まんがイソップ物語 (アニメ映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東映まんがまつり > まんがイソップ物語 (アニメ映画)
イソップ寓話 > まんがイソップ物語 (アニメ映画)
まんがイソップ物語
Aesop's Fable
監督 ひこねのりお(演出)
脚本 曽田博久
原作 イソップ(『イソップ寓話』)
製作 今田智憲
山口康男(企画)
ナレーター 高見知佳
潘恵子
大竹宏
滝口順平
音楽 小森昭宏
主題歌 「いたずらの種まき」(牧伸二小林さくらこおろぎ'73ザ・チャープス
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗 1983年3月13日
上映時間 61分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 世界名作童話 アラジンと魔法のランプ(1982年)
次作 グリム童話 金の鳥(1987年)
テンプレートを表示

まんがイソップ物語』(まんがイソップものがたり)は、1983年3月13日公開の『東映まんがまつり』で上映された東映動画制作のアニメーション映画である。カラー。61分。

概要[編集]

アイソーポス(イソップ)の『イソップ寓話』をアニメ化した作品。少年イソップが花の精ピッチ、田舎ネズミのチューチュー、ロバのバーローと知り合い、動物が人の言葉を話せる世界を冒険する話で、これに『イソップ寓話』から何本かのエピソードが挿入されている。実際のアイソーポスは紀元前のギリシャの人物であるが、本作のイソップは中世ヨーロッパ風の片田舎に住む少年として描かれている。イソップの声は高見知佳が当てた。

公開から半年後の1983年10月からは、テレビ東京系列局で同名のテレビアニメ『まんがイソップ物語』が放送されていたが、こちらは日本アニメーションによる作品であり、内容もまったくの別物である。

挿入されたイソップ寓話のエピソード[編集]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌「いたずらの種まき」
作詞 - 武藤悦子 / 作曲 - 小森昭宏 / 歌 - 牧伸二、小林さくら、こおろぎ'73ザ・チャープス
挿入歌「愛とぽこぽこ」
作詞 - 武藤悦子 / 作曲 - 小森昭宏 / 歌 - 三輪勝恵、こおろぎ'73

日本コロムビアからこの2曲を収録したEPレコードが発売された。また同社からは、オリジナルの担当声優による吹き込みを収録したLP『まんがイソップ物語 ドラマ編[1]』(付属冊子の挿絵と説明で話を楽しむドラマCD風のレコード)も発売された。前作『世界名作童話 アラジンと魔法のランプ』と同様に本作も映像ソフト化されていないため、これが現状で唯一の本作収録ソフトとなっている。

同時上映[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]