吉松孝博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉松 孝博(よしまつ たかひろ、1965年8月27日[1][2] - )は、日本アニメーターキャラクターデザイナー[3]大阪府出身[1]大阪府立東豊中高等学校卒業。スタジオ・ライブ所属[1][2][3]日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員[4]

サムシング吉松ペンネームで、漫画家としても活動している[1]

経歴[編集]

中学時代は美術部に所属し、アニメーションを製作、高校に入り、ダイコンフィルムの影響を受け、本格的にセルアニメを作り始める[2]。この時のメンバーには椎名高志がいる[2][5]

月刊OUT』の読者・投稿者を経て[要検証 ]、アニメ制作会社「スタジオ・ライブ」に入社[2]キャラクターデザイナー作画監督として活躍する[6]。代表作は『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』『十兵衛ちゃん』など。なお、『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』には「サムシング吉松」(声:梁田清之)という名のキャラクターが登場した。

熱狂的なセガ(後のセガゲームス並びに後のセガ・インタラクティブ)信者として知られており[要検証 ]、同社のテレビゲーム機を擬人化した漫画『メガドラ兄さん』や『ドリドリキャス子さん』といったゲーム機漫画を『セガサターンマガジン』に連載。セガの自虐的なネタやプロレスネタ等マニアックな内容のこの作品は、掲載誌を増やしつつ10年以上という長期連載を続けている。

近年は自主映画の制作も手がける。

プロレスファン(格闘技全般)、KISSファン、ハロー!プロジェクト(特に藤本美貴)ファンとしても知られている。

また、2007年6月、「WEBアニメスタイル」連載コラムにおいて、藤本美貴モーニング娘。を脱退した寂しさから、「サミシング吉松」に改名することを表明したが、翌7月のGAMライブ鑑賞後、「もうさみしくないので」と、元の「サムシング吉松」に戻している。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

著書[編集]

  • セガのゲームは世界いちぃぃぃ!(ソフトバンクパブリッシング SB Comics)
  • セガのゲームは世界いちぃぃぃ! 2 ドリドリキャス子さん(ソフトバンクパブリッシング SB Comics)
  • セガのゲームは世界いちぃぃぃ! 3 どっこい生きてたキャス子さん(ソフトバンククリエイティブ)
  • すかっとサイバえもん(学研 ノーラコミックスPockeシリーズ)
  • 部活少女ゆう(作画:AM-DVLウェブコミック誌YOMBAN

ドリームキャス子[編集]

ドリームキャストを擬人化したキャラクター。吉松が考案した。周りには概ね好意的に受け止められたが、セガを小馬鹿にしたようなその設定は、吉松同様の熱心なセガファンからむしろ顰蹙を買った。非公式ながらドリームキャストのイメージキャラクター同然の知名度があり、アニメ化の企画も出たが、セガからのクレームで中止となった[要出典]

プロレス通の吉松に因んで、大阪プロレスのリングに覆面女子プロレスラー(ただし中の人は男性)として登場し、試合を行った事もある。しかもデビュー戦の相手は村濱武洋という破格の扱いであったが、あえなく48秒で轟沈。2戦目となる6人タッグマッチをもって引退し、普通のゲーム機に戻る

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h おぎにゃんと学ぼう! アニメの作り方 ■第1回 作画監督って何するひと?(前編) マッドハウス
  2. ^ a b c d e アニメーション学科 吉松孝博氏インタビュー - Object id #3172|アミューズメントメディア総合学院 - 東京校
  3. ^ a b スタジオライブクリエイターズ
  4. ^ a b c d 主な会員一覧:日本アニメーター・演出協会(JAniCA)
  5. ^ なお、椎名は大阪府立箕面高等学校卒業。後に椎名は吉松がキャラクターデザインを担当した『大江戸ロケット』にゲストデザインとして参加したほか、椎名の漫画を原作としたアニメ版『絶対可憐チルドレン』では、吉松がオープニングの原画を担当している。
  6. ^ a b c d e TVアニメ『にゃんぱいあ』リレー企画第1弾!吉松監督インタビュー アニメイトTV
  7. ^ TVアニメ「オーバーロードⅡ」オフィシャルサイト”. 2017年11月8日閲覧。
  8. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「宇宙よりも遠い場所」公式サイト. 2017年11月8日閲覧。

外部リンク[編集]