影山由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

影山 由美(かげやま ゆみ、12月31日 - )は、東京都世田谷区出身の脚本家である。

概要[編集]

元・幼稚園教諭。教師時代にシナリオ・センター元町教室(閉校)→青山教室に通い、本科を修了。その後、1986年小山高生が主宰するシナリオ学校「アニメシナリオハウス」の第1期生となり、のちに小山が設立した脚本家集団「ぶらざあのっぽ」の創立メンバーとなる。アニメ脚本のほか、漫画のノベライズ、また子ども向けのミュージカル脚本、作詞等も手がけている。

作風[編集]

元・幼稚園教諭だったことから、子ども達の描写を得意とする。 また『ママレード・ボーイ』『花より男子』『ラブ☆コン』等の恋愛ものを多く手がける一方で、奇抜な発想から『キョロちゃん』第46話「侵略ロボットI-31号」のような怪作も執筆している。

作品リスト[編集]

脚本[編集]

小説[編集]

映画[編集]

漫画原作[編集]

ミュージカル[編集]

  • 不思議の国のアリスのマッチ売り(脚本/作詞)

2006年6月初演。 2008年11、12月、再演された。

2010年7月~

外部リンク[編集]

  • [1]『不思議の国のアリスのマッチ売り』