岡田晃弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おかだ こうや
岡田晃弥
岡田晃弥(光央) 2014-01-18 07-50.JPG
生誕 1947年10月23日
東京都出身
現況 崇教真光三代教え主
国籍 日本
別名 教え主(おしえぬし)
光央(こうおう)
聖眞(せいしん)
八坂東明(やさか とうめい)[1]
手島泰六(てしま たいりく)
宗教 崇教真光
配偶者 書家山崎素聖の二女
手島右卿(実父)、岡田恵珠(養母)
親戚 高松慕真・南不乗(共に書家で叔父)、岡野雅行(Jリーグ選手経験者、甥)
受賞 日本文芸大賞書道エッセイ賞(1994年)[2]

岡田 晃弥(おかだ こうや 別名:岡田 光央 おかだ こうおう 本名:岡田 泰六 おかだ たいりく、旧姓 手島 てしま)は、日本東京都出身の宗教家、書家であり、崇教真光三代教え主(指導者)である。在高山ペルー共和国名誉総領事[3]新宗連第8代理事長。在京都カザフスタン名誉総領事、日本会議代表委員を歴任。筆名に八坂東明など。

人物・来歴[編集]

東京都渋谷区出身。1964年7月、16歳で当時の真光教団に入信し、國學院大學文学部(神道考古学専攻)を卒業後に教団訓練部一期生となる。『八坂東明』の筆名で崇教真光や岡田光玉を紹介した書籍を執筆するなど教団の活動を支えた。その後1993年に結婚して岡田恵珠養子縁組[要出典]。岡田姓を名乗るようになる。

2002年11月に教え主代理に就任。

2003年、在京都カザフスタン名誉総領事に任命。同名誉領事館は崇教真光の京都大修験道場(京都市北区上賀茂西河原町)に置かれていた。

2008年ブラジルサンパウロ州立テクノロジー大学名誉教授称号、サンパウロ市名誉市民称号、リマ市名誉市民称号を授与。

2009年11月1日、光央(別名)という名が決まると、同日には三代教え主に就任し、聖眞の神名を併せ持つ崇教真光の指導者として同教団の宗教活動を率いている。ただし、宗教法人(日本)の代表役員には別の人物を置いている(トロイカ体制[4][5]。その他、日本会議の代表委員の一員でもある。

2018年には新宗連第8代理事長に選出される。

書家として[編集]

手島右卿昭和の書家だったこともあり、晃弥自身も書家として書展を開催している。その際には本名の手島 泰六で出展している[要出典]

1990年に当時のローマ法王ヨハネ・パウロ二世と接見し、手島右卿の書を献上する[6]

2013年島根県松江市で開催された書展には晃弥本人が会場に現れ、自ら自身の書を解説している[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 教団に関する著書で使用
  2. ^ 書家の父を評価する際には出生時の実名『手島泰六』を筆名として用いている(1994年に著した『右卿伝説』は日本文芸大賞書道エッセイ賞を受賞)。
  3. ^ 駐日ペルー共和国大使館・総領事館 - 日本外務省
  4. ^ 2016年宗教年鑑
  5. ^ 岐阜県建築物環境配慮計画書の概要(2016年度受付分)
  6. ^ 「輝ける崇教真光50年史」163頁。

著作[編集]

関連項目[編集]