かいけつタマゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かいけつタマゴン
アニメ
原作 吉田竜夫
総監督 笹川ひろし
脚本 鳥海尽三小山高男
音楽 はやし・こば
製作 タツノコプロ
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1972年10月5日 - 1973年9月29日
話数 全195話+再放送113話(全308回)
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

かいけつタマゴン』は、タツノコプロが制作した短編の連続テレビアニメ

概要[編集]

色々な相談事を抱えた依頼人が依頼料として持参する卵(鶏卵ゆで卵が多い)を主人公の怪獣タマゴンが食べ、「ケッコータマゴン!」という掛け声とともに卵を産む。その卵から出てくるカウンセラー怪獣が、タマゴンに代わって相談事の解決に奮闘する。しかし殆どの回では解決できずに終わり、「なかなかピッタシいかないねぇ、タマゴン」のナレーションで締めくくられた。

本作は、1972年10月5日から1973年9月29日までフジテレビとその系列局で放送。放送時間は毎週月曜 - 土曜 18:55 - 19:00 (日本標準時)。作品自体は全195話であるが[1]、延べ113話の再放送が随時挿み込まれたため、全放送回数は308回である。

平均視聴率は7.6%(タツノコプロが所有する資料による)[2]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「かいけつタマゴン」
作曲 - はやし・こば / 歌 - ムーン・ドロップス
主題歌音源はAメロ・Bメロ・サビの3コーラスから成るが、オンエアバージョンは5分番組という特性上からイントロ抜きのAメロ3フレーズのみとなっている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 月曜 - 土曜 18:55 - 19:00
前番組 番組名 次番組
カバトット
(1971年1月1日 - 1972年9月30日)
かいけつタマゴン
(1972年10月5日 - 1973年9月29日)
クレクレタコラ
(1973年10月1日 - 1974年9月28日)