香村純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

香村 純子(こうむら じゅんこ、1976年5月28日[1][2] - )は日本脚本家愛知県生まれ[2]。フリーランス。

人物・来歴[編集]

子供の頃から「スーパー戦隊シリーズ」のファン[3]。本格的に視始めたのは『電子戦隊デンジマン』あたりからで、「ウルトラシリーズ」、「仮面ライダーシリーズ」それぞれ新作の放映が無かった頃に子供時代を過ごしたことから、「スーパー戦隊シリーズ」のファンになっていった[1][3]。高校・大学時代は演劇部に所属し、脚本や制作などを担当していたそうである[3]

脚本家になる前は、地元・愛知で事務職に就いていたが、スーパー戦隊シリーズの脚本を書きたいという気持ちが強くなって、退職し2001年に上京[3]。脚本家になることについては、同じ女性で同様に元会社員で、28歳でデビューした小林靖子のことも意識していた[1][3]東映アニメーション研究所の実写コースでシナリオを2年間学び、その後ぶらざあのっぽのシナリオ講座を受講[3]2006年にぶらざあのっぽに入社。

初めて手掛けた脚本は、兄弟子からもらったドラマCDの作品[1][3]。当初はゲームの脚本に呼ばれたが、向いていないとして少女漫画原作のドラマCDへ回った[3]

「スーパー戦隊シリーズ」には2008年の『炎神戦隊ゴーオンジャー』から参加[2][3]。2011年の『海賊戦隊ゴーカイジャー』では16本のストーリーを執筆している。そして2016年の『動物戦隊ジュウオウジャー』では初の単独メインライターを担当した[2][3]

2012年には、『仮面ライダーウィザード』にきだつよしと供にメインライターとして参加[3]。同作品のチーフプロデューサーである宇都宮孝明によれば、きだとのスケジュールとの兼ね合いで、ダブルメインライター体制になった[3][4]。劇場版2作品を含み20本以上のストーリーを執筆。

同年11月からは、ぶらざあのっぽから独立し、フリーランスのライターとして活動[1]

交友関係[編集]

脚本家の荒川稔久は同じ中学校の先輩である[5][6][3]。香村曰く、荒川との縁で「スーパー戦隊シリーズ」に係わることが出来たとのこと[1]。荒川は、最初は同郷で「スーパー戦隊シリーズ」が好きと聞いたことから呼んだが、同じ中学校であるとまでは知らなかったと述べている[6]

脚本家の田中仁東映アニメーション研究所の同期である[7]。ただし当時はコースが異なるため面識はなく、互いに脚本家を目指してから知り合った[7]。田中はメインライターを務めたテレビアニメ『Go!プリンセスプリキュア』で香村を招き、翌年香村は自身がメインライターを務めた『動物戦隊ジュウオウジャー』に田中を呼んでいる[7]

作品[編集]

太字はメインライター・シリーズ構成を担当した作品。

特撮[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

ドラマCD[編集]

  • ちとせげっちゅ!!(2005年 - 2006年)
  • 茅島氏の優雅な生活(2006年)
  • ネクラートホリック(2007年)
  • 特殊戦闘員育成機関 ヒーローアカデミーJ(2008年)
  • ジェラールとジャック(2008年)
  • 世界一初恋(2008年 - 2010年)
  • SUPER LOVERS スーパーラヴァーズ 2(2011年)
  • SUPER LOVERS スーパーラヴァーズ 3(2012年)
  • 文豪シリーズ 「不良文豪とホスト」(2012年)
  • 文豪シリーズ 「文豪の神様」(2012年)
  • 烈車戦隊トッキュウジャー オリジナルアルバム サウンドエクスプレス1号車(2014年)

オリジナルビデオ[編集]

その他[編集]

  • 海賊戦隊ゴーカイジャー ファイナルライブツアー2012(2012年)
  • 動物戦隊ジュウオウジャー ファイナルライブツアー2017(2017年)
  • B-PROJECT on STAGE「OVER the WAVE!」(2017年)[注釈 11]
  • 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ファイナルライブツアー2019(2019年)
  • ヒーリングっど♥プリキュア 感謝祭 オンライン(2021年)
  • 機界戦隊ゼンカイジャー スピンオフ ゼンカイレッド大紹介!(2021年) [注釈 12]
  • 機界戦隊ゼンカイジャー ファイナルライブツアー2022(2022年)
  • ツーカイザー×ゴーカイジャー ~ジューンブライドはたぬき味~(2022年)

作詞[編集]

  • 界賊の唄(2021年、マイクスギヤマと共作詩、歌:ツーカイザー /ゾックス・ゴールドツイカー(増子敦貴))

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 荒川稔久と共作[3]
  2. ^ 内2話は脚本監修。
  3. ^ 内2話はきだつよしと共作。
  4. ^ 特別章のみ脚本監修。
  5. ^ 内2話は石橋大助と共作。
  6. ^ 荒川稔久と共作。
  7. ^ 荒川稔久と共作。
  8. ^ 藤平久子、福山桜子と共作。
  9. ^ ゼンカイジャー監修
  10. ^ 内1本は高橋郁子と共同脚本
  11. ^ 登米裕一と共同
  12. ^ 監修

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宇宙船』Vol.152(2016年春号 ホビージャパン)p.64 - 65(香村純子インタビュー)より
  2. ^ a b c d ジュウオウジャー公式完全読本 2017, pp. 53–55, 「Zyuohger Writer Interview 01 香村純子」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「スーパー戦隊制作の裏舞台 香村純子」 『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.16 動物戦隊ジュウオウジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年6月24日、32頁。ISBN 978-4-06-509527-0 
  4. ^ 谷村康弘 編「Catch the Heroes Part 2 〔インタビュー〕宇都宮孝明」 『宇宙船』 vol.138、ハイパーホビー〈ホビージャパンMOOK464〉、2012年10月1日、76頁。ISBN 978-4-7986-0477-0 
  5. ^ ハイパーホビー』2011年10月号(徳間書店)より[要ページ番号]
  6. ^ a b ジュウオウジャー公式完全読本 2017, pp. 56–57, 「Zyuohger Writer Interview 02 荒川稔久
  7. ^ a b c ジュウオウジャー公式完全読本 2017, pp. 58–59, 「Zyuohger Writer Interview 03 田中仁
  8. ^ “「騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー」2月公開”. 映画ナタリー. (2019年12月21日). https://natalie.mu/eiga/news/360365 2019年12月21日閲覧。 

参考文献[編集]