小山高生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小山 高生(こやま たかお、1948年4月21日 - )は、東京都昭島市出身の脚本家作家。脚本家集団ぶらざあのっぽ主宰。大阪芸術大学キャラクター造形学科教授。1987年10月より以前は本名の小山 高男名義で活動していた。自称「アジア最大の脚本家(身長が)」。

来歴・人物[編集]

早稲田大学文学部卒業。大学生時代はテレビ番組『クイズタイムショック』の問題作成のアルバイトを経験。1972年3月に早稲田大学を卒業して、アニメ製作会社タツノコプロに入社。企画文芸部に所属して、数々のタツノコアニメの企画や脚本を担当した。企画を担当し最終作まで執筆した『タイムボカンシリーズ[注 1]』にはとりわけ愛着が深く、復活運動にも力を入れた。そのタツノコプロは1975年8月に退社。小山はフリーに転じて他社作品を手がけるようになったが、自分を育てたタツノコプロ自体への恩義は強く感じ、タツノコプロ初代社長の吉田竜夫が没し、スタッフが次々と流出して苦境にあったタツノコプロを支えた。

若い才能の育成に特に熱心で、1986年7月に日本テレビ音楽学院(現:日テレ学院)の教室を借りて、アニメシナリオハウスを開講。1987年までに、荒川稔久あかほりさとる川崎ヒロユキ影山由美隅沢克之松井亜弥などを輩出。ここで育ったライターに仕事を斡旋するため、1988年1月に脚本家集団ぶらざあのっぽを結成した。2005年4月に大阪芸術大学映像学科教授に就任している。しかし、一方で脚本家としての仕事は減り、2006年には一本も書かなかった。そのため、脚本家を廃業し、他の仕事に専念すると宣言した[2]2014年8月にはぶらざあのっぽは同年同月末日を以って、シナリオライターの発掘、養成の役割を終え小山高生の個人事務所となり、それ以外の所属ライターは、全員フリーとなって独立することを発表した[3]。息子の小山真[4]も脚本家の道を進み、ぶらざあのっぽに所属していた。

「ぶらざあのっぽ」のネーミングや、自称である「アジア最大の脚本家」は、小山の194cmという長身に由来する。これをタイムボカンシリーズの笹川ひろし監督に売り込んで、『ヤットデタマン』に小山カメラマンという背が高くて顔が映らない大男のキャラクターで登場した。1993年のOVA『タイムボカン王道復古』では「小山です」の一言だけだが声優としても出演している。

ドラゴンボール』、『YAWARA!』、『ギャラクシーエンジェル』など多くのアニメを手がけ、特撮でも『平成仮面ライダーシリーズ』の常連脚本家である井上敏樹とは古くから付き合いがあり、とりわけ井上がシリーズ構成を務めた『ギャラクシーエンジェル』、『電光超特急ヒカリアン』などには多くの小山の門下生が参加している。

また、崇教真光の信徒としても知られており、教団を紹介する著書の執筆や教団主催の講演会、日本国外での布教活動を行なっている。(#崇教真光信徒としての活動にて後述)

作品リスト[編集]

映像作品[編集]

タツノコプロ[編集]

東映アニメーション(旧 東映動画)[編集]

サンライズ[編集]

ぴえろ[編集]

プロダクション リード(旧 葦プロダクション)[編集]

その他[編集]

著書[編集]

小説
  • かいけつ親子ドンシリーズ
    • 神々の熱き戦闘(1984年)
    • 霊界からの闖入者(1984年)
  • 霊もピチピチ生きている 実証・真光の業(1985年)
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所(1994年、1996年)
  • Dr.スランプ アラレちゃん(1994年)
  • 元気玉(2002年)
  • コミック版「原因」と「結果」の法則(潤色・脚本2009年)
  • だからアニメシナリオはやめられない(2012年)
漫画

舞台[編集]

オペラ
  • FUKUSHIMA 白河版オペラ 魔笛(2017年)[9]

受賞歴[編集]

  • 1985年 第2回日本アニメ大賞脚本部門最優秀賞
  • 1999年 第4回アニメーション神戸特別賞

崇教真光信徒としての活動[編集]

1977年11月に崇教真光に入信し、後に道場幹部に就任している[10]

『崇教真光』誌平成19年8月号にはインドネシアでの布教活動の様子が掲載された。また、教団の教え主代理・岡田晃弥の「ご教示」にて小山の布教活動が紹介され、祝福を贈られている[11]

ぶらざあのっぽ[編集]

ぶらざあのっぽは、小山高生が代表を務めるアニメ脚本家集団。1988年1月に創立し、1990年10月に有限会社として法人登記した。2014年をもって上記の通り小山の個人事務所に変更し、2016年3月31日付けで解散、四半世紀以上の歴史を終えた[12]

ぶらざあのっぽ出身ライター[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ヤッターマン』は病気療養中だったため、製作には関わっておらず、また、『イタダキマン』はフジテレビのプロデューサー、岡正との軋轢でシリーズ構成を外された(本作の第7話「それを食ったらおしまいよ!」のシナリオを書いたのみ)事から、「のっぽとタイムボカン[1]」にあるように、小山は同作を『タイムボカンシリーズ』と認めていない。
  2. ^ 「脚本」としてクレジットされているが『改』のオリジナルとなった『Z』の脚本を手がけたためであり、小山が直接関わっているわけではない。

出典[編集]

  1. ^ のっぽとタイムボカン”. ぶらざあのっぽ公式サイト. 2003年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月17日閲覧。
  2. ^ ●2006年12月19日 脚本家廃業宣言!”. ぶらざあのっぽ公式サイト. 2007年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月17日閲覧。
  3. ^ ●2014年8月1日 ぶらざあのっぽに関して、ご挨拶”. ぶらざあのっぽ公式サイト. 2014年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月17日閲覧。
  4. ^ 小山真(@makotoppo104)のツイート (306224724894158852)
  5. ^ かりあげクン”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。
  6. ^ コンポラキッド”. 東映アニメーション. 2016年6月8日閲覧。
  7. ^ おれは直角”. ぴえろ公式サイト. 2016年6月9日閲覧。
  8. ^ ドン・ドラキュラ”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月6日閲覧。
  9. ^ 【オペラ公演情報】FUKUSHIMA白河版 魔笛(まてき)”. オペラ・エクスプレス. 2017年5月6日閲覧。
  10. ^ 小山高生 『霊もピチピチ生きている 実証・真光の業』 リヨン社、2000年7月1日、80頁。ISBN 4-576-85091-1
  11. ^ 『崇教真光』誌 平成19年8月号 54頁-57頁
  12. ^ お知らせ”. ぶらざあのっぽ公式サイト. 2016年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月17日閲覧。

外部リンク[編集]