テレビ東京系列平日夕方6時枠のアニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テレビ東京系列平日夕方6時枠のアニメ(テレビとうきょうけいれつ へいじつゆうがた6じわくのアニメ)とは、テレビ東京系列平日18時00分 - 18時30分(それぞれ若干時間が異なる場合あり)の全日帯アニメ作品一覧。

概要[編集]

テレビ東京では、古くから現在に至るまで平日夕方の放送時間帯[注釈 1]にアニメや子ども向け番組を長期に渡って放送し続けている[注釈 2]

主に男児・少年向けを中心に様々なアニメ作品や関連番組[注釈 3]が放映されている。特に2010年代までは『週刊少年ジャンプ』をはじめとする少年漫画誌連載原作のアニメ作品の多くがこの枠で放送されていた[注釈 4]

ただし、近年は少子化や深夜アニメの台頭などによって、2010年代末期以降はこの枠でアニメや子供向け番組の放送は段階的に減少傾向にあり、販促を中心とする番組の多くも、新作や旧作を問わず土曜日の朝もしくは日曜日の朝で放送されることが多くなっている[注釈 5]

近年の動向[編集]

2006年4月改編によりアニメ530新設に伴いアニメ枠全体を17時30分 - 18時30枠に前倒したが[注釈 6]、2014年4月改編で、アニメ530及びバラエティ530の前半にあたる平日17時30分のネットワークセールス枠[注釈 7]が消滅したことにより、現在の18時00分 - 19時00枠(月曜 - 水曜は18時57分終了、金曜は18時58分終了)に戻った[注釈 8]

2016年4月改編以降は、放送時間が5分繰り上がり、1985年12月以来約30年半ぶりに17:55 - 18:25の放送となっている。

2019年10月3日から2020年10月1日まで毎週木曜日17時55分 - 18時25分に『プリスクタイム』の名称でアニメ枠が設けられた[1]。「子どもに見せたいアニメ」「家族で楽しめるアニメ」をコンセプトに、2本のアニメ作品で構成されていたが[2]、『エッグカー』(第1部・17時55分 - 18時10分)と『GO!GO!アトム』(第2部・18時10分 - 18時25分)の2作品にとどまり、1年のみで終了となった。

2019年10月から、後枠の18時25分アニメ枠が、木曜日を皮切りに19時台で放送されていた各バラエティ番組の放送時間の繰り上げや拡大等で次々と撤退し[注釈 9]、一部の曜日では本枠のみでの放送となるケースが増加するようになった。

しかし、本枠も以前ほどの活気は見られなくつつあり、2021年10月改編で24:00 - 24:30枠のアニメ枠(正式枠名無し)[注釈 10]新設と入れ替わる形で、月曜日~水曜日から夕方のアニメ及び子供向け番組枠が撤退となり、再放送を中心とするローカルセールス枠に変更された。その半年後の2022年4月改編で木曜日も同様に土曜23:00 - 23:30枠と入れ替わる形で撤退となった[注釈 11]

2022年現在、テレビ東京系列ネットワークセールス枠として本枠を含む平日夕方のアニメ枠が継続しているのは金曜日のみである[注釈 12]

放送番組一覧[編集]

2006年4月から2014年3月までの当枠放送番組に関しては『アニメ530』の項を参照。

現在の放送番組[編集]

(※18:25 - 18:55については「金曜18時25分 - 18時55分枠のアニメ」を参照)

  • 金曜日 パウ・パトロール(シーズン4+セレクション)(17:55 - 18:25)(海外アニメ、2022年1月7日 - )

放送終了した番組[編集]

  • ◎はTXN系列局以外でもネット。
  • ●は現在系列局が存在する地域で、その系列局が未開局だった時代に他系列局で放送された番組。
  • ☆はアニメ専門チャンネルなどでAT-X以外でも(AT-X未放送作品も含む)放映の番組。
  • ▲はテレビ大阪テレビ愛知では時差ネット
  • △はテレビ愛知では時差ネット(テレビ大阪は先立って1993年4月より同時ネット化、テレビ愛知は1996年4月より同時ネット化)。
  • ★は系列局制作作品(一部制作には関与しない放送キー局を務めた作品あり)。

月曜日[編集]

(以降、非アニメ番組)

