ ニュータイプ』1994年1月号68頁。
  4. ^ 渡辺彰則編「DBZ THE MOVIE BATTLE STORIES №6『激突!!100億パワーの戦士たち』」『ドラゴンボール大全集6巻』集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、88頁。
  5. ^ 渡辺彰則編「'92memorial」『ドラゴンボール大全集 6巻』104頁。
  6. ^ 福島征英編「ドラゴンボールZ特集」『てれびくん 1992年4月号』小学館、平成4年(1992年)4月1日、雑誌01017-4、13頁。
  7. ^ 渡辺彰則編 「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART2・TVスペシャル&劇場版編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、68頁。
  8. ^ 『ドラゴンボール大全集7巻』ではエネルギー砲とも表記されている。

関連項目[編集]

ドラゴンボールの映画・イベント用アニメ
通番 題名 公開時期
第1作 神龍の伝説 1986年 グルメス王一味
第2作 魔神城のねむり姫 1987年 ルシフェル一味
第3作 摩訶不思議大冒険 1988年 鶴仙人・桃白白兄弟
第4作 オラの悟飯をかえせッ!! 1989年 ガーリックJr.一味
第5作 この世で一番強いヤツ 1990年 Dr.ウィロー一味
第6作 地球まるごと超決戦 1990年夏 ターレス一味
第7作 超サイヤ人だ孫悟空 1991年 スラッグ一味
第8作 とびっきりの最強対最強 1991年夏 クウラ一味
第9作 激突!!100億パワーの戦士たち 1992年 メタルクウラ
第10作 極限バトル!!三大超サイヤ人 1992年夏 人造人間13号、14号、15号
第11作 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 1993年春 ブロリー
第12作 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 1993年夏 ボージャック一味
第13作 危険なふたり!超戦士はねむれない 1994年 復活ブロリー
第14作 超戦士撃破!!勝つのはオレだ 1994年夏 バイオブロリー
第15作 復活のフュージョン!!悟空とベジータ 1995年 ジャネンバ
第16作 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる 1995年夏 ヒルデガーン
第17作 最強への道 1996年 レッドリボン軍
JF08 オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!! 2008年 アボとカド
実写 EVOLUTION 2009年 ピッコロ大魔王
JF12 エピソード オブ バーダック 2011年 チルド一味
第18作 神と神 2013年 ビルス
第19作 復活の「F」 2015年 フリーザ一味