コンポラキッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンポラキッド』(Konpora Kid)は、『週刊少年マガジン』連載のもとはしまさひで作の漫画及び、それを原作としたテレビアニメシリーズ。元々は『コンポラ先生II大ちゃんJR』というタイトルだったのがアニメ化の際に、原作もアニメに合わせて改題され、児童漫画誌『コミックボンボン』でも連載された。

概要[編集]

旧タイトルのとおり『コンポラ先生』の続編であるが、前作が元不良の教師晴海大五郎が型破りな授業を通じてクラスをまとめあげていく、現代を舞台にした学園漫画だったのに対し、本作は21世紀という(当時の認識の)未来世界を舞台として、前作の主人公の息子である大五郎JRを主人公としたSF学園ギャグとなっている。

不良漫画として10代後半の読者をターゲットにしていた前作と比較すると、わずか20年程度しか経過していないにもかかわらず反重力技術が実用化されて各家庭の住居が空中に浮かんでいたり、主人公のJRが8歳の子供にもかかわらず教師になっていたりと、児童向け漫画的設定が導入されており、共通のキャラクターが登場するとはいえ前作とは別作品といえる。なおアニメの場合、前作という縛りがないため「人類の努力しだいでは5年後かもしれないし、100年以上先かもしれない」と冒頭で語られていた。

ストーリー[編集]

時は21世紀。世の中は義務教育が廃止され[1]小学校といえども幼児から果ては30代の大人までもが同じ教室で学ぶ時代となった。
JR(ジェイアール)こと晴海大五郎JR(ジュニア=Jr.[2])は、わずか8歳ながらトラッド学園の小学校で家庭科の教師として教鞭をとるのであった。

アニメ版[編集]

1985年6月3日から同年12月23日まで、テレビ朝日系で毎週月曜日19:00 - 19:30の時間帯にて放送された。全27話。

本作終了後は金曜19:30枠からメタルヒーローシリーズがこの枠に移動(空いた金曜19:30枠は『宇宙船サジタリウス』が開始)したため、テレ朝月曜19時前半枠のアニメは1987年10月の『藤子不二雄ワールド』(19:00 - 19:20枠に『プロゴルファー猿』を放送)開始まで1年9ヵ月のブランクが生じた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:山口康男、横山和夫
  • 原作:もとはしまさひで
  • 音楽:田中公平
  • キャラクターデザイン:山口泰弘
  • 美術デザイン、美術:池田祐二
  • シリーズディレクター:森下孝三
  • 製作担当:武田寛
  • 製作担当補:樋口宗久
  • テレビ朝日プロデューサー:加藤守啓
  • 特殊効果:中島正之、山本功、他
  • 撮影:佐藤隆郎
  • 編集:吉川泰弘
  • 録音:立花康夫、波多野勲
  • 効果:今野康之
  • 選曲:宮下滋
  • 演出助手:広嶋秀樹、堀川和政、他
  • 製作進行:鈴木利之、岩井信吾、他
  • 美術進行:鳥本武
  • 記録:原芳子
  • 現像:東映化学
  • 制作:テレビ朝日、東映動画

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 『コンポラキッド』
作詞・作曲 - 古田喜昭 / 編曲 - 有澤孝紀 / 歌 - ワッフル
エンディングテーマ - 『未来学園TORAD』
作詞・作曲 - 古田喜昭 / 編曲 - 有澤孝紀 / 歌 - ワッフル

主題歌のEPレコードは、日本コロムビアから発売された。

放送リスト[編集]

放送日は、テレビ朝日、および同局との同時ネット局のもの。

話数 サブタイトル 脚本 (絵コンテ)
演出
作画監督 放送日
1 ボクがウワサの8才先生 小山高男 森下孝三 山口泰弘 1985年
6月3日
2 ドドンガドンの海竜ジロッチョ 池田裕之 永木龍博 6月10日
3 パパのパパちゃんがやって来た 柳川茂 遠藤勇二 下田正美 6月17日
4 愛のムチだよビシッ! 小山高男 (東野竜夫)
川端蓮司
志田正博 7月1日
5 ナニが何でもボクちゃん誕生 寺田憲史 新田義方 小林まゆみ 7月1日
6 ボギッ、次郎長はキューピット 柳川茂 森下孝三 佐々門信芳 7月15日
7 給食ロボあっつあつ28号登場 寺田憲史 池田裕之 下田正美 7月22日
8 宇宙へ飛び出せ!コンポラファミリーのわくわく冒険大旅行[3] 小山高男 新田義方 山口泰弘 7月29日
9 恐竜時代へひとっ飛び 柳川茂 (東野竜夫)
堀川和政
8月5日
10 衣音ガンバのマラソン大会 遠藤勇二 永木龍博 8月12日
11 ビックリ美人に学園どっきり 小山高男 新田義方 深沢幸司 8月19日
12 紅白SFハチャメチャ運動会 寺田憲史 川端蓮司 直井正博 9月2日
13 テストはイヤ!!次郎長の家出 9月9日
14 突然のお見合いで恐縮です 寺田憲史 池田裕之 下田正美 9月16日
15 勇気百倍!失敗よりオッパイ 小山高男 堀川和政 永木龍博 9月23日
16 ママちゃんはイチゴが大嫌い 寺田憲史 遠藤勇二 深沢幸司 10月7日
17 クッキーのうらみはコワイぞ 柳川茂 池田裕之 直井正博 10月14日
18 パパちゃんのツッパリ絵日記 寺田憲史 山内重保 山口泰弘 10月21日
19 次郎長はサーカスの大スター 柳川茂 (遠藤克己)
川端蓮司
下田正美 10月28日
20 ブルルッ!減点ロボにご用心 小山高男 新田義方 佐々門信芳 11月4日
21 転校生はさびしん坊 寺田憲史 池田裕之 深沢幸司 11月11日
22 ちびっ子ギャングがやって来た 柳川茂 (遠藤克己)
堀川和政
直井正博 11月18日
23 大変!トラッド学園が盗まれた 寺田憲史 (落合正宗)
川端蓮司
永木龍博 11月25日
24 ショガク星から来たモモコン 小山高男 新田義方 下田正美 12月2日
25 危険!氷の上のラブ・ソング 寺田憲史 (池田裕之)
堀川和政
佐々門信芳 12月9日
26 衣音のとっても幸せキッス 柳川茂 (東野竜夫)
川端蓮司
永木龍博 12月16日
27 とらっど学園・5年桜組は不滅ちゃん! 小山高男 新田義方 佐々門信芳 12月23日

その他[編集]

  • 本作関連の公式グッズは、あまり出回っておらず、セイカノート(現・サンスター文具 セイカレーベル)から発売された文具類などがある程度である。
  • 本作の全エピソードを収録したDVDソフトは、ビデオソフトを含め、現在まで発売が実現していない。なお、第8話を収録したビデオソフトが、東映ビデオから発売されている(現在は廃盤)。

ネット局[編集]


脚注[編集]

  1. ^ あくまでもフィクション上での設定であり、21世紀となった現在でも日本の義務教育制度は変わっていない。
  2. ^ したがって、現在一般的にいわれるJRJapan Railways)とは無関係。なお連載当時は国鉄であり、JRグループ発足は1987年4月から。
  3. ^ 夏休みコンポラキッドスペシャルとして19:00-19:57の枠で放送

外部リンク[編集]

テレビ朝日 月曜日19:00枠(1985年6月 - 12月)
前番組 番組名 次番組
コンポラキッド
巨獣特捜ジャスピオン
※金曜19:30枠から移動