ボカンと一発!ドロンボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ボカンと一発!ドロンボー
ジャンル シューティングゲーム
ゲーム
対応機種 PlayStation
開発元 バンプレ企画・イレブン
発売元 バンプレスト
メディア CD-ROM
プレイ人数 1-2人
発売日 1996年11月29日
ゲーム:ボカンと一発!ドロンボー 完璧版
対応機種 セガサターン
開発元 バンプレ企画・イレブン
発売元 バンプレスト
メディア CD-ROM
プレイ人数 1-2人
発売日 1997年9月25日
テンプレート - ノート

ボカンと一発!ドロンボー』(ぼかんといっぱつ!どろんぼー)は、1996年11月29日バンプレストが発売したPlayStation用の縦スクロール型のシューティングゲームである。

1997年9月25日には追加要素のあるセガサターン移植版『ボカンと一発!ドロンボー 完璧版』が発売された。

概要[編集]

ヤッターマン』の3悪・ドロンボー一味を操り、歴代の善玉に戦いを挑むシューティングゲーム。

本作に登場する歴代3悪のメカは、外装はそのままだが、中身は最新メカに改造してあるという設定である。

プロデューサーの大山誉展によると竜の子プロダクションとゲームを作りたいと思い、同社に「タイムボカンシリーズで、シューティングゲームを作りたい」という話を持ち込んだことがきっかけであるという[1]

ストーリー[編集]

『ヤッターマン』の三悪、ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラー、『ドロンボー一味』は自分達こそ『タイムボカン』シリーズの真の主役であることを証明するために歴代善玉に挑戦状を叩き付けた。今まではほぼ必ず負ける彼らだがはたして、歴代善玉を倒すことができるのか?

基本操作とシステム[編集]

十字キーで操作。

ショット
○ボタン。通常攻撃。アイテムをとることによりレベルアップ。
ドクロ爆弾
広範囲への強力な攻撃。×ボタンで装着し、もう一度押すことで発射する。
放物線を描いて地面に着弾すると爆発することは共通しているが、機体によって、着弾に時間がかかるが広範囲を攻撃する球体型と着弾が早いが攻撃範囲が狭い弓矢型がある。
また、その性質上地面の無い場所に発射するとそのまま落下して爆発せず、ダメージを与えられない。
ステージによっては爆弾の代わりに魚雷やミサイルを発射する(性能はどちらも真っ直ぐ飛び敵に接触すると爆発するというもの)。
正式名称は「超強力爆弾製造システム」。その場で爆弾を作成し、発射しているという設定である。
ローリング(回転避け)
L1ボタン/R1ボタンで左右に転がりつつ回避する。

2Pプレイを行うと1Pがドロンジョ(声優:小原乃梨子)、2Pがボヤッキー(声優:八奈見乗児)、トンズラー(声優:たてかべ和也)に分かれる。

変化[編集]

アイテム・ドクロストーンを取り、ドクロカウンターは99になると巨大メカに変身。無敵になって、巨体を生かして広範囲に攻撃できる。

ドクロ爆弾装着中に被弾すると引火し、残りシールドがいくら残っていても爆発し、チャリンコになる。

悪玉メカ[編集]

自機はステージごとに選択する。一度選択した機体は次のステージでは整備中となるため連続して選ぶことは出来ない。

タイムガイコッツ(登場作品:タイムボカン
レベルアップすると鉄球を発射することができる。
巨大メカ:ゴリラガイコッツ
シャレコーベカー(登場作品:ゼンダマン
レベルアップすると火炎放射が使える。
巨大メカ:チャンバラン
アンドロメダマ号(登場作品:タイムパトロール隊オタスケマン
レベルアップすると後方にもビームが撃てる他、貫通式のドリルミサイルが使える。
巨大メカ:ひょっとこの顔メカ
タイムラクーダ(登場作品:ヤットデタマン
レベルアップするとタイムナガモチからもビームが撃てるようになり、レベル最大になると四方にビームが撃てるだけでなく、シールドと化したタイムナガモチからメカの部品が広範囲に発射される。
巨大メカ:ベースボールマシン
シャレコーベバギー(登場作品:逆転イッパツマン
レベルアップすると円形状のビームの範囲が広くなり、レベル最大では歯車が発射できる。
巨大メカ:イルミナー
デンデンメカ(登場作品:イタダキマン
レベルアップするとお供のメカが加わってビームを発射する。
巨大メカ:馬メカ

