虚飾で彩られたカラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
虚飾で彩られたカラス

虚飾で彩られたカラス』(きょしょくでいろどられたカラス)は、イソップ寓話のひとつ。場合によっては『鳥の王さまえらび』や『おしゃれなからす』、『王様になりたかったカラス』という別題で記載されている。

あらすじ[編集]

ある時ゼウスは、最も美しい鳥を王様に決めることにした。

ゼウスは、鳥たちに集まる日時を決め、その中で一番美しい者を王様にするというお触れを出した。

は自分の姿は黒く醜いと思い込んでいたので、美しく装うために、野や森を見てまわり、他の鳥たちが落とした羽を拾い集め、身体中に貼りつけた。そして約束の日、鳥たちはゼウスの前に集まった。そして、色とりどりの羽で着飾った鴉も姿を見せた。

ゼウスは、彼の羽が最も美しかったので、彼を王様にしようとした。

すると他の鳥たちは、憤然と異議を申し立て、それぞれ見覚えのある自分の羽を鴉から引き抜いた。結局、彼に残されたのは、自分自身の黒い羽だけだった。

カラスが自身の黒い姿を受け容れ、その黒い羽に磨きをかけていれば、結果は違っていたかもしれない、と締めくくる場合もある。

教訓[編集]

  • どんなに着飾ったり見た目を良くしても、上辺だけの嘘や偽りはなんの意味もない。
  • 己を受け容れ、己で努力することが大切。
  • 他人の力でのし上がろうと企めば、初めは良くても、後には必ず暴かれる。

関連項目[編集]