コクマルガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コクマルガラス
コクマルガラス
コクマルガラス Corvus dauricus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: カラス科 Corvidae
: カラス属 Corvus
: コクマルガラス C. dauuricus
学名
Corvus dauuricus
Pallas, 1776
和名
コクマルガラス
英名
Daurian jackdaw

コクマルガラス(黒丸鴉、Corvus dauuricus)は、スズメ目カラス科カラス属に分類される鳥類

分布[編集]

種小名dauuricusは、ダウーリア地方(「ダウール族の国」、バイカル湖の東)に由来。

大韓民国中華人民共和国台湾朝鮮民主主義人民共和国日本モンゴル人民共和国ロシア東部

日本には越冬のため本州西部、特に九州に飛来する(冬鳥)。(稀に北海道、本州東部、四国にも飛来することがある。)

形態[編集]

全長33cm。日本に飛来するカラス属では最小種。全身は黒い羽毛で覆われ、側頭部に灰色の羽毛が混じる。頚部から腹部の羽毛が白い淡色型と、全身の羽毛が黒い黒色型がいる。

嘴は細く短い。

生態[編集]

森林草原、農耕地などに生息する。ミヤマガラスと混群を形成することもある。

食性は雑食で、昆虫類、鳥類の卵や雛、果実種子などを食べる。

繁殖形態は卵生。樹洞などに集団で巣を作り、1回に4-6個の卵を産む。主にメスが抱卵し、その間はオスがメスに捕らえた獲物を与える。給餌は雌雄共に行う。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]