火曜日[編集]

(以降、非アニメ番組)

水曜日[編集]

(以降、非アニメ番組)

木曜日[編集]

(以降、非アニメ番組)

金曜日[編集]

備考[編集]

過去には、土曜日の18時台でもアニメの放送を行っていた時期があった。

土曜日夕方6時枠
土曜日夕方6時15分枠

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 後半の18時30分枠(現在は金曜18時25分枠)も含む。
  2. ^ 2022年現在、在京キー局5系列の中で全国ネットの平日夕方のアニメ及び子ども向け番組枠を設けているのは、テレビ東京系列のみであり、当系列以外の地上波(一部の地方局と独立局を除く)では、NHK Eテレが編成している『Eテレキッズ』をはじめとする番組群のみとなっている。
  3. ^ サキよみジャンBANG!」や「ファンファンキティ!」等のバラエティ番組、「超光戦士シャンゼリオン」や「ウルトラマン列伝」等のドラマ及び特撮番組。
  4. ^ 一例として、『銀魂』は2006年10月以降、曜日の変更や度々の放送休止期間を挟みながら、2016年3月までこの枠で放送されていた。
  5. ^ ただし、これはテレビ東京に限ったことであり、週末(土・日)での放送に移行したアニメ番組は他系列で既に出ている。また、一部のアニメ作品では、続編がテレビ放送に代わってYouTubeをはじめとするwebアニメネット配信)へ移行したケースも存在する。
  6. ^ なお、空いた18時30分枠には『スキバラ』や帯番組の『ピラメキーノ』(2013年3月まで)等のバラエティ番組に充てられた。
  7. ^ 一部の系列局では、現在も夕方ローカル枠の時間帯(かつてアニメ530の前半だった枠も含む)でアニメ番組(再放送中心)を放送するケースがある(テレビ北海道の『7チャンあにめ』)。
  8. ^ ただし、18時30分(18時25分)枠のうち、水曜と木曜は、2013年4月期よりアニメ枠を再開している(それ以外の曜日は2014年4月から再開)。
  9. ^ 2021年4月期までの改編で平日18時25分番組のうち、唯一アニメ枠が継続している(19時台またぎになっていない)のは金曜日のみ。
  10. ^ 本枠とは異なり、ローカルセールス枠である(ただし、作品によって一時期に全国ネットとなる場合もあり)。
  11. ^ 撤退直前まで放送されていた『シャーマンキング (2021年版)』の放送話数に合わせて4月下旬に改編を実施。このため、4月9日から21日にかけては木曜夕方枠と土曜深夜枠が並行して放送される形となった。
  12. ^ ただし、平日の朝では『おはスタ』に内包しているアニメ(現在放送中及び過去に放送されていた作品についてはおはスタ#アニメを参照)が放送されている故、月曜から木曜までの曜日においても(系列内ネットワークとして)全日帯のアニメ放送はその後も継続されることになる。
  13. ^ 第7話「ビーチバレーの王子様?!」は未放送。
  14. ^ 諸事情で編集版を12話分のみ放映。後にWOWOW毎日放送(MBS)などで完全放送された。

出典 [編集]

  1. ^ テレ東で未就学児向けの“プリスクタイム”開始! 10月3日より「GO!GO!アトム」「エッグカー」放送”. アニメ!アニメ! (2019年9月3日). 2019年10月24日閲覧。
  2. ^ 朴璐美がアトムを演じる! 木曜夕方はアニメの時間『プリスクタイム』”. アニメージュプラス (2019年9月3日). 2019年10月24日閲覧。
  3. ^ テレビ東京・あにてれ ベイブレードバースト 新着情報(2017年2月12日閲覧)
  4. ^ 『爆丸バトルプラネット』出演声優は高橋李依・武内駿輔で、4月1日放送スタート! | アニメイトタイムズ” (日本語). 『爆丸バトルプラネット』出演声優は高橋李依・武内駿輔で、4月1日放送スタート! | アニメイトタイムズ. 2019年2月27日閲覧。
  5. ^ 『アニメージュ』2017年3月号(徳間書店)、97ページより
  6. ^ 【コミックアニメ】「爆釣バーハンター」エピソード1 - YouTube コロコロチャンネル(2018年9月6日公開)

関連項目[編集]