ゲームオリジナルメカ。ドロンボー一味の顔がモチーフ。以下のメカはステージ4以降より使用可能。

ドロンジョカー
巨大メカ:ロボット形態
ボヤッキーカー
レベルアップすると貫通式のレーザーと、ボヤッキーのヒゲをイメージしたカッターが追加される。
巨大メカ:ロボット形態
トンズラーカー
巨大メカ:ロボット形態
チャリンコ(登場作品:ヤッターマン
ドクロ爆弾が誘爆するとこの形態になる。×ボタンでジャンプして攻撃を回避可能だが、一撃で戦闘不能となる。

ステージ[編集]

ステージ1(VSヤッターマン(1))鷹は舞い下りた!だコロン
ステージ2(VSヤッターマン(2))南の島のヤッターキング!だコロン
ステージ3(VSゼンダマン)真昼の決闘!崖っぷちだよ、ゼンダマン
ステージ4(VSオタスケマン)集結!助っ人メカ、雪原の大バトル!
ステージ5(VSヤットデタマン)怒れ!正義の大巨神!
ステージ6(VS逆転イッパツマン&イタダキマン)灼熱のダブルヒーロー!
ステージ7(VS逆転イッパツマン(2))新たなる力!その名は三冠王!(完璧版のみ)
最終ステージ(VSタイムボカン)飛べ!ドロンボー空中大決戦だペッチャ!

アイテム[編集]

ドロンボーマーク
武装がレベルアップ(最高4段階まで)。
ヤッターマーク
武装がレベルダウン。
ジュジャク
シールド全回復。
ペラ助
シールド小回復。
ゲキガスキー
チャリンコから機体復活。
ニャラボルタ
一定時間高速移動(ターボ)ができる。
ダイナモンド
高得点ボーナス。
ドクロストーン
変身に必要なアイテム。
金のドクロストーン
ドクロストーン5個分。
命のもと
クレジットが1増える。

アニメ制作スタッフ[編集]

  • 総監督・コンテ:笹川ひろし
  • 演出:石堂宏之
  • ゲストメカ設定:徳山光俊、小川浩
  • プロデューサー:由井正俊、内山秀二
  • 制作進行:吉田義樹
  • 作画監督:井口忠一
  • 原画:井口忠一、重田智
  • 動画:佐々木智洋、斎藤直征、須賀十郎
  • 仕上:和泉澤由佳、三塚ひかり、吉田文恵
  • 色指定:和泉澤由佳
  • 特殊効果:山本公
  • 美術監督・背景:多田喜久子
  • 撮影:横山幸太郎、横山正彦、荒井麻衣子、武川昌志、相沢健四郎
  • 編集:三木幸子
  • 録音監督:水本完
  • 効果:加藤昭二アニメサウンドプロダクション
  • 調整:西澤規夫
  • 録音スタジオ:整音スタジオ
  • 録音制作:ザックプロモーション
  • 現像:東京現像所
  • 制作協力:ベガエンタテイメント
  • 制作:竜の子プロダクション

声の出演[編集]

完璧版のみ[編集]

完璧版での追加・変更要素[編集]

  • 山本正之による新曲の流れるオープニングムービー。
  • 善玉キャラクターの台詞に声優起用。
  • ドクロベーの声優を茶風林から原典と同じ滝口順平に変更。
  • 新規ステージ。

主題歌[編集]

『ボカンと一発!ドロンボー』
作詞・作曲:山本正之 編曲:神保正明 歌:山本まさゆき コーラス:ピンク・ピッギーズ
完璧版のみ。山本が作曲したアニメソングでは珍しく一番のみで、ゲームのデモで流れるのがフルバージョンである。後に『蔵出・山本正之作品大全集』に収録された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Darts編「ゲーム 大山誉展」『タイムボカン大全』ソフトバンク、1997年9月29日、ISBN 4-7973-0366-2、63頁。

関連項目[編